おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

これがお前らの限界か!と小一時間問い詰めたい(涙)

2016-07-28 21:35:32 | 千葉ロッテ
ロッテ1-2xオリックス

なんとか,なんとか勝ち越しを!と臨んだ一戦は,今日も打線がほぼ沈黙し,わずか1得点。今日はカラカーくんが,金子くんに負けじと,いや,それ以上のピッチングをしていたにもかかわらず,打線の方は,それなりにランナーを出すものの,要所のゲッツーであと1本が出ない,あるいは本塁憤死などで勝ち越し点を奪えず。最後は,またもや同点で登場の西野くんが,あっさりとサヨナラを許し,何とも虚しい負け越しと相成りました。

いやー,しかし,ヌルさんの過去データを見ると,毎年のように(これは2015年(「月別」で見られます)),7月になると,ガクッと打率が下がるのは,本当になんとかならんのかなあ。とにかく投手がへばることは避けられない夏場に,打線も同様に,いや,それ以上に落ち込んでしまえば,そりゃ,勝てっこないって。今年に至っては,わずか2割2分8厘って,この人達,本当にやる気あるのかねえ・・・。

層が薄い,体力がないと言ってしまえば,それまでなんですが,それにしても,毎年,毎年,全く同じように7月以降落ちていくのは(もっと早い時もあるけど),本当にファンとしてもいい加減耐えられんよ,実際。

この悪しき伝統を打ち破るには,どうしたらいいもんか,それこそ,毎年6月に新外国人を投入するとか,チーム・フロント全体で考えないとどうにもならんのかなあと,何とも暗澹たる気持ちにさせられた今日の敗戦でした。

それと,もう1つ,もちろん打たれる西野くんが悪いことは悪いんだけど,当たり前のように,ビジターの同点の場面で,クローザーを投入するのは,いい加減やめてくれないかなあ。どう抑えたって,勝つには,最低限2イニングを抑えないといけないわけで,西野くん出したら,仮に次の回勝ち越しても,どうするつもりなんでしょうね? イニングマタギを当たり前のようにさせるのかもしれませんが,今の西野くんに,2イニングを無失点で抑えろというのも,宝くじみたいなもんだしなあ(爆) ホームであれば同点でもクローザーを突っ込むのは,最もいいピッチャーからということで理解もできるんですが,正直ビジターで突っ込むのは,もはややけくそというか,他のピッチャーが信用出来ないからと言っているような気がして,あんまり受け入れられません。

ただ,そもそも,西野くんをクローザーというのも,そろそろ潮時かなあ。コロコロとクローザーを代えるのは好みませんし,彼に務まらないということはないと思うんだけど,ちょっと残念だったのは,この本に書いてあった内容。このベースボールサミット自体は,読み応えもあって実にいい本なんですが,西野くん,とことんまで「切り替えられない」とか「毎日,不安で不安で」とか,もうネガティブオーラ発揮しまくり。クローザーって,もちろんしんどいけれども,逆に考えれば,ほぼ確実に勝ち試合の最後という最もおいしい立場に立つことができるわけで,目立ちたがりにとっては,これくらい楽しいポジションもないような気がするんですよね。

それが,「なんとか今日も無事に終わった・・・」では,さすがに続けるのはしんどいところ。もっとも,ゴエモン見ても,この辺のネガティブ思考からの粘っこさが,富山県民の真骨頂かもしれませんので,メンタルを病む前に,ぜひとも来年からは,再度スターターとしてがんばらせてやってほしいなあと思う今日このごろでした。


さてさて,今日カラカー君で勝ってれば,裏ローテでも十分勝負ができる!とポジれたんだけどなあ。もはやなるようにしかならんとは思いますが,今一度,暑い夏に打ち勝てるようになるにはどうしたらよいか,チーム一丸となって考えてほしいところですね。あ,そうそう,昨日はテコ入れするかもとか言ってたけど,さっさとアジャ上げようぜ!

