猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

アオサギの飛来…

2018-02-28 21:37:05 | 身辺雑記
今日もアオサギが流れの中に佇んでいた。
身体の半分もあるかと思う長い首を、左右に動かしては虚空をジッと眺めていた。
「風と会話をしているの」
「それとも春の妖精と話しをしているの」
アオサギのそばでは数羽のセキレイがせわしなく飛び交っていた。
あわただしく鳴き交わすセキレイには目もくれず、同じ動作を繰り返している。
いつもは餌を求めて川面を凝視しているのに。
夫と二人長い間佇んでアオサギを見つめていた。

ブログを書いていると二階の書斎から夫が大声でわたしを呼んでいる。
「早くカメラをもってきて」
カメラをもって二階に駆けあがると前の家の屋根に一羽のアオサギが止まっていた。
慌ててシャッターを切った。
次の瞬間には大きな羽を広げてとび去った。
このあたりでアオサギを目にしたのは初めてだった。


   


にほんブログ村

    ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく   
   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 春の息吹 | トップ | 春は沈丁花の香りにのって/ト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事