魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

女子がキャーって言う?ランチパスポート探訪

2014年09月30日 | 美味しいもの
ランチパスポート 長崎版 第2弾。

日曜日に少しだけ遠征しようか、ということで、女子の喜びそうなお店へ。

連れて行ったのは、年を重ね過ぎてしまった元女子。(奥さん)


そのお店はこちら。
長崎県諫早市森山町唐比北にある「スイーツカフェからこ野」(クリック)です。


森の中に建つモダンな建物。「風の森」(浜松建設さんの造ったスポット)の近所です。

すごく素敵です。

夜に煌々と電気がついていると虫だらけで困るとは思いますが、さわやかな昼間は
とても良い感じです。


さて、そのランチを。

まずこれ。



この日は冬瓜にエビのスープ。そしてすぐに前菜。

豆腐にかかっているのはピーナッツ風味の味噌のような・・・なにか。

和食屋さんのようで可愛いなーと思っていたら次。



ミニパスタ。味はジェノヴェーゼ(バジル風味)。


そしてメイン。



ベーグルパンのサンドにサラダ。


デザートが来る。



ロールケーキにバームクーヘン。そしてコーヒー。


通常は980円だというけれど、これ540円ってすごくないですか!

素敵な森の中のモダンな館で食べると、女子はキャーって言いそうです。



出来ればもう少し若い?そこそこの元女子と行きたかったなあ・・・。

これをお読みのみなさま、決して野郎同士では行かないでください。
涙がちょちょ切れると思います。


コメント

今年もやはりこれはいいぞ!

2014年09月29日 | ワイン 2014
ローソンで100円コーヒーが新発売になったので、アイスコーヒーを買ってみた。


するとレシートに50円券というのが付いていて、次回50円サービスしてくれるらしい。

・・・そこでまた2回目にホットコーヒーを買った。1杯50円だとほんとに嬉しいな。


さて、味だけど、ファミマやセブンと比べると、ちょっと粉っぽいというか粒子
を感じて、やや苦さも出ている感じがする。濃度はまずまずですね。

さて、これからはどこでも100円で飲めるんです。とても利用しやすいと思います。
最近は店内で飲めるスペースがあるお店だととても嬉しいですね。



さて、今夜はこれ。




2012 ブルゴーニュ ルージュ(ベルトラン・アンブロワーズ)
  (仏、ブルゴーニュ、ピノ種、赤、2千円台後半)


2012年は生産量が1/3~1/2と極めて少なく、そのため価格もかなり上がっております。
不作と思いきや、これがとても質が高く「奇跡の年」となったようです。

早速入ってきたばかりのこのワインをお試しです。


香りはインキーで(インクのよう)、革や動物臭が漂ってきます。極めて赤いチェリー
やイチゴがきます。そして深さを示すかのように井戸や日陰の植物のような厚みの
ある感じ、ヴォリュームを感じることが出来ます。この時点で、もはや勝ちは見えました。

さて、味わいですが、当然のごとく美味しいです。厚い果実味と革や肉の旨味成分、
フルーツがギュイ~~~ンと伸びていきます。何というエキス分でしょう!

酸はとてもきれいで、出過ぎず、分別のあるところ。タンニンも程良くて、しかし、
ちゃんと10年程度はまったく大丈夫な状態でしょう。


これは確実に2005年に匹敵するかもしれません。
05年は「ブルゴーニュV.V」という上のクラスをたくさん買いましたが(完売です)、
12年はその「V.V」(古樹の略です)クラスが出ていないので、一番スタンダードな
ものですが、それでもその押し寄せるエキス分のすごさはかなりのものだと思われます。


これは輸入元に追加を言おうか?と心が動きます。


時間が経って、ますますフルーツが美しくなるので、間違いないですね。


問題はひとつ。価格だけ。現在、為替相場があまり良い状態ではないので高いですが、
これが将来、もうちょっと安くなると仮定して(ならないかも?)、その頃には
この素晴らしいヴィンテージは市場からなくなっていることでしょう。

やはり今が買いなのでしょう。2014年(今年)もあまり期待出来ないので、2011、
2013、2014はちょっとねえ・・・。そうなると12年ものは良いのかもしれません。

経験上、たいていは「あの時かっていれば・・・」「ifの仮定法過去形(今や不可能)」
なので、やはり買いなのでしょう。



先ほど、追加オーダーを入れました。
ぜひお求めください。


コメント

危険な階段

2014年09月28日 | ちょっと怪しい
危険な階段を見つけました。





さすがに立ち入り禁止です。


どう危険かというとこれくらい。




支えるはずの足が・・・



地面に着いていない!