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (7)

なんか,淡々と消化しそうだなあ,このまま(嘆)

2016-07-27 21:43:40 | 千葉ロッテ
ロッテ1-3オリックス

連勝を続けられるか!?と臨んだ一戦は,スミ1に終わり,よりにもよって,相手にプロ初勝利を献上する有様。正直,そんなことやってる場合では無いんだけどなあ(涙)

奇策1番ナバーロ君は,一応結果が出たといえば出たけれども,正直,何をしたいのかよくわからないレベルの起用。ひらめいちゃったのかなあ,伊東さん。

なんか,上とは大きく差が付き,下とはそれ以上に差が付き,何となくモチベーションをどこに向けたらいいのかわからなくなりつつようにあるように思います,首脳陣も。どちらかと言うと,Aクラスを確保して,来年に勝負というふうに考えを変えつつあるのかなあ。

これが,もし,今年の中途半端な追加補強をなしにする代わりに,来年に投入という,深謀遠慮というか,約束があるのであれば,すげー!となるんですが,果たしてそんなうまい話があるんだろうか(苦笑) 個人的には,とことんまで今年の勝利を目指してほしいと思いつつも,どうもまったりしつつあるなあと感じた今日の試合でした。

さてさて,そうは言っても,さすがにこのカード,負け越すとかなりキツイ。相手は千尋と楽な戦いではありませんが,現状ならカラカーくんのほうが調子は上のはず!?と根拠の無い期待を持ちつつ,明日の試合を見守りたいと思います。

しかし,ハムは,なんであんなに勝てるんだろう・・・(羨望)

それではおやすみなさい


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント (4)

お見事! 絶好調西君を,2回にわたり攻略し,見事勝利!!

2016-07-26 21:23:18 | 千葉ロッテ
ロッテ6-3オリックス





初めて,完全裏ローテを組んで臨む今カードの帰趨はいかに!?と臨んだ一戦は,前回1イニングで降板したジェイソンがナイスピッチング。相手に的を絞らせず,4回の二度にわたるタムタムバズーカにも助けられ,5回を2安打1四球無失点のナイスピッチング。これに打線も応え,4回まではヒットわずか1本も,5回,6番昇格の先頭大地のヒットを皮切りに,打つ方もすごいんです!のタムタムの2ベースで1点を先制。更に,2死後,翔平四球と盗塁で,2死2,3塁とすると,完全上り調子のタカシのタイムリーで2点を追加。これで後は6回さえ持ってくれれば・・・というところだったんですが,やはり裏の顔を持つ男・ジェイソンは,今日もタダでは済みません。6回,先頭から連続ヒット,犠打で1死2,3塁とすると,早くも猛打賞の安達君のヒットでまず1点。続くイトイダーの遊ゴロの間に2点目。2死1塁となり,ここで終わっていれば・・・というところで,終わらず,カウントを悪くして,やむなくT-岡田を歩かすと,代打川端くんにタイムリーを浴び,結局,リードをすべて吐き出す3失点。ただ,辛うじて,次のモレル君を抑えたことが,なんとか次につながりました。7回は,南くんが0点に抑えると,8回,マルチとなるタカシヒットを皮切りに,ひらめきの?カッキー犠打,デスパ君フォアの後,ヒット1本打った福浦様に代わって代走・守備に入っていたホッシャンに代わり,代打に送られたのは,まさかのネモティ。そのネモティは,見事に期待に応え,技ありのショート頭を超えるタイムリーを放ち,再び勝ち越し。さらに,気落ちした西君を見逃さず,大地が2点タイムリー2ベースを放つと,今日はこれで十分。8回はマッスが三凡,9回は,ややもたつくも,西野くんが,今日はフォークの落ちも良く,きっちり4凡で抑え,ゲームセット。厳しいマッチアップを見事に勝利し,行けそう!?とちょっと楽しくなるような勝利と相成りました。

いやー,しかし,今日もジェイソン,やってくれたなあ(苦笑) とにかく崩れだすと,止まらないというか,見る間にリードがなくなっていく様子は心臓に悪いですが,今日もベンチは動かず。まあ,その中で,とりあえずはギリギリ同点で止まってくれて良かったよ。おかげで,ツイでの秀逸なネタですが,「勝ち 南くん 負け 西くん」という貴重なネタ勝利も見ることができたしなあ(笑)

