おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

おかえり,サブロー

2011-11-30 20:10:00 | 千葉ロッテ
オーナー自ら公言していた以上,確実だろうとは思いつつ,FA宣言以降あえて球団が発言を控えていたので,多少心配はしていましたが,どうやらサブ復帰が本決まりのようですね。

もう,この件に関しては,今更説明するまでもなく


とにかく嬉しい

それだけです。

サブのおらんチームなんぞ,つまらんもんです。

この件に関して印象的だったのは,トレードが間違いだったとは言いつつも,いったんはトレードを了承したオーナーへの批判が思った以上に大きかったこと。その中で,一番違和感を感じたのは,間違いをした張本人がどの面下げて撤回するのだ!という批判でした(間違いでないという人は,もはや視野外)。

きっとそういう批判をする人たちは,自分が間違いをした場合に意地でも認めないんだろうなあ・・・と,私としては不思議な気持ちでした。

しかし,人は誰でも間違いを犯すものです。

前にも書きましたが,私は,間違いを犯した場合に,しょうもないメンツを守るためにかたくなになる人よりは(内紛中の球団の天上人とかね),アホやと言われても,誤りを認める人の方が何倍も信用できると思います。というか,単にそういう人の方が好きです(笑)

もちろん補償がどうしたこうしたとかいろいろあるでしょうが,ここまで問題になった以上は,オーナーがポケットマネーで出すんでしょうし(笑),人的補償についても,冷静に考えて,再び大補強路線に舵を切った自称盟主球団が,うちのプロテクト外にほしい人材がいるとも思えません。

改めて過ちを改むるに憚ることなかれの言葉の重みをかみしめつつ(「過ちを改めざるこれを過ちという」の方がしっくり来る気もする),最後の最後でサブに振られないように朗報が確定することを待ちたいと思います。

あ,そうそう,このタイミングでタカシの外野再転向を持ち出す西村さんの動向は気にならなくもありませんが,もしサブを干すようなことがあれば,遠慮なく西村さん更迭に動くことにします(笑)新コーチ陣を見ても,好き勝手できるような状況ではないしね。

そもそも,若手が育ったから場所がない的な意見も目立つところですが,どのチームでも無理やり若手に場所を空けたチームというのは得てして脆いものです。岡田君,伊志嶺君の台頭があったとはいえ,実質的に1年しか稼働していない彼らに全てをゆだねるのは,本人たちの成長のためにも考えもの。期待される打撃だけでなく,長年培ってきた守備に関しても若手に教えられることはまだまだあるはずですので,チームにいい刺激をもたらしてほしいところですね。

それではおやすみなさい

PS:しかし,その裏でひっそりとカスティーヨ君退団か・・・。個人的には残ってほしかったけど,ご縁がなかったということですかね(涙)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ最後に押していただければ励みになります
コメント (19)