命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

腰痛や冷え症に良いという敷布団を

2018年09月25日 19時22分39秒 | 日記

私の弟は、堺市北区中村町で、すみとも製綿所を営んでおり、

お盆にお参りに来た際に、その実用新案の昼寝用の布団を注文し、

本日、ようやく出来上がり持って来てくれました。

 

この布団は、

腰痛に悩んでいる人からの注文で、

腰に優しい敷布団をどうしても作りたいと考え中、

偶然にも食べものから腰痛にいい敷布団の作り方を発見し、

試行錯誤しながらようやく開発。

特許登録はせず、実用新案登録 第3192201号 と取得したとのこと。

 

多くの布団屋にも作ってもらいたいという考えがあり、実用新案にしたとのこと。

「作りたいひとは、相談してほしい」と。

私の考えとまったく同じで、感心しましたね。

 

 

 とても注文が多く、忙しいのですが、無理して早く作ってくれたのです。感謝です。

布団の寝心地は最高です。そしてついている枕がまた、ちょうどいい感じ。

よく眠れること間違いなしです。

冷え症の人にも好評のようです。

夜用の布団のお願いしました。楽しみです。

 

 そして、おもかる石の座団も作り変えてもらいました。

おもかる石の座布団も新しく。          

      風水で吉寸の座布団を作っていただきました。

 そして、私の座っている座布団も沈んできており、綿を入れ替えてもらうことに。

  

 さすがに、私の弟です。ていねいな仕事をします。

                  

 早速、座り心地を。ちょうどいい感じに出来上がっております。

 

そうしておりますと、当山に鎮座しております狛犬からも、

座布団を新しくしてほしいと要望が。 

   

  座布団がへたっており、座り心地が悪いとのこと。

 

大人しく座っている訳ではなく、

悪い物がくると、猛獣の如く、追い払ってくれているのだそうで、

新しい座布団を頼んでおきました。

 

私の家系でしょうか、私の父は商人でしたが、

先ず、人々に喜びを、が家訓でした。

南無大師遍照金剛大師

 

 

 

 

 

 

 

コメント

霊界施餓鬼一粒満腹法要の功徳

2018年09月24日 18時49分48秒 | ひと口法話

昨日、放送の「林先生が驚く初耳学」という番組で

「ギブギブギブギブギブ&ギブ」という考え方を林先生が紹介されていました。

 

この番組を見ていて、この考え方は山主がいつも申しております、

「我も良し、他人(ひと)も良し」という命光不動尊の教えそのものです。

 

当山では霊界施餓鬼一粒満腹供養という供養をさせていただいておりますが、

この供養がまさに、「ギブギブギブギブギブ&ギブ」なのです。

 

霊界施餓鬼一粒満腹法要は、山主が大変な霊力を使う供養でございますが、

①供養をさせていただける施主様

②供養を受けられる故人様

③故人様より施しを受けられる縁者

④故人様より施しを受けられる餓鬼道の精霊

これだけにとどまらず、  

 さらにこの喜びはこの修法によって拡散します。


この修法には沢山のお供え物が必要で、

お供え物を購入する小売店も、

これだけのお菓子を毎回購入してくれるのですから非常にお喜びでございます。

 

また、お供え物には「観月あられのポン大将」を必ず使います。

当初は店に陳列している5個~10個ほどでしたが、

現在は全国からご供養の申込みが有り、

毎月300個前後は購入しています。

製造者の方にも喜んで頂いていると思います。

 

更に、お供えのお下がりは施主様にお持ち帰りいただくか、

発送させて頂いており、このお下がりは、ご近所や職場等でお配りしておられ、

また、お裾分けを戴いた方からまた、お返しをいただくという感謝の輪が広がっているそうです。

 

この様に喜びの輪がどんどん広がるご供養でもあります。


もうお分かりかと思いますが、

この霊界施餓鬼一粒満腹法要をされる施主様の功徳は計り知れず、

様々な人々の「喜びの輪」になってどんどん広がっています。

そう考えるとこの様な供養は他にありません。

  

この供養をさせていただく事が自体が非常に有り難く、

見えない世界のお大師様の御教えであり、

山主を始め、命光不動尊一同の使命であると日々精進いたしております。

 

また、ご供養を続けられる施主様には何らかの形で良いことが次々と舞い込むようで、

そんなお知らせを頂くことが、

私どもにとっても一番の喜びとなっております。


南無大師遍照金剛

 

 

コメント

本日、彼岸の中日に彼岸会を執り行いました。

2018年09月23日 19時01分49秒 | ひと口法話

本日は、お彼岸の霊界施餓鬼供養後、続けて護摩祈祷を。

 

本日、ご供養のご招待を受けられた故人様は、

たっぷりお経さんをいただき、その上、

護摩も焚いてもられえるということで、大喜びでございました。

 

 

一回目は、ご祈祷の護摩を

二回目の護摩は、ご先祖様の浄化のために

 

明日も霊界施餓鬼と護摩供がございます。

南無大師遍照金剛

コメント

脳梗塞の方のご祈祷 6日目 験がございました。

2018年09月22日 18時42分06秒 | ひと口法話

22日から護摩祈祷しております脳梗塞の方。

本日で、6日目です。

 本日、ようやく、験(おしるし)がございました。

 

本日、お不動様がお下がりに。

「ようやく峠をこえたのう。あとは、本人の養生一筋じゃ。」

というお言葉を頂戴しました。

 

これで、一安心です。

病人を一番心配しておられるのは、

ご先祖様、それも実母様です。

有難いですね。

 

南無大師遍照金剛

コメント

きらくゆは男湯 女湯は関係ないらしい

2018年09月22日 18時07分11秒 | 日記

昨日は、21日で奇数日でした。

きらくゆは、奇数日と偶数日で浴槽が男女入れ替わるのだそうです。

どちらの浴槽も入れるので、楽しみが2倍になります。

本当は、毎日行きたいのだけれど。

今日は忙しくして、晩も仕事しないと間に合いません。

 

南無大師遍照金剛

 

コメント