おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

これはテストといえるのか?&ここにも傷ついたエースが1人

2010-01-31 20:25:11 | 千葉ロッテ
なんか,いちいち中学校の部活みたいだなーと思う,「和」ネタは置いといて,気になる今岡選手は,既に石垣入りしていたようですね。

まあ,早めに暖かいところで体を動かして,先行して石垣入りする辺り,やる気はあるんでしょう。

しかし,いくらなんでも,明日からキャンプ開始で4日には合否決定って,テストと言えるんか?(苦笑)ついでに,その翌日に,背番号入りのユニフォーム渡して入団会見もするんでしょうか(まあ,今日もシコ様が宮崎で入団会見してたようですし・・・)。

まあ,入団は実質的に決定済みということでしょうから,後は,とにかく獲って良かったと思わせる活躍を期待したいところですね。


それはさておき,気になったのは,ソフトバンク斉藤投手が3度目の手術とのニュース。ホークス先発四天王の中にあって,絶対的な精神的支柱として君臨してきた斉藤投手。

しかし,2004年,2005年,2006年と3年連続でプレーオフで苦杯をなめ,ハムに敗れて泣き崩れながらズレータとカブレラにかつがれてグラウンドを去った姿は鮮烈な印象を残しました(ついでに,それ以上に印象に残っているのは,2005円プレーオフ第2戦で,判定に不服を訴えていた姿。あの1球が逆の判定だったら,どうなっていたことやら)。

結局そこから故障に苦しみ,ついでに2007年はだましだましで投げていたものの,うちがプレーオフで粉砕し,どうも,うちが引導を渡した感が否めないんですよね・・・。

結局ここ2年は全くマウンドに立つことができず,さらに3度目の手術とは厳しいところ。

マウンド上での,その熱い姿とともに,どうしてもジョニーの姿と重なると思わざるを得ません。

ジョニーとは違って,主にアメリカでリハビリに励んでいたようですが,ここから彼がどのように再起を図るのかについても,注目していきたいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント   トラックバック (1)

とりあえず石垣入り

2010-01-30 21:34:40 | 千葉ロッテ
選手たちが,キャンプ地石垣島に到着したようですね。

実際の開始は,あさってからなので,明日はゆっくり海とかに入るんでしょうか(笑)

どうも,私自身は,キャンプといっても,所詮練習やろ?と,いまいち萌えない,というか燃えないんですが,まあ,ここでつけた基礎体力が1年を左右するというのもまた確かなんでしょうしなあ。

今年こそは開幕から飛ばしていけるように,各選手は,うまく体を仕上げていってほしいと思います。特に投手は,どういう使われ方をするのかが,キャンプを通じて徐々に明らかになっていくと思うので,その辺も注目していきたいと思います。

それではおやすみなさい

PS:しかし,ピカチュウよ,移籍1年目にして,1月終わってもまだ契約更改してないって,ええ度胸しとんなあ(笑)まあ,越年続出のトラの中では,それほど目立ってないような気もしますが・・・。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
最後に押していただければ励みになります
コメント

ま,こんなもんですか(笑)

2010-01-29 21:50:27 | 千葉ロッテ
噂の新ユニフォームが発表となったようですね。なんかびっくりするくらい落ち着いているというか,ふっつーにまとめてきたという感じですね。

個人的には,ビジユニは,なんか高校野球のアンダーシャツというか練習着という感じですが(ツヨの髪型のせいか?),まあ,青よりはましか(笑)

ただ,まあ,ここはツヨぽんの言うことが正しいでしょう。

そう,


チームが強ければ,ユニフォームはかっこよくなってくる

あのギザユニも出た当初は,「なんじゃこら・・・」という感じでしたが,チームが快進撃を続けるとともに定着し,最後は歓喜の瞬間とともに,永遠に忘れがたい記憶となったわけですからね。

何はともあれ,チームには心機一転,ユニフォームがかっこよく見えるような活躍をお願いしたいと思います。

それではおやすみなさい

PS:公式より分かりやすいコヤマリンさん情報にあるとおり,チケット情報も発表となったようですね。昨日ネタにしたプレス・シートの半額設定は確かにうれしい(というか,あえて解説のない日にみんな行くんでは?)。さらに,ボビーシート改めマリンシートとはこれまた,無難な選択(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (2)   トラックバック (5)

疲れた上にネタもなし

2010-01-28 23:24:39 | 千葉ロッテ
ということで,今日はなーんも書くことがありません。

正直言って,1万3千円払って有藤さんの解説を聞くという気にもならんしなあ(苦笑)

