悠久の時を経て

「美しく大きく丈夫なオオクワガタ」このテーマを担う血統作出目指した飼育記録をメインに、気儘な話題を書いていきます。

25・品川NF参加状況&KLB更新

2017年09月25日 10時38分06秒 | 2017年度・オオクワガタ飼育

 

 

土日は久しぶりの応援販売。本日25日
は搬出作業のため少し遅い始動。


すっかり秋めいて秋の気配を感じます。
清涼
すがすがしいこと。
適度に冷たくて気持ちがいいこと。
25年程前の全盛期、それこそ休みの度
ツーリング🏍で高原へと走りに出掛け
ていましたから。

清涼感溢れるこの季節はとても好きです。
やはり全盛期、休日前の週末はコンパ三昧でしたが・・・



先月8月、日産スタジアムのLiveは最高
でした。Mr.Children

そして先日、突然の引退を発表した
安室奈美恵

そしてBOSS お前もか・・・

そうです。勤続25年なもので。


秋の気配を感じるこの季節。
25の数字がやけに目につきます。



現在のブリードスペース内温度は25.7度



昨年この時期より低めの設定管理


 



 

 

NIGHT FOREST in品川
こちら現段階の参加予定者数は25名

今年はありがたいことに九州勢のブリーダー
が遠路遥々ご参加下さる予定です。

九州のBOSSクマモンさん筆頭に
オモロイブログで人気のREGA90さん

今年88ミリブリーダーの仲間入りを
果たされたskipさん

若手のホープ KAZUさんも必ず
調整して来るでしょう!

遠方では東北は盛岡からクワじいさん。
また大阪方面からも数名の方が、
参加される予定です。

 



来年おそらく品川NF開催はありません。
マツノインセクト25周年パーティー🎉
名古屋か浜松でそちらを開催の予定です。

そして当日限定プレ企画!

現ギネスブリーダー嶋原さんから
既に89ミリ同腹84ミリサイズの協賛が!

89.8ミリブリーダー、ともさんからも
当日限定のプレ企画協賛申し入れが。

クマモンさん、私も久留米のプレ個体
を準備してお待ちしています。

参加を迷っている関東近郊のオオクワ
ブリーダーの皆さんも調整して是非!!
参加欲して下さいね。


また当日限定の美形コンテストも開催
したいと思います。

 

 

 

 

最後に参加者閲覧者、ともに楽しめる
限定久留米バトル2017KLB

NO.2   dapさん
NO.3   ゆのあんさん
NO.5   tamushinさん
NO.16 クマモンさん
NO.20  skipさん
NO.27  kiyoさん
上記の方の2本目交換を記入し
データを更新しています。

 

KLB含めて皆さんブログで交換報告
が続いています。
使用している餌。
種親情報。
幼虫推移にも注目です!!

 

コメント (5)

2017年ブリードのスタンスと検証

2017年09月17日 08時42分43秒 | 2017年度・オオクワガタ飼育










直近はブログ・HPともに訪問者はかなり多い
です。これは騒動の影響でしょうね。

Twitter経由の新規ブリーダーさんも、こち
らへ訪問下さっているようです。








このところ2016年度ブリードの話題を取り
上げ続けましたが、そろそろ2017年度ブリ
ードの話題に戻すことにします。


その前に
◾️2016年度ブリード総括
2016年度ブリードは自己ブリード久留米
メルリン血統14-19番・14番を中心とした
累代メインの年。
推移としては幼虫が大きく育ち、メルリン
血統のポテンシャルとパワーをあらためて
感じることに。
しかし幼虫が大きく育った故、これまでの
経験が通用せず、セミ化や不全を多く出し
自己ベストも88ミリアップも達成ならず。

ただ♀羽化個体の平均サイズ、餌の喰い方。
個体状態もこれまで最高レベルに。
次世代2018年度あらためてチャレンジです!







◾️2017年度ブリード
これは久留米オンリーブリードならでは。
自己ブリードは敢えて1ラインのみ。
17年度はマツノインセクト血統累代を軸に
据えています。
何故マツノインセクト血統を軸にしたか?


