まるぞう備忘録

無題のドキュメント

世界は私を好きだった。6

2024-06-09 09:58:02 | 今日のひとり言

防災カレンダー
6月9日。甲辰の重なり日。

札幌近郊





本日も。最初の第一歩は。

表面上はムスッとしているように見える相手に対して、あるいは
前回私に否定的な言葉を発していた相手に対しても、あるいは
私の頭の中で「あの人嫌だなああ」と思い浮かぶ相手に対しても

まず今日の第一歩は、
・この人は私に肯定して貰いたがっている
という「想い」からスタートするオセロゲームです。



エゴが嫌がる理由がわかりました。

・この人は私に認めて貰いたがっている
なんて、上から目線の発想だ。と思いましたが、でも全然違いましたよ。正反対でした。
私のエゴがもの凄く抵抗するんです。

なぜか。を考えてみました。
するとわかりましたよ。なるほど。



相手の目線とで。

まず一つは
・この人は私に認めて貰いたがっている
ということは、相手の目線で世の中を観る周波数です。

私の目線ではなくて相手の目線の周波数に合わせなければならないです。
相手からみて自分はどう見えているのか。という周波数に同調すること。
私のエゴは嫌がりますねえ。



その方を肯定する。

そしてもう一つは、私から相手に与えなければならないということ。
私が相手を肯定しなければならないこと。
エゴや嫌がります。
だってエゴがやりたいのは
・相手を否定すること
でありましたから。



私のエゴが解けていく(溶けていく)。

だから
・この人は私に肯定して貰いたがってる
と考えると、
最初はエゴは抵抗しますが、
でもこれは大切な実験なんだから、エゴの抵抗はひとまず脇に置いておき、この想いを実践すると
自分のエゴが抵抗しながらでも徐々に小さく解けていくのがわかります。

プシュウ〜(とけていく音)



どうして物悲しいの?

そして物悲しくなるのは、自分が相手を不必要に否定して攻撃していたことがわかるから。
過去どれだけ
・私に肯定して貰いたがっていた方たちを
自分が否定したり無視したり攻撃していたのかを漠然と思い出すから。

残りの人生で思い出した時に謝って行きたいと思います。
どのくらい間に合うかわからないですが。



世界は私を好きだった!。

でもそのあと静かに癒やされた心持ちになるのは。
それが私の心の中のおひさまであったからですね。
・まずは相手の視線に同調することは、自分の心のおひさまに同調することでありました。
・まず相手を肯定することは、自分の心のおひさまを肯定することでありました。

なるほどね。
自分の心の変化を書き留めます。




おまけ(読者の方によって教えて頂いたこと)
==========
今日もありがとうございますさん
・・・
この頃、自分をやっと好きになって来ました。私も我が強いのです。会社がゴタゴタしていますが、自分は穏やかで、朗らかにいきたいですね。来週は友人と養蜂場に行く予定なのですよ。楽しみです。

→ ありがとうございます(^^)/

==========
おかめさん
・・・
まるぞうさん、いいお話しです。ありがとうございます。周りのすべてな人がキラキラして見えますね。もう生きているだけで感謝です。この年になると訃報が多くなり、ますますそう思うのです。生かしていただいて、この世にいて、鳥の声が聞こえる穏やかな今。
夫の難病がわかり、残された日々を明るく楽しく過ごしていこうと貴重な時間を感謝しております。

→ おかめさん、ご主人様、ぽかぽか。ありがとうございます(^^)/

==========

「世界は私を好きだった」

良い言葉ですね。なんだかジーンと来ます。知っていたのに忘れていたみたいな。

今日の記事もまるぞうさんの思いを素直に語ってくださり、言葉にするのが難しい部分を記事にしてくださり、本当に感謝です。共感する部分がたくさんありました。まるぞうさんもそうだったのかと。

私もそれまでは忘れていたり、酷いことをしたと気付かずにしていたことを急に思い出し、「あっー。自分はなんてことをしてしまったんだー!」と申し訳ない気持ちでいっぱいになることが時々あり、しばらくは落ち込むのですが、急にスッキリするというか癒されている自分に気付き、この現象はなんなんだろうと思うことがありました。結局他人にしていたことは自分にしていたというオチなのかなー?と思ったり。他人にしたひどいことに気付き、申し訳ないことをしたと思える心が貴重なことなのかもと思ったり。よくわかりませんが。(笑)

