ネコとウッドクラフトと

現在ネコ14匹とウッドクラフトにはまっています

ダニエル元町本店に工房誕生

2021-05-01 19:20:06 | 木工作品
ダニエルの元町本店が新装オープンしました。
なんと1階ショウルームの一角に工房が誕生し、木工旋盤が備え付けられました。
職人さんの熟達した技を身近で観てもらったり、体験してもらったりして、技術の素晴らしさや難しさなどをもっと知ってもらおうという事のようです。 また、小規模なワークショップを開催するなども企画しているようです。  家具の学校は発展的に解消してしまいますが、そこで得た経験を活かし、学校とまではいかないけれど伝統技術の継承にもつなげたいようです。 同時に旋盤で出たチップを燻製用チップに利用してもらうなどのSDGsにも取り組むようです。

5月5日に木工旋盤の名人、立原さんがデモンストレーションをする予定です。
じゃなかった密を避けながら、足を運んではいかがでしょうか? 体験ができるかも?



ダニエル本店。  入口左手のショウウィンドウの部分が新たに作られた工房です。



工房を内側から見た景色です



5月2日に木工旋盤が設置されました



旋盤のデモのほか椅子張りのデモも予定されています。  こちらは吉田名人が担当とか。
コメント

チッペンデール様式のアンティークな椅子を甦えさせる

2021-04-25 16:32:34 | 木工作品
ある倉庫に眠っていた木枠のみの椅子。 未塗装、座板無、少し捻じれが生じており、しかも前足が虫食い。 廃棄してしまうのはもったいないので甦生を試みてみました。



18世紀のイギリスで流行ったチッペンデール様式のスプラットバックアームチェアを模したもの。 東南アジアで作られた物らしい?
材料は一応マホガニーか?



背の部分はわずかに反り返っています



しっかりとしたアームがついており、そこにも彫刻が施されています。


スプラット バックはゴシック風の透かし彫りになっています



前脚はネコ脚の一種で、「クロウ&ボール」と呼ばれるものです。 龍が水晶玉を掴んでいる様を表現したもので、縁起物とされています。



ポアステインのチェスナットにブラックオリーブを少し加えたもので色付けをしました。



水性のサンディングシーラーを塗布後に透明のアクリルラッカーで仕上げました。



虫食いの部分はパテなどで埋めずに、あえて虫食い跡を残しておきました。  特に大意は無いのですが・・・。
強度的には全く問題ない傷です



座は12mmのベニヤに比較的弾力のある5㎝のウレタンを張って仕上げました。



座は落とし込み仕上げになっています。



座の周りに玉縁を付け座繰りと座の隙間を調整しています


まずまずの仕上がりですかね?

コメント

春が来た!  コロナは去らず!!

2021-03-31 06:33:20 | Weblog
ついこの間まではサクラ開花のニュースが報道されていたのに、この辺でもサクラはもう満開!!
我が家の庭も花盛りです。
それにしても、COVID19はなかなか収束の兆しが見えず、変異株の話も気になるところである。
ゆっくり花見もできない。
五輪の聖火リレーは始まったが、本当にオリンピックを開催して大丈夫なんだろうか? 個人的には否定的・・・です。



我が家の庭
パンジー  ほったらかしでも今が盛りと・・・。 奥の白い花はハナニラ。生命力の強い草で、取っ手もとっても毎年よく咲く。




スノーフレーク  いつ誰が植えたのか・・・。  毎年可憐な花をつけます。



木蓮  我が家の古株。 親株は30年ほど前に家を建て直す際伐採してしまったが、その子株。 子供の頃から見ていた花なのでどうしても取って置きたくて株分けしたもの。



ボケ    選定時期が悪かったのか今年は花が少ない。 



ハナミズキ   今年は花芽が一つもない!!  ケアはしてたのだけど。理由は分からない??  これじゃー「花見ず木」じゃん!!



