命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

人も植物も手をかけてあげないとダメになる?

2020年05月29日 19時04分41秒 | ひと口法話

貞観です。

今、朝からがんばって庭木の剪定をしております。

 

庭には、結構大きくなった木がたくさんあり、

今月の月次祭で○○の方位の木が混みすぎてお金が入って来ないと指摘されました。

 

気にはなっていましたが、梅雨に入る前にはなんとか…と。放置しておりました。

 

業者さんに頼めばすぐに終わるのですが、

自分でやりたいタイプの人間なので…。

 

園芸用の脚立も買って以前はそれなりに手入れをしていたのですが、

昨年は、とても忙しく、庭にまで手が回りませんでした。

 

庭に手入れをして入れ、気がついたのですが、

植物も人間もおんなじ?

 

ほったらかしにしたら、大変なことになる!

好き放題に(枝が)伸びて、木の中心部分はスカスカになるか、密集してえらいことになるか!。

 

人も見た目は元気そうに見えるのに、実は心は大変なことになっていた

なんてこと、あるんじゃないでしょうか。

 

ネットで検索していると、中にある枯れ枝を放置していると、新しい葉が出てこないのだとか。

 

なぜ、枝が枯れるのか?

枝が混みあってくると、自然と一方の枝が枯れるようになっているのだそうです。

植物って偉いよね。

 

人間だとこうはなりませんね。

お互いに傷つけあう? 

 

やはり、つかず離れずの関係がいいのでしょうか。

最近は、1人っ子が多いので、どうしても親が干渉しすぎるように思うのですが…。

 

一年放置して大変な状態になってしまった庭木ですが、

毎日コツコツと頑張っております。

 

切ったあとの枝や葉の処理に手間取ってなかなか進まない状態です。

ゴミ袋に入れるために、小さくカットするのに時間がかかるんですよね。

これが…。

 

ボチボチ、頑張ります。

 

主人に毎日、「(庭が)綺麗になったでしょう」と聞いても

「????」関心なしです。

 

写真を撮り忘れる毎日です。

(なに、焦っとんねん!)

 

暑くなってきました。

水分補給してくださいね。

 

 

 

コメント

主人が変わったそうです。

2020年05月27日 17時33分23秒 | ひと口法話

信者様より喜びのメールをいただきました。

 

いつも当山のご神示やご指導を守り起業されてからも真面目にお参りに参加しておられます。

 

四家先祖供養、霊界施餓鬼一粒萬福法要とご先祖様のご供養もぬかりなく、

すべて、トントン拍子にうまくいっております。

 

今回は、

宗教の嫌いなご主人が一緒にお参りに行くと言われのにビックリ、

 駐車場では、短気なご主人が一時間も待ってくれました。と

大喜びでメールをいただきました。

 

真面目に先祖供養をなさっておりますと、

悪因縁が消えていくのか。

業がはけていくのか。

 

周りの人が変わっていくようです。

 

南無大師遍照金剛

                                      

コメント

願ほどきをしないと、そのつけは子孫に廻って

2020年05月25日 20時32分23秒 | ひと口法話
神社仏閣にお参りされる方の多くは、
 
○お願い事をするためにお参り
 
○折角お参りしたのだから何かお願いごとをする
 
などの理由で
 
見えない世界の神仏には、
簡単にお願いごとをしてしまいがちです。
 
お願いには、必ずご本尊様のお計らいで
ご本尊様の眷属様がご本尊様の代わりとなって
お働きになられるのです。
 
 
 
が、しかし皆さん願い事は、見えない聞こえない霊界のことですので、
ほったらかしにすることが多いですね。
 
これが、いけないのです。
願い事が叶おうと叶うまいと必ず願ほどきが必要なのです。
 
 
願い事をすると言うことは
 
あなたの願いごとで
ご本尊様の眷属様を次に働けなくしてしまう行為なのです。
 
 
 
見えない世界の神仏には
貸し借りをしない様にしてください。
 
 
願ほどき(還願御礼)の後において
往々にして願い事が叶う場合が多いのです。
 
山主は、幾度となく、経験したそうです。
 
 
 
お願い事は直ぐに叶うとは限りません。
お願い事をしたことすら、忘れてしまうのが、人間です。
 
 
 
