齋藤大悟 : Daigo Saito

http://blog.goo.ne.jp/sd5-photograph

確かなもの

2010年09月29日 | 日本海

Photo

海鳥 / FUJICHROME Velvia 100

   

「これ見るか?」

お世話になっている仕事の先輩から、1枚のDVDを借りました。

冒険家・植村直己さん、写真家・星野道夫さんの姿が収められているものでした。

すでにお亡くなりになられている御二方ではありますが、

今尚、人々の心に生き続けるその「確かなもの」は、何年経とうとも色褪せる事なく、

私達の精神に静かに強く語りかけてくるような気がします。

そして、その語りかけは「戒め」として、私のたるんだ精神に強く迫るものがありました。

生き方そのものから、「希望」を感じました。

コメント (6)

秋色に見た季節の移ろい

2010年09月25日 | 山の麓

photo

秋色 / FUJICHROME Velvia 100

   

近所に咲き誇るコスモス。

そこには、羽を休めるトンボの姿がありました。

夕映えの田園風景の中で、静かに静かに繰り広げられる命の営み。

秋色に見た季節の移ろいです。

コメント

秋分の日

2010年09月23日 | 山の麓

Photo_2

直射 / FUJICHROME Velvia 100

   

秋分の日の今日、各地でぐっと冷え込む1日となったようです。

天気予報を見ると最高気温が15℃位だったので寒いはずです。

しかし、明日は晴れ間が広がり、青空が見られるとの予報。

上の掲載写真のような光景が空に広がるかも知れません

コメント

主従関係

2010年09月21日 | 展覧会

photo

波と光と / FUJICHROME Velvia 100

   

今日の掲載写真は、2006年、初めて写真展を開催した時の1作品。

あれから4年の歳月が過ぎました。

当時の自分よりは、写真に関する知識とか技術は増えたかも知れませんが、

増えた分、自身における「極めて大切な部分」が減ってしまってはいないか、

たまに自問自答する事があります。

この極めて大切な部分を「主」とし、その他のものは「従」とする関係性を以って、

今後、様々な課題に取り組んで行けたらいいなと、ふと思う今日この頃です。

                  ◆

フォトアルバム『 My Photograph Gallery 』 更新しました。

コメント (2)

自分自身の感覚

2010年09月18日 | 展覧会

C_3

この場所に存在する / FUJICHROME Velvia 100F

   

今日の掲載写真は、2年前に開催した写真展『海に広がる闇と光と』の1作品。

海辺の水たまりに1つ、ポツンと生える草の姿です。

自分自身の感覚としては、

日頃疑問に思っていた事について、何か解決の糸口を見出せそうな、

そんな可能性を感じさせる光景でありました。

一見、ともすれば孤独を感じさせるような状況下、

実は、目に見えない互いの強いつながりが根底に張り巡らされているようなものを感じ、

身をゆだねるかのような草の姿と、その草を取り巻く雰囲気に

強く惹かれるものがありました。

つたない写真ではありますが、個人的には好きな作品の1つです。

               ◆

さて、今日は久々に長袖を着て行動した1日となりました。

地元では早くも稲刈りが始まったようです。

小さな子供さん含め、家族総出で稲刈り作業をしている方々も見られ、

秋の爽やかな日差しの中での作業風景が、とても印象的でありました。

今日も色々な事がありましたが、無事1日を過ごす事が出来て良かったです。

コメント (2)

何を思う

2010年09月11日 | 市街地

Photo

興味の対象 / FUJICHROME PROVIA 100F

   

暑い夏の午後。

人も犬も、興味を示す対象は同じ物のようでした。

将来、子供が社会に出て時代に揉まれるようになってから、

こういった日常を記録した写真を見て何を思うのかな・・・と、ふと思ったりします。

「写真に言葉はいらない」と言われるように、言葉無くとも世代を超えて、

写真によって心伝わるものがあればいいなあと、勝手に思ったりしています。

                   ◆

フォトアルバム 『 My Photograph Gallery 』 更新しました

コメント (2)

海辺を歩く

2010年09月09日 | 日本海

Photo

Art of line / FUJICHROME Velvia 100

   

海辺を歩き、ただ純粋に自然の息吹というものを感じていると、

自身の考えがいかに浅はかで、小さな事であるかを痛感する時があります。

その痛感を重ねる事で、1つ、また1つと、大切なものを体得して行けるような気がします。

今日も色々ありましたが、無事に過ごす事が出来て良い1日となりました。

どうもありがとうございました。

コメント (2)

華道と写真のコラボレーション

2010年09月07日 | 展覧会

Photo_2

極まる輝き / FUJICHROME Velvia 100

   

午後6時ともなれば、辺りは暗くなり始める今日この頃。

朝晩、かなり涼しくなりました。

掲載写真にあるような光景も、これからの季節、早い時間帯に見られる事と思います。

この時は暗雲立ち込める冬空の中にあって、

雲間から漏れた光が一瞬にして海辺に広がり、輝きで満たされた瞬間でありました。

   

さて、先日お葉書にてお知らせ頂いた、展覧会のご案内です。

今週の土曜日からアトリオンにて、

瀬田川翠楓 花展 『花音(カノン)with  photographer 弦』 が開催されます。

いつも大変お世話になっている写真家・弦さんの写真に対して、

瀬田川さんが献花するという、華道と写真のコラボレーション展となっております。

聞くところによると、華道そのものが「献花」というところから出発しているそうです。

献花するという、華道の原点に迫る展覧会。

弦さんの心に迫る写真と共に、華道が放つ世界観を生で堪能させて頂きたい思います。

お近くにおいでの際は是非お立ち寄り頂きたく、ご案内申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------------------

◆ 日 : 2010年9月11日(土) ~ 13日(月)

◆ 時 : 10:00 ~ 17:00 (最終日は16:00まで)

◆ 所 : アトリオン2F 美術展示ホール http://www.atorion.co.jp/

--------------------------------------------------------------------------------------------

コメント

自宅庭木の剪定

2010年09月05日 | 日本海

Photo_4

波打ち際 / FUJICHROME Velvia 100

   

9月になりましたが、まだまだ暑い日が続いています。

この土日は全国各地で記録的な暑さに見舞われたようです。

そんな中、四方八方に枝葉が伸びつつあった庭木の剪定(せんてい)をしました。

職人顔負けの仕上がり・・・にはなりませんでしたが、

身の丈にあった仕上がりと言いますか、それなりにすっきりと整った庭木になりました。

暑さと、自身の体力の無さを強く実感じながらの作業となりましたが(汗)、

なんだか気持ちの良い疲労感となっています。

さて、今日の掲載写真は、先日撮影した近所の海辺の様子です。

そして、今日の海はほとんど波立つ事もなく大変穏やかでありました。

コメント