猫と亭主とわたし

田舎での黒猫ブラッキー、迷い込んできた三毛猫リリと亭主と花々(薔薇)に囲まれたシンプル&スローライフを書き綴っています。

春の息吹

2018-02-27 21:28:50 | 身辺雑記
寒い寒いといい続けてきた二月もおわり。
この冬は体調もすぐれず日常の仕事をするのが精いっぱいだった。
陽の光は明るく輝きをました。
少しずつわたしは元気をとりもどした。
夫と買い物をかねて散策。
河川敷を歩く二人の背に太陽が暖かく照る。
川面に眼をやると、アオサギが向こう岸ちかくの流れの中に佇んでいた。
アオサギの弧影はありありと哀愁をわたしに伝えてくる。
いつも一羽でいるのでわたしにはそう映ってしまうのだろう。
アオサギとわたしの間には水ぬるむ川の流れがあった。
「春がくるわね」
わたしは夫をふりかえった。夫はだまっていて川面を眺めていたが、春を迎える喜びがその表情にはあった。

                  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ← ご訪問ありがとうございます。お時間がありましたらClikよろしく   
   




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 暖かさに誘われて/クリスマス... | トップ | アオサギの飛来… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とに)
2018-02-28 00:56:13
サギ…私も同じことを考えていました。いつも仲間と一緒にワイワイやってるカラスのような鳥をどう思うのかしらとか。

やっと冬の終わりが見えてくる今の時期が私は一年で一番好きです。
Unknown (mima)
2018-02-28 21:30:15
とにさん

やっと待ちに待った春の息吹を肌で感じられるようになりました。
この時期は、春の散歩が楽しくなります。

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事