命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

本日、加持祈祷の護摩を

2017年09月30日 18時15分26秒 | 加持祈祷

朝9時より祈祷護摩を焚き、

その後四家先祖供養と9月1日分のだいこくさん(住職の奥さん)の実父の霊界施餓鬼会と

続けてお勤めいたしました。

 

又、明日は、第一日曜日

命光秘流鳴釜神事祭ですので、その準備と。

てんてこ舞いの一日でした。

本日はお弟子さんが助っ人て来て下さり大いに助かりました。

 

明日から衣更えですね。

季節の変わり目です。皆様、ご自愛ください。

 

南無大師遍照金剛

 

 

命光不動尊HPはこちらから

コメント

個人差

2017年09月29日 19時49分03秒 | ひと口法話

同じようにご供養をしても  同じようにご祈祷をしても

結果の出方は人それぞれです。

 

直ぐに結果の出る方。結果が出るまで時間のかかる方。

お願いが異なれば、結果の出方に時間差がでるのは、矢も得ないことです。

 

良い結果を出すコツは、

供養をしてから小さな良い変化が顕れた時に

直ぐ、感謝をする。

 

願い事を叶えるには、

初めから大きな変化を望むのではなく、

自分の願望の中から出て来る小さな変化に感謝する。

 

大海の水も元を辿れば一滴の水から始まっているのである。

小さな喜びの積み重ねが、大きな大きな喜びとなって

望みごとが叶うのである。

 

 

当山の客殿に七福神の絵が掛かっている。

墨彩書画   斉藤皋石先生作

 

この書かれている言葉に曰く、

 

喜べば、喜び事が

喜んで 喜びつれて 喜びに来る

 

悦べば 悦びが 悦んで

 慶びつれて 喜びにやってくる

 

 

和泉市 夢づくり工房 一休さん

墨彩書画   斉藤皋石先生

 

読売テレビ

よーい ドン!  

となりの人間国宝さん」の取材を受けられ、

10月12日か13日に放送されるようです。

楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

幸せになりたくば

2017年09月28日 18時30分56秒 | 命光不動尊のお言葉

皆人よ 己の悪因縁(いんねん)取りたくば

他人(ひと)の悪因縁(いんねん)共に除けよ

 

この教えこそが、本当の先祖供養です。

次の教えは、陰徳を積むこと。

 

命光不動尊の四家供養の真髄は、「陰徳積み」

これに尽きると思います。

 

自分の家の供養は当然ですが、他家の先祖三軒の供養をすることで、

自然に大きな陰徳積みができるのです。

 

この陰徳積みこそが、家の繁栄に繋がって行くのです。

陰徳積みは皆様、簡単に思っておられますが、

簡単な者ほど難しいんです。

 

南無大師遍照金剛

 

コメント

今年も天の恵みの感謝。しかし、虫に先越されました(涙)

2017年09月27日 18時21分05秒 | 天の恵みに感謝

今年も 

初物の 富貴の松茸 をお供えくださいました。

 

今年は松茸が採れないかもしれないとのことで、

「虫に食べられてますが…」。とお供えくださいました。

 

雑談

柚子の実の成らない年は、松茸が採れないと言う 謂れがあるそうです。

諦めておりましたが、ご覧のとおりの松茸がお供えにあがりました。

 

本来でしたら、貴重な松茸は、お裾分けさせていただくのですが、

さずがに虫食いがすごかったので、

お裾分けは断念させていただきました。

ごめんなさいね。

 

でも美味しく頂戴いたしました。

感謝

コメント

本日、嬉しいお便りを頂戴しました。

2017年09月26日 20時03分37秒 | 信者様のお声

広島より長男夫婦に子供が出来ないというご相談で来られました。

ご相談に来られて今日でひと月が経ちました。

本日、その長男さんにお子様が授かったというお手紙を頂戴いたしました。

 

何か月前でしょうか。

広島の方H様より、お電話でお商売のご相談を受けました。

「後日、必ずお参りさせていただきたい」とのことでした。

 

それから忘れかけて頃に、H様より、お電話で

8月26日に「お参りさせてください」とのご連絡があり、 

今日の嬉しいお便りは、その時一緒にお参りされたT様のお話です。

 

どなた様の家にも言えることですが、悩みを解決するには、

当山では、ご祈祷よりも先ず、ご先祖様のご供養をお勧めいたします。

ご自分の家の土台である家の基礎固めです。

 

また木に例えますと、ご先祖様は見えない根っこの部分です。

その根っこが腐っていては、葉は茂らず、実をつけることも出来ません。

 根っこに栄養を送るのが、毎日の先祖供養をいう栄養です。

栄養が行き渡れば、自然と葉は茂り、実を結ぶことが出来ます。

 

特に子孫が出来ないと言うご相談は、

はやり、ご先祖様にお願いするのが一番です。

T様に先ず、四家先祖供養と併せて特に施主様がお世話になられた故人様のご供養で

一粒満腹長者(霊界施餓鬼会)供養をお勧めいたしました。

 

9月より四家先祖供養を始められて、すぐの2日が故人様の月命日にあり、

一粒満腹長者(霊界施餓鬼会)供養をお勤めさせていただき、

早速「子授けのお願い」をいたしました。

 

本日、9月26日 T様のお手紙で

長男さんに「お子様が授かりましたと」いう嬉しいお便りを頂戴いたしました。

奇しくも今日は、広島からお参りに来られてちょうどひと月目になります。

 

T様の様に、直ぐに御蔭をいただかれる方は、本当に稀です。

 

H様のお願いはもう少し時間がかかります。

ご先祖様のご供養はモチロンのことですが、

いろんな神社仏閣でお願いをしているからです。

この答は後日。

 

南無大師遍照金剛

 

 

命光不動尊HPはこちらから

 

 

 

コメント