Dorcus黒王さん
庚午 虫蔵さん
mindさん
マツノインセクト血統累代ブリーダーの
存在がやはり大きいです。
この近年実績が凄いですから。
幼虫も大きく育ち特大羽化も達成されている。
しかも静かに熱い。
虫蔵さんは静かじゃないな。
ボヤキ含め。


また先日お会いしたワイドカウさんも驚愕
されたように、ビークワ美形コンテスト優勝
虫蔵さん2016年度16番87ミリ(88ミリ同腹)
そうなんです。
大きさをまるで感じぬ美形個体なんですね。


・有望血統(系統)選別が進みマツノインセクト
の虫がブレイクスルーの段階か?

後伸びといわれるマツノ久留米。
・その成長曲線から、マツノの虫に適応した
2本目大きく育てる方法の確立?





美形についてはウチにいる虫蔵さんの個体を
見ても同じ印象を持ちました。

では特になにが違うのか?・・・
ウチに存在しない顎スラ個体。
それは画像でも一目瞭然ですが、能勢YGも
系統により顎スラ個体が特長ですね。



これはマツノインセクトに行かなくては!
現物の個体を選ばなくてはならない!

久留米ブリーダーの直感に危機感です。




そこで昨年夏マツノインセクトインセクト
で直接個体を選定、計7頭を購入しています。

また昨年暮れには主水さんから、やはり
顎スラで細身な、彼の好みを受け継いだ
有望ラインからの個体を入手しています。


16年ブリードの迫力ある個体と異なりま
すが、上記理由からサイズ狙いに特化。
まだまだ伸びしろある個体を種親に据え、
最強の布陣でスタート出来たものと自負し
ています。





ここで1つ、ある仮説をもとに実験に取り
組んでいます。
マツノ久留米の食性をイメージして。
30頭分程ですが、ある添加剤を使い加水率
を高くした菌糸ボトルを、三階松三枝さん
に無理を招致で依頼しています。

これは1本目ではなく、2本目以降の成長に
関する検証の取り組みです。

このオリジナル菌床ボトル。
KLBエントリーラインも入ってましたね。


さてどうなるでしょうか?

2本目への交換は10月初旬です。



最後にNIGHT FOREST vol4
開催日は11月4日(土)
参加の締切は1ヶ月後の10月14日(土)










お待ちしております!

コメント (15)

2017・NIGHT FORESTのご案内

2017年09月09日 08時59分50秒 | オオクワガタオフ会

 

 

 


今週は東京ギフトショー。
準備を含め4日間、お台場ビックサイトで
当ブース説明員として働いておりました。
集客は20万人を誇るビッグイベント。

ふとこの趣味をされている方で、ギフト
ショーに来場される予定の方がいるのか?
気になりまして。🤔

思い立ったら即行動。
早速Twitterで呟いたところ、会期の初日、
当ブースに足を運んで下さった方が・・・

そう、ヤフーブロガーkaraさん。
レルさんお通夜、そしてレルさんを偲ぶ会
でお会いしているので、3回目ですね。
互いの仕事の話から趣味の話まで色々と。
次は🍻の会ですね。

酔いどれさん、ホリペンさん、セバスさん
などなど。陽気なメンバーとまた楽しく飲
みたいものです。 kazさんも連れてね。
楽しくはしゃぎ過ぎて、店員さんに指摘
されぬ程度に。😅
『2chに書き込んだのはアンタだろー!』
『ふむ、どうもその顔が怪しい・・・』
って酔いどれさん、ちとぶっ込み過ぎ。
そりゃ腹も抱えるって。😝






東北の虎、虎壱さんとも久し振りに電話で
近況などお話をさせていただきました。

ブリードキャリアは私より先輩ですが、
ブログ開設は同期組。
まぁなんとも研究熱心な方です。
そしてなにより凄いのが、ブログ開設当時
よりも現在の方が、ブリードへの情熱が
更に上回っているという。🔥

