齋藤大悟 : Daigo Saito

http://blog.goo.ne.jp/sd5-photograph

地球の極彩色

2009年09月29日 | 日本海

Photo

Color of the earth / Nikon COOLPIX P5100

   

今日の海と空に広がる色彩はヤバかったです。

地球の極彩色とも言えるようなカラーが、眼前一面を染め上げます。

仕事の帰り道、ちょうど海岸線を車で走っている時の事。

日没後、次第にその色彩が深まりつつある海と空を目の当たりにし、

海岸沿いに車を止め一目散に海辺へと降り、

その光景をデジタルカメラに収めました。

鮮烈な色濃い色彩に染まる、わずかな時間の出来事でありました。

コメント (4)

空の日、空の旬間

2009年09月27日 | 市街地

Photo

少年の眼差し / Nikon COOLPIX P5100

   

9月20日は「空の日」

そして9月20日~30日までは「空の旬間」という事で、

この期間、空港などでは様々なイベントが開催されているようです。

送迎デッキも無料開放され、特に子供達は飛行機の姿に目を輝かせているようでした。

そういえば小学生の頃、

私も将来の夢は「パイロット」だなんて言ってた事を思い出します。

「夢」や「希望」を抱くという事は、極めて大切な精神の宝だと感じます。

目を輝かせながら飛行機を見ているこの少年、どんな夢を抱いているのでしょうか。

そして子供とは、無限の可能性を秘める人類の宝です

コメント (2)

秋晴れ

2009年09月26日 | 山の麓

Photo

秋の光 / Nikon COOLPIX P5100

   

秋晴れの空の下、森を抜ける道に降り注ぐ清々しい光模様。

その中を歩くひとときは、実に気持ちの良いものです。

今日も大変気持ちの良い青空。

稲刈りも始まりつつある田園風景が秋空のもと広がっています。

鳥海山へと向かう観光客の姿も多く見かける今日この頃です。

コメント (2)

二人の門出

2009年09月23日 | 市街地

Photo

キャンドル / Nikon COOLPIX P5100

   

昨日は妻の妹さんの結婚式。

おめでたい席に御招待頂きました。

新郎新婦、明るく気さくな人柄で、皆にとても慕われています。

そんなお二人の性格を表す様な、和やかで笑いの絶えない雰囲気に包まれる披露宴会場。

やはり、その中で強く感じるのは人と人とのつながりの素晴らしさ。

感謝の気持ちを表す素晴らしさ。

そして、余興でハメを外す事の素晴らしさ・・・???

いやいや冗談ですが(笑)、そんな素晴らしさをつくづく感じて来ました。

お二人の末永い幸せを願っています

御結婚、おめでとうございました

コメント (2)

儚い世界

2009年09月20日 | 日本海

Photo

『海に広がる闇と光と』 / 2008

   

昨年開催の写真展『海に広がる闇と光と』の作品を掲載します。

波が引き去った後、砂浜にしみ込み消えて無くなってゆく小さな水面。

わずかな時間でしたが、この水面にも1つの世界が存在していた様に感じます。

その束の間の儚い出来事の記録として、フィルムに収めました。

フォトアルバム 『My Photograph Gallery』 更新しました。

コメント

隕石???

2009年09月18日 | 日本海

Photo_2

夜空に / Nikon COOLPIX P5100

   

隕石だっ!!!・・・いや違います。

すみません、これは「月」です。

海辺にて写真を撮っている時、

夜空に見つけた飛行機雲と月のコラボレーションです(笑)。

コメント

海からの力

2009年09月15日 | 日本海

7_2

Power from the sea / Nikon COOLPIX P5100

   

しつこい様ですが、今日も仕事帰りに海へ立ち寄りました・・・。

海はイイ。もちろん山もイイ。みんなイイです(^^)。

仕事帰りともなると、今の季節は日没を迎え、

車のヘッドライトも点灯する機会が多くなりつつあります。

これからは、益々日も短くなりますね。

今日も海を眺ていました。

海からはいつも大きな力を頂いています。

どうもありがとうございます。

コメント (6)

中庭

2009年09月13日 | 展覧会

Photo_3

土門拳記念館にて / Nikon COOLPIX P5100

   

ここは、土門拳記念館にある中庭。

僕自身、とても居心地良く感じるお気に入りの空間です。

この時期、秋の爽やかな空気も相まって、格別の居心地です。

この場所には石で作られたベンチもあり、座ってのんびりしたりしています。

今年は、土門拳生誕100周年という事もあり、

訪れる機会がいつもの年よりも多く、

年間パスポートにしておけば良かったと後悔しています(笑)。

10月1日は開館記念日であり、当日より写真展「わたしのこの一枚」も開催されます。

巨匠方々の作品と共に、「わたしのこの一枚」として出展された作品も楽しみなところです。

今日の掲載画像は、その中庭より秋の空を見上げた時のものです。

コメント

秋色の海と空と

2009年09月11日 | 日本海

Photo_3 

光の色彩 / Nikon COOLPIX P5100

   

夕方、海辺にて写真を撮っていたところ、

強い雨に見舞われてしまい、ひとまず車に戻って雨宿りです。

しばらくして、雲の切れ間から強烈に輝く夕日の光が辺り一面に広がりました。

次第に雨足も穏やかになってゆきます。

まさに秋の空の移ろいです。

再び海辺に出てふと後ろを振り返ると、強烈な光に映し出されるように、

輝く虹の姿がありました。

携帯していたデジタルカメラにその光景を収めます。

そして雨上がりの海の姿も美しく、

静かに眺めているだけで不思議と心が満たされるような気分になります。

この日は、その不思議な海の姿をフィルム5本分に焼き付けました。

いつもそうですが、現像後の仕上がりが待ち遠しく感じます。

      

