命光不動尊のブログ

貴方の知らない神道や仏教の教えが命光不動尊にはあります。

命光秘流鳴釜神事祭が厳修されました

2018年10月07日 17時02分06秒 | 命光秘流鳴釜神事

本日、11時より命光秘流鳴釜神示祭が行われました。

 

今日はお天気も良く、あちこちで秋祭りや運動会が行われている為か、

お参りの方も少人数でした。

 

 

 

神社仏閣でお参りされる際、よくご本人がお参りされている背中の真後から、

他の人がいろいろ願掛けの祈念されている場面をよく見かけます。

この様な状況の場合は特に要注意です。

 

なぜかと言うと、

ご神前でお参りしている人の後ろから、病気平癒や邪気退散などのお願い事をされる方がおります。

その場合、前でお参りさせている方は、後ろの人からの俗に言う怨念や邪念(障り)を受けやすく、

帰宅後に身体の調子が悪くなることが往々にしてあるようです。

そのようなご相談も多々受けることがございます。

 

ですので、パワースポット巡りも考えものということです。

今日お参りの方々にはその様な障りを受けつけない「かじり(印)」のお授けを山主から頂きました。

 

ご神示では、数名の方が、

コミニュケーションのとり方が下手であるという指摘を受けられました。

 

こういう場合は、今月の月次祭から来月の月次祭までの期間、

特に、コミニュケーションが取りづらい状態であるということです。

 

当山でのご祈祷済みの清浄塩(500円)で、

ある方位を清めすることで、その障りを取り祓うことができます。

 

先日、高野山産の「松茸」を沢山お供えして頂きました。

それを元料理人の信者さんが心をこめて作って下さいましたので、

神事祭の後の直会(なおらい)では皆さんで「松茸ご飯」を頂きました。

 

 

千葉県から初めてお参りに来られた方も交え、

美味しく頂き、皆様、喜んでお帰りになりました。

 

こうして旬の山の幸を大勢で美味しく頂けることほど、有難い事は御座いません。

昔から「その年の初物を頂くと七十五日長生きする」という諺がございます。

今年も初物をいただき、長生き出来そうです。

 

南無大師遍照金剛

 

 

 

 

 

コメント (2)

明日、7日 第一日曜日は、命光秘流鳴釜神事祭が行われます。

2018年10月06日 16時15分05秒 | 命光秘流鳴釜神事

旧暦の10月は、神無月と呼ばれ、

昔から全国の神様は、年に一度、出雲大社にお集まりになり、

話し合いをされると言われております。

 

神社にお参りしても神様はいない?

そんなことは有り得ません。

 

会社を想像してください。

仮に、社長が出張しても、他の部下が代理を務めますよね。

 

神様は、一体で居られるわけではないのです。

眷属様(部下のような者)が大勢おられます。

ですので、私たちは安心して生活ができるのです。

有難いことでございます。

 

 命光秘流鳴釜神事祭

午前11時より

 

 お気をつけてお参り下さいませ。

コメント

命光秘流鳴釜神事祭が厳修されました

2018年09月02日 22時08分12秒 | 命光秘流鳴釜神事

  本日、11時より命光秘流鳴釜神事祭が厳修されました。

今月は、皆様特に強い邪気を受けておられていないようでございましたが、

4名の方は鳴釜の鳴動が止まったので祓い幣だけでは邪気が取りきれず、

山主が直接身体加持で除霊致しました。

 

 

  

 

命光秘流鳴釜神事祭の後の直会では、用意して下さった元料理人のHさんの手料理を美味しく頂きました。

 

また、本日は 直会後、午後2時から今年の秘傳大蓄財玄妙符の御霊鎮め厳修がございました。

 

 今日の御霊鎮めの為に何ヵ月も前から秘傳大蓄財玄妙符の謹製をいたしておりました。

今年のご神符には、正金を封じ込んでおります。

 

本尊曰く、「お金が欲しい時は正金を封じよ」というご神示がございましたので、

万金封じをいたしました。(ロイ)

 

このご霊符は、毎年新しいお札をお祀りしていくものですが、

一年間、お祀りするだけで、

知らず知らずのうちに自然と「財」が貯まると言うご霊符でございます。

 

この財運とは、金運・不動産運・人材運・事業運等をいいます。

 

商売が順調にいった、重要な人脈がつくれた、家を建てた、良い人材が集まった、

不動産が手に入ったなど、「財」に関するお徳を頂かれています。

 

昨年このような財を頂かれた方から今年もと希望され、

その方から紹介された方も含め限定28名の方に謹製させて頂きました。

 

昨年もお話致しましたが、私が財運にこだわる理由は、

私たちの幸せの元は先祖の陰徳にあるからです。

そのためには、しっかりとした先祖供養が必要です。

 

先祖供養には、当然お金がかかります。 

お金の心配をせずに供養して頂きたいとおもうのですが・・・

 

やはり子孫の繁栄の基礎となるのは、

根っこであるご先祖様の陰徳(見えないお金)です。

 

今生かされている子孫が先祖をしっかり育てないと、

子孫の幹・葉は伸び、茂り、実を結ぶことは出来ません。

 

子孫が先祖を育てることが供養すると言うことです。

供養は「供え養う」ということです。

 

財運招来は、自分が贅沢をするためではありません。

家運の繁栄の為にするのです。

しっかりご供養して下さい。

 

南無大師遍照金剛

 

 

  

コメント

明日、9月2日は、命光秘流鳴釜神事祭が執り行なわれます。

2018年09月01日 18時15分44秒 | 命光秘流鳴釜神事

9月2日  

命光不動尊秘流鳴釜神事祭

午前11時より

 

福徳(幸せ)欲しけりゃ 足運び

ほっとく神は、あらへんで

 

参加者全員、祓い幣のお祓いを受けられます。

 

また参加者全員、人形によるご神示をいただけます。

鳴釜の神様に、人形(ひとがた)にてお伺いさせていただております。

 

皆様お揃いでお参りくださいませ。 

 

 

コメント

命光秘流鳴釜神事祭が行われました

2018年08月05日 17時49分27秒 | 命光秘流鳴釜神事

      本日、11時より命光秘流鳴釜神事祭が行われました。

      お暑い中、ようお参りくださいました。

 

夏休み中でお子さんも連れの信者様は、お休みでございましたので、

久しぶりに今日は大人ばかりのお祭りとなりました。

 

     また、今日は初めてお参りの方が三名おられました。

 

 

身体のお祓いを

 

 

      人形によるご神示では、3名の方が

『夏バテで体調を崩している。

仕事中しっかり水分と塩飴をなめて、熱中症にならないように』と

注意を受けられました。

 

今日の3人の方も「しんどい」という自覚はあっても、「ただの疲れ」と思われていた様で、

水分は缶コーヒやジュースを飲む程度であると言うことでした。

 

水分をいくら沢山取っても、汗をかいて体内の塩分が不足しますと、

咽喉の渇きは、解消されませんので 塩分補給を忘れずに。

 

テレビでは毎日のように

「熱中症で病院に運ばれました。死亡しましたという。」というニュースが流れておりますが、 

他人事ではございません。

 

皆さんも熱中症や夏バテには、十分にご注意されますように。

                     

 合掌

 

 

命光不動尊HPはこちらから

コメント