命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

信者様より御礼のお言葉を

2018年07月19日 19時12分53秒 | 信者様のお声

四家先祖供養のお参りに来られた信者様から

 

息子から「嫁がおめでたや」というご報告がありました。

実は、この信者様は、息子のお嫁さんにここ10年子供が出来ず、

もう孫を抱くことは諦めていると嘆いておられました。

 

しかし、半年程前の話しになりますが、

この信者様は四家先祖供養のお参りの来られた際、

山主より

『心配するな、きっと子供は出来る』と言われておりましたが、

嫁は45歳になり、さすがに無理だろうと思っておりましたのに。

こんな喜びごとに出逢うごとができるとは、

四家先祖供養をしていて本当に良かったです。

大層喜んでお話し下さいました。

 

この信者様は、とても熱心に

四家先祖供養と霊界施餓鬼一粒満腹法要の両方を続けておられ、

ご本尊様から

信心の賜物とご褒美を頂かれた結果であると思います。

 

無事に出産できるまで親子共々ご本尊様のご加護を念じている次第です。

 

心から先祖供養なされる方には、

子孫繁栄の基(もとい)を築いて頂けると確信いたしました。

信心の素晴らしさを実感した一日でございました。

 

 南無大師遍照金剛

命光不動尊HPはこちらから

 

コメント

四家先祖供養を始められてひと月、その結果は

2018年07月04日 18時33分42秒 | 信者様のお声

福岡の方より、お電話で四家先祖供養のお申込みがございました。

今年の六月より当山で四家先祖供養を始められました。

 

 

六月の末に、下記のメールを頂戴いたしました。

 

6月の有縁四家供養、誠に有り難うございました。

お陰様で、仕事や物事が目に見えてスムーズに運ぶようになりました。

7月の有縁四家供養も、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

嬉しいお礼のお言葉がございました。

上記のようなお礼のお言葉を頂戴しますと、早速ご本尊様にご報告申し上げます。

担当したお不動様の眷属様が非常に喜ばれ、「もっと喜ばしてやろうか」と、益々力になってくれるのです。

本日ご供養の明石のY様からは、

常に、お礼の言葉を頂戴いたしております。

「眷属様も、大変お力をお授けになり、動いてくれているようです。」


 

 

このように、当山の四家先祖供養は、目に見えてすぐに効果が現れる方もございます。

しばらく致しますと、何もかも上手くいくといった状態になりますが、

これは、施主様の家の業をお不動様が、一時的にお持ち下さっているからにすぎません。

施主様のご先祖様には、先ず、お力をつけていただく必要があるからです。

 

病気に例えますと、

痛み止めの薬を飲んで痛みが感じないので、動けるといった状態で、

薬を止めてしまうと、また元の状態に戻ってしまいます。

 

当山の四家先祖供養は、

漢方薬のようにジワジワ効いて、体質を改善し、

病気を元から治していくという供養法です。

 

ご供養を続けられて施主様のご先祖様に力が付いて来た時点で、

お不動様は、施主様の家から預かった「業」を施主様に少しずづ返すということをなさいます。

 

その時に、必ず施主様の家に何かしら問題が出てくるようになります。

しかし、この時点で施主様もご先祖様も体力がつき、解決できる力を持つことができるのです。

 

この体力は、施主様に対しては陽徳(財)として現れ、ご先祖様には、陰徳(財)として蓄積されるのです。

これが、つまり家の繁栄の基となり、資本となるのです。

 

四家先祖供養は、続けることで結果が出るのです。

先祖代々の悪因縁を切る事は、簡単ではありません。

 

家の「業」も個人の「業」も必ずご自分で返さなければ、ならないのです。

「業」を返さないで亡くなるために、

「業」は、その家の「悪因縁」をして残っていくのです。

 

南無大師遍照金剛

命光不動尊HPはこちらから

 

コメント

四家先祖供養の御利益は、さまざまです。

2018年04月16日 20時06分08秒 | 信者様のお声

四家先祖供養をされておられる家では、

舅さん 姑さんが介護施設のお世話にならなければいけなくなった時、

直ぐに、空きができ優先的に施設に入居できるということが、必ず起ります。

 

