命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

この世は、仮の世界である。

2018年08月29日 20時15分06秒 | 命光不動尊のお言葉

我々の住んでいるこの世界は、

見えない世界から見れば、仮の世界であると。

 

見えない世界では、死ぬことはなく、永遠である。

 

虫の知らせとは、無死の知らせである。

無死とは、死の無い世界。

あの世のことである。

 

虫の知らせは、

あの世からの知らせなのです。

 

涅槃道は、

お釈迦さまの最後の教えですよ。

 

南無大師遍照金剛

 

 

コメント

打ち水で商売繁盛

2018年06月28日 17時00分31秒 | 命光不動尊のお言葉

繁盛するには、毎朝の打ち水を忘れるな

 

水を打つと、水蒸気が上がる。

水蒸気は、大地の気である。

 

水を打つ目的とは、

大地のキレイな気を湧き立たせるためである。

 

「店の前に 客を引き込む気が湧くのじゃ」

 

打ち水は、キレイに掃除してから行うべし

コメント

幸せの軸は、変えるなかれ、ぶれるなかれ

2018年06月19日 19時35分27秒 | 命光不動尊のお言葉

霊界施餓鬼により奉信者(命光不動尊の信者様)が、

幸せになる命光不動尊の軸は、

絶対に変えるなかれ。

 幸せ行きの軸は、断じて変えるなかれ

 

「命光不動尊のお言葉です。」

 

霊界施餓鬼一粒満腹法要は、必ず結果の出る供養法です。

しかし、結果が現れるまでに時間がかかる家とかからない家がございます。

 

それは、故人様や、ご先祖様の業の深さによるものもございますが、

例えば、一番 結果の遅いのは、宗旨替えの業でございます。


信者様のご先祖様が、一心に信仰して来られたのを自分の都合で変えるこれが、

一番「家の軸」が変わり、元に戻す事が大変でございます。

山主が、一番辛い思いをすると言っております。


当山でも、命光不動尊の加持祈祷により、

難病等が平癒した時に、

当山と同じ宗旨にして欲しいと言う方がおられるのですが、

山主は、宗旨替えは絶対にいけないと断っております。

 

こう言う事例は、

前世においての佛縁があればこそ、来られたんですよ。

 

当山でのご供養も然ることながら、菩提寺さんのご供養を一緒に為さることです。

 

欲が悪いと、世間では言われておりますが、

欲も地球規模の大欲であれば、なんら欲ではありません。

ようは、「我も良し、人も良し」と

この精神で行きましょうや。

 

今日は、心に浮かんできたことを

ブログに書いてみました。

 

皆さん、ごきげんよう。

 

 

コメント

本日は、お不動様がお下がりになり、癌が出来る訳の説明を

2018年05月15日 18時49分56秒 | 命光不動尊のお言葉

本日は、東京より 父親の七回忌供養の為にご来寺に

霊界施餓鬼一粒満腹法要をお勤めいたしました。

 そして、最近のご相談で特に多いのが、

「癌で余命宣告を受けられ方」からのご相談の多いこと。

この方のお兄様も最近、癌でお亡くなりに。

  

本日は、不動真言をあげている最中に山主にお不動様がお下がりになり、

 

うらみ つらみが溜まって、コツ(骨)に入ると癌になる。

 大師(弘法大師)は、カニと言うておった。

 うらみ つらみを言うでないぞ。

癌に成る人が多すぎる…。

 

よって本日より

大師直伝の秘法の陀羅尼を誦え供養することとなりました。

南無大師遍照金剛

コメント

命光秘流鳴釜神事が厳修されました

2018年05月06日 16時31分40秒 | 命光不動尊のお言葉

本日、11時より命光秘流鳴釜神事が厳修されました。

 

GW の最終日のためお参りの方は少ないのではないかと思っておりましたが、

六ヶ月の赤ちゃんから70代の方まで、家族、お友達総出でお参り頂きました。

 

いつも祭事の際は道場が信者様で一杯になるのですが、

今日はギュウギュウ詰の中、皆さん熱心にご神示を受けていらっしゃいました。

 

参拝者様全員がお祓いを受けられます。

 

本日は、多くの方が邪霊を憑けて来られましたので、

山主も神様も大変でございました。

人形(ひとがた)神示では、

〇お墓は、お骨が入っているだけではない。

お墓参りすると・・・・だけでなく、・・・・等、良い事がある。

〇仕事で行き詰まっている信者の方には知恵を出す方法を伝授 

〇お子さんの将来の進路について、文系か理数系かの見極めについて

〇胃の悪い人に治し方

〇生理痛の治し方

など、様々なご神示がございました。

 

本日も皆様、お祓いを受けて清々しいお顔でお帰りになりました。

 

ご神示を信者様にお出しするためには、神霊からお受けするだけの霊力が必要です。

特に本日のように新しい信者様が多い場合などは、お祓いに霊力を使われます。

 

 

皆様がお帰りになったあとは、猿黄師による整体を。

 

猿黄師は、毎月の 鳴釜神事祭にお参りされ、

邪気のお祓いを受け、神霊よりパワーをいただいておりますので、

両手からは、ものすごいパワーで出ており熱いぐらいです。

 

山主は、霊力を使えば、身体が硬くなりますので、

明日からの法要のために、身体の柔軟性を取り戻すために、

猿黄師より身体の揉みほぐしていただいております。

 



命光不動尊HPはこちらから

 

 

コメント