おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

いいんだけど,いいんだけど・・・

2008-11-30 21:04:25 | 千葉ロッテ
ロッテ1年契約 ベニー「日本一」宣言

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ロッテは30日、ベニーと来季の契約で合意したと発表した。1年契約で年俸7500万円プラス出来高払い。

 ベニーは球団を通じて「来年は絶対にリーグ優勝、そしてクライマックスシリーズを制し、日本一になりたい」とコメントした。(金額は推定)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん,昨日,外国人選手の補強についてちょろっと書いたら早速このニュース(苦笑)

実は,今日広島のアレックスが解雇という報道を見て,強肩巧打の外野手か・・・とよだれが出そうになったところを,浮気心を見透かしたようにこの報道

もううちのチームはベニたんと一蓮托生,死ぬまでお付き合いというところですかね。

なんだかんだといっても,ファン感謝祭の時の応援もやっぱり福浦様の次はベニたんと,ファンの心をしっかりつかんでいることは間違いなく,嬉しいことは嬉しいんですが・・・。

ほんっとうに,どこ守らせるんや!という気もいたしますが,何かの間違いで来年は大爆発してくれるかもという淡い期待を抱きつつ,まずはおめでとうということにいたします。

もう,今年の補強のキーワードは


残留が最大の補強(生あたたかい声で)

と割り切ることにいたします(泣)

それではおやすみなさい

PS:いまどき3000万円じゃ,いい選手は転がってないぜ・・・


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント (2)   トラックバック (2)

冬到来ということで・・・

2008-11-29 21:38:28 | 千葉ロッテ
テンプレを変えてみました。なんだかいよいよ眠気に誘われそうですが。

この背景じゃ,どんなシリアスな記事書いてもリアリティないな・・・(もともと書けんやろという突っ込みはなしで)

さてさて,球界も納会が終わったり,いよいよシーズンオフという感じですが,今日はゆる目の記事を中心に。

世の中厳しいけど・・・ロッテ若手4選手は「暖冬」です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ロッテの神戸ら若手4選手が千葉市内の球団事務所で契約更改に臨み、それぞれ年俸アップでサインした。今季プロ1号を放つなど1軍定着の足掛かりをつかんだ“幕張のゴジラ”こと神戸は60万円増の年俸1120万円。オフは日本ハム・稲葉と合同トレを予定しており「来年は常時1軍が目標」と意気込んだ。また、今季プロ初安打を放った細谷は90万円増の年俸600万円、プロ初勝利を挙げた松本は170万円増の同950万円、デビュー10試合連続安打を記録した金沢は250万円増の同740万円。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸君,ホッシャン,松本君,金澤君の4人が揃ってアップ更改です。しかし,60万円とか90万円のアップで暖冬ってなんだか新鮮だな・・・。そうですよね,本来多くのプロ野球選手は,こうして地道に実績を積み重ねていき,芽が出る日を粘り強く待っているんですよね。ちょっとごね得が目立つ最近の上位選手たちに,初心忘るべからず!ということで読んでほしいような記事です。スポニチさん,日を当てていただいてありがとうございます。

しかし,これでようやく金澤君740万円か・・・。バッシングがひどかった際に,年俸を調べてあまりの低さに愕然としてしまいましたが,これで少しは自由になるお金も増えることでしょう。来年もトップ2は控えていますが,数少ないチャンスをものにして,将来の飛躍への糧としてほしいと思います。


次はこれ。

清水選手会長 世代交代へ選手会長育成

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロッテのチームリーダー清水が選手会役員も育成する。2年の任期が満了した選手会長は、球団からの要望もあり来季の“続投”が決定。チームでは異例の3年目に突入する。来オフ以降のメジャー挑戦をにらみ、スムーズなバトンタッチをするため新設した会長補佐に小林宏を抜てき。「選手会に関しては世代交代を進めていかなければならない」と清水。球団との契約交渉は難航中だが、グラウンド内外で来季もチームを引っ張っていく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いよいよエース様が,エース禅譲に向けて本格的に動き出すようですね。エースとは,単なる数字以上の存在感があってこそのエース。いろいろ言っても,エース様は,ヒロユキにそこまで期待しているからこそ,補佐に据えたんだと思います。正直言って性格的にヒロユキが将来,会長とかっていうのも・・・という気もしますが,ま,雅でも務まったので(笑)