どうも現役時代の記憶がほとんどない上に,あんまりにも監督としては勝てず,最近の話聞いてても精神論ばっかりで,「すごい人!」というイメージが薄いんですよね・・・。

いかに落合放出の愚があったとはいえ,ここから長期低落が始まったのも事実ですし。

まあ,しかし,いまいち値段に比べておトク感の少なかったプレスシートに付加価値をつけることは悪くないでしょう。ぜひとも,「解説のおかげで楽しかった!」と言える様な名解説をお願いしたいと思います(しかし,平井さんの解説はさらに疑問・・・)。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント

時代が変わったのう・・・

2010-01-27 22:08:31 | 千葉ロッテ
と改めて思わされたのはこのニュース

なんと,日テレのG戦のナイター中継が,たったの8試合だけですか。交流戦ももともとは放映権1億円が目当てだったはずだったんですが,あのセ・パのせめぎあいは今となってはなんだったんだろうか(苦笑)

子供のころに,アンチ巨人という名のある意味巨人ファン(笑)だった父の影響で読売テレビ(日テレじゃないよ)で毎日ナイターを見ていた自分としては,まさしく隔世の感といったところです。

何せ,当時は,巨人戦は,ホームは読売テレビ,ビジターも,関テレやらMBSやらNHKやらで,結局全部やっている一方で,パ・リーグなんて,月に1回くらい二元中継がいいとこだったもんなあ・・・。ほんと,スカパー様様ですし,明らかに時代遅れの中継&補強を長年続けていた日テレ&巨人に同情する気はさらさらありませんが,ただ,野球というスポーツの将来を考えると,このままでいいのかと思うのもまた事実。

結局,かつては優良コンテンツの代表格だった野球中継がここまで凋落したのは,娯楽の多様化とか送信プラットフォームの多様化とかいろいろあることは間違いないんですが,一方で,年々長時間化する野球の試合が


テレビ受けしない

ということも大きな理由の1つだと思ってます。

端的に言うと,


ほとんどの試合が8時54分に終わらない

というのは,相当大きいかと。

いやね,はっきり言って,野球ファンから見ても,そもそも投手交代やらで,だるんだるんな展開で,中継延長しても終わらない上に,ファンでもない人からしたら,見たい番組は時間がずれて予定が立たない,ましてや録りたかった映画が野球延長のせいで,最後の30分が切れてたりしたら(ほんと,自動延長機能のついたHDレコを買うまでは,何度も泣かされました・・・),


何で野球なんか中継しよんじゃ,ゴルァ!

とテレビ局に文句の1つでも言いたくなると思うんですよ,本当のところ。局員としても,時間が読めなくて,延長なったら,周りに頭を下げなけりゃならん,それでいて視聴率すら低いとなったらいよいよ中継なんかせんとこうと思うはずですわ,そりゃ。

だから,この展開はある意味当然のこととはいえ,一方で,CSとかCATVの普及がまだまだ遅れていて,普通の人々は普通に地上波だけを見ているという現状を考えると,


スポーツを生で,というかリアルタイムで見る

機会が失われるというのは,そのスポーツにとって不幸なことだと思うんですよ,やっぱり。ダイジェストは,しょせんテレビ局の一方的な好みの反映された骨と皮だけであって,あんなもんではスポーツの本当の楽しみは伝わらないですからね・・・。

はっきり言って,昨年のノムさんの発言に本当にムカついたんですが,監督とかが「お客さんも長いほうが楽しめる」とか言っているようでは,プロ野球もいい加減にジリ貧にしかならないと思います。どーしても,長くかかるというのであれば,それこそ5時半から始めるとか,延長戦は(シリーズとか特殊な試合を除いては)なしにするとか,さらには投球練習を短くするとか,何とか9時前には終わる!という形になるように野球界も真剣に考えては?と思ったニュースでした。

くしくも,雄星君も90分試合を目指すと,殊勝なことを言っているようですし。

ちびっ子が普通に毎日野球を見られる,また見たいと思うような環境づくりをぜひともお願いしたいと思う今日この頃です。そうでないと,うちの子供たちが,いつも「長すぎー」とか言って,いつまでたっても野球ファンにならないので(そこか)。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント

今年の2人はどんな2人?