虎さんのブリードにおける探究心。
飽くなきチャレンジ精神。
その方向性は私も同じであり、大いに刺激
を受ける部分でもあり。

同期組として虎壱さんからは
『チョネさんも色々やって大変ねぇと・・・』
色々やることに対するリスクの部分に対し
アドバイス含め気遣ってもいただきました。


確かにこの趣味、同じ考え方の方、好意的
な方ばかりではないようですからね。
ただ、これはこの世の中どこも同じ。

忙しくなると、どうしても管理表記載ミス。
画像チェック漏れなどはあり得ます。

細心の注意を払うべき部分ですから、
そこはお互い十分気をつけねばと。










さて今回はNIGHT FOREST ご案内記事。
これより正式に参加者を募りたいと思います。
😊
NIGHT FORESTは同じ趣味を通じた集まり
であり交流の場。
やはり同じ趣味を共有する仲間の存在は
飼育を続ける上で励みとなります。


そんな中、先日daitouさんがブログ記事に
されていましたが、著名ブリーダーの方の
写真偽装疑惑問題についてクローズアップ
されており、私も存じております。

主催者としては疑惑の渦中におられる方を
いつも通り品川NFにお誘いしております。
私からお誘いしているんです。
既に憶測が一人歩きしている節が・・・

何にしても憶測が憶測を呼んでいる今の
状況は好ましくない。
こういう状況を多少なりともクリアにす
るためにはご本人様が直接自分の口から
お話して頂くのが一番ではないかと。

今回ご参加いただけるということは、
今回の件について、本人様から何がしら
の説明があるものと理解しています。



久留米の偽装問題の際は、私自身彼から
購入し、今後のブリードをどうするか?
直接的な利害関係がありましたが今回は
違います。

先程も記述したように今回の件について
daitouさんがブログで発信されております。
また今回NIGHT FORESTでは直接関係あ
る方も集まる予定ですからね。
いずれにせよ今後良き方向へ向かうことを
切望します。






レルさんも昨年は来てくれたんだよなぁ〜

そうです、やるからには盛り上がる会と
なるよう企画も準備しておりますからね。
皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

 







コメント (33)

久留米羽化個体・系統別画像

2017年09月02日 23時53分09秒 | 2016年度・オオクワガタ飼育

 

 

 

 

本日2本目の投稿記事です






2016年度ブリード羽化報告が終わってから、
羽化個体に関する問い合わせが増えており
HP上にて
OOKUWA BLOOD SHOP

限定数ですが販売個体を紹介しています。
最後は羽化した個体の嫁ぎ先探し。

その羽化個体撮影を系統別に画像を比較
してみたところ、同じ久留米自己ブリード
でもこれだけ違うものなのか?
我ながら驚きました。


『オオクワガタなんて皆同じじゃね?』
しかも久留米オンリーですからね。
まぁ羽化画像を比較いただきましょう。
ご覧ください。

 




・マツノインセクト累代マツノ系統

2016-KU-203.82ミリ



2017年度ブリードラインナップはマツノ直系
中心。2017年種親に雰囲気が似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 


・メルリン血統累代87.5ミリ系統

2016-KU-501.83ミリ


 

 

 


2016-KU-513.85.1ミリ

 

 

 

 

 

2016-KU-521.84ミリ

 

87.5mm累代5番ラインは特に大顎の
太い迫力ある個体が多いラインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

・メルリン血統累代87.5ミリ同腹系統

2016-KU-701.80ミリ

 7番ラインは87.5ミリ系統とは異なり、
それ程太くない美形。まぁこの個体
80ミリと小ぶりなので単純比較は出来ませんが。


 

 

 




・メルリン血統累代86ミリ系統

2016-KU-901.81.7ミリ



 

 

 


2016-KU-910.83ミリ



 

 


2016-KU-1111.85ミリ



こちらもメルリン系16-14番86mm累代。
やはり大顎の太さが際立ちますが、同時に
長さも兼ね備え、バランスの良い形状の
個体が多く羽化しています。

 

 

 

 

 

 

 



・東京オオクワ系統チョネ累代85ミリ

2016-KU-1305.84ミリ

 

 

こちらは東京オオクワ2012年SP2番を
軸にアウトラインによる累代を続けて
いますが、14-KU-818同様になんとも
普通っぽい個体。

 

 

 

 

 


 

 

 ・shima×メルリン系統

2016-KU-1607.81ミリ

 

 こちらは細身の形状を掛け合わせ長さを
イメージしたライン。
狙い通りではありますが残念ながら大きく
は出来なかったですね。

 

 

 

 



・メルリン×東京オオクワ 85ミリ系統

2016-KU-1703.84.5ミリ



こちらは羽化報告3記事のコメントで皆様
から評価をいただいた個体。
やはり大顎が際立ち、やや丸みを帯びた
形状ですね。

 

 

 

2016年度の羽化個体、個体差はありますが
かなりの迫力があることがご理解いただけ
たのではと思います。
逆にいえば、2016年度ブリードにおける
最終体重40g付近の幼虫の★と不全率。
単純に長さだけを追い求める場合にどうか?