心の奥から「そうだよー。それで良いんだよー。」と暖かいものが湧いてきて、「えっ。そうだったの?」みたいな感覚です。説明難しい。(笑)私は大病をした後から実感することが増えたので、たくさんのものを強制的に手放さざるおえなかったのがよかったのかもしれません。きっかけはきっと人それぞれなのでしょうが。

今回のシリーズでもまた自分のことを色々考察する良い機会となりました。なかなかこういう話は他の方には聞くことはできないので、赤裸々にご自分の体験を語ってくださるまるぞうさんは、私にとっては貴重な存在です。毎日楽しい記事を本当にありがとうございます。

→ こちらこそ良いお話ありがとうございます(^o^)/

==========
大抵はすみませんて言えば、混んでぎゅうぎゅう詰めの電車でも隙間開けてくれます。
ちゃんと伝えればみんな聞いてくれます。優しくしてもらいたかったらね、黙ってプリプリ怒っててもダメなのです。世の中は有り難うさんとごめんなさいでまわってるみたい。昨日のまるさんのコメントの中で
傷つけたであろう人?のくだりを読んでて。
人を傷つけたとハッキリわかった時に真正面から向き合って対話に持っていけたことあるか?って考えたら、ゼロでした。自分は悪くないから?傷つけたと思う人から自分も傷つけられたから?じゃもういいよって思ったから?我の強いものどおしではそうなるね。
他人を見てて思う。自分が許せない人は他人を許せないんだね。私はどうなんだろう?考えときますわ。

→ 心の風景の投稿ありがとうございます(^^)/

==========


まる(=・3・=)ぞうのネタ帳。
今後記事にするかもしれないししないかもしれない。気になる情報は、とりあえずここに放り込んであります。
https://twitter.com/J5F6eZXx6YgJP2x

防災意識カレンダー。
Twitterで要注意日の朝6時ごろ配信しております。
https://twitter.com/ohisama_maruzo



本ブログに共感される方はクリックのほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキング



■ブックマーク
備忘録検索(β版)
ゆっくり解説(Youtube)
ゆっくりまるぞう動画(YouTube)

■防災意識リマインダー
防災に注意が必要な期間は、メールやTwitterで防災意識リマインダーを受け取ることができます。詳しくはこちら


■地震雲写真投稿方法
地震雲(飛行機雲のように短時間で消えない立ち上がる雲)を目撃された方は、雲の御写真と目撃情報を下記のメールアドレスにお送り頂ければ幸いです。
ohisama.maruzo@gmail.com
御写真とともに送って頂きたい情報
・目撃された日時(何日何時頃など)
・目撃された場所(県名や地名など)
・目撃された方向(可能なら)
地震雲かわからない方は地震雲の見分け方をご参考になさってください。
(個人情報は厳重に管理し、私以外の第三者に投稿者のメールアドレスなどの個人情報を開示することはありません。また御写真の画像情報や機種情報は消去いたします。人物が特定できる映り込みなどのぼかし加工もこちらで対応いたします。なおお送り頂いた御写真と目撃情報は関連サイトにも掲載させて頂くことがあります。)

■非掲載希望のコメントについて
1.公開を希望しないコメントは投稿しないでください。基本的に投稿されたものは他の読者の方の目にもふれるとお考えください。
2,どうしても公開されたくないメッセージを送りたい方はメールでお願いします。
ohisama.maruzo@gmail.com
3,ただしメールでお送り頂いた内容に対し、私はメールで返信をお送りすることは一切ありません。一方通行となります。
4,上記のようにコメントは原則公開ですが、炎上つながる場合や個人情報が含まれている場合、読者間での私信コメントは、私の判断で非公開とする場合があります。

■引用転載について
本ブログは引用元をあきらかにしていただければ、ブログやSNSでの拡散は許可いたします。

最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たま♪)
2024-06-09 10:22:07
え???
まるぞうさん、コールセンターのお話を書いた方へ謝罪されないんですか???

まるぞうさんってそこまで小さかったでしたっけ?