2010-01-26 23:25:00 | 千葉ロッテ
新外国人コーリーとマーフィーの2人が仲良く揃って来日したようですね。

やっすい,仲良し外国人コンビといえば,昨年のお2人の活躍,というか気合の入りっぷりがわれわれの記憶にまだ新しいところですが,今年の2人はどうなることでしょうか。

なんかいまいち期待できなさそうやなーと思いつつも,やっぱり気合の入ったニューカマーはついつい応援してしまうものです。

首脳陣がどう2人を使っていくのかも含めて,2人の動向に期待していきたいと思います。


それと,選手会は相も変わらずFA改悪を主張するようですね。海外と国内の分け方は確かに意味がないとは思うけど,一律7年に短縮して,さらに補償金も撤廃で「改革案」ってどの口が言うねん・・・。

なんかさー,取ってつけたように出場機会がない選手のレンタルとかいっても,結局考えてるのは一部の一流選手のことだけだよね,ホント。いつまでも甘い汁が吸えないということに,いったいいつになったら気づくんでしょうか。というか,本当にそんなにさっさと出て行く権利がほしいのかいな,全く。なんか,散々我慢して育ててもらっておきながら,これから!というときに広島ファンに砂をかけて出ていった新井選手に言われると,余計に腹立つんだよなあ。

アメリカで起こったことは遅れて日本でも起こるとはよく言いますが,今年のメジャーのFA戦線がとんでもないことになって,未契約のまま引退に追い込まれそうな選手が多々いることは周知の事実。この不況下で,どうやったら野球界が活性化するのか,もう少し真剣に考えてほしいと思った今日この頃でした。

それではおやすみなさい

PS:当たり前といえば,当たり前ですが,ツヨぽん,ちゃんとお相手がいたのね。これで早坂君が結婚してもさびしくない・・・かな?

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (2)

交流戦をいかに戦うか?

2010-01-25 21:03:00 | 千葉ロッテ
一足早く,交流戦の試合開始時間が発表となったようですね。

昨年,いまいち不評だった金曜の6時半開始はなくなりましたが,やはり平日はこれまでどおり6時15分から。個人的には,帰りの遅さを考えると,6時開始でもいいかなーとひそかに期待していたんですが,やはりここは要望が強いのか?自分もサラリーマンなので,気を遣ってくれるのはうれしいといえばうれしいんですが,その一方で,速報とかを見て,他が開始しているのに,真っ白のままってさびしいといえばさびしいんですよね・・・。


交流戦の日程自体は,結局1日短くなったものの,予備日が1日長くなっているので,全体としての長さは変わらず。個人的には,もう少しスカスカ日程が何とかならんかと思いつつも,交流戦で独立して日程を終了させないといけないという命題がある以上,仕方ないのかなあ。どうも交流戦期間中とその後の空白の4,5日間の中だるみが好きではないんですが,ええ。

しかし,政権が変わって,今年の交流戦の戦いぶりはちょいと気になるところですね。

うちのチームが最初の2年は交流戦に強くて,その後3年はいまいちなのは,研究されたから,というよりも,実はローテ6枚堅持(へたすりゃ7枚・・・)だったボビーの方針が,6連戦の連続だった2005年・2006年は,いたく有利に働き,スカスカ日程となったそれ以降は,いたく不利に働いた結果だというのは,いまや公然の秘密ですが(隠してない,隠してない),もれ聞こえるローテ5枚方針なんかを考えても,おそらく今年は,少なくとも交流戦期間中は,5枚ローテで勝てる投手を優先的につぎ込んでいくんでしょうなあ。

杉内,和田らを惜しげもなくつぎ込み,毎年この時期は強い鷹さんちとかの戦いぶりを見ても,日程に合わせた戦いをするというのは,目の前の試合を有利に進めるという意味では,紛れもなく意味のあることといえましょう。もっとも,問題は,必ずしもその結果が秋にはつながらないことですが(笑)

いろんなことが変わると喧伝される今期。ある意味秋が勝負と割り切っていた時代から,一戦一戦を取りに行く姿勢に変えるために,どのような采配を振るうのか。この点にも注目して見ていきたいと思います。

それではおやすみなさい

PS:しかし,しばらくぼーっとしているうちに,あと1月でオープン戦が開始されるんですね。いやー,早く選手たち,特に新しい人たちの活躍ぶりが見たいなあ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (2)

重光オーナー,恐るべし・・・

2010-01-24 21:20:59 | 千葉ロッテ
よく分からんタイトルにしてみたのは,実は,うちの嫁さんが,子供と一緒にロッテ新宿工場を見学する機会がありまして,もって帰ってきたパンフレットやら,興味が出てロッテのWIKIやらを見て,まあいろいろと驚くことが。


そもそも,子供のころに,先生とか親から「チューインガムなんか石油からできていて体に悪いからかむな!」とか言われてたんですが,実はチクルとかいう天然素材だったということにまず驚いたんですが(大人なんて,うそつき・・・),それ以上に驚いたのは,やっぱり重光オーナーの一代記。