よく残っているな・・・と。


まさに私のような・・・階段だ。

いつ倒れるかわからないということ。





本日はV・ファーレン長崎はアウェーで大分トリニータ戦。

J1昇格のかかる6位以内に入るには、こんな階段でも上るように、多少危険でも
前がかりに行くしかないよね。

久しぶりにベンチに入ったイ・デホン選手に期待してみたい。石神選手のクロスに彼が
合わせてゴール!・・・って具合にいかないかな。(笑)
そして佐藤選手もバシッと先取点を取ってくれー。

行け行けV・ファーレン!


コメント

早速ランパス出撃

2014年09月27日 | 美味しいもの
まずは業務連絡。


新しいワインリスト「2014・10月号」を配信いたしました。

当店のワインリストご希望の方は、ぜひご連絡ください。

ブログ右側の「ブックマーク」の下にある「当店への入り口です」というところに
行けば、当店へのメルアドが書いてありますので、そちらからご連絡ください。

2~3ヶ月に1度程度のゆるい配信です。楽〇市場のように毎日のごとくは届きません。
お邪魔にならない程度にご案内させていただきます。
よろしくお願いいたします。




さて、「ランチパスポート 長崎版 第2弾」が発売。しっかり入手いたしました。



早速出撃です。

第1弾のスタートと同じ場所から出発!っということでやってまいりました。





出島ワーフの「サルターレ」。


さて、その対象メニューのマンジャーレプレートがこちら。



イタリアンなトルコライス・・・・・って書いてこそありませんが、よくわからんです。

でもね、とても美味しいんですよ。

ライスはチーズリゾット、これが結構良いんです。
カツ自体は薄めで、正直たいした肉質ではありません。でもデミグラスソースは
とても美味しいです。技術のしっかりしたお店であることは分かります。


さて、これから行ける範囲内で、たくさんのお店を巡ろうと思います。


このブログでもご報告していきます。

でも大好きなラーメンとカレーばかりになるかも???

ぜひお楽しみに~。


コメント (2)

いよいよランチパスポート第2弾!

2014年09月26日 | ワイン 2014
本日は待望の第2弾「ランチパスポート 長崎版」が出ます。


しっかりGETして美味しく食べましょう。
今回は税込みの540円とのことです。(第1弾は500円だったのにね)
まあ、そう贅沢を言っては罰が当たりますよね。

でもその隙を縫って常連のお店にも通わねば・・・ですよね。


大丈夫だろうか? ってもちろん体重ね。


美味しく食べることは人生をとても明るく、元気にしてくれるので大いに楽しみたいと
思います。



そしてお仕事のおはなし。

今新しいワインリストを書いております。間もなく配信予定です。

このブログにも書きましたが、実はこの前ハードディスクが壊れて交換してしまった
ので、メールアドレスが一部消えてしまった方がいらっしゃいます。

いつもリストが届いていた方で、今回来なかった方がいらっしゃいましたら、
ぜひともご連絡をお願いします。


今回は試飲会も多く、ご紹介したいワインがあまりに多すぎて、かなり悩んだ内容に
なりました。書いたワイン以外にもいろいろとありますので、お問い合わせください。




さて、今夜はこれ。




2012 シュグ(Schug) ピノ・ノワール ソノマ・カウンティー
  (USA、ピノ種、赤、3千円台)


香りはイチゴやチェリー、若いのでピチピチフルーツが多いけど、奥の方に革や
赤土、動物系の旨みを感じ取れます。


味わいは若いです。でも時間をおいて落ち着いてくると、旨味が出てきます。
若々しいベリーフルーツに、くっきりとクリアな若いながらも熟した果実味や、生き
生きした酸、タンニンはそれほど強くはありません。

