魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

なんばでグリーンカレー-三つで五百円 

2018年08月19日 | ちょっと怪しい
長崎市宝町にある「なんば」。


やはりたまにはカレーだよ。



席に着いてメニューを見る。


普段はココナッツチキンカレーが多いかもしれないが、今日の気分はグリーンカレーだ。




オーダー後、私の失言なのか?!

「エビですが、剥くのが大変で見栄えは落ちるけど、出す前に剥いてもらえますか?」

こんなお願いしたわけだけど、店主の気分を損ねたかもしれない。


やって来たのはこちら。





ホントはエビがあるとこんなになります。




確かに見栄えは違うけど、食べる側としては楽なんだよー。
(熱くてたまらんのを握って剥くのは結構大変なんですよね)

店主のMさん、変なこと言ってすみませんね。
応じていただき感謝です。


でもちゃんと美味しいです。
このお店のグリーンカレーは通常の、みなさんがイメージするものとは違って、油も少ないし
きっと体にも優しいと思う。ごちそうさまでした。






さあ、本日はセレッソ大阪戦。

スタジアムに行きますよ!

目下連敗中のV・ファーレンですが、私が行くのできっと勝ってくれると信じて行くことにします。
中村慶太選手が活躍してビシッと良い仕事してくれるんではないでしょうか。






さて、おまけです。
知ってる人は知ってるでしょうが、凄まじい歌を流しておきましょう。

三つで五百円 (ノーカット版)



通常の音楽ベクトルから外れていて、かなり衝撃的な歌なのでお楽しみください。
昭和の戦後間もない頃、昭和20~30年代の世界観かもしれません。



コメント

政-冷やしラーメン-カンポ・アリーバ

2018年08月18日 | 美味しいもの
やって来たぜ「ラーメン家 政」。



今月のクーポンはピリ辛キャベチャー。



なんだが、ちょっと盛りが少なめか。

ピリ辛キャベチャーとのことだが、私がまったくピリリともしないので、お店に確かめてみた。

「これ、普通のキャベチャー?」

「いえ、ピリ辛です」

最近私もどーかしてるぜー。
辛いものへの耐性が・・・




さてラーメンは新メニューの「冷やしラーメン」。
梅抜きでー。




実はシソと梅が昔からどうしても苦手な私。ナンデアンゲンキョウレツカト~!

オーダー時に「梅が入ってますが?」と訊いてくれるので非常に良い。



カツオ節や魚介ダシのあっさりとした味わいで誰でも食べやすいでしょう。
美味しくいただきました。

丼もしっかり冷たくして出してくれているのは高ポイント! さすがです。



ただね、すぐ隣で熱いラーメン食べてるのを見ると、「やっぱラーメンは熱かとが
美味しかかもねー」とも思う。

面白いもんだね。きっと隣りは「冷たいラーメンも良かよねー」と思ってるに違いない。

まあ、夏だ。





そして夜はこれ。




2015 カンポ・アリーバ
  (スペイン、モナストレル種メイン、赤、千円未満)

ヴィンテージが変わったので試飲です。

香りはプラム、ブラックチェリーなどの濃いフルーツ、ミネラル、ミントなど。

味わいは濃くまろやか。最初に苦味が出ましたが、間もなく引っ込んでいきました。
刺々しさもなく、上手にまとまっています。酸はややありますが気になりません。
タンニンも細かくて程良いでしょう。若くして大いに楽しめます。コストパフォーマンスは
良いでしょう。さすがです。

ただしいろんなニュアンスをお求めなら上のクラスの「Old Vine」をお求めください。(千円台半ば)
このワインは毎年たいてい良い出来です。


コメント

きりゅう冷やし味噌ラーメン-ヴィニウスSy REV

2018年08月17日 | 美味しいもの
冷やしラーメンが出たとの情報を得てやって来ました。


もう何度か食べている長崎市栄町にある「元祖味噌らぁめん きりゅう」。





さあ、入口すぐの券売機だ。


ここは味噌ラーメンの店なので、迷わず「冷やし味噌 790円」を選択。
ついでにごはんも追加。







待つことしばし。
やって来ました。



まずスープをひとすすり・・・?!

初めての味だ!


しかし、冷えが弱い。スープがぬるい!