とにかくヒロユキも来年こそは,再起をかけるとともに,チームリーダーへの一歩を踏み出してほしいと思います。


あとは三浦横浜残留中村ノリ楽天移籍表明

今まで散々我がチームや広島等を憤慨させてきたトラトラ球団ですが,見事にふられましたね・・・。番長,すごいのは髪型だけではなく,なかなかの男です。もはやTGが単なる1球団に過ぎないということを証明するとともに,虎の暗黒回帰への一歩となりそうなこの出来事。なにせジェフも退団とか久保田も先発復帰とかいう話で,主力野手陣は高齢化ということを考えると,相当来年は厳しいんではないかということを予感させます。

もともと長い暗黒づきあいですから仲良くしましょ!という気もいたしますが,いったん勝ちの味を覚えたファンの視線は想像以上に厳しいことは,我々もよく知るところ。正直,かなり監督の能力には疑問を感じる真弓監督ではありますが,往年の「真弓,真弓ホームラン!」の輝いていた時を知るものとして,他人事ながらゆるーく見守らせていただきたいと思います。

で,最後は中村ノリ。ほとんど全く無意味に終わりかけた今年のFA改正(改悪?)ですが,ま,こういう使い方なら意味があるんではないでしょうか。本来,埋もれかけたバイプレイヤーに光を当てる人材を活性化させるという趣旨の制度改正ではありますが,確かにどう考えても来季以降の中日よりも楽天のほうが働きがいがありそうなのは間違いありません。セの上位からパの下位へのFAなんてなかなかの醍醐味ですよね。

生まれ変わったとされるノリの存在はなかなか脅威ではありますが,ま,パ・リーグにとっていいことというのはもちろん,ノリがかつての後輩たちに交わって,再びダークサイドに落ちないかというのも実はひそかな興味(性格悪・・・)。

来年も目が離せない戦いが続きそうな予感がいたします。

はー,はやく野球が見たい!

それではおやすみなさい

PS:他球団は外国人補強のネタが続いているのに,なんでうちのチームは外国人監督なのに全く音沙汰が・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント (6)

不死鳥は灰より甦る

2008-11-28 23:42:27 | 千葉ロッテ
ヒロユキ 5勝12敗 防御率5.02 与死球45 奪三振112 被打率.283

もう何度も書いてきましたが,本当に悪夢のような1年。衰えか・・・と思われたエース様の後を受けて満を持しての新エース襲名。2年契約2億円の大台に到達し,晴れの初開幕投手を任され,順風満帆かと思われたんですが・・・。

見事に開幕で悪夢のふくらはぎ痙攣。

好調のバロメータといい続けた痙攣にもかかわらず,昨年のCS,そして晴れの開幕という大舞台で再発したことに動揺したか,あきらかにフォームを崩し,結局,その球威が戻ることはありませんでした。皮肉なことに,その後痙攣も出ていないんですよね・・・。

実は,今年のコバヒロには,3度にわたり,運命を変えるチャンスがありました。

それはいわずと知れた開幕戦,次に死闘150球も空しの5/14敗戦,そしてさらには実質的にプレーオフ敗退を招いた日本ハム最終戦

その3試合の相手は,いわずと知れたダルビッシュ。

この3試合全てにコバヒロは素晴らしいピッチングをしながらも,ダルビッシュという厚い壁,あるいは味方という名の見えざる敵(苦笑)に足を引っ張られ,飛躍のチャンスを失ってしまいました。

特に5月14日の試合は,気合のあまり,右肩痛という故障まで引き起こしてしまい,その後,ガス欠状態で投げ続ける原因ともなってしまいました。この日,援護があれば,あるいは川・オギーが抑えていれば。はたまたハム最終戦で,ペイウチがボールを抑えていれば・・・。

条件別成績を見て驚いたんですが,ヒロユキの対戦成績は,ハムさん相手に実に1勝5敗の借金4。その一方で,防御率はなんと2.66。いかに僅差でハムさんに敗れたかを象徴する1年となってしまいました。やはりダルビッシュおそるべしということもありますが,なかなかツキのない1年でしたね・・・。

ただ,相手のエースと投げあうことになるのはある意味エースの宿命。残念ながら,今までエースとしての存在感を見せてきた清水投手と違い,彼はその最初の試練に耐え切れなかったということでもあると思います。

