齋藤大悟 : Daigo Saito

http://blog.goo.ne.jp/sd5-photograph

写真展告知 2012

2012年09月25日 | 展覧会

齋藤大悟写真展DM①

齋藤大悟写真展DM②

齋藤大悟写真展「海辺にゆれる軌跡」 DMより (クリックで拡大)

 

写真展のご案内です。

2012年10月5日(金)から10月30日(火)までの約1カ月間の日程で、

写真展「海辺にゆれる軌跡」を開催致します。

場所は、秋田県仙北市角館町にあります「ギャラリー&カフェ ぷかぷ館」。

第一線でご活躍されている写真家・小松ひとみさんと、

館長の小松優美子さんが運営するギャラリー&カフェとなっております。

                 ◆

テーマである「人間の本質に迫る写真表現」の追求は、

私のライフワークであり、写真を撮る原動力そのものです。

カメラを手にするようになってからというもの、

身近にある自然の姿に、日々、気付かされ続けてきました。

特に、近所に広がる日本海の姿に感動し、

海辺に行くたびに新たな発見があり、思い知らされ続けてきました。

様々な情報が氾濫する現代社会ですが、

日々、感動したり思い知らされたりしているうちに、

人間にとって「確かな情報」とは、

自然の中にこそ秘められているのではと考えるようになりました。

人間の生き方の規範が自然の中に示されていると思うのです。

その確かな情報の手掛かりを末端に求め、

海辺に残された様々な「軌跡」を辿りました。

砂浜に残る波の跡、水面にゆれる光跡、足元に刻む風紋・・・。

そして、自然の息吹やその凄みは、

感動した自らの心に「軌跡」となって残り続けています。

それら1つ1つの軌跡を辿り続け、その繰り返しの蓄積を経て、

「確かな情報」をフィルムに収めたい、自然の凄みの根源に迫りたい、

そして、自らの在り方を見出して行きたいという希望があるのです。

自然を前にしての「感動」とは、太古から変わらぬ

人間の普遍的な心の表れであり、敬意の表れであると考えています。

今回の写真展、何かその一端でも感じて頂ければありがたい次第です。

                 ◆

尚、展示作品は全てリバーサルフィルムで撮影したものであり、

プリントも全て手焼きによる銀塩プリントとなっております。

35mm判をメインに、645判も交えて約30点余りを発表致します。

自分自身、まだまだ未熟である事は重々承知しておりますが、

この機会、秋田・角館方面においでの際は、

ぜひ、お立ち寄り頂きご高覧賜りたく、ご案内申し上げます。

                 ◆

■ 会期  2012年10月5日(金) ~ 11月13日(火)  会期延長!

■ 時間  10:00 ~ 17:00  (水曜日・木曜日休館)

■ 場所  ギャラリー&カフェ ぷかぷ館 (入場無料)

■ Web  小松ひとみのフォトワールド http://www.hitomi-k.com/

      ギャラリー&カフェ ぷかぷ館 http://pukapu.hitomi-k.com/

コメント (2)

子供たちの収穫

2012年09月23日 | 山の麓

写真展情報 check !!

齋藤大悟写真展「海辺にゆれる軌跡」10月5日(金)~10月30日(火)

 

刈り方・束ね方の説明

刈り方・束ね方の説明

 

皆で刈り取る

皆で刈り取る

 

大きな収穫

大きな収穫

 

杭掛け

杭掛け

 

収穫を終えて

収穫を終えて

 

秋の宝物

秋の宝物

Nikon 1  J1 / 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6   (JPEG)

 

毎年恒例となっている子供たちの稲刈りが始まりました。

今日はどんよりとした曇り空でしたが、

元気に刈り取る子供たちの姿はとても晴々しく見えました。

皆、鎌の扱いは手慣れたもので、

黄金色に輝く稲穂がどんどんと刈り取られて行きます。

刈り取ったものは綺麗に束ねて杭掛けし、

自分より大きな稲穂を体いっぱいに抱えながら、

元気に運ぶ子供たちの姿がとても印象に残りました。

収穫の秋、子供たちにとっても、自分自身にとっても、

色んな意味での「収穫」になったような気がします。

今年も無事に稲刈りが出来たこと、

地元方々のご協力はもちろん、

鳥海山麓の育みにも感謝する次第です。

尚、この収穫したもち米は、12月に行われる

「もちつき大会」で皆に振舞われる予定となっています。

コメント

寄せる波

2012年09月22日 | 日本海

写真展情報 check !!