まあ,ジェイソンは,こういうピッチャーだと思ったほうが,精神衛生上よろしいんでしょう。ただ,それでも,それなりにイニング食ってくれるピッチャーは,やはり今のチームでは貴重ですので,あんまり切れずにシーズンを投げ抜いてほしいところですね。

一方,打線は,もちろんヒーローのネモティも良かったんだけど,それ以上に,タカシかなあ。結局猛打賞,また得点にいずれも絡む活躍は大したものです。どうしても足に注目してしまうところなんですが,やはりカッキー除いた外野陣の中では(ホントはキヨタンも除きたいんだけど),頭1つも2つも出ているというところか。

とにかく足も絡めて,試合の流れを変えられる男ですので,ぜひとも,このままシーズン最後まで戦い抜いての活躍を見せてほしいところですね。

さてさて,当たり前のように上位2チームは勝っているところなんですが,個人的には,ゲーム差どうこうよりも,ここからのシーズンは,ぜひとも貯金20という数字にこだわってほしいところだなあ。

前にも書いたように,貯金15では,相当な運もなければ優勝はおぼつかないところですが,貯金20勝てる力があれば,いつかきっと優勝はできるはず。今年を諦めたわけではありませんが,やっぱりチーム力がどれだけ付いているかを見てみたいという気持ちもあるしなあ。

今年は,なんだかんだ言っても,下位3チームにすべて勝ち越しというしっかりとした戦いができていることもまた事実。しょうもない取りこぼしをなくすという意味でも,今週の残り5試合,とにかく勝つことにこだわって,結果を残してほしいところですね。

それではおやすみなさい

コメント (3)

さて,どうなることやら・・・

2016-07-25 21:22:25 | 千葉ロッテ
前カードを辛うじて勝ち越し,明日からのオリ3連戦は,大事なところ。その初戦は西君VSジェイソン。

ここ5試合の失点が,0,1,0,3,0ととんでもない数字を記録する西君に対し,こちらのジェイソンは,何回投げられるかも不透明(苦笑)

まあ,本人は軽口叩くくらい,余裕が有るようですから,その空元気に期待するしかないですかねえ。

とにかくゴエモン・ワックンを同じカードに回してしまった以上は,裏ローテでジェイソンがまともな投球をできるかどうかは,至極重要なところ。

キレやすい聖人に,少しでも笑い面が長持ちできるよう,打線は,早い回からきっちりとした援護をお願いしたいところですね。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント (2)

よう勝ったなあ・・・,乾杯!!

2016-07-24 20:51:31 | 千葉ロッテ
ロッテ3-2楽天





いやー,エース対決の名にふさわしい一戦は,今や絶滅危惧種とも言われる両先発の完投で締め。それも,我チームの勝利で終わったとなれば,これほど嬉しいことはありますまい。

ただ,2回のあっという間の5連打を見ていた身としては,正直,こんな結果になるとは予想もつかなんだけどね(苦笑) 初回の福浦様のこれぞファースト!のナイスプレー,そして,2回の三木くんの2点タイムリャーを2塁封殺での1点どまりに抑えたプレーと,バックの守りにも助けられ,あそこをなんとか2点で抑えたのが,最高の結果につながりました。タムタムの7回のバント処理からのゲッツーも素晴らしかったしね。

まあ,しかし,つながりを欠いた打線,そしてエース相手となれば,なかなかタイムリーは難しいと思っていたところで,渋い犠飛,そして,7回のまさかの2発とは,そんな攻撃ができるとはなあ。やっぱり色々言っても,今の我チームは,デスパ君,そして精神的支柱としての大地のチームということなのかもしれません。デスパ君,あの当たりがスタンドインするんだから,もう少し余裕を持って打席に臨んでくれれば,まだまだ上が狙えると思うんだけどなあ。