これをみても分かるとおり,2002年以降,ほとんど2桁あるいは貯金を稼いできたヒロユキではありますが,実はチームの勝ち頭となった経験はなし。抜群の安定感を誇った昨年ですらそれを上回るナルニャンの化け物じみた成績があったことで,常に2番手あるいは3番手としてのやや楽な位置にいたことは否めません。ついでに,サトに依存していたことも判明(笑)

ただ,彼がこのまま終わる男とも思えません。なんといっても,長きにわたり,3本柱の一角として君臨してきた男。その伸びのあるストレートあるいは落差のあるフォークが魅力的であることはいうまでもありません。

下半身が課題となれば,きっと今年の屈辱を晴らすべく,今度はきっちりと対策を練ってくるはず。そこから何かを掴み取れば,おのずと来年は復活の1年となることでしょう。

なんといっても,メジャー志望を公言する男。1人ぼっちで苛酷な環境に身をおく覚悟があるのであれば,こんなことで弱音を吐いている場合ではありません。

エース様も一度は地獄を見ながらも,そこから何かを掴み取り,復活してきたのですから。

来年こそは,奮起し,今度こそエースを奪い取るくらいの気迫で向かっていってほしいと思います

頼んだぞ,ヒロユキ!

それではおやすみなさい

PS:なんかスポ根精神論みたいな振り返りだった・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント (2)

背番号を継ぐ者

2008-11-26 23:46:55 | 千葉ロッテ
そろそろ,細々と回顧編に戻ります(笑)

伊藤君 防御率3.05 登板回59 暴投5 奪三振52

いやー,恐るべきあの番号の後継者として,不安と期待を一身に背負ったルーキーイヤー。ある意味,その予想を裏切らない(笑)山あり谷ありの1年でした。

とにかく前半は,いい球持ってんだけど,四球あるいは死球あるいは暴投の連発。とにかく恐ろしくて最後でなんか使えねーよ!という投球内容で,本当にこのころは,毎日「投げさせんじゃねー!」とその非難ぶりは恐ろしいものがありました(ついでにこのころの西武との遺恨ぶりも懐かしい。当時の記事を読んだときは,渡辺監督もデーブもチンピラ扱いでしたが,人の評価なんていいかげんなもんです)。

しかし,終わってみると,妙に数字はいい

防御率もほぼ3点台ちょうど。登板回はなんとオギーより上。最後のほうは,ほとんど点を取られた記憶もなく,なかなかの安定振りではあったんですが・・・,やはりここは数字のマジック。

後半は,シコ様,スナイパー,劇場王子の方程式が確立したこともあり,ほとんど接戦勝ち試合ではお呼びなし。困ったときのロングリリーフか敗戦処理という扱いでしたからね。しかし,そうなったらそうなったで「もうちょっと投げさせい!」という声が出るんですから,この辺は本当に難しい(笑)

まあ,しかし,今年はこの辺が限界だったんでしょうね。正直言って多少安定感が増したとはいえ,投げてみないと分からないという状況は健在で,とても接戦で信頼して送り出せる状況にはなし。今年は,何とか1軍でやっていけるというメドが立っただけでも,御の字だと思っています。何せほやほやのルーキーなんですからね。

まあ,この辺は,ふじきせきさんのブログにもあったように,やはり下半身の安定にまだまだ課題があるのでしょう。

しかし,なんと言ってもその速球は魅力。今時珍しい?シュート使いといい,なんもそこまで後継路線を走らんでも・・・とも思いますが,否が応でも,劇場慣れしたロッテファンのノスタルジーを刺激しないではおれません(いや,雅ももともとは劇場ではなかったんですが)。

今やクローザーには,我らがオギーが堂々と(票数割れそうですが)君臨していることですから,なかなか容易な道ではありませんが,リリーフ陣が増強されることは本当に喜ばしいこと。ぜひともオフは走りこんで,来季は,新生・伊藤の姿を我々に見せてほしいと思います

頼んだぞ,伊藤君!