それは、施主様に迷惑が掛かると困るというご先祖様の配慮なのでしょうか。

また、介護の認定なども施主様に有利に働くというようなことが起ります。

必ず、「四家先祖供養をしていて良かったです」と

お礼の言葉を言ってくださいます。

 

ご供養を素直に喜んで下さるご先祖様をご供養された場合は、

施主様にも、出世や給料が上がったり、商売が繁盛したり、商談が決まったりと

喜びごとが舞い込んできるのです。

 

しかし、受けられる側のご先祖様があまり感謝されない方だと、

どうも効果(ご利益)が薄いように思われます。

 

生前より感謝のない方は、霊界でもよく思われないのです。

 

施主様があまり喜びをお出しにならない方もございますので、

私共が分からないだけかもしれませんが…。

 

ご先祖様は何でもお見通しなんです。

 

南無大師遍照金剛

 

 

命光不動尊HPこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

本日、御礼のメールをいただきました。

2018年03月20日 22時14分49秒 | 信者様のお声

この信者様は、平成30年1月から四家先祖供養を始めました。

今回お礼にこられたこの故人様は、

施主様のお母さまの夢の中に出て来られ、「霊界施餓鬼一粒満腹法要をして欲しい」と懇願されたそうです。

来月は、祥月命日ですので親戚一同、大変待ち焦がれております。

 

命光不動尊様

 お世話になっております。〇〇〇〇です。この度2度ほど「椿〇〇〇明大姉・〇〇〇〇様」の霊界施餓鬼一粒満腹長者供養をさせていただきました。
 今朝、私の母親から連絡があり、母親の夢に〇〇様から私宛に手紙があって感謝の言葉が綴ってあったそうです。姿はなかったそうですが、紺色の服が綺麗に畳んであり、その服の上に白い正方形の手紙が置いてあったそうです。おそらく成仏したのではないかとの連絡でした。命光不動尊様の改めての力の凄さを感じました。
ありがとうございました。

 来月5日は25回目の命日です。

今週か来週にはまた来月5日の椿〇〇〇明大姉・〇〇〇〇様の霊界施餓鬼一粒満腹長者供養と四家供養のお布施をご入金致します。
今後ともよろしくお願いします。

合掌
〇〇〇〇〇

南無大師遍照金剛

 

コメント

信者様のお礼のメールより

2018年03月11日 15時25分52秒 | 信者様のお声

不動に三力

 (霊力・活力・通力)

行者に念力信者の願いを必ず叶えるという念ずる力・祈祷力) 

信者の信力ご本尊並びに山主の祈祷を絶対に疑わず、願い事が必ず叶うと信じる力

みんな合わせて 五大力 ひとつ欠ければ成就せず。

 

この五大力が揃った時に起る奇跡の実例をご紹介します。

 

2月14日に送られてきたメールの一部です。

   家最大のピンチです。

ぜひ母の延命祈願をお願い申しあげます。
現在24時間点滴、食事抜きです。
白血球が3万5千、水分不足が通常の5倍。膀胱か尿路からの感染から

ウイルスが全身に回る状態の敗血症、腎臓に負担が大きな状態からの急性腎不全です。
この1週間が山場と宣告されました。心臓への負担増からの急性心不全による突然死もありうるそうです。
何とかお不動様の慈悲にすがるしかありません。
何でも兄弟二人に出来ることがあれば真言でも行でも一緒にさせて頂きます。

 

この様なメールを頂きました。

この方はいつも熱心に当山を信仰されており、

某大学で教鞭をとられている関東在住の方です。

 

このお母さま(87歳)が敗血症、急性腎不全の状態で

医師から覚悟してくださいと言われている状況だったようです。

 

早速、山主はこの病人の十七年前に亡くなられた実母様を招霊し、

山主がこの実母様に

「娘さんが医者から一週間の命を言われております。

これから霊界施餓鬼一粒満腹法要(利供養)を七日間修法いたしますので、

あなたが命乞いのために霊界の諸霊たちに頼んで回りなさい。」と

教示いたしました。

また、ご家族様には、当山 命光秘流の真言(ロイ)を

お誦えするようにご指導させていただきました。

 