齋藤大悟写真展「海辺にゆれる軌跡」10月5日(金)~10月30日(火)

 

寄せる波

CONTAX RTSⅡ  Carl Zeiss Distagon T* 2,8/21   RVP100

 

17:30も過ぎれば日没を迎え、

18:00頃にはもう辺りは暗くなる今日この頃。

午後、秋の斜光線が気持ち良く、

今週始めのあの暑さが、なんだか懐かしく感じらます。

来週には地元小学校で「なべっこ遠足」が行われるとの事。

これから秋も本格化、おいしい鍋が待ち遠しいです。

コメント

空を染める

2012年09月19日 | 日本海

空を染める

Nikon 1 J1 / 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6   (JPEG)

 

昨日、18日の秋田の最高気温は36.1℃!

秋田市と象潟町で観測されたそうです。

それでも、真夏の蒸し暑さとは違って、

気温ほどの暑さは感じられませんでした。

さて、今日の掲載写真は海辺で見た夕焼け空。

染物のような雰囲気のある淡い色彩の空でした。

コメント

海辺のともしび

2012年09月17日 | 日本海

海辺のともしび

Nikon 1 J1 / 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6   (JPEG)

 

夜明け前、鳥海山上空にオリオン座を見つけました。

山と星とのコラボレーション、

その雄大さに感動し、色々と考えさせられました。

さて、今日は暑い一日となりましたが、日暮れと共に風は涼しく、

虫の鳴き声も相まって静かな秋が感じられました。

夜、見上げれば満天の星空。

不思議と活力が湧いてくるような、そんな気分になりました。

コメント (2)

震災復興支援写真展イマジン

2012年09月15日 | 展覧会

震災復興支援写真展イマジンimagine

震災復興支援写真展 VOL.2  イマジンimagine  (DMより)

 

写真展のご案内です。

2012年9月29日(土)から9月30日(日)と、

11月24日(土)から11月25日(日)との2回に分けて、

東日本大震災復興支援写真展VOL.2 イマジンimagineが開催されます。

この写真展は、写真仲間であり、先輩の皆さんでもある、

アリーヌさん、ginchanさん、23さん、ハイチさんの4人による、

合同写真展でもあります。

今回の写真展は、昨年に続き今年で2回目。

写真への思い、復興のへの思いが、

タイトルでもある「イマジンimagine」に象徴されていて、

4人それぞれの光る個性が一つとなり、想像を膨らます写真展です。

1回目は秋田市、2回目は横手市でそれぞれ開催されますので、

お近くにおいでの際は、ぜひご来場頂きたくご案内申し上げます。

                 ◆

尚、下記に皆さんのブログURLを示しておりますので、

日程詳細とあわせてご覧ください。

アリーヌさん http://aline-812.at.webry.info/

ginchanさん http://papageno1.blog.ocn.ne.jp/t/

23さん http://23wild.blog58.fc2.com/

ハイチさん http://haiti.blogzine.jp/weblog/

                 ◆

■第1回日程

日時 : 2012年9月29日(土)・9月30日(日)

       AM 10:00 ~ PM 6:00

場所 : 秋田市臨海 コバリン展示場

 

■第2回日程

日時 : 2012年11月24日(土) AM 10:00 ~ PM 6:00

                   11月25日(日) AM 10:00 ~ PM 5:00

場所 : 横手駅前 わいわいプラザ3F

 

■お問い合わせ  ? 090-2950-6949 (堀井)

コメント (4)

哀愁

2012年09月12日 | 日本海

哀愁

Nikon F6    Carl Zeiss Distagon T* 2/28    RVP F

 

夕方、雷が鳴り、激しい雨に見舞われました。

窓の外を見ると、薄暗い中で稲穂が風に揺れていました。

「もう、秋なんだなぁ・・・。」と、つくづく実感する瞬間でした。

コメント

暮れゆく海辺

2012年09月10日 | 日本海

暮れゆく海辺

Nikon F6   VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G   RVP F

 

