命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

悩みました

2013年07月30日 20時55分46秒 | ひと口法話

懺悔文の公開付いて本当に悩みました。皆様方の平穏無事の人生を祈念し

公開致する事に致しました、懺悔文は当山の秘法ですが、此のブログをご覧に成った方のみが

当山の ご本尊命光不動尊との仏縁の有る方々と 思い秘開する事に致しました。

 

懺悔文(業障因縁消滅)

無始よりこのかた無量の業。今世、犯せる極重の業。日々夜々に作るところの業。。

念々歩々起こすところの業。今 真言陀羅尼の威力をもつて皆消滅す。

 

のうまく さまんだ ばざら だんかん (自分の数え歳の数をお誦えする)

 

日々悪い事柄に遭遇すれば感謝の心で真剣に称えて下さい。

ただし 悪い事をしながらの行ないは絶対にいけませんぞ。念の為

                             ほな 今日は おおきに

コメント (2)

お釈迦様の言葉(昨日の続き)

2013年07月28日 17時25分48秒 | ひと口法話

功徳こそが次の生に於ける汝の拠り所となる。(昨日はここまで)

親も子も 伴侶も 親戚も、地位も財産も 知識も技も、

一切は死と共に失われる。これらは全く当てには成らぬ。 

生前の行いによるカルマ(業)のみが 汝に付き従って行く、

車の轍(わだち)が進み行く車に何時までも付き従う様に。 

 然らば人は日の沈む夕刻の時を、惜しむ様に急ぎ多くの功徳を積めよ。

良き行いをせよ。悪しき行いはするな。

良き行いは福楽を生み。悪しき行いは苦しみを生じる。 

如来(佛)と真理の法(ダルマ)とサンガ(僧団)に帰依せよ。

これらは功徳を求める者にとって 無上の福田である。

   以上がお釈迦様のお言葉です。

人は何故 愚かな過ちを繰り返すのでしょうか? 

自分自身には関係は無いと思って居るのでしょうか?

私たちは此の世に人として生まれて来た一つの理由は、

 自分自身の進化の為と 自分の悪業の消滅の為ではないか~な~て。

 

思って 日々精進をしています。このグロブをご覧の皆様

。お釈迦様のお言葉は真理です。

毎日懺悔文を罪障消滅の為にお誦えしましょう。

明日は当山で毎日お誦えしている懺悔の文をブログでお知らせします。

 皆様方の未来に幸せイッパイの人生であります様に。

                                           ほな 

今日は このへんで おおきに

 

 

 

コメント (2)

お釈迦様の教え

2013年07月27日 17時47分38秒 | ひと口法話

人は死んだら終わりではない、人は姿を変え形を変え、転々と輪廻を繰り返している。

人は 生前の行ないによる 業のみが汝につき従って行く、車の轍が進み行く 車につき従うように。

全ての者は 業に よって支配されている。  人を殺めた者が次に 己が殺められる。

人から 掠め盗った者が次に 己が掠め盗られる。人を 虜にした者が次は 己が虜にされる。

人を 欺いた者が次に己が欺かれる。人を 罵倒した者は次に己が罵倒される。

人を 泣かせた者が次に己が泣かされる。 人に施しをした者が次に己が施しを受ける。

人を 助けた者が次に己が人から助けられる。 人に与えた者が次に己が人から与えられる。

人に 喜びを与えた者が次に己が喜びを与えられる。 是の如く全ての者は因果の道理に従っているのである。

然らば、人は生まれたならば良き行いによって少しでも、多くの功徳を積めよ。功徳こそが次の生に於ける汝の拠り所となる。

                       明日に続く

 

 

 

コメント (1)

傾いた土台

2013年07月25日 19時31分16秒 | ひとりごと

人様を何時までも恨み、人の過ちを絶対に許す事が出来んという 

お人が世の中に、仰山居てまんな。

 

こんな心の持ち主はその時点で心の成長が止まって居ますから、

いっまでたっても、心が育ちまへん。

 

お気の毒な事でんな。

 

許さない許せないという心は、魂の土台が傾いて居る様なものです。

 

傾いた土台の上に物を建ててもそのまま傾いておるので、何時も不安定です。

 

いつか壊れて仕舞いまっせ、心の掃除をして恨み辛みは綺麗にさっぱりと捨てなはれ。

 

折角の人生勿体ないや おまへんか魂を育てなはれ、人生豊かに成りまっせ、

ほんなら、今日はここまでだす。

 

 おおきに

コメント (2)

如来さまのお定め事

2013年07月24日 19時36分47秒 | ひと口法話

仏陀のお定めに

「説いた通りに説く、行った通りに説く、行った事を説く、説いている通りに行う」と

言うお言葉が有ります。

これは、自分の体験を語りなさいと言うお言葉です。

 

自分の体験を話す事は、

言葉に重みが有り全然違いまっせ。

人には自分の体験を語るべきです。

人様からの受け売りの説法は、言葉その物の重みがおまへんから、

皆さん、真面目に耳を傾けてくれませんわな。

人が体験を語る場合は、皆さん真剣に聞いてくれはりますもんね。

話に上手 下手はあんまり関係おまへんな、ほんまに。有難い事でんな。

ほんなら、今日は ここまでです。

 おおきに

コメント