それではおやすみなさい

PS:星野さん,最後に気合にすりかえる話はやめようよ・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント

いよいよ背水の陣

2008-11-25 23:04:06 | 千葉ロッテ
今日は違うネタでと思ったんですが,一応長野君続報を。

ロッテ2位長野に破格条件も巨人への思い

ついでに,こんなのも

瀬戸山球団社長 長野に引退後の保障も

まあ皆さんご存知の通り,一夜明けていっせいにホンダ残留の流れを各紙とも作っているようですが,どの報道も肝心な本人の声が少ない!と思っていたところ,上の記事は,珍しく本人の肉声が出てくるような。正直に「2つの意見が出てくる」と言ってるあたり,本人も十分迷いはあると考えていいんではないでしょうか。書いているように,巨人だとほとんどノーチャンス,対する我がチームは,社長自ら「外野が手薄」というように,スーパービッグチャンスですからね!

どうも相手が巨人ということもあって,いろいろと雑音は多いと思いますが,少なくとも,本人の野球がしたいという気持ちには嘘はないんではないかと信じたい,それこそが打開のきっかけになると思いたいところです。

一方,我らが球団社長,なりふりかまわんというか,引退後の保障とかいう発想が,いかにもサラリーマンぽくて,悲しいというか笑えて来る・・・(ついでにロッテのお菓子5袋って子供かよ!)。スマートなボビーに比べると,なんともおかしみを感じてしまいますが,意外とこういう営業マンのやり方のほうがいい結果が出るかもしれないので,お任せすることにいたします(個人的には,どうも誠意を見せてます!というポーズのような気もしますが,突っ込むのはやめときます)。


さてさて,どちらかというと,今日書きたかったのはこの記事

重光オーナー ボビーの再契約は成績次第

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロッテの重光昭夫オーナー代行は25日、来季で4年契約が切れるバレンタイン監督との再契約について「来年の活躍を見ながら決めていけばいい」と2009年の成績次第である意向を示した。

 続投への条件に、重光代行は「常に優勝争いに絡むことは是非、お願いしたい」とハードルが低くないことを示唆。さらに「ファンの声とか参考にしながら決めていけばいい」とファンの支持も加味する考えを示した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前から思ってたんですが,このオーナー代行,プロ野球のオーナーとしては,ずいぶんとまともな部類に入る方ですよね・・・。

契約期間中は,ぐだぐだ言わずに契約を全うさせる,その後のことは,そのときの成績次第でじっくりと考えればよい。ついでにそのときファンの意向もプラスさせる。

しごくまっとうな考えだと思います。

やっぱりあれだけ,いわば追放という後味の悪い形で解雇したボビーを呼び戻しただけあって,腹の太さもなかなかのもんです。ついでにニンジンをぶらさげる辺り,なかなかワルやのう・・・。

今年は,シーズン最終盤に契約再延長を持ち出してあえなく失敗したボビー。いよいよ来年は背水の陣となることは間違いありません。

正直言って,私は,彼の年俸は,2005年のご祝儀と,監督兼GM兼イベント屋兼タレントの報酬が入っているので,世間でぼろくそに言われるほど高いとは思っていませんが,一方で,やはり勝利を期待して年俸を払っているというのも確かなところ。

いよいよ追い込まれたボビー。腹をくくって,ここはなんとしてでも優勝をお願いしたいところです。それだけ3年前のお酒は美味しかったですので・・・(飲みすぎておなか一杯のような気もするが)。


何だかんだと,シーズンオフになっても話題の途切れない我がチーム。悪いニュースがほとんどやんけ!と見る向きもあるかもしれませんが,シーズン中ですら,人の口の端に上らず,ましてやシーズンオフともなれば,ほそぼそと貧乏契約更改がスポーツ新聞の端っこに載るだけだった時代に比べれば,ニュースがあるだけ幸せと思わざるを得ません。

来年以降もぜひとも,明るいニュースで紙面を埋め尽くせるようになってほしいと思います(そりゃ無理か)

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント

テンション下がるな・・・

2008-11-24 21:11:03 | 千葉ロッテ
今日は長野君との初の入団交渉があったようですね。

どうする長野 ロッテ最高条件提示(スポニチ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロッテの瀬戸山隆三球団社長は24日、埼玉県狭山市内のホンダ野球部合宿所を訪ね、ドラフト2位で指名した同社の長野久義外野手と初めて入団交渉を行い、最高標準額の契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円を提示した。

 巨人入りを希望している長野は「ゆっくり考える」と態度を保留。ホンダの新チームが始動する12月8日をめどに、結論を出す見通しとなった。

 長野は2年前、日本ハムから指名されたが、入団を拒否。今回のロッテの指名には「評価には感謝している」と言いつつも「相談する方もいるので」と慎重な姿勢を崩さなかった。(金額は推定)

