命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

明日は、旧正月です。神仏の世界ではお正月のお祝いをいたします。

2020年01月24日 19時19分57秒 | 行事

明日は旧暦のお正月です。

日本でもかつては、太陰暦を使用しており、旧暦に基づいて行事を催しておりました。

農家の人は、種の蒔く時期を旧暦で調べていたようです。

最近の異常気象では、蒔く時期も変わってきているのでしょうか。

 

明日は、お正月ということで、

帰る家なし、寄る辺なしの霊に施餓鬼供養を施します。

当山では、新暦の1月1日~1月3日そして1月16日の仏正月と

4日間霊界において施餓鬼供養を施すことが出来ました。

1月1日

 

1月2日

 

1月3日

 

1月16日 仏正月

 

そして、明日より

1月25日~27日 そして2月9日の仏正月

4日間、霊界での施餓鬼供養が行われます。

 

お正月をお祝いするのは、

生きている人間だけではないのです。

 

神様も仏様もご先祖様も皆、お祝いしておられます。

 

合掌

コメント

添え木

2020年01月23日 19時00分30秒 | ひと口法話

弱音や愚痴を黙って聞いてもられた時、

一人でも自分の気持を

受け止めてくれる人がいたならどれ程幸せでしょう。

 

世の中にはすべてのことに

一人で立ち向かわなければ行けない人も多いはず。

 

そんな時、だれかが添え木になってくれたら……と思いませんか。

 

添え木になってくれる人がいない場合は、

信心して神様、仏様、ご先祖様に添え木になってもらいましょう。

 

人は、一人で生きていると勘違いしている人が多いのですが、

必ず見守ってくださっている有り難い存在がおられるのです。

 

お忘れなく

コメント

時間

2020年01月22日 17時05分21秒 | ひと口法話

どうにもならない時があります。

じっと我慢して待つしか無い時もあります。

お任せするしかない時もあります。

やがてその状況が開かれる時が必ずやってきます。

それは、神様 仏様 ご先祖様のお力によるものです。

 

南無大師遍照金剛

コメント

美味しく頂いております。

2020年01月20日 21時05分57秒 | ひと口法話

今年も美味しい御献酒のお供えいただき、

感謝申し上げます。

神様 仏様 お不動様 山主も皆

お喜びでございます。

 

このお酒は、お参りされます信者様にも

振舞われ、皆で一緒に美味しく頂戴させていただいております。

 

感謝申し上げます。

 

南無大師遍照金剛

 

コメント

本日、命光秘流不動護摩供が厳修されました。

2020年01月19日 16時21分12秒 | 命光秘流不動護摩供

11時より命光秘流不動護摩供がおこなわれました。

新しい年が明けての初めての月次祭です。

 

当山では、300円の護摩木に願いごとを書いていただき、

山主がその護摩木に真剣(神剣)加持刀で切り込みを入れる修法を行い、

お願いごとに成否の御神示が頂けます。

 

このお加持は当山だけのもので、他では行われておりません。

もし、否(成就できない)の場合は山主が成就出来るようご指導いたします。

 

先月、ある参拝者の方の護摩木が何度書いても山主の加持刀が入らず、

3回目でやっと入りました。

そのときに何度も交通事故に注意するようにご指導を受けられました。

 

その方は交通事故はおこされませんでしたが、年末の30日に椅子から転落され

足を4針縫う怪我をされ、先日ようやく抜糸できたそうです。

その方は、「大難を小難にしていただけた」と感謝されておりました。

 

また、参拝者の方には護摩木の他に、紙札に氏名と年齢を書いていただきます。

この札は護摩供の最終段階で山主が護摩の火の中に投じられます。

その際、何人かの方のお札が火の中に投じても焦げるだけで

中々燃えないという現象が起こりました。

何度もお九字を入れ、やっと浄化されたと思った瞬間に燃え上がりました。

 

この現象は、その札の方がそれだけ障りを受けているということで、

その方々に対しては山主が障りを取り除くための指導をさせていただきました。

 

また、護摩供の最後に、今月31日は旧の七日正月にあたりますので、
七草がゆを食すと良いと御神示がございました。

また、そのかゆを食す際の御利益の頂ける食べ方も教えていただきました。

 

明日から大寒です。

本来なら一年の中で一番寒いといわれる時期なのですが、

今週から気温は暖かくなるようです。

衣服の調節も難しいですが、皆さんお風邪などを召しませんようになさってください。

 

南無大師遍照金剛

 

コメント