トッピングのワカメやポテサラはしっかり冷たい。チャーシューは暖かい。
この店独特の味噌は使ってはあるものの、方向性が分からない。
味わいは美味しく食べられはするものの・・・はっきり言ってロンパリ状態。
一貫性がなくバラバラ。

途中から自分が何を食べているのかわからなくなってきました。

ごはん? ポテサラ? やたらとちぢれた麺? 味噌スープ? 冷たいワカメ? チャーシュー?

いろいろな要素はあるものの、まとまりがなく、どこを目指しているのか見失ってしまいます。


隣でしっかりと熱い味噌ラーメン食べてる人を見ると、やっぱちゃんと看板メニューを食べる
べきだった、と思います。冷たいだけの誘惑で冷やしラーメンを食べた敗北感。
あくまで個人的な嗜好性の上で語っております。

ここはちゃんと熱くて美味しい味噌ラーメンを食べるべきお店なのです。






そんなこんなで夜はこれ。





2016 ヴィニウス シラー レゼルヴ
  (南仏、シラー種、赤、千円台前半)


香りはプラム、スグリ、ブラックチェリーなどのフルーツにクレヨン、毛糸のセーター
などまろやかです。


味わいはまろやかにまとまっていて、刺々しくなくジューシーです。2016年自体が
そんな年なのかこれから分かってくると思います。長寿とは思いませんが、早くから
楽しめて良いんじゃないかなあ、そんな思いです。

ポール・マスはいくつものシリーズで南仏ワインを出していますが、別ラベル「ラフォルジュ」
シリーズも美味しいですし、こちらの「ヴィニウス」シリーズも悪くないです。
上手にまとめていると思います。なかなかの腕達者ぶりです。



コメント

精霊流し-鹿島アントラーズ戦

2018年08月16日 | Weblog
長崎のお盆は精霊流しです。

元県庁坂~大波止を通り尾上町の流し場まで精霊船が流れていきます。


うちの前の道路も何隻かの船が通りました。








大きいのも小さいのもいろいろあるのですが、どれも故人への思いが忍ばれます。



一昨年、私の母が亡くなり、船は作りきらんかったけど菰(こも、お供え物を藁で包んだもの)を
船の代わりに流しました(クリック)。


親戚関係の船は何度も流しましたが、自分の親の精霊流しの時には感慨ひとしおでした。

派手な花火も鳴りますが、実は寂しいんですよ。そこが良いんです。


深夜のTV番組で精霊流しの中継録画が放映されます。





解説の越中哲也先生も96歳だとか?!

もうこの番組は越中先生のご健在を確かめるのも毎度のことね。





でも同じこの日に、片や諫早市では鹿島アントラーズがやって来て、ホームゲーム!!!


V・ファーレン長崎もがんばりましたが・・・






ラッキーな(技ありの?)先取点はあったものの、結局勝負巧者の鹿島にやられてしまいました。
順位も大変なところまで来たので、ここから心機一転で頑張ってもらわないと!

次のホーム戦は行けるかも?なので。期待します。
でも負けてる時もしっかり応援しようぜ!


コメント

ふじよし-心平和なお好み焼き

2018年08月15日 | 美味しいもの
こう暑くてもふとお好み焼き食べたくなる時がある。
不思議な魅力やね~。



やって来たのは長崎市魚の町にある「ふじよし」。




こんなお店が自分にはちょうど似合う気がする。
ラーメン屋さんとカレー屋さんと・・・ね。



メニューです。




豚モダンは前に食べたので、いかモダンで。
おにぎりと味噌汁も付けてオーダー。


年配のご夫婦でやっていらっしゃいます。

お好み焼き担当は奥さんの方です。






おにぎりを頼むとこんなの出してくれます。良いよね。







さて揃いました。



ソース、カツオ節、青のり、マヨネーズはテーブルにあるので自分で好きなように。

正直味はすごくない。でもそれでいい。心が平和になる。
そして昭和的ちょっとノスタルジックだったり、穴場感が良いんだよね。

ごちそうさまでした。





最後に業務連絡。

当店のお盆休み(振替店休日)は8/16、8/17です。
よろしくお願いいたします。


コメント

BrgR(アンブロワーズ)09-チキンコルマ2

2018年08月14日 | ワイン 2018
たまには真面目にワインから書いてみよう。

酒のはなし書いて真面目とはこれいかに?!