 ▼ロッテ・瀬戸山隆三球団社長の話 最大限の条件を提示した。いい感触だったと思う。ロッテは外野手が手薄だし、活躍の舞台は広がる。一刻も早くプロに入って、われわれと一緒にやってもらいたい。

 ▼ホンダ・長野久義外野手の話 すごく熱心で誠意は伝わってきた。相談する方もいるので、もう少しゆっくり考えさせていただきたいと伝えた。次回、ロッテと会う時には結論を伝える? そう思ってもらっていい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついでにこっちも。

長野 ロッテでプレーする姿想像できない(これは,どちらかというとタイトルつけたヤツの悪意を感じるな・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
親会社のお菓子やロッテの戦いを収めたDVDなどを持参した瀬戸山球団社長は「いい話し合いができた」と好感触を強調した。

 だが、対照的に長野の表情は硬かった。ロッテでプレーする姿が想像できるかと問われると「いや、まだ」と歯切れが悪い。ホンダ・安藤監督によると、交渉中は「特にしゃべるわけではなく、うなずいていた」。

 安藤監督は「(巨人入りの)夢を持って入ってきて、夢に向かってどうしていくかを考えてきた。(結論を)あまり引き延ばしてもロッテに迷惑が掛かる」と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直,今日は笑顔で実質合意となるかとかなり楽観視していたんですが,どうもなあ・・・。なんかドラフトから1月近く経ってるのに,「ゆっくり考える」とか一方で「次に会うときは結論を伝える」とか,あんまり交渉でどうこうという問題でもなさそうな。

で,本人がどうこうというより,またまた監督がしゃしゃり出てきて,「(本人は)特にしゃべるわけではなく、うなずいていた」とか「(巨人入りの)夢を持って入ってきて、夢に向かってどうしていくかを考えてきた。」というのもねえ。高校生ならともかく,社会人の交渉に監督が出てきて,本人にしゃべらさんというのも正直いかがなものかと思います。それが日本のやり方なのかもしれませんが,どうも監督さんに既に毒が回ってるような気がして,あんまり楽しめません。

そもそも,巨人が本人の夢とか言ってますけど,本人の口から熱くほとばしる巨人への思いを聞いたことがないんですよね・・・(そういう意味で,元木とか大森とかはあっけらかんと巨人だけと宣言するので,逆に笑えた)。口を開くのは,いつも保護者面した監督さんばかり。本人の口の重さを見ても,実は本人に選択権がないのでは?と同情すらしたくなります。

(表に出た)最高額の条件を球団が提示したことは素直に評価したいと思いますが,こういっては悪いですが,横浜の那須野君(程度)に5億円を出したという球界の裏事情(ついでに,那須野君も同じく日大)。なんか,腹黒い人にはいくらまともな話をしても埒があかんような気がしてテンションがだだ下がりになってしまいます。

まあ,あんまり湿っぽくなっても仕方が無いので,あとは本人の「すごく熱心で誠意は伝わってきた」という言葉に一縷の望みを託すことにしますかね。願わくは,「相談する方」が日大の監督さんでないことを(でも,きっとそうなんだろうなー)

というわけで,

長野君,悪の手から逃れて,マリーンズへいらっしゃい!

それではおやすみなさい

PS:社長,外野手が手薄なら,ちゃんと補強してね・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります

コメント (4)

遅まきながら・・・

2008-11-23 21:14:23 | 千葉ロッテ
昨日のマリーンズカーニバルの参加について書くことにいたします。といっても,こういうイベントごとは,すぐ書いてナンボ,1日経つと「カーニバルって何?」という感じもいたしますが(笑)


さてさて,いまひとつサイン事情にうとい私は,今年の史上最高枚数のサイン!という触れ込みを信じてのんびり昼から参戦ということに。さすがにお祭りに1人で行くのも空しいので,「サインもらえるで!」という釣りをからめて,家族全員で出かけることにいたします。

