魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

裏天王山?-アウェーサガン鳥栖戦-盛多や

2018年11月05日 | サッカー
昨日、鳥栖のベストアメニティスタジアムまで遠征してきました。

サッカー専用スタジアムはグランドまでの距離が近いのですごく良いです。





アウェーゴール裏3階にて観戦。



サガン鳥栖は何といってもこの選手!




スペインの至宝と言われたフェルナンド・トーレス選手。

生で彼を見られただけでも価値があります。
対応していたV・ファーレンの高杉、バイス選手も、まさか自分が彼とマッチアップするとは!
なんて思ったことでしょうが、この日はそんなことよりもJ1残留がかかった大一番。


どちらもガチガチに熱くエキサイトした戦い。そして応援もメチャ熱くて声も良く出ていました。


中でも一番感心したのは鳥栖のGK権田選手。彼は日本代表でもあります。
接触で怪我をし、流血しながらも、意地の何度ものスーパーセーブ!!!

なるほど、さすがの代表GKと感心。敵ながら素晴らしかったです。
相手GKが彼でなかったら1、2点取れていたかもしれません。

もちろん結果はご存知でしょうが0-1での敗戦です。
やはり正直力が足りないのです。


この大一番で勝てなかったので、正直来年のJ2への降格確率もかなり上がってしまいました。


でも選手は懸命にプレイしていました。
V・ファーレンも黒木選手をはじめとして、しっかりと意気込みが表れてはいました。
両サイドもホントよく駆け上がるよねえ。惚れ惚れします。

来年もこのメンバーがいたら、仮にJ2に落ちたとしてもまた応援しようと思いました。





ところで本日の入場者にはこのユニがサービスで配られました。




「17」って何?と思ったら、鳥栖ではサポーターナンバーは12ではなく17ということです。
珍しいですね。思わず17と言えば古部!って思いましたもん。


もうこうなった以上、残留争いの中でもサガン鳥栖にはなんとかJ1に残ってもらいたい
と思いました。我がV・ファーレンは残り3試合での奇跡を願うしかなさそうです。



試合前にこちらへ。




佐賀県鳥栖市本町にある「盛多や」。
丸幸ラーメン出身ということです。

チャーシューメンを!




味わいは軽めの豚骨。明るく親しみやすい。
スープですが、最初は美味しかったけどだんだんきつくなってきました。
シャープで塩分強めです。化調も入っています。残念がら最後までは飲み干せませんでした。
でも普通の人が食べきるくらいまではしっかり食べました。
麺やチャーシューは美味しかったです。
ラーメンは鳥栖よりも久留米or佐賀市でしょうか。しかし、こういうのもアウェーの楽しみです。


コメント