命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

お墓は何にためにあるのか。

2018年11月21日 18時56分22秒 | ひと口法話

 

今日は、お墓のことを説明いたします。

 

お墓は、

亡くなられた故人様のお骨を納めるところだと思っておられる方が

ほとんどだと思われます。

 

お墓は、ご先祖様の大事なお住まいなんです。

 

〇〇家先祖代々之墓 ・〇〇家先祖之墓と書かれてお墓には、

亡くなられたご先祖様がお住みになられているのです。

一戸建てのお家と同じです。

 

 

何年が前に「千の風になって」という歌が流行りましたね。

「お墓の前で泣かないでください。そこに私はいません…」。という内容の歌詞ですね。

 

この歌詞を聞いて多くの方が、

「お墓に居ないんだったら別に墓は要らないんだ」と勘違いされ、

「私が死んでもお墓は要りません。(海や山に)撒いてください」という遺言を残し、

遺族は、故人の意志だからと言うとおりに散骨し、先祖の墓じまいを。

その結果、大変なことが起っているのです。

 

その大事な家であるお墓が無くされてしまったご先祖様は、

宿無しです。

昔で言えば乞食またはルンペンになってしまっているのです。

 

非情に気の毒で心を痛めているのは、

私だけではなく、他の宗教家たちも同じ気持ちの人が多いのではないでしょうか。

 

そのような家は、大きな問題が次々に起って

あわてて当山に相談に来られる方が非常に多いこと。

 

自業自得とは当にこのことだと思います。

 

これまでの考え方は古いと

何でもかんでも新しく改革し、自由を尊重せよと好き勝手にし、

こんな輩は、死んだら終わりという思想の持ち主ばかりですね。

 

医者に余命〇〇ヶ月と告げられたら、あわてて何とかして欲しい。

自分がそういう状態にならないと分からないのです。

 

自分の都合で神仏が存在すると言ったり、無いと言ったりしているにも拘らず、

ご祈祷をお願いしますと命乞いに来る始末。

 

一体どなたにお願いするのでしょうか?

 

当山の助命祈祷の90%は、

ご先祖様のお力におすがりしてお救いしてきたのです。

 

先祖様の力なくして、神仏のお力は働きません。

いざという時こそ、ご先祖様が一番大事なんですよ。

 

「自分が大事な先祖を捨ててどうするんじゃ」

 

もう一度言います。

神仏は、ご先祖様そのものです。

自分の浅はかな都合で考えるな。

 

先祖代々ずーと伝わってきたものには、

それだけの価値があるんです。

 

無駄なものは一切無いんですよ。

だから捨てたらいけないんです。

自分のためにも家族の為にも。

 

神仏はね、慈悲そのものなんです。

先祖は、慈愛そのものです。

 

先祖を捨てたら、

今度は、自分の命も捨てるこという出来事が起きることがあるのです。

それは、死をもって償うことも有ると、

覚悟することですね。

 

当山にご相談に来られる方は、

ご先祖様が、

不心得者の子供を連れて来られる場合が非常に多いです。

 

南無大師遍照金剛

 

コメント

祥月命日は、故人のお誕生日でもあるのです。

2018年11月20日 18時45分09秒 | ご供養

大黒さん(山主の奥様の呼び名) の亡き父親の11回目の命日でした。

毎月、20日の月命日と11月20日の祥月命日には、

霊界施餓鬼一粒満腹法要を執り行っております。

 

ご本尊様の近くに大きなオーブがでておりますが、薄くて見えづらいですね。

 

本日の参拝者は、三重の赤目と京都の精華町よりご親戚さんです。

偶然にも今日のお参りとなりました。

とても信心深い方で、毎月欠かさずお参りされます。

 

祥月命日はお祝いですので、

いつもの月命日より多くのお供えいたします。

 

霊界では、故人もちろんですが、

故人の縁者の方も大勢、本日のご供養を楽しみに待ち焦がれておりました。

 

 人間の時は、皆さんお誕生日だと大騒ぎをしますね。

亡くなられたら今度は、命日が故人のお誕生日となりますので、

祥月命日に赤飯をお供えし、法要をと執り行ないお祝いするのです。

 

 命日は、人間界から霊界に旅立っためでたい日です。

このめでたい日を忘れられ故人は、とても惨めな思いをしております。

 

ご供養は、できなくてもせめて思い出し、お供えぐらいはして欲しいものですね。

 