それで,子どもにもユニを着せ,帽子もかぶせ,「さー,サインゲットするぞ!」と12時過ぎに入場した瞬間

サインの受付は締め切りました

ですって・・・。

何が史上最多や!と心の中で突っ込んだところですが,グラウンドを見て納得。


すごい人です・・・

なんかグラウンド内を巨大な蛇が何匹もとぐろを巻いてるような。みなさん,気合入ってらしたんですね。昼過ぎでもサインをもらえると思っていた世間知らずの自分を恥じた次第です。でまあ,ジャンケンもノックも列が並んでいて,こりゃーあかんなということで,早速宴会カーニバルに(何しに来たんだ)。

普段は自分では買わないオムライスを買ったり,定番の焼き鳥を買ったりしつつ,さむーい昼食を食べようとしたところで,突然の大塚&松本の裏番組トークショーが。

ちょうど座ろうとしたところで呼び出しがかかったので,最前列をゲット。無事写真に収めます。



なんか意外な組み合わせでしたが,二人ともちょいワルオヤジ風という共通点で選ばれたんでしょうか?隅っこで裏番組風でしたが,松本君初勝利&GoGoユニ間違い事件の話が出たり,なかなか楽しい掛け合いでした。

そんで子どもに付き合ってスタンプラリーして,帰ろうかなーともおもったんですが,なぜか娘が名刺じゃんけんしたい!というもんで,2時30分から一応列に並ぶことに。しかし,この段階で「あと25分で終了!」の掛け声,それにもかかわらず,これまた1塁側ベンチ前から3塁側までうねってさらに1塁側に何重にも重なる長蛇の列。

まー,こりゃ無理かなーと思いつつ,親子でじゃんけんをしてごまかそうと考えていたのですが,3時を過ぎてもまだ終了の合図がなし。どうも名刺がなくなった福浦様たちが最後握手をしてくれているようで,こりゃひょっとすると握手できるかも?と思っていると,また列が止まり,厳しそうな様子。帰ろうかと思ったんですが,珍しく粘り腰の娘に付き合って待つこと十数分。すると,再び動き出した列の先に・・・


なんと,カラカー君!



どうも長蛇の列を見かねて,わざわざ出てきていただいたようです。たまには待つもんですね・・・。大量の人にもめげず,さわやかな笑顔を振りまくお顔を正面から拝させていただきました。はあ,ありがたや,ありがたや。

そして,その横には,天然王子大嶺君!うーん,今日はついてる・・・。

大嶺君は,唐川君とはうってかわって,あいかわらずの天然ぶりで,名刺をくれた直後に,だるそうに


腰,いってー

確かにきつそうな姿勢でダグアウトにかけていたので,大変だなーと思いつつ,思わず吹き出しそうになりました。

あとのお2人は,19歳阿部君に,噂のハングリーファイティングドッグス宮本君。お若い方々を間近に見られて,ご満悦でございました。(ちなみにじゃんけんのほうは,皆さんファンを思ってか,やる気が無いのかどうみてもグーだけ出しでしたので,全てゲット(笑)。おかげで娘もご機嫌でした)



そんで,あとは,終幕セレモニー。珍しく,各選手が1人ずつダッシュ&手を振りながらの入場で,外野フェンス越しに多くの選手を間近に見られてなかなかグッド(エース様も,契約前とは思えんくらい,さわやかに手を振ってくれたな・・・)。

マリンビジョンに映りたいがために,なぜか突然ユニを着て旗を振るノリノリの妻ともども(普段は,野球に興味ないくせに・・・),花火を見て,マリンを後にいたしました。

さてさて,というわけで,まあサインはともかく,なかなか楽しませて頂いたファン感謝祭でした。

個人的には,昨年の,「こんなとこでこんなイベントやってたの?」という,ある意味サプライズなグダグダ感謝祭も好きだったんですが,今年は逆にシステマチックにしてやろうという気合は感じました。選手のほうも,実はボビーがいないほうが伸び伸びやっているんでは?というくらい,長縄・あるいは鬼ごっこと笑顔を振りまいておりました。

それでも文句はいろいろ出てくるようですが,やっぱりタダのイベントにこれくらい毎年いろんな内容を考えていただくのって本当に大変だと思うんですよね・・・。特に昔では考えられんくらい,人も来ていると思いますし。なかなか報われないお仕事とは思いますが,企画から当日の動線までこなしていただいた裏方さんにも感謝した次第でした。

というわけで,いよいよ今年のマリンともお別れ。物悲しいな・・・と思っていると,ちゃっかり,マスターズリーグの試合が12月13日にマリンで開催されるとのこと。なかなか商魂たくましい

12月に野球見物とは苦行そのものとは思いつつ,ポスターに後ろ髪を引かれながら球場を後にしましたとさ。

さてさて,来年はどんな野球を見せてくれますかね・・・。何はともあれ,改めて


選手の皆様,1年間本当にお疲れ様でした!!

