命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

こんなの買いました。

2018年10月31日 17時19分46秒 | 加持祈祷

普通の家でこんなの買ってなにするの?

実は

こんなに大きかった。

これは、業務用にお鍋のふた

当山での使い道は、これです。

いつもの護摩釜は小さいので大きな鍋で代用

 

これで大きな火でも大丈夫。

護摩を焚きおわった後、熱いのでふたをし、熱気を遮断します。

ふたの大きさは、48cmもあります。

 

当山では、護摩のあとのおきで、餅を焼いて振る舞うことがあります。

護摩を焚いたあとのパワーのつまったおきで焼かれる餅は、

「ご利益をいただくことができる」と、皆様に喜ばれております。

 

段々と寒くなってまいりましたね。

どなた様も風邪など召されませんように。

 

南無大師遍照金剛

 

 

 

 

コメント

お墓は、我々子孫の生活に大きく影響するのです。

2018年10月30日 17時12分34秒 | ひと口法話

  お墓の祀り方についてお話をさせていただきます。

先日もご実家のお墓をついてお聞きしましたところ、

  間違ったお墓の建て方をしておられ方がおられました。

 

  お墓はご先祖様がお住まいになる大切な所ですので、

間違った建て方をいたしますと、

後継ぎが出来なかったり、何をやっても上手く行かないなどの

多くの障りを受けます。

 

我が、住友家の恥になりますが、

私の兄弟7人の子供、全員に後継ぎがないのです。

不思議と出来ないのです。

 

先日、お墓参りに行った際、発覚したことですが、

お墓の建立者の名前の漢字が間違っていたのです。

 

なぜ、今まで誰も気づかなかったのか不思議です。

障りというしかありません。

 

祖父も父も早死で、男が早死の家系となっており、

そのため、長男の私は大変苦労しました。

 

私は、これまで先祖供養には

人一倍、お金をかけ、時間をかけてきました。

 

お蔭様で現在も元気で暮らせており、

住友家の早死の因縁は、無くなったのです。

 

先祖供養のお蔭と確信しております。

私の先祖供養に間違いはございません。

 

兄弟も皆、持ち家で上手くいっております。

しかし、肝心の住友家に後継ぎが出来ないのです。

先祖供養の限界を感じました。

 

10年程前から原因は、墓の建て方で有ると分かっておりましたが、

建て替えるには、それなりの準備も必要です。

今年、ようやくお墓を建てられる用意が整いました。

 

これまでにも、何度かチャンスとあったのですが、

お墓参りさえ、十分に行けずじまいで、

ご先祖様の障りとしか言いようがないことが起りました。

 

我々が、新しい家を建ててもご先祖様のお墓にまで、

気を回す人は少ないと思います。

 

ご先祖様のお墓こそ、一番に最初に新しくしなければならないのです。

 

方位・ 墓相 ・ 土相などの見方は、研究者により千差万別です。

   よく「吉相墓」といって世間では書物や業者がうたっておりますが、

もちろんそれを否定しているわけではありません。

 

当山の吉相の決まりは、一般的な吉相の墓とは異なります。

  しかし、先日お参りされた方々はここでしか知り得ない墓のことをお聞きいただき、

これからお墓を立てらてる際に参考にしていただければとご指導致しました。

 

  お墓の建て方ひとつで、

家運が栄え、ある家は一家離散と言う悲劇を招いております。

 

  最近は墓じまいのお話をよく聞きますが、

永代供養は、ご先祖様を捨てる行為と同じこと。

とんでもない事です。

 

あなたは、どのように思われますか?

 

南無大師遍照金剛

 

コメント

11のご案内

2018年10月30日 13時55分11秒 | 命光不動尊よりのお知らせ

毎月、発送しております11月のご案内が発送が遅れておりますので

先にこちらで、ご確認くださいませ。

近日中に発送させていただきます。

 

四家先祖供養日

12日(月)・20日(火)・25日()・28日(水)

28日は、お不動様のご縁日にあたり、護摩を焚いてのご供養となります。

 

ご降臨日は、28日です。

コメント

人生は、上がったりさがったり。

2018年10月29日 18時38分08秒 | ひと口法話

どの人の人生にも運の良い時と悪い時が有ります。

 

良い(運気の)時は、自分の事ばかりにお金を使わないで、

しっかり先祖供養をし、ご先祖様に力をつけていただくのです。

 

そして、悪い(運気の)時は、ご先祖様に助けていただき、

悪い時期を乗り越えるのです。

 

悪くなってから、大騒ぎしてご先祖様におすがりしてもダメです。

 

運気は、周期的に上がったり下がったりしているのですから、

それを上手に乗り切らないとダメです。

 

南無大師遍照金剛

コメント

今日の四家供養と荒神様の御霊鎮め

2018年10月28日 17時43分48秒 | ひと口法話

  本日は、四家供養の前に荒神様の御霊鎮めを2組させていただきました。

御霊鎮めについては後日ご紹介させて頂きます。

御霊鎮めの後、6組の四家供養をさせていただきました。

  また、今日はお不動様のご縁日でもございましたので護摩を焚いてのご供養となりました。

 

 

 

F様が心願成就させたいお願い事が有ると言うことで、特別護摩祈祷を希望されました。

願いを込めて108本の護摩木の中から右手で一掴み持てるだけの護摩木を握られ、山主にお渡しし、

山主はそれを壇の中に入れて護摩を焚き、最後に1本残れば成就というご神示になります。

 

 

F様は1回で成就というご神示がいただけました。

 

最後に1本が取れなければ、とれるまで焚き続けます。

 

F様の場合は108本から掴み取られ残った護摩木を更に「心願成就」の願いを込めて

すべて焚き上げさせていただきました。

 

今日の護摩供養をご覧になった建設関係のお仕事をされている方は、

どうしても入札に成功したいというお仕事が有るといわれ

次回の供養時に特別護摩祈祷を予約されお帰りになりました。

 

この特別護摩供は,

毎月、第三日曜日の命光秘流不動護摩供と毎月28日のお不動様のご縁日にのみ行っております。

上記以外の日でもご予約いただければ行うことは出来ますが、

別途料金が異なりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

  

南無大師遍照金剛 

 

コメント