ご近所や若葉台日向根公園付近
河津桜  2月下旬に日向根公園で撮影。 本数は少なく、木もまだ若そう(小さい)だけど、花の無い時期になごませてくれる。




こぶし  これは3月上旬に近所で撮影。  雨の中だったが何故か惹かれて思わずパチリと・・・。




サクラ  昨日(3/30)日向根公園付近の歩道橋から撮影。  かつてはまさに桜のトンネルの様に咲いていたが、老木が多く、大規模に伐採・剪定された。






コメント

今年のバレンタインは

2021-02-15 11:40:53 | 木工作品
バレンタインデーということでまたまた木製チョコレート?をつくりました。

GODIVAの空き箱があったので、それに納まるように作りました。


やっぱり箱がいいとひきたちますねー!!



材料は、ハート形は白い部分がスプールスで茶色い部分はマホガニー。  市松柄は白い部分が樺ザクラで、黒色はローズウッド。
アクリルラッカーで仕上げています。



いつもはハート形は糸鋸で切り取っていましたが、いくつも同じ形の物を作るのに苦労していました。
そこで今回は作り方を変えてみました。
あらかじめ断面が半ハート形の棒状の物を削り出し、それらを張り合わせてハート形の棒を作り、適当な厚みに切ってみました。金太郎飴的な発想です。
半ハート型の棒を削り出すのは、帯鋸で荒取りをし、南京鉋と内丸鉋などで仕上げれば比較的たやすくできました。量産するのにはこの方法が良さそう。  木口が正面になるので、きれいな板目を出したい時には不向きですけど・・・。
コメント

人生初

2021-01-30 20:34:47 | Weblog
生まれて初めてしもやけになりました。

足先がむず痒いので靴下を脱いでみると、なんと左足の第3、4,5趾が赤くなっており、特に第4趾は腫脹していました。
虫にでも喰われたかとあまり気にも留めていなかったが、2,3日しても一向に直る気配が無いので、家内にみせたら、しもやけだと思うけど医者に診てもらえと。 かかりつけ医に診せると案の定しもやけとの診断、薬が処方された。
子供の頃にもしもやけになったことはなく、初体験である。
ここ最近、足先を冷やした記憶もないし、きつい靴を長時間はくなどもしてないし、老化により末梢の血液循環が悪くなったのだろうか?医者は急に寒くなったせいだろうと言うが・・・。



治療をして数日の所見。  当初はもっと赤くはれ上がっていた。 かゆいと言ってもそれほどではなく、触ると痛痒いという程度でした。



塗り薬と飲み薬が処方されました。 いずれも血液循環を良くするもの。


塗り薬


飲み薬(ビタミンE)
コメント

飾り棚と額を数点   洋酒ミニボトル 横浜コレクション

2021-01-09 11:33:52 | 木工作品
クローゼットの整理をしていたら雑多な荷物に埋もれた洋酒のミニチュアボトルや絵タイルなどがでてきた。
折角だから日の目を見せてやろうと、飾り棚と額を作ってみた。

ミニボトル
下戸の私がなぜ洋酒のミニボトルを集めていたのか、今となっては良く覚えていないが、新婚旅行の土産に当時はお決まりの洋酒を買ってきたので、その洒落たビンやラベルに興味を持ったのだろう。 そういえば角砂糖にブランデーを浸み込ませては火をつけて紅茶にいれて粋がってたっけ。もう、40年以上も前の話です。



 







絵タイル  1
横浜コレクションとして販売されているもので、確か高島屋で・・・。
古き横浜の風景などが布に描かれており、コースターとして販売されています。 板に張り付け額装してみました。








絵タイル  2
ケアンズに行った時のお土産。  どうしてこんなものを買ったんだろう?  他に無かったのかなー??




コメント

謹賀新年

2021-01-05 17:31:23 | 木工作品
明けましておめでとうございます



今年もよろしくお願いします

近隣の高校や中学でコロナ感染が報告され、いよいよ身近に迫ってきた感じです。
特効薬やワクチンができ、このコロナ禍から早く解放されないかと祈るばかりです。
しかし、普通の日常が戻ってくるのはまだまだなんでしょうね。
今はただただ感染しない様用心する毎日です。




トナカイさんにもうひと踏ん張りしてもらいました。
写真の背景があまりにも雑然としていたのでフォトペイントで加工してみましたが、なかなかうまくできず・・・。
コメント

メリークリスマス(新作トナカイ)

2021-01-05 17:29:07 | 木工作品
遅ればせながら  「メリークリスマス!!