神仏にお願いをしても
 
願いごとをされる人物の義理人情のわきまえない人や
心がけの悪い人は自分の思いを実現することが
難しい場合もございます。
 
しかし、願ほどきをしていれば、
それなりの結果となるでしょう。
 
 
お願い事をそのままにしておくと、
ろくな事がありませんよ。
 
また、あなたの運勢を悪くしていることになるのです。
 
又、お願いごとを聞き入れてくださる神仏は
なくなり相手にされなくなります。
 
いざという時、困りますよ。
 
 
見えない世界に借金をしてそのままでは、
何をやっても上手くゆくはずがありません。
 
そのつけは、本人はおろか、子孫にまで及びんでいきます。
 
あなたの可愛いお孫さんまで及びますよ。
 
辛いですね。
 
また、当山にご相談に来られた方の中に
 
「よく信心をしておりました」といわれる方ほど、
願ほどきを全然出来ていない方が多いという不思議な現象があります。
 
 
そんな人に限って
 
「神さん、仏さんになんで願ほどきをせな、いけませんの。
 
神さん仏さんは、人を救うのが、神さん仏さんの努めと違いますの」
 
こんな、失礼なことを言う人があります。
 
 
 
当山、ご本尊 命光不動尊様のお言葉
 
汝、何時から神仏に対して
そのような言葉を申すようになったのじゃ!
 
そんな、心がけであるから
現在の境涯であろうが
 
尊敬の念もなければ、感謝の心もないわ!
たわけが!!
 
 
上記のようにお叱りを受ける人が多いですよ。
 
人間同士のつき合いなれば、
菓子折のひとつも持ってお礼に行くわな
情けなくて涙が出るわ
ええ、大人がなぁ
 
 
皆さん、願い事はしっかり頼みなはれ、
そして願ほどきは忘れんように。
 
これが、開運招福の秘伝です。
 
 
 
願ほどきの仕方をしらない方は、
お聞き合わせください。
 
 
 
南無大師遍照金剛
コメント

運気好転も辛抱から

2020年05月23日 17時56分46秒 | ひと口法話

誰の人生にも 「ここぞ!」という機会があります。

スポーツなどの世界では「ここがチャンス」とわかる時があるので

そのチャンスを生かせたかと言うことも明快に結果となります。

 

しかし、人生においてその瞬間がいまだと分かりにくく、

後になってそれが分かることの方が多いからです。

 

毎日のように全国の方からご相談を受けておりますが、

悩み困って相談に来られた時が運命好転のチャンスなのですが

そのチャンスを生かし切れない方もいらっしゃいます。

 

当山では「四家先祖供養」という家系の流れを整理し、家運をあげる先祖供養法がございます。

 

この供養は始められると直ぐに効果が目に見え、家運が上がる方もいらっしゃるのですが、

じわじわとしか上がらない方もいらっしゃいます。

 

家運を上げるにはその方とその家の「業」をはかせていかなければなりません。

つまり「マイナスの業」が多い方は「プラスの業」にあげるまで時間がかかります。

 

そうしますと、家運が上がるまで辛抱できず、

「供養をしても何も良くならない、効果が無い」と、

供養を止められてしまう方もいらっしゃいます。

 

家運を上げるということはあなたの先祖代々の業を消滅させ、

徳積みをして家運を上げていくという一大事業です

そのためには辛抱は必要です。

 

信心というのは家族が一丸となって行うべきですが、

私共が見ている限りどの家でも

お独りの方が一生懸命にご供養されているように思われます。

 

何故お独りなのかと申しますと、その方がご先祖様に選ばれた

唯一の方であり、功徳を受けることが出来る方だからです。

 

ご先祖様のために供養をされるわけですから

その方が功徳を受けられるのは当然ですね。

 

今回の新型コロナによる影響は様々なところで出ておりますが、

四家先祖供養と霊界施餓鬼一粒萬福法要をされている事業主様からは

「お蔭様で忙しくしております」という御連絡をいただいております。

 

このようにご供養の功徳は施主様方に

このような状況になったときに目に見えて実感出来るものです。

 

己の力だけで乗り越えているのではないことを

しっかり肝に銘じることが大切です。

 

南無大師遍照金剛

コメント

神の福田(ふくでん)と宝倉(ほくら)を得る法

2020年05月19日 17時49分12秒 | ひと口法話

一、にこやかな顔

一、人を愛し励ます言葉

一、ほめて元気づけてやる

一、小さなことでも毎日一善

 

山主 敬白

コメント