今夜はこれ。




2009 ブルゴーニュ ルージュ(アンブロワーズ)
  (仏、ブルゴーニュ、ピノ・ノワール種、赤、当時2千円台前半)

ちょっと美味しいのを飲みたくてマイストックより。

これブルゴーニュとしては極めて珍しいスクリューキャップです。
それで果たして熟成するのか?というのも気になりますよね。
確かめたくてこのボトルは、リリース時に買ってずっと寝かせておいたものです。


さて、香りは獣臭、動物的な香り、革、キノコ、腐葉土(スーボワ)などなどが来ます。
カシスやチェリーなどのフルーツもしっかり生きていて、若さと熟成感の共存した香りです。

味わいはもまさに共存で、弾けるような果実味も持ちつつ、練られた革っぽい風味。
あくまで滑らかで角の取れた味わいは熟成の良さを感じさせてくれます。

タンニンも酸味もまだまだしっかり残っていてフルーツと調和しています。
ほど良い幸せが穏やかな波のようにしんみりと訪れてくれます。

このボトルに関してはスクリューでもちゃんと順調に熟成しているようで、問題はないと思いました。


ヴィンテージとしては生産から約9年ですが、楽に10年は保つことを証明してくれています。
ACブルゴーニュのちゃんとした造り手のものなら10年は楽勝!と覚えておきましょう。

そしてこんなことを楽しめるのもセラーがあればこそです。
最近はお手軽価格で出ているのでお持ちの方もホント増えました。
お持ちでない方は是非ご検討ください。




カレーはマドゥバニのチキンコルマ2。




長崎の中で「スパイシー」という用語はこの店が一番似合う。
いつも思うのだけど、カレーの直球勝負なので、その潔さはそれでもいいけど、
付け合わせ系の、ヨーグルトやいく種類かのピクルス、サラダなど合わせると、味わいも
華やかに、豊富に広がるとは思う。

大好物なので一週間、食べ続けてみたい。マドゥバニ週間というのをやってみたい。


コメント

万徳担々麺-ヴィニウスMe

2018年08月13日 | ワイン 2018
店主が骨折から復帰。しばらくは夜のみの営業でしたが、やっとランチを始めた
とのことで久しぶりに行ってきました。


長崎市銅座町の「万徳」。





カウンターに腰掛け、いつもの刺繍を見ます。

どっちすうか?




やっぱハオチー(好吃)の方にしよう!

前に食べた時にちょっと足りなかったので、「担々麺 しっかり辛く、大盛りで~!」
と言ってしまった。(大盛りは麺が2玉でした)


ついでにメニューに載っていないのですが、「ごはん(小)とかあるんですか?」と訊いた。
残ったスープに絡ませて食べてみたいじゃない!

あると言われたので「じゃお願いします。」と言わざるを得なくなった。
炭水化物オンパレードさ!



来ました。



鼻を突くような山椒やトウガラシの風味が襲ってきて、はい出来ました~!

おお、これは刺激的だ。

美味しいぞ!

しきゃ~し、極細麺で麺がほぐれていなくであちこちダマになっている。
しかも時間とともにその麺がスープを吸いつくしてしまい、ご飯を最後に入れるのだが
その時には唐辛子と豆鼓くらいしか残っていなくてドロドロで食べました。
でももちろん美味しくいただきました。

普通盛り+ライスが理想的よね。
でもそれも攻めてみなきゃ分からないこと。次回は理想形で食べましょう。





さあ、夜はこれ。




2016 ヴィニウス レゼルヴ メルロ
  (南仏、メルロ種100%、赤、千円台前半)


香りはプラム、スグリ、焼き菓子、ハッカ、シナモンなどフルーツが主体でまろやかです。


味わいはアタックが優しい。ジリジリと果実味が踊りますが、刺々しくなく丸っこい若い果実味が
弾けます。きれいに丸くまとまって凝縮した若いメルロらしい味わいでしょう。
バランス良く、親しみやすく、ジューシーで受けが良いと思います。
あっても良いかも。



コメント

幸猫-ピースマッチ

2018年08月12日 | 美味しいもの
こちら方面にお仕事出来ましたので、ランパス使用で。

「幸猫」と書いて「こねこ」と読むそうです。本店は諫早市らしい。



もともとここはエイジヤラーメン→エイジ屋ちゅーぼーになった後の店舗です。



メニューはこちら。






もちろんオーダーはランパスのセット。
煮タマゴラーメン・餃子3個・ごはん・お漬物です。


ふと見ると厨房でラーメン作っている人前と違います。
ということはエイジヤの味でなくて・・・どんな味なんだろう。


さあ、きました!