そして,大地は,犠飛に一発にと素晴らしい働き。まあ,その裏に,(なぜか記録はヒットだったけど)先頭の打ちとった当たりを弾いてやらかすあたり,まだまだではあるんだけど,それでも守備で破綻まではさせず,何よりも,明らかに投高打低の今シーズンにあって,堂々の3割超えは立派の一言(なにしろ,3割超えは,打撃ベスト6まで,一方,投手は防御率1点台が2人もいる偏りぶり)

7番で,巧打だけでなく,ここぞという一発が出るというのは頼もしいの一言。まあポジションはともかくとして(そうなのか),末永く,我チームの精神的支柱として,チームを引っ張るような活躍をお願いしたいところですね。

そして,我らがエースは,よくあそこから立て直したなあ。2回で50球近く投げ,こりゃ5回持つか・・・というところだったんですが,正直そこからがすさまじかった。ランナーはそこそこ出すんですが,そこからゲッツーあり,三振ありと,ギアチェンジの面目躍如で,結局,3回以降,得点を許しませんでした。9回もピンチはピンチだったんだけど,落ち着いてたもんなあ。正直リリーフに代えてたら生きた心地がしなかったであろうことを思うと,やっぱり貫禄が違うというところか。

遅まきながらの8勝ではありますが,昨年を見ても,ここからまだまだ勝ち星を伸ばせるはず。来週も楽天をきっちりと屠って,その後のホークス戦まで挑戦権を得られるようにがんばってほしいところですね。

さてさて,まあ,色々あったけど,最低限の勝ち越しができたことは良かった,良かった。次のオリは,今までのオリとはちょっと違う様子で,なかなか楽な戦いにはならなさそうですが,ぜひともバファローズポンタの裸の涙を拝むべく,来週も頑張って欲しいところですね。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (6)

しかし,つまらん試合をするなあ(怒)

2016-07-23 22:40:11 | 千葉ロッテ
ロッテ5-6x楽天

昨日は快勝し,乗っていけるか!?と臨んだ一戦は,なんともしけた展開に。関谷くんが早々に3HRを浴び,5点を失うと,こちらは2点を返した後,7回,奨吾ヒット,タカシヒット,見慣れたゴリの悪送球(笑)で1死満塁とすると,カッキー・デスパ君の連続タイムリーで3点を奪い,なんとか同点。しかし,その後,井口・ナバーロが倒れ,8回も1死1,2塁のチャンスに,ここまでマルチのタカシが,まさかの?緩いゴロでゲッツーに倒れ,勝ち越し点を奪えず。そのまま9回から12回はパーフェクトに抑えられると,祐太が先頭フォアから残したピンチを,松永くんが,犠打・敬遠・緩いゴロをファンブルと,誰にでもできる簡単なお仕事?でサヨナラ。よりにもよって,敵地で,相手を乗せるサヨナラを許し,なんとも徒労感漂う一戦と相成りました。

いやー,松永くんは打ちとった当たりだし,取っててもギリギリだったとは思うけど,こういう負け方を下位相手にするあたりが,なんともしょっぱいというほかないよなあ。せっかくホークスが急停車してくれているのに,もはや挑戦すら諦めたような負け方は,なんとも辛い。

ただ,正直いって,11回,12回を急造リリーフの祐太に任せないといけないところからして,すでにゲームプランが崩壊しているからなあ。一刻も早く点を取らないといけないところが,終盤に全くランナーすら出せないというのではどうしようもないというところか。

まあ,今日は不利なマッチアップではあったんだけど,こういうところで勝っておくと勢いも付くんだけどなあ。せめて,明日はエースできっちり勝って,どう考えても負け越しの許されないこのカードをきっちりと勝ち越して終わって欲しいと,切に願いつつ,今日もふて寝したいと思います。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (4)

嬉しい・・・

2016-07-22 21:22:24 | 千葉ロッテ
ロッテ12-1楽天







前の試合で大勝も2日空いて,果たしてどうなるか!?と臨んだ試合は,それを大きく超える大勝に。スタメン3番に座った福浦様が3安打猛打賞を放つと,これに打線も触発されたか,上も真ん中も下も全て機能し,4回までに早くも9点をゲット。7回にはタカシの2ランで止めを刺すと,ゴエモンは悠々ピッチング。完封こそ,相も変わらず空気の読めない9回2死からのゴリの1発に阻止されるも,9回をわずか118球1失点の快投で締め。これで球団初のルーキーイヤーから3年連続2ケタ勝利を果たし,乗っていけそうな勝利と相成りました。