今でも若々しくピチピチとして美味しいですが、少しでも寝かせてやることで、
グングンと良くなってくることでしょう。

これは楽しみで、美味しいワインです。


コメント

ジーラ号に乗る

2014年09月25日 | Weblog
ラーメン遠征ついでに、佐賀県呼子へ行きました。


やはり一度はこれに乗らないとね。





グラスボートの船の中はこんな風になっています。





あいにくの天気ですが、沖にあるこの島まで。



写真右側にある、小さな2つの岩付近で魚が集まってきます。








もうね、乗っていた子供たちがキャーキャー。

鯛が集まってきます。

ここ、網ですくおうか!っていうくらい、たくさんいて驚きました。

船旅も結構楽しめました。



その後、名護屋城博物館へ。






秀吉時代の朝鮮出兵となった拠点というべきところ。

ここは時間があると、もっとしっかり見たい資料がいろいろとあるようです。
特に戦国武将マニアには注目すべきところもあるかと思います。




その後、一度は見ておきたい「原発」。でも見たくない「原発」。




「玄海エネルギーパーク」という施設へ。

もちろん中へは入らず、外から見るだけ。




上の写真の丸いのと手前の円柱形のが原子炉ね。

「恐いもの見たさ」で来てしまいました。

今「稼働」はしてなくても、核融合はずっと続いています。タービンが回って発電して
るか、していないかの違い。


これから先、何万年~何百万年という長いスパンの中で、無事であることを祈らざる
を得ません。その間に大地震や大津波や大地殻変動とか天変地異や戦争は
ないんですよね。きっと。>電力会社&政府


コメント

ラーメンの核

2014年09月24日 | 美味しいもの
ラーメンマニアの方々、問題です。

店名を答えよ。


第1ヒント。




これですぐに分かる方はさすがだと思います。



第2ヒント。





さすがにここまで来ると一発ですね。




もうお分かりですね。
豚骨マニアには聖地として有名なお店。

第3ヒント。










はい、答え。

佐賀県唐津市にある「一竜軒」です。


久しぶりに遠征してきましたよ。


ひと口スープをすすった途端、「あっ、げんこつ家だ!」と思いました。

長崎県雲仙市千々石町にある私の大好きな「げんこつ家」よりもややしっかりと濃く、
ややワイルド感があります。スープの色もやや赤みを帯びているかもしれません。


そう、このお店こそ豚骨ラーメンマニアの屈指の名店です。

しっかり濃くて、コクがあるのに、優しくて、その風味が沁み渡ります。


久留米発祥の、そして佐賀系となったこの本流の味わいを知ってしまうと、世の中に
溢れる数々のラーメンが、どーでもよくなってしまうという本流中の本流の味です。
(あくまで私の場合ですけど)


マー油だとか、辛し味噌、背脂だとか、焦がしネギだとか、どうかしたらレモンだとか
そんな「付属品」付きに価値を見出している方々に、一度食べていただいて、ど真ん中
の豚骨ストライク
を味わっていただきたいお店ね。

関東や北海道の、「醤油」や「味噌味」ラーメンをご所望の方には意味がありません。
そこは違うベクトルです。


でも今や、豚骨はニューヨーク他、世界的に席巻するかもしれない味です。
その中枢の誤魔化しのない味わいをズドーンと現していると思います。


なぜに長崎市内にこんなお店がないのだ!!! 少し佐賀を分けてー!
と言いたくもなります。佐賀県の奥深さをしみじみと味わいました。




ふ~け~ば~ とぶよ~な しょうぎのこまに~♪


帰り道に寄ってみました。





閉まっておりましたが、なかなか渋いでしょ。「村田英雄記念館」。

関係ないけど、昔近所にあった「七楽座」という劇場を思い浮かべました。

開いていたら覗いてみたかったな。




コメント

平和なバス停

2014年09月23日 | マイナー探訪
変わったバス停のご紹介。




「火引の浦」。フツーちょっとキモイですね。


そしてこれ。



「よきのひつ」。どんな謂れがあるのかわかりません。
すごく変わっています。




さらにこちら。



「又兵衛」。すごいですね。


時計が付いているところがポイント高いです。


時刻表を見てみると・・・



何と、1日5本。

うーーん、でもそれが良いんだよなあー。


上記の3つのバス停は意外と近くにまとまってあります。




さて、本日はとりあえず、お休みです。
こんな変なバス停を探して回っているかもしれませんよ。
いや、それとも美味しいラーメンなのかも。

そして陰ながらV・ファーレン長崎の試合を応援します。


コメント

カレーよりもラーメン?でも新店舗書いておくよ

2014年09月22日 | 美味しいもの
カレーよりもラーメンの方が人気があるようですね。


先日「麺也 オールウェイズ」が5周年記念で500杯無料サービス!をしたところ・・・



とんでもない行列が出来ていました。
この後ろにも数人いました。

外にいた店員さんに伺ったら約140人だそうです。
2時間以上確実にかかるな、と思い断念。待つのは20~30分くらいが限界だと思う。


いつものカレー屋さんへ向かいました。




このブログでも、カレーの話を書くよりもラーメンの話題の方が人気があります。
(訪問者数やページヴューなどの数でわかります)