味は豚骨です。ライト~ミディアム程度の重さ、濃さ。
まとまっているといえばそうですが、力強さはありません。基本穏やかです。

しかし、脂が多くて、あまり得意ではありませんでした。
脂の質はとても繊細で粒が細かい感じで、ドロ~というよりはサラ~ときれいに流れていきます。

このレンゲの背中を見ていただくと分かるかと思います。




全体としてはチャーシューも海苔もタマゴも、もちろん餃子あって、ごはんとお漬物は
食べ放題です。ですから十分食べ応えがありました。ラーメンスープだけならちょっと
私の好みとは違いますが、ランチとして全体で見たら良いかもです。
脂少な目が出来たらきっともっと良いでしょう。もう1回、期間内にチャンスがあればなあ
とは思いますがなかなか・・・。





さて、昨日の広島戦。ピースマッチですが。




前回の広島戦は格が違う感じで明らかに差を感じましたが、今回敗れはしたものの、
前回よりはやれていました。V・ファーレンもだんだんとJ1に馴れてきたのだと思います。

しかし順位は降格圏に落ちてしまったので、ここからの巻き返しを願いたいところ。
15日の鹿島戦は全力でがんばってもらいましょう!


コメント (2)

新装オープンの西湖-白いちゃんぽん

2018年08月11日 | 美味しいもの
長崎市新地町の「西湖」ね。

新装オープンして、もともとお店のすぐ隣が新店舗になったようです。






こちらがメニュー。



こちらのお店は四川料理を掲げているのですが、担々麺とかないんだよなあ。



ここのちゃんぽんの特徴は白いスープなのでやはりそれいきましょう!






とても上品な色合いです。

かまぼこ類を除くと、具に入っている唯一の海鮮が貝柱(小柱)で、それが鶏ダシに
プラスされスープのキモになっているようです。
美味しくいただきましたが、あとからちょっとだけ口が痺れます。ちょっとだけです。
具がちょっともの足りない気もしますが、なかなか良かったと思います。
ひたすら食べましたもん。


白いちゃんぽんスープと言えば「よこはま」(店名です)が有名ですが、こちらの方が
軽やかに白いです。


コメント

ごついトルコライス-クロードヴァルR

2018年08月10日 | 美味しいもの
課題だったメニューをチャレンジに。


そう、野郎のお店「キッチン政」だ。






課題のメニューとはこちら。



「トルコライス 700円」ね。


満を持してオーダー!

きたよー。



恐ろしかボリューム。
ライス部分はカレーをかけてあるわけでもなく、ドライカレーでもない。
カレーを絡めてある状態。もちろんスパイスの切れはないので赤い秘密兵器をかける。

スパゲティやチキンカツ、唐揚げは普通。とにかくガッツリ食べ応え。
味噌汁付きは嬉しいよね。



途中、最後までいけるかどうか自信なかったけど、何とかフィニッシュ!
よくがんばりました。




やはりこのお店は紙エプロンをしてから~の油そばがお気に入りだ。






夜はこれ。




2017 クロード・ヴァル ルージュ
  (仏、グルナッシュ、カリニャン、シラー種など、赤、千円未満)

2016から2017年に変わったので試飲です。(写真は2016年)

このワインは日本で屈指に売れているベストセラーワインです。
基本的に味は無難で、料理に合わせやすく、どなたでも受け入れられる平均的味わいなので、
レストラン他業務店の取り扱いが非常に多いのが理由です。


香りは赤系果実味豊かでフルーティーです。南仏のグルナッシュ、カリニャン的香りがします。
セルロイド、青い野菜など。


味わいは軽めで明るい。チャーミングと言えばそうでしょうが、まだ出たばかりで、若いので
青さがあります。でもそんなに嫌味とまではいかなくてそこそこは飲めてしまいます。
ただリピートまではいかないと思われます。でもこの味わいで世の中が丸く平和に収まるのなら
どこか得した気になります。

少なくとも2016年ものよりは美味しくなった気がしますが、千円しないし、すごくはないので、
まあ普通でしょう。多くの方が寄り添える味わいです。


コメント