容積があり過ぎる?・・・
羽化力を上げる必要がある?・・・
飼育スタイルを見直す・・・

ただ羽化した個体の中には85ミリ以上でも
限界を感じさせぬ、余裕の雰囲気漂う個体も
いますからね。
それらでさらなる飛躍を目指していきたい。


それと同時に、サイズだけを追い求める系統
とは別に、迫力があり、美しくカッコいい。
そんな系統を累代していきたい。
そう思える2016年度シーズンとなりました。

欲張りなもので。

 

 

『オオクワガタなんて皆同じじゃね?』
どうです? どのタイプがお好みですか?

2016年度羽化個体に興味ある方。
久留米ブリード、ソフト面にハード面!
面白いですよ


 

 

 














 

コメント (15)

KLB上位入賞者予想プレ企画・応募状況報告

2017年09月02日 23時48分46秒 | 2016年度・プレ企画

 

 

 

本日は2つの記事をエントリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参加者と閲覧者、長丁場ですがともに
楽しめる限定久留米バトル2017KLB
8月末の予想プレ企画。
お陰様で参加ブリーダー含め109名と多く
の方から応募が集まりました。

一応報告という形で、今回応募(投票)状況
をとりまとめました。ご確認ください。

もし訂正や漏れのある場合ご連絡をお願いします。

 

ひとまず安心しました。
主催者へのお気遣い投票が増えすぎると
なんともバツが悪いと・・・
クマモンさんが1位の得票数でしたので。

現段階で上位3位まで入賞者を予想する。
まずあり得ない。無謀です・・・
それを踏まえ、趣旨をご理解の上お祭り企画
として応募いただいたものと理解しており。
感謝の至り。ありがとうございます。

既に2本目への交換も始まっております。
参加メンバーの方にはお手数ですが交換報告
をお願いすることになります。
「見える化」の企画。
あらためましてご協力の程、よろしくお願い
いたします。

 

 


応募状況の総括です。

 

予想組み合わせで最も多かった3連単は

1位skip・2位クマモン・3位チョネの5票
1位クマモン・2位Mopar Dorucs・3位チョネ
が続いて4票。3票は複数ありましたね。

 

1位予想3位はskipさん。
久留米で今年88.4mmを作出されています。
丁寧飼育でブリードセンスがある方。
皆さんも同様か、応募が集まりました!


そしてTwitter界の有名人Mopar Dorcusさん
拘りの飼育スタイルを貫く相当の実力者です。


今年は静かなに新ブリードルームで
ブレイクスルーを目指す主水さんが続きます。


FC2ブログ、九州勢の応援票が多かった
REGA90さん。ガチなのか?オチがあるのか?

 

またTwitter経由で応募の多かったカレントワ
さん。久留米ブリーダー宣言をされており
プレッシャーをバネに一気にブレイクなるか?

 

若手代表はKAZUさん、taku kuwaさん。
オッサン勢に対し、目指せ若さでごぼう抜き!

 

初年度で86mmを作出。juke2331さん。
Twitter、YouTubeで知らぬ者はいない。
パワーブリーダー pajero1goさん。

 

ここまでが1位予想上位10位のブリーダー。
なにしろ長丁場ですのでね。

 

上位を虎視眈々と狙うブリーダー・・・
果たしてどんなドラマが待っているのか・・・

2017年・KLBお楽しみに。

 

 

そして何やら面白そう・・・
来年挑戦してみたいなぁ・・・
今年KLBの推移をみてから決めようかな・・・

そんな皆さま。

何事も準備が肝要です。心の準備。
エントリー個体の準備をお願いします。

 

 

 

コメント