でも新店舗は書いておかねば!ですよね。
いつものお店ばかりだと面白くないでしょう。



その新店舗は、時津町にある「SOM」。



「ネパール インド料理」ってネーミング。日本から見たらどっちでもいい状態
なのかもね。

サムってオリビア・ニュートンジョンの歌った曲を思い出したけれど、あれは「SAM」だった。



どうでもいいことは置いておいて、メニューはこちらです。




「本日のランチはバターチキンカレーです」と言われたので、
「じゃ、それで」と応えてしまいました。

あとからよく考えると、「ナマステセット」が安くて2種類も味見出来るではないかっ!

まあ、それは次回へのテーマとしましょう。


辛さも1~10辛までありましたが、あまり辛くすると、このお店の本来の味を見失い
そうなので、とりあえず8辛をオーダー。



さてと、カレー来ましたよ。(ライスでなくナンをチョイス)




やはりバターチキンカレーは無難です。鉄板やね。

トマトの他にケチャップ使ってるかも?と思うも、マイルドで厚みのある味わい。
悪くないです。いや、むしろ美味しい。

ここに来るまで、とても遠いし、同じインド系の「ミラン」や「タージ」を通り過ぎて
向かうことになるけれど、「それでもここか?」といわれると、さすがに・・・。
時間もエネルギーもかかるんです。

インドスタイルはもういいかな・・・とちょっと思うのだけれど、そのうち
もう一度食べてみたいと思います。


ところで時津辺りは車が多くてビックリします。長崎市から来ても異次元空間です。
よほどの車社会なんですねえ。
ロードサイドのチェーン店の多さにはちょっとうんざりします。


コメント

しらのつりはし

2014年09月21日 | マイナー探訪
まずは業務連絡から書きます。

本日は日曜日ですので、店休日ですが、23日(火、祝日)はお休みいたします。

今年最後の祝日の店休日となります。当店は基本的に土日とか日月など連続の休み
を取らないので、久しぶりのような気がします。どこか罪の意識があったりします。

少し遠出してどこか美味しいラーメンでも食べに行きたいなあと思っております。

そんな訳でよろしくお願いいたします。




さて、吊り橋。

なぜか気になりますよね。

行ってまいりました。




さあ、行きますよ。




真ん中へ来るとこんな感じ。





足元は、



揺れますね。


でも怖いほどは揺れません。恐がるのはよほどの高所恐怖症の方だけ。



反対側から見てみましょう。約40mね。





吊り橋の下はとてもきれいでしたよ。




どこぞの観光地みたいな大きなものでもありませんが、それなりに惹かれます。
恐くない分誰でも楽しめることでしょう。


コメント

忘れない味

2014年09月20日 | 美味しいもの
福岡ではこのお店へ行ってまいりました。




分かる人にはすぐ分かる。

福岡市中央区高砂にある名店「スパイスロード」です。


最後のカレーを食べてきました。

来月よりここのオーナーT氏はある病気のため、他の方へとバトンを渡して違う
お店になるそうです。

つまりT氏のカレーが食べられるのは、私にとっては最後。


辛さは1~10辛と選べるのですが、あえて5辛を。カレー自体の味をしっかりと味わい
たいですからね。(この後、ワインの試飲会も控えているし)







このカレーのレシピはこれだそうです。



それ貼ってるなんてありえませんよね。

でもそんな店主のお店なのです。
すごくひたむきにカレー作りを頑張っていらっしゃるのでしょう。


味わいはもちろんスパイシーで、堂々として広がりのある、でんと根を張った、
そして隙がなく充実した味わいでした。

ただ、5辛といってもかなり辛くて驚き。

店主「辛さ大丈夫でしたか?」

私「前に10辛食べたんですが、それを思うと今日の5辛って結構辛いですね」

店主「適当なんです。今日の唐辛子はいつものと違って、価格も5倍するもので、辛い
けど、さっぱりと上品に辛さの切れるものですよ」と。


食後にはラッシーを。



辛さと切なさのある今日のこの味わいを、心に刻んでおきました。


そして店主に了解を得て、壁に貼ってあるこのレシピをアップしておきましょう。




我が家のカレーもこのレシピを適当解釈?して時々作ります。

いかがでしょう、これ見てトライしてみるのも面白いかもです。

ちなみに「ガーリックウォーター」というのはガーリックを油で炒めたガーリック
オイルでもいいそうです。
個人的にチキンの量は多過ぎで、半分くらいでもいいと思います。
鶏ばかり食うわけじゃなく、メインはカレーのルーですからね。

もちろん厳密なものでもないし、あとはそれぞれの判断とセンスの問題でしょう。
美味しいカレー作れるかもしれませんよ。


お店は変わっても、このレシピを残すことで時々作って思い出すことが出来ます。
でももちろんお店のように美味くは出来ないでしょうけれど。

長崎ではこんな本格的なお店は極めて数少ないので、もっと増えてくれたらいいですね。


コメント

試飲会紀行その2

2014年09月19日 | ワイン 2014
福岡出張編 その2 です。


2日目は2ヶ所(ホントは3つあったけどひとつはパス)を巡ります。




まずは日本ナンバーワンといってもいい輸入元M社。出品アイテム数は約170。


やはりレベルが高い。



当店でも取り扱っておりましたが、再試飲してやはり素晴らしいですね。
良く出来ています。左側、ポッジョトンドのキャンティは発注しようとしましたが、
すでに売り切れ。人気あるようです。




USA、ナパヴァレーの美味しいカベルネも健在。微かに弱いんだけれど、圧倒的な
美味しさはさすがでした。パインリッジね。



最近ブルゴーニュも高騰しているのですが、こちらのドメーヌ・マッスは良いですよ。


並べて飲むと、やはりジヴリの方がぐっと良い。


写真は出しませんが「ドメーヌ・コワイヨ」も美味しかったです。特に
マルサネ ロンジュロワはかなり良い。
総じて2012年のブルゴーニュ赤はかなり美味しいと思います。




さらにラベルが変わり魅力を増したのはポール・マス。



一番お手軽なシリーズなどは疲れない、デイリーとしてとても良く出来ています。

この他、いろいろと新入荷もあるかと思います。




そしてもうひとつの輸入元の試飲会へ・・・走る!!!




こちらは空いてはいるものの、アイテム数はより多くて185。

もうパンクしそう。


スペインの美味しいものを発見。





ずっと試飲しているわけですが、もう何が何だかわからなくなってしまい、口の中が
タンニンで荒れて、いっぱいいっぱい状態で「ピタッ」と止まってしまいました。


もうどうにもならない・・・・・一瞬ワインを見るのも嫌に。


そんな時はちょっと休憩を取って、これを飲むんです。



アミオ・セルヴェルのシャンボール・ミュジニー。

あまりの美しさと美味しさに生き返ります。またワインが好きになります。

やっぱブルゴーニュなんだよねえ。ピノなんだよねえと。


食事も取らずぶっ続けだったので帰途にこれ。



キッチン政のカツ丼を。

せっかく痩せていたはずなんだけれど、これ一杯で翌朝は1キロくらい太る。

最悪・・・。



そんなわけでたくさん試飲してまいりました。2日間で約600アイテム。

来月もまだたくさんありますし、当店も渾身の仕入れをいたします。

値上がりも激しい時世ではございますが、なにとぞよろしくお願いいたします。


コメント

試飲会紀行その1

2014年09月19日 | ワイン 2014
おいおい、何が試飲会紀行だよっ!
そんな悠長なものではないのさっ。

福岡で2日間連続の試飲会があって行ってまいりました。


第1日目は「ワインコンプレックス」という輸入元が20社以上が集まり、それぞれの
ブースを出していました。300~400アイテム程度はあったと思います。




これは終了後の会場写真です。




では、気になったワイン達。



これらは良かったです。
特に真ん中のラベルは良いですね。私はポップアートやミッドセンチュリー的
デザインがとてもお気に入りで、ついつい惹かれてしまいます。



圧巻だったのはこのUSAのピノ達。



素晴らしいです。美味しいです。

でもそれもそのはず。価格まで素晴らしいのでなかなか手が出そうにありません。



そして、久々に驚き、心が乱舞してしまったのはこちら。



写真右側のターリー(Turley)のジンファンデル!
実に10数年ぶりの正規輸入です。(待ってましたっ!)