昨年はメリークリスマスなどとはしゃいでいる場合ではなかったけれど、例年通りトナカイさんを飾りました。
今回は小枝を束ねたものを突貫工事で作成してみました。



新作のトナカイさんです。  テニスの帰りに公園で枝打ち(剪定)された小枝を拾ってきて2時間ほどで完成。


今年はトナカイさんもソーシャルディスタンスです
コメント

O家のワンちゃん

2020-12-03 13:33:24 | Weblog
ダニエル家具の学校OGのOさんがワンちゃんを飼いはじめたそうです。
もう、メロメロとか!!



最初の頃の写真。ペットショップで撮影されたとのこと。マリンちゃんと命名。


こちらは現在のマリンちゃん。

ずいぶんと毛並が変わるもんだなー!
小生もかつて犬を飼ったことがあるが、子供と大人でこんなにかわったかなー?  もう40年くらい前のことだからなー・・・。
それにしても可愛い!!   こりゃーメロメロになるのも当然だね!!
コメント

ペーパーコードと小椅子

2020-11-26 21:41:42 | 木工作品
ダニエル家具の学校はこの春で終了の予定でしたが、多くの方の強い要望で、今年限りの「カレッジコース」を展開しております。
手道具の調整・メンテナンスからキャビネット造りまで、これまでの初級、中級、上級の「いい所取り」といった内容のカリキュラムになっています。
小生は今回も木部の作業工程でお手伝いをさせていただいています。

カリキュラムの中でペーパーコード張りの椅子作成と座板に脚を差し込むタイプの小椅子作成の講座がありましたので紹介します。

ペーパーコードの椅子
先ず椅子を組むところからスタートです。
椅子の各パーツはプレ加工してあります。 
この講座では、ホゾとホゾ穴の関係、ホゾの長さ、組立手順、糊の使い方、ハタガネ等の使い方、脚の調整方法等々を学んでいただきます。
椅子本体が完成するといいいよペーパーコードを張って(編んで)いきます。
今回は一番ポピュラーなエンベロープ(封筒)張りです。 出来上がりが洋封筒の裏側のような形状になるので、このように呼ばれているようです。この作業はただただひたすら根気よく且つ丁寧に編んでゆきます。
作業の過程や、生徒さんの作品」を撮影しそこないましたので小生が作ったものを載せておきます。




木部本体は学校で作成した物と同じです。  チェスナット色に着色したあと、ローズウッド色のオイルで仕上げてあります。
また、編み方は学校のとは異なり鹿の子網、紐も6ミリ程度のロープを用いています。 木部の材料はカバザクラ。


以下は以前に同様の講座を開設するに当たり試作したプロトタイプのもので、木部本体は小生が作成し、張りは職人さんにお願いしたものです。




一番最初に小生が提案したタイプで、玄関に置き靴の脱着の際に役立てばと思って作りました。 部材が少し多いのと、目的のためにはもう少しサイズを大きくしないといけないので、没。 材料は赤松。
さすが、職人さんが編んだのは網目がキレイ!!






ダニエル設計部の図面に沿って作ったもの。  現在の物とほぼ同じ。 材料は赤松ですが・・・。

  

小椅子の作製
 こちらの講座では手道具をフル稼働して作成していただきました。  脚もご自分で旋盤を用いて作成しています(要所は職人さんが・・・。内緒・・・)。  四方転びの穴あけ、楔の効かせ方、四方ぞり鉋や外丸鉋での座グリなど、手加工の面白さを存分に味わっていただきました。
材料はカバザクラです。 堅い木ですが、加工性は良いので思ったほど苦労はなかったのではないでしょうか?




生徒さんの作品です。 どれも力作ぞろいです。 象嵌を施した方も・・・。
仕上げはオイルフィニッシュ。

小生も負けじと同様の椅子を平行して作ってみました。
全く同じ構造では面白くないので、脚を長くし、強度を持たせるために貫を入れてみました。
材料はブナ。



座板をもう少し薄くしてもよかったなー。  脚はマホガニー色のオイルでを塗ってみましたが、イメージとちょっと違ったのでウレタンカラーニス(マホガニー)で仕上げました。 まだちょっと・・・。  いっそもっと明るい赤にした方が良かったかなー?



11月28日    追記
小椅子を漆で仕上げた方がいました。
なかなかの出来です。

コメント