供養直後から送られてきたメールの一部をご紹介します。

-----Original Message-----
From: YOSHIDA Shigeru
Sent: Thursday, February 15, 2018 11:02 AM
To: 命光不動尊
Subject: 埼玉の吉田です。


延命法要ありがとうございました。またその全容についてのご説明ありがとうございます。

ご教示頂いた般若心経の行、畏まりました。さっそく今晩から実行させて頂きます。

また、先ほど主治医から説明があり、別添の検査結果説明を受けました。
色のついている部分が腎臓に関するものです。たった一晩で数値が改善されました。
まさに目に見える功徳です。

ロレツの回らなかったのが、はっきりしてきました。
4人部屋でうるさく眠れなかったところ、今日はなぜか他の人が退室し、

一人部屋状態となりゆっくり寝られるそうです。
お昼過ぎからものすごく眠くなり、ベッドサイドに行き手を触るまでわからないくらい熟睡しています。
明後日からおかゆも食べてよいそうです。

主治医は数値が改善されても予断を許さない状態と言っていますが、絶対に大丈夫と思われます。

心から感謝御礼申し上げます。

取り急ぎ御礼まで。

吉田 滋

命光不動尊 山主 住友寶顕様、副山主 貞観様

お世話になっております。埼玉の吉田です。
延命法要ありがとうございます。

驚く速さで回復しております。ドクターがびっくりしています。
今日はおかゆ半分、他のおかずは全て食べられたとのことです。
点滴が1種類になり、点滴につないでいた名前のわからない機械も取れました。

会話もしっかりしてきました。
寝付いて夜になると、外国のような異次元にいるような気分になるそうです。

日を追うごとに身体が楽になっていくと申しております。
顔色も元に戻りつつあります。
命光不動様の力、祈祷力は群を抜いております。

今日もありがとうございました。ご報告申し上げます。

     

-----Original Message-----
From:            
Sent: Monday, February 19, 2018 7:34 PM
To: 命光不動尊
Subject: 経過のご報告:埼玉の   です。

命光不動尊 山主 住友寶顕様、副山主 貞観様

今日も延命法要ありがとうございました。
本日のご報告です。
午後に病室に行った時にシャワーへ行っていました。すでに許可が出るほど回復いたしました。

昨晩は19時過ぎから足元に女の人と思われる人が立ち、膝から下が冷えて仕方が無く、

足から腰の上まで寒気を感じていたそうです。感じから母の一番仲良くしている

弟の亡くなった奥さん(母の義妹:腎臓がんで2年前に死去)のようだったとのことです。
(この叔母は全盲で、一人息子が面倒を見ず、最後は盲老院に一人で収容されていました。

叔父も全盲です。
一人息子は両親の面倒を見ず、最後を迎えても葬儀も行わず、戒名も授かっていません。

お別れの会をしただけです。)

必死で南無命光不動尊と唱えようとしても「命光」と「不動」という言葉が出ず、

もう駄目だと思ったとたん「命光不動」という言葉が出たそうです。
それと同時に寒気が消えて体が暖かく感じたとのことです。

ロレツも回るようになり、頭の働きも復帰しました。

食事も今日はかなり食べられるようになりました。

この調子ですと退院が早いのではないかと思われます。

入院時のCRP値28.5は高齢者ではほとんど死亡する数値だったそうです。

通常が0.3以下、10を超えると入院レベル(肺炎をこじらせたくらい)、20を超えると若い人でも場合によっては
死亡に至る。30を超えると年齢に関係なく、ほぼ死亡。40以上はなすすべなしだそうです。

本当に有難く感謝申し上げます。

以上、本日の経過です。

      

この方のお母さまは3月4日(日)に無事に退院され、

ご本人様から「助けて頂いて有難うございました」と

泣きながらお礼の電話がございました。

この方がこの様な奇跡を起こされたのは、

常に当山の秘傳である四家先祖供養をされ

遠方にもかかわらず月次祭にもこられ、

熱心に本尊に帰依され山主の説法も良く聞かれていらっしゃいましたので

五大力が一つに成った証です。

 

南無大師遍照金剛



命光不動尊HPこちらから

 

 

 

コメント