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント (4)   トラックバック (1)

しょぽーん・・・

2008-11-22 04:57:05 | 千葉ロッテ
MVPとベストナインが発表となりました。

2008年 表彰選手(パ・リーグ)

はい,我がチームからはです。

ま,今年の状況では仕方ないっちゃ,仕方ないんですが,やはり寂しいですね・・・。どうしても,0となると,それがあまりに当たり前だった冬の時代を思い出してしまうのです。

なんだかんだとボロボロ2006年を含めて,2年連続で選ばれていたサトが離脱していたことが改めて痛いシーズンだったと痛感してしまいました。

しかし,あまり他球団の選出に文句をつけるつもりはありませんが,成績はともかく,イワクマンがMVPというのはやや違和感があります。

やはりMVPといえば,優勝争いへの原動力となった選手を選ぶべきでは?というのが1つと(ナカジとおかわりくんが票が割れたこともあるようですが),今年のイワクマンの大量タイトル&MVPは,間違いなく

五輪に選ばれなかったこと

が作用しているというのがいまひとつ納得いかないわけでして。

改めてダルビッシュの成績を見ていると,ほとんどがイワクマンとの僅差で,十分化け物のような成績でして,どう考えても,ノンタイトルというのはオリンピックのせいであることは間違いありません

私は,以前から言っているように,今回の五輪はトップがアホやっただけで,シーズン中にもかかわらず出場した選手には責めることは何もない,むしろよくがんばったという気持ちです(気合が足りんかったとかいう議論にあまり与する気持ちはありません)。

それなのに,結局は,沢村賞を含めたタイトルについては,明らかに出場した選手が不利になるというのはちょっと納得いかんかなと。

一方でNPBは,国際大会は「国の名誉」のために出て当然,出ないものは非難するという態度を取るようですが,一体彼らがどうしたいのか分かりません。そりゃ,負けりゃ賊軍,名誉も実利も健康すらも剥奪のギャンブル出場では,選手も(チームも)自分のこと考えますって。

だって,これだけイワクマンが表彰されるということは,結局は,

陰に圧をかけて,選出させなかった野村監督のやり方は正しかった

ということを認めることにもなるわけですから。

せめて特別表彰でも設けるならともかく(そこは,世間の風を呼んでびびってようやらんと思いますが),なんにもなし,全て自己責任というのでは,あまりに浮かばれんような気がいたします。

個人的には,おかわりくん辺りであれば,優勝に貢献ということで,あんまりMVPというのも違和感がなかったのですが(HR46本はすごい!ついでに三振数も(笑)),まあいろいろ考え方もあるところでしょうから,この辺にしときます。

ただ願わくは,2006年にある意味チームをWBCにささげた身としては,

正直者が馬鹿をみない

システムにしてほしいと思う今日この頃です

あ,あと,来年こそはベストナインに大量に選ばれる成績を!

それではおやすみなさい(何時に,更新してんだ・・・)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント

神様,仏様,シコー様

2008-11-20 22:00:29 | 千葉ロッテ
ブライアン 5勝1敗13ホールド 防御率2.23 被打率.237 奪三振率9.12

なんとなく先発の方に入ってしまったのでこの順番になってしまいましたが,活躍度はさにあらず。何せ明らかに,数少ない

期待していたよりもはるかに活躍した人

でしたからね・・・。

なにせ,シコ様といえば,ヤクルト時代は,鉄腕はともかくとして,何がなんでもまっすぐまっすぐ,いいときゃいいけど,肝心な時には(満塁)HR打たれるぜ!というタイプで,今年の移籍後も,前半はその名に恥じない(笑)働きぶり。

伝説の阪神戦,結果オーライの新井君三振とかもありましたが,横浜戦では,珍獣ビグビー君にスコーンとHRを打たれたりと,相当ギャンブル要素の強いリリーフ起用でしたが・・・。