在日1世の複雑な立場にして,国に天然チクルの輸入解禁を働きかけて,さらには,自らリヤカーにガムを積んで販売してたねえ・・・(こちらのロッテの歴史もなかなか面白いです。コアラのマーチ等数々のお菓子とロッテ日本一が全く等価値で書かれているところなどが秀逸(笑))。

それが,岸元首相とか永田雅一の働きかけを受けて球団を持つことになり,しかもその後40年以上にわたり持ち続けることになるとは本人もびっくりでしょうなあ。

ある意味,他人のふんどしで相撲を取っている新聞会社とか,長らく殿様商売であった鉄道会社とかと違って,1個何十円の世界で生きてきたわれらがお菓子会社と,ハムさんちだけは,興行ということに対する考え方が根本から違うような気がします。というか,昔は,「本業に差し支えるからあんまり勝たなくていい」と思ってたというのはある意味,本音でしょうな,きっと。

なんかボビーとか,清水投手とかが,くどいくらい「オーナー一族に感謝」みたいなことを言っていて,建前もさすがに甚だしいなあと思っていたんですが,きっと,知っている人にしかわからない温かさあるいは恐ろしさ(こっちか?)があるんでしょうなあ,ははは・・・。

現在87歳で,ようやくロッテ社長は引退されたようですが,まだオーナーはそのまま続けているとのこと。あと何年続けるのかは分かりませんが,お元気なうちに,ぜひとももう一度日本一!といきたいところですね(いつか分からんけど)。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント

ネタ外人かよ・・・

2010-01-23 21:24:11 | 千葉ロッテ
2日前に「一向に田口の帰趨が決まらない」と書いたら,あっさり田口のオリ入団が決定したようですね。

しかし,年俸8000万円って結構高いなあ・・・。まあそれだけ,オリもビッグボーイズからの脱却を図りたいという気持ちの現われなのかもしれません。

田口本人も吹っ切った様子で笑顔の会見となったようですから,残り少ないプロ生活で今まで培ってきたものを見せてほしいところですね。


それよりも,今日面白かったのは,やっぱり金さん,ダウンのニュース

あこがれていた井口との自主トレが実現したのもつかのま,わずか15分のランニングでダウンしたとのこと。

何か,劇太りだったり,韓国でのあだ名が「プーさん」だったり,意外にもネタ要員か?

まあ,しかし,実はほっとしてるんですよ,正直なところ。どうもスンヨップは,あまりに韓国での成績がすばらしかったこともあり,常に韓国の看板を背負っているというか,いまいちチームに溶け込めていなかったのがありあり。

なんか,本人も一種の悲壮感というか,苛立ちもあって,あの不幸な別れにいたったのは残念なことでしたし。

そこいくと,金さんは大丈夫かな(笑)仮に将来どんな選択をするにしても笑って受け入れることができそうです。


いろいろネタにしましたが,個人的には相当期待してるんですよ。いや,ホント。緩めるときはとことん緩めて,大事なときにきちっと仕上げてくるのが本当のプロ。ここから徐々に調子を上げて,開幕とともに爆発!となるような展開を期待したいと思います

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (4)

ベニーを継ぐ男&キャンプメンバー発表

2010-01-22 21:48:57 | 千葉ロッテ
まずは,翔太君の入団会見があったようですね。

背番号はベニタンのつけていた50。あんまり若い番号はやれんし,ほかにいい空きもなかったからでしょうが,正直言ってあんまりにもタイプが違うのでちょいと違和感があるな(苦笑)

契約内容も結局契約金はそのまま,年俸が50万円減だけと,ずっと言われていたお仕置きの内容としてはたいしたことありませんでしたが,まあよろしいんではないでしょうか。

目前に控えたキャンプからうまくチームに溶け込めるように,周りがうまくサポートしてやってほしいところですね。


で,そのキャンプは,メンバーの正式発表

うーん,しかし,しょっぱなの「荻野忠」,「大嶺祐」は相当違和感あるな

弟は「翔太」なんだから,大嶺君は元に戻して,いっそ,オギーは「オギー」にしたら!?(しねえよ)

メンバーは,割と順当,川崎・堀様・アッキーラはあれれ・・・というところですが,まあ入れ替えもあるでしょうから,あんまり気にすることはないでしょう。正直,私は,いまだにシーズンにおけるキャンプの位置づけがよく分かっとらんし(苦笑)

ただ,やっぱり1軍メンバーに抜擢された服部君,木村君,那須野君らの左腕組にはこの機会に躍進を期待したいところです。こっから1人でも2人でも出てくると,随分とシーズンの視界も変わってくると思うので・・・。

それではおやすみなさい


にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント   トラックバック (2)