いやー,今日から嶋くんが復帰ということで,少し嫌な予感がしてたんやけど,関係無かったなあ(笑) それも,何と言っても,技ありの2ベースで火蓋を切った福浦様,そして,完全に大物バッターと化しつつあるタムタムのおかげだよなあ。思わず,サトが帰ってきたように見えたよ,いや,ホント。

しかし,満を持して上がってきた福浦様,なかなか厳しいかと思っていたんですが,そんな不安をあっさりと覆すような猛打賞,そして2タイムリーは素晴らしいの一言。この分だと,今年1年だけでも,だいぶヒットが稼げそう!と欲も出てくるので,ぜひとも毎日活躍してほしいところですね。

一方,ゴエモンは,何かを完全につかんだのかねえ。ペレスくんとかいう安牌がいたとはいえ,危なげないピッチングで,8回までわずか4安打1四球,7三振のピッチングとは大したもんです。誰もが完封なった!と思った2死から一発食らったのはいただけませんが,そこはまあ,何と言っても,ゴリだもんなあ(苦笑)

とにかく慢心とは程遠いネガティブ男だけに,まだまだやってくれるはず。有原くん,ワッチとともに勝利し,厳しい戦いではありますが,ぜひともこのままハーラートップを走り続けてほしいところですね。

さてさて,色々言っても,下位に大きく取りこぼさない辺りは,やっぱり強くはなってるのかなあ,我チームも(単純) 明日勝てば3タテにぐっと近づいてくるので,関谷くんには,記録というプレッシャーもなくなったので,またナイスピッチングを見せてほしいとこですね。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (2)

やっぱ野球はおもろいわ!? 全く期待の持てない状況から,岡田・荻野の躍動と井口の満塁弾で逆転勝利!!

2016-07-19 21:26:43 | 千葉ロッテ
ロッテ9-2西武





今度こそ連敗を止められるか!?と臨んだ一戦は,序盤は,またもやひどい展開。2回,あっさりと先制を許すと,3回,1死1,3塁で,翔平の謎のセーフティースクイズ?失敗と激おこ交代発動で,もはや雰囲気は最悪に。さらに,4回には,粘る二木くんに背を向けるように,キャプテン大地のタイムリーエラーで,完全にオワタ・・・と思ったんですが,激おこ交代でチャンスが巡ってきた岡田くんと,夏に帰ってきた春の妖精・タカシがやってくれます。6回,ここまでわずか3安打のペコリーノ,じゃなかったポーリーノくんから,岡田くんが四球を選ぶと,タカシがレフト線2ベースで,あっさり無死2,3塁。カッキーは内野フライに倒れるも,デスパ君が選び,1死満塁で,たまらず田辺さんが交代を告げると,マウンドには,ここまで14試合で防御率0.00の,ついに覚醒?のドラ1大石くん。その大石くんに対し,完全に夏か・・・と思っていた井口は,2ボールナッシングから,振りぬいた一打は,最高の角度で,打った瞬間,レフトスタンドに飛び込む,逆転満塁HR。これで完全に気落ちした大石くんに対し,手を緩めず,ナバーロ君ちゃっかり四球の後,大地が初球をひっぱたくと,今度はライトスタンドに飛び込む2ラン。まさかの大逆転を果たすと,7回には,岡田くん内野安打,タカシ犠打の後,カッキーが,ようやくチーム待望のタイムリー,9回にも,岡田君のナイスヒットの後,これは確かにキャッチャーは無理やね・・・とばかりに,ついにマスクをかぶった森くんのアレな守備につけこみ,岡田くん盗塁,タカシタイムリャー,カッキー振り逃げ&悪送球と,相手にとことんつけこむ形で,実に9点目。最後は,不安定ながらも西野くんが零点で締め,ゲームセット。ようやく連敗を6で止め,全く想像もしなかった楽しい勝利と相成りました。