本日、参拝されたT様とN様より

家でとれた新鮮な野菜をお供えくださいました。

大根も人参の葉つきです。

スーパーの野菜と全然違います。

 

いつも美味しくいただいております。

有難い事ですね。

感謝申し上げます。

 

南無大師遍照金剛

 

 

コメント

本日、東京よりご相談に

2018年11月19日 18時04分44秒 | ご供養

ブログを見てご相談に

「やはり、直接お会いしてご相談したほうがいいですね。」と

本日、東京よりご相談にお越しになられました。

 

皆様、お電話やメールでのご相談は多いのですが、

お越しになられる方はごく少数です。

 

本日の方は「お会いしてから供養するかどうかと決めよう」と

決めていたそうです。

もちこん四家先祖供養をお申込みくださいました。

 

ご供養中の写真を見て下さい。

四家先祖供養と亡き父親の一粒満腹長者をされるということで、

お帰り間近に浄化させていただきました。

首の周りの違和感がなくなり、目の前がモヤモヤがなくなりスッキリしましたと。

 

憑いている霊は、基本その方の身内や親戚の方です。

一番信心する方を頼って来られるのです。

 

 遠方から来れている方は、

お話する機会がなかなかございませんので、

じっくりとお話しを聞かせていただいております。

 

11時に来られてお帰りは4時でした。

 

山主は、昨日、コウケントーの光線治療器で咽喉を照射したら、

今日は声がよく出たと喜んでおりました。

毎日の水行で身体が冷えているのか、足裏が滅茶苦茶冷えております。

 

コウケントーさんのお蔭で今年は、温かく過ごせそうです。

有難いことですね。

 

貞観の口ぐせ

「困った時のコウケントー」

 

 

南無大師遍照金剛

 

 

 

コメント

命光秘流不動護摩供が厳修されました

2018年11月18日 19時38分03秒 | 命光秘流不動護摩供

本日11時より命光秘流不動護摩が厳修されました。

 

今日の護摩供では、供養して欲しい不浄物霊が憑いてきており、

弟子の明浄尼を含め3人の方に憑依しました。

 

憑依された方には、

山主がその場で除霊を行い、帰りにぼた餅3つを川に流し送るように指導いたしました。

また、本日の参拝者様には、特別に邪霊封じの秘法伝授がございました。

 

尚、当山では四家供養等の先祖供養をなさっておられる方にのみ、

特別に除霊をさせていただいておりますが、一般のお参りの方の除霊は行っておりません。

 

護摩供のあと、いつものように本格整体 猿黄師より

整体で身体の歪みをとっていただいたあと、

(コウケントー)光線療法を受け、

パワーをいただき、バッチリです。

 

山主 整体後、光線を。

「こりゃええわ」の連発でした。

三人とも整体を受けてから光線を。

 

大黒さん(住職の奥様の呼び名)は、お腹と腰を照射中(写真)

大黒さんは、痛かった腰がウソのようになくなり

「あれ!」と痛くないわと驚いておりました。

本人曰く、「身体がもの凄く温かくなったわ。」と。喜んでおりました。

 

コウケントーは、お陽様にあたると健康になるという発想から生まれた健康器具です。

大黒さんのように、特に冷え症の人にはとても効果があるようです。

東京まで行って研修会に参加したかいがありました。

 

今までは、一台だけで使用しておりましたが、今日は貞観の家の一台と

合わせて二台で照射してみました。

効果は、二倍ではなく、何倍にもなるそうです。

 

明日よりまた元気でご相談させていただけます。

 

南無大師遍照金剛

コメント

貞観、無事に帰ってまいりました。

2018年11月17日 17時17分12秒 | ひと口法話

実は、山主の命で、

選りすぐり(ほんと?)の三名が、

東京 新宿区大久保の 一般財団法人 光線研究所 

「可視総合光線療法の研修会」に行って参りました。

とても有意義な講習でございました。

 

もっと早く参加できていれば、

これまでご相談に来られた多くの信者様のお力になれたのではと、

後悔をしております。

 

また 今回 乗り継ぎ、乗り継ぎで足が棒になるほど歩きました。

皆様、大変なご苦労で橋本までお越し下さっているということを

つくづくと実感させていただきました。

 

明日は、命光秘流不動護摩供が午前11時より

厳修されますので、

準備の為、講習の体験談は、後日書き込みいたします。

お楽しみに

 

お気をつけてお参り下さいませ。

 

南無大師遍照金剛

 

コメント