あれって、コールセンター業務の方々に失礼だと私も思ってて、あのコメントに私、共感しまくってたんですけど。

私や八十六茶さんの話は、理解できない人も多いでしょうから、まあスルーでもOKですけど。

自分の完璧な失言(職業差別記事)を指摘してくれたコメントをスルーして、自分への肯定コメントだけを賞賛して行くブログに成り下がっちゃうのはとっても残念です。

でも、まあ、まるぞうさんの自由ですね。
てか、まるぞうさんは本当に謝罪の出来ない人だったのかあ。。。
なんていうか、小さいなあ。
そういうのこそ、まさに死んでから後悔すると思いますけど。

今まで偉そうに「グルグル同じところを回っていたら死後に後悔するんですよ」と、まるぞうさんが色々な人に講釈たれてきたのは、ホント、何だったんでしょう???

自分を棚にあげて、よくあんなこと言えたなあ、と呆れましたけど。。。

あーでも、もしかしたら、心から反省できていないのに謝罪するのは失礼になるかもしれない、とまるぞうさんなりに色々考えて黙っていらしゃるのかもしれない。

「誠意のない口先だけの謝罪ならしない方がいい」という判断ならば、尊重いたします。まるぞうさんには時間が必要なのかもしれないですしね。
Unknown (たま♪)
2024-06-09 10:34:17
>・この人は私に肯定して貰いたがってる

本当に認めてもらいたい人に対しては思いやりになると思うのですが

真摯に苦情やクレームを伝えたい人に対して
「認めて欲しいのね~」とやるのは、失礼極まりないし、逆に嫌がらせ的な攻撃になると思います。

この方法はケースバイケースで臨機応変にやらなければならない案件だと思いますよ?

>魔法の呪文のように思います。
>もちろんそれでもこの魔法が効かないケースも稀にあるかと思います。

本当は、こういう書き方が問題なのだと思います。
Unknown (たま♪)
2024-06-09 11:01:13
あー、でも、色々な人が読んでいる中で。
単純化してデフォルメした方が、人数多く伝わる可能性は広がるわけだから。

まるぞうさんがターゲットにしている方々に伝わるには、今の方法が一番良いのかも、とも思い直しました☆

まるぞうさんは「ターゲットにしていない人の心に響かないのは仕方ない」と思っているのだと解釈します☆

ターゲット外の人には、うーーーーん、と思う内容も多々あるわけだけど、まあ、個人のブログなのだから、響く人もいれば、えー?と思う人も居るのは当然で。

まるぞうさんが、魔法だの、これが伝わらないのは稀だと言うと、なんじゃい と思ってしまうけれど、ターゲットにされている人達からすれば、そのとおり♪ な話なのだろー、と思うことにします☆

まるぞうさんが、以前私に対して「ソレです」みたいなことを言ってきた時にカチンときたのもそういう理由です。
私はまるぞうさんがターゲットにされていらっしゃる方々と同じ感覚ではないので、それは違うやろ、て思うことも多々あるのに、「わかるよね?」みたいな対応が嫌だったのでした。

ここの場所は、ターゲットにされた方々のための場所なのだ~と思えば済むことなので、そう思うようにいたします~m()m
Unknown (50歳女)
2024-06-09 22:35:25
とてもタイムリーなシリーズで少し読みたくない思いと闘いながら楽しみに読ませてもらっています。

世界で一番恩を受けた、そして今も受けている母親を肯定出来なくて辛い真っ最中。いい年して何してるんだか…。
実母以外のあらゆる人には道徳的にいい人的に接しられるようになったのに(内面も態度も含めて)実母にだけどうしてもきつく接してしまう。
恩も十分に感じ感謝の気持ちもたくさんあるのに。
よほど深い繋がりがあるのだなと噛み締めながら逃げずに今回のシリーズを読み、母が元気なうちに何とかしたい。
Unknown (オペ子)
2024-06-10 13:48:21
記事を楽しませてもらってます。

読みながら、セラピストやカウンセラーやヒーラーなどなどの話法、立ち位置、心得など、学んでいた事毎が、走馬灯の様に思い浮かびました。

私の記憶違いでなければ、まるぞうさんのお母様は、命の電話のボランティアをされていたのではなかったですか?

そんな記憶が、思い起こされました。

この後も実験メモを楽しみにしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。