日没を迎え、辺りが暗闇に包まれる頃。

空はこれ以上ない程に濃厚な色彩を放ち、

その色彩は波打ち際にまで映り込みます。

刻一刻と移り変わる海辺の光景は、

何度見ても新たな発見があり、思い知らされる事ばかりです。

コメント (4)

収穫

2012年09月07日 | 山の麓

収穫

Nikon F6   Carl Zeiss Distagon T* 2/28   RVP F

 

畑で採れた枝豆をもぐ祖母。今年も美味しく頂きました。

コメント

夏の牧場

2012年09月06日 | 山の麓

夏の牧場

Nikon F6   Carl Zeiss Distagon T* 2/28    RDPⅢ

 

夏、高原に吹く清々しい風。馬たちの表情も穏やかでした。

コメント

写真展告知

2012年09月03日 | 展覧会

写真展DM①

写真展DM②

齋藤大悟写真展「海辺にゆれる軌跡」DM (クリックで拡大)

 

写真展のご案内です。

2012年10月5日(金)から10月30日(火)までの約1カ月間の日程で、

写真展「海辺にゆれる軌跡」を開催致します。

場所は、秋田県仙北市角館町にあります「ギャラリー&カフェ ぷかぷ館」。

第一線でご活躍されている写真家・小松ひとみさんと、

館長の小松優美子さんが運営するギャラリー&カフェとなっております。

                 ◆

テーマである「人間の本質に迫る写真表現」の追求は、

私のライフワークであり、写真を撮る原動力そのものです。

カメラを手にするようになってからというもの、

身近にある自然の姿に、日々、気付かされ続けてきました。

特に、近所に広がる日本海の姿に感動し、

海辺に行くたびに新たな発見があり、思い知らされ続けてきました。

様々な情報が氾濫する現代社会ですが、

日々、感動したり思い知らされたりしているうちに、

人間にとって「確かな情報」とは、

自然の中にこそ秘められているのではと考えるようになりました。

人間の生き方の規範が自然の中に示されていると思うのです。

その確かな情報の手掛かりを末端に求め、

海辺に残された様々な「軌跡」を辿りました。

砂浜に残る波の跡、水面にゆれる光跡、足元に刻む風紋・・・。

そして、自然の息吹やその凄みは、

感動した自らの心に「軌跡」となって残り続けています。

それら1つ1つの軌跡を辿り続け、その繰り返しの蓄積を経て、

「確かな情報」をフィルムに収めたい、自然の凄みの根源に迫りたい、

そして、自らの在り方を見出して行きたいという希望があるのです。

自然を前にしての「感動」とは、太古から変わらぬ

人間の普遍的な心の表れであり、敬意の表れであると考えています。

今回の写真展、何かその一端でも感じて頂ければありがたい次第です。

                 ◆

尚、展示作品は全てリバーサルフィルムで撮影したものであり、

プリントも全て手焼きによる銀塩プリントとなっております。

35mm判をメインに、645判も交えて約30点余りを発表致します。

自分自身、まだまだ未熟である事は重々承知しておりますが、

この機会、秋田・角館方面においでの際は、

ぜひ、お立ち寄り頂きご高覧賜りたく、ご案内申し上げます。

                 ◆

■ 会期  2012年10月5日(金) ~ 11月13日(火) 会期延長!

■ 時間  10:00 ~ 17:00  (水曜日・木曜日休館)

■ 場所  ギャラリー&カフェ ぷかぷ館 (入場無料)

■ Web  小松ひとみのフォトワールド http://www.hitomi-k.com/

      ギャラリー&カフェ ぷかぷ館 http://pukapu.hitomi-k.com/

コメント (2)

日没の海

2012年09月02日 | 日本海

日没の海

Nikon 1 J1 / 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6   (JPEG)

 

日没を迎える日本海。

何度見ても、そのたびに得られる感動があります。

コメント

爽やかな朝

2012年09月01日 | 日本海

爽やかな朝

Nikon 1 J1 / 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6   (JPEG)

 

とても爽やかな朝の海辺。

柔らかな光に包まれながら、今日も一日が始まりました。

コメント