Photo_2

秋空 / Nikon COOLPIX P5100 

コメント (2)

後藤仁個展 「PHOTONE」

2009年09月10日 | 展覧会

Img048_2

PHOTONE / GOTOH  Hitoshi  solo exhivison

   

後藤仁さんの個展「 PHOTONE 」(フォトーン)が、

秋田市のアートスペース「ココラボラトリー」で始まりました。

後藤さんは秋田市を拠点にご活躍されているデザイナーであり、

私の写真展でのDM作成やアートに関しての相談や意見交換など、

日頃から大変お世話になっている頼れる先輩であります。

今回の個展では、携帯電話やデジカメで撮影した画像を、

印刷物とディスプレイを使用してギャラリーに展覧し、

後藤さん曰く、「実験的な試み」とおっしゃられていたように、

デジタル画像の様々なアウトプットの在り方を後藤さんの世界観を通して堪能出来ます。

現代に流れる希薄な空気、イメージの曖昧さ、容易いコピー、実体の無いもの・・・。

あらゆる場面でデジタル化が進む現代社会において、

そしてデジタル的とも言えるような社会になりつつある現状を、

日常風景を通して、更に後藤さんのイメージを通して表現されている個展であります。

                      ◆

ブログ記事上 ↑ に掲載あります画像は後藤さんの個展DM(ダイレクトメール)です。

そこに描かれているRGBとCMYK。

光は光として、色は色としての独立した個々の世界があり、

真似こそ出来るが、決して本物にはなれないという極めて当たり前の事実があります。

光は色になれないし、色は光になれないという事実です。

人間社会に置き換えてみますと、

その当たり前の事をふと忘れてしまう事で発生する歪みや無理が、

人間の心の歪みと化して、何かしら現代社会に大きな影響を与えているのではと、

勝手な解釈ですが感じています。

私はそんな事を考えながら、今回の個展を拝見させて頂き、

また、色々と尽きる事の無い長話をさせて頂きました(笑)。

秋田市方面へお出かけの際は、ぜひココラボラトリーへお立ち寄り頂けたら幸いです。

日 : 2009年9月9日(水)~9月13日(日)

時 : 11:00~20:00(13日は17時まで)

お問い合わせ : ココラボラトリー/TEL 018-866-1559

コメント

秋の風、海辺の薫り

2009年09月09日 | 日本海

Photo_5

秋風薫る海辺 / Nikon COOLPIX P5100

   

朝晩だいぶ冷え込むようになってきました。

まだまだ半袖で十分ですが、

夕暮れ時、海辺にて写真撮影をしていると、やはり寒く感じる今日この頃です。

いつの間にか秋風に揺れるススキの姿も目にするようになりました。

今日の掲載画像は、そんなススキと秋風を感じながら、

海辺へと続く一本道を歩いた時の様子です。

コメント (2)

木漏れ日

2009年09月06日 | 山の麓

Photo

少女 / Nikon COOLPIX P5100

   

生い茂る枝葉の狭間から太陽の光が降り注ぎます。

その光輝く場所に少女が通りかかります。

木漏れ日の光に包まれたその少女の姿は、

少女自身の持つ夢や希望や可能性が、光として現れた様な雰囲気さえ感じさせます。

この「光」を閉ざさない事こそ、文明社会が進歩する根源の証だと考えます。

コメント (2)

流木の姿

2009年09月04日 | 日本海

Photo

刻まれた歴史 / Nikon COOLPIX P5100

   

今週の仕事も無事に終えました。

その帰り道、いつも車窓より見ている海岸線へと足を運んでみました。

・・・極めて穏やかな海。

しかしながら交通量の多い車道が間近のため、そこに静けさは感じませんでした。

海辺を歩いてみると、一本の大きな流木に出会いました。

その姿を見て、この流木はどこで生まれ、育ち、流され、ここまで辿り着いたのかと、

ふと、想像を巡らす自分がいました。

無数に刻まれている傷の痕跡を見るだけでも、

この流木の果てしない壮絶な旅の様子が伝わってくるようでした。

文明社会の象徴ともいえる自動車の音を間近に聞き、

自分のいる空間自体には静けさは無いものの、

この流木のある光景自体、そして広がる海の光景自体からは、

奥深い静寂というものが漂っているように感じられました。

   

Photo_2

日没 / Nikon COOLPIX P5100

コメント (2)

賑わう場所の未来

2009年09月02日 | 山の麓

Dscn6636_3

Rice departure point  / Nikon COOLPIX P5100

   

9月に入りました。

こちらでは今月の下旬くらいからでしょうか、コメの収穫時期を迎えます。

つい最近まで、青々とした稲が水田に光っている田園風景だったような気がしますが、

もうすでに稲穂は頭を下げつつあるようです。

時の移ろいは歳を重ねるごとに速さを増していくような気がします。

さて、今日の掲載画像はそんな収穫時期に賑わう「ライスセンター」と呼ばれる場所です。

ここには、各農家より収穫されたコメ(籾)が搬入されて来ます。

そして人工的に乾燥させ、最終的に袋詰めされます。

個々人で乾燥機を導入している方々もいらっしゃいますが、

大半の方は、この巨大乾燥施設を利用しています。

収穫時期、大変賑わう場所でもありますが、

私が幼かった頃から見れば、その賑わいも昔ほどではないようです。

今日は仕事帰りにこの場所に立ち寄り、

沈む太陽の光をかすかに反射しているライスセンターの姿を

デジカメに収めてみました。

コメント