下のクラスですが「ジュヴナイル」を頂きました。

・・・・・それが実にしなやかで・・・なに?そんなのターリーじゃないって!


そうですね。でもこれはこれなりにすごく美味しいんです。

「なにー、ターリーがビオになってただと~。やきが回ったんじゃないのか。」とつい
つぶやきました。

それでも旨いので心の中で葛藤です。
(本来、このメーカーは、元々ガツーーーン!とメチャパワフルなのです)


ところでその横(写真左側の2本)も素晴らしいピノとシャルドネです。



他にも驚いたのはこちら。


日本人がUSAで造るワイン。「Ch.イガイタカハ」。

家紋の「違い鷹羽」です。アルファベットで「chigaitakaha」と書くと、最初が「ch」
つまり「シャトー」と読めてしまうので、そこで切り離したのがCh.イガイタカハです。
とてもレベルの高いワイン達でしたよ。


実は我が家もこの家紋なので、どこか親近感もありそうですが、私はまったく興味なし。
だって、先祖のいちルーツにすぎませんから。(先祖の数は2の2乗づつ増えていきます
よね。30代遡ると10億人以上いるんですよ。そのひとつだけ取るなんて実にアホらしい)
でも美味しければ良いよね。




話を戻しましょう。

あまりにたくさんのブースがあり、ちょっと凄すぎでした。

面白いのは「ルーマニア」だけ、「南ア」だけを扱う輸入元とか。
どこか潔いというか、よくそれだけで勝負してるな、とかつい余計なことを思ってし
まいます。とても勇者です。




たくさん飲んでヘロヘロになりましたが、その夜も少しだけ残ったボトルを
いただいて・・・。



泊まったホテルで、読書しながら美味しいUSAピノを頂きました。

結構死力を使い果たし、倒れておりました。


コメント

ほうすい

2014年09月18日 | マイナー探訪
1泊して福岡まで試飲会に行ってまいりました。

すごく疲れているので、本日はストックしていた写真を。

試飲会の様子や気に入ったワインたちは明日にでも書きましょう。






さて私、ダムマニアではありませんが、いや、ちょっとだけダムマニアかもしれません。


たまたま通ったらこんなんでした。





放水中で、溢れる水が模様のように・・・




これは多く人が惹きつけられるでしょう。

しばらく眺めていました。

梨の「豊水」も美味しいですが、ダムの「放水」もいいもの・・・なんちゃってね。








コメント

標識に誘われて

2014年09月16日 | マイナー探訪
ええ、行ってきましたとも。日曜日ですね。





最近はちゃんと開いているので嬉しいです。



今回は海苔を生かしたオーダー。




ラーメンにごはん小、海苔トッピングね。



大好きなスープに浸した海苔でご飯を巻いて食べる。
そしてすぐさまスープを口に運ぶ。うん、幸せ。

結構ゼラチン質を感じるから、鶏も使っているかとつい思うんだけど、やっぱり
豚骨だけなんだろうなあ。いつも美味しくて、ゴマや紅ショウガとか味を足すこと
もせず、黙々と食べ、スースを飲んでしまう。

幸せな時間だ。


最近ラーメンをずっと節制しているけど、やはりたまには思いっきり食べたい!




さて、これは別の日ですが、せっかく行ったので書いておきます。

通りすがら、ずっと気になっていたところへ向かうことにしました。

「尻久砂里館」って書いてあったら、一度は行ってみたいですよね。
(尻久砂里浜だったら行かないでも良かったんです)




その標識に釣られて、ついついと。

長崎県西海市大瀬戸町にあります。


行ってみると・・・・・





知ってはいましたが、砂浜です。
お尻が腐れるわけではありません。それくらい景色が良いということ。


ただ「館」文字が意味するところが知りたかった。

写真左側に見える建物です。





海水浴のためのシャワーや更衣室のある建物でした。

まあ、何てことはないよね。


ここはダイビングスポットらしく、ウェットスーツを着たダイバーがいました。

魚もたくさんいるらしいです。





さて、本日試飲会のため福岡出張です。
明日も試飲会なので福岡に泊まります。頑張ってきます。

ワインは家の奥さんが対応します。よろしくお願いいたします。

コメント