いやー,しかし,逆転劇の後の,ポーリーノ君のうつろな目と,申し訳無さそうな大石くんの2ショットは,いかんなく残酷だったなあ(苦笑) 今日は早めの交代に踏み切ったはずが,まさかの暗転とは,田辺さんもホンマにツカンポというか,センスがないんかなあ。正直,再び牧田くんの酷使モードだと思っただけに,あそこは助かったよ。

ただ,そこで一発回答,満弾を決める井口どん,やはり只者ではありません。期待していなかったところでの(スマン)一発には正直言ってしびれました。

そして,翔平の懲罰交代からの結果オーライとはいえ,岡田くんがバッティングで久しぶりに結果を出してくれたことは,チームとしては大きいところ。まあ,どこまで続くかはわからないながらも,今年のチームの快進撃は,ある選手の調子が落ちてきたところで,他の選手が出てくるという好循環に支えられてのことでしたので,なんとかがんばってほしいところですね。

さてさて,何だかんだとホークスが連敗し,独走パ・リーグも再び混沌としてきました。それだけに1つでも2つでもホークス相手に勝ってれば・・・とは思わなくもありませんが,それは言うても詮なきところ。

とにかく下位相手に取りこぼすわけにはいきませんので,今日のように点差が開いていても,リリーフを投入して,勝てる試合はきっちり勝つという姿勢で,今後も臨んでいってほしいところですね。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村
コメント (7)

しかし,書く気がなくなりますねえ(苦笑)

2016-07-18 19:28:52 | 千葉ロッテ
ロッテ1-6西武

5連敗の後,オールスターブレイクが入り,少しは流れが変わるか!?と臨んだ一戦は,何も変わらない展開に。初回,なんと24イニングぶりの得点も,ニゴロの間の点では盛り上がらず。しかも先発ジェイソンは,初回はわずか8球で三凡スタートとなるも,2回投球練習中に,やにわに腰の痛みを発症し,降板。代役祐太が4回1失点と素晴らしいピッチングを見せるも,ここまで。打線が岸くん相手に全く点を取れないでいると,6回,藤岡くんがいきなり先頭HR+2四球と悲しいリリーフをすると,大谷くんは凌ぐも,南くん3ラン,東條君タイムリャーと,失点の連続でジ・エンド。結局,7月はこうなるのか・・・と,なんとも脱力な6連敗と相成りました。

まあ,こんだけ打てないと,リリーフを云々するのも虚しいわなあ。結局のところ,デスパ君に当たりが止まると,他のバッターもまるでダメ。正直,点が入る匂いがしないという感じだもんなあ。

ここに来て,ホークスが弱っているというのも,今となっては,余計に物悲しさを誘うところ。頼みの綱の?福浦様も4タコに倒れ,色んな意味で,「弱い」としか言い様がない現状を前に,いつものというか,本来の?ロッテファンの何たるかを発揮せざるを得ないことを悲しく思う今日このごろです。

さてさて,もう何でもいいから,連敗を止めてほしいよ。結局は,何の手を打つこともなく二木くんが再びの先発ですが,まあ現状では,数少ない希望の星でもありますから,なんとか良いピッチングを見せてほしいところですね。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (5)

平和だ・・・

2016-07-14 22:16:57 | 千葉ロッテ
いやー,しんどい試合が続いていただけに,正直いって,試合がないという状況にちょっとホッとしてます(笑) 戦わなければ傷つくこともないもんなあ。

そんな中,大河は,フレッシュオールスターに5番クリーンナップで出場した様子。ヒット1本で,ライバルオコエのように猛打賞とは行きませんでしたが,まずは臆することなくヒットが出たことが重畳。

とにかく彼だけはじっくりと大きく育ってほしいバッターですからね。焦りもあるでしょうが,じっくりと今年は下で修行を積んで,それこそ自信が持てたところで,シーズン最後くらいに上がってきてくれれば十分と割り切りたいところですね。

それでは

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント (2)