なんか7月ころから途端に変わりましたね。

驚いたのは,ここでも書いたように,途端に

変化球でカウントが取れるようになった

こと。

とにかくこの辺からは,みるみる安定度が増し,出てくるだけでどんどんと球場が沸くようになりました。条件別成績を見ても,やっぱりセとパの差がくっきり。

やはり本人も,移籍時のコメントが「また腕をぐるぐる回したい」と言っていただけあって,あのパフォーマンスにはかなりご執心の様子。この辺からは,川崎・オギーと言ったリリーフ陣が整備されてきたこともあり,とにかく出てくるだけで球場が沸く,それを受けて,さらに本人も乗ってくるという状況で,見事にファンと本人のやる気の相乗効果が出ていたように思います。きっと神宮では,あんなにラインまたぐだけで盛り上がらなかったでしょうしね・・・。

本当に彼を見ると


人は変われるんだ・・・

と実感してしまいました。

ということで,出戻りとは思えない華々しい活躍をしていただいた彼。さすがに酷使気味で,一時抹消されいたこともありますが,なんと言っても彼の売りは鉄腕。

WBCも関係ないわけですので,とにかくオフはじっくりと休んで,来年もまた我々に,さらに勢いを増したグルグルを見せてほしいと思います

ブライアン,お疲れ様でした!

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント (2)

迷える子羊

2008-11-19 20:57:21 | 千葉ロッテ
ナルニャン 8勝6敗 防御率3.23 被打率.224 奪三振119

これは見事に俊介と好対照ですね・・・。奪三振数は,エース様,コバヒロをさしおいて堂々のチーム1位,防御率,被打率とも,規定投球回数到達(というか,そもそもちゃんと到達しているところがえらい)ではこれまたチーム1位と素晴らしい内容なんですが,なぜか8勝どまり。

五輪に出ていたこともあるとはいえ,やや物足りない成績には終わってしまいました。

まあ,昔も書いたように,特に前半は,貧打線の援護が無かったり,リリーフ陣がぶち壊したりでかなりツキのない場面が目立ちました。5月くらいまでにもう少し勝っていれば,きっと本人ももう少しのっていけたんではないかと思います。

ただ,どちらかというと,今季の状況は,本人の気持ちの問題が大きいんではないかと。もともと球種は,ほとんどストレートとチェンジアップだけ。テンポのよさで相手をぐいぐいと押し込んでいくピッチングが身上だったはずなんですが,前半のサト不在もあってか,ここにも書いたように,やたらと間合いが長い・・・。もともと,自分の世界にこもるというか,求道者的なところが見られたタイプですが,とにかく相手打者というよりは,自分との戦いに終始していたように見受けられます。

そんでボールが先行して気持ち的に追い詰められ,実際の数字以上に本人のイメージを悪くした2-3から,あるいは満塁での一打が目立ったんではないかと思います。今年は,援護点をもらった後の,贈り物返し合戦が目立ったのも,おそらくやるきがないとかいうよりは,必要以上に意識しすぎて自分のピッチングができなかったということができなかったんではないかと。

ま,しかし,これはどう考えても,去年が素晴らしすぎましたからね・・・。改めてみても,16勝1敗(しかも黒星は他リーグ横浜だけ),防御率1点台って化け物としか言いようがありません。どちらかというと,マイペースに見える本人も,これだけの成績を残し,マスコミにちやほや,あるいは「球は遅いんですが」と必ず枕詞付きで呼ばれるのに嫌気が差し,どう考えてもタイプが違う,藤川君への弟子入りという結果になってしまったんではないかと。

いやー,改めて

師匠選びは大事ですね・・・

まあ,今年は昨年の成功は忘れて,石にかじりついてでも,2桁行けば御の字と思っていましたので,まあ8勝して,一応貯金を稼いだのであれば,よしと思うことにします。五輪がなければ2桁いっていたということで(本当は,五輪無くても厳しかったかもというのは言いっこなし)。

それよりも,まあ怪我なくきちんとローテを守り,1年を終えたことでよしとすべきではないかと思っています。

こうなるとまた出直しとなる来年こそが正念場。今までと違い,ドラフト等での大量補強もあり,数少ない左腕という状況ではなくなるのですから,ここは一つ気合を入れなおし,「俺が成瀬だ!」と周囲をうならせるピッチングをお願いしたいと思います

頼んだぞ,ナルニャン!

それではおやすみなさい

PS:エース様,その要求はご無体な・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント