高谷オカリナの里発2

栃木県佐野市白岩町高谷(たかがい)にある、「高谷オカリナの里」の管理人(自称)のブログです。

'17.02.25 村上さんとギターの練習をする

2017-02-26 06:57:57 | 日記

高谷オカリナの里に着き、ダルマストーブに火を入れる。
先週、安藤要さんに準備して頂いた、竹や薪がたくさんあるので助かります。
しばらくすると、村上さんがギター持参でやって来ました。
本日練習したのは、「涙そうそう」。
村上さんが持って来た譜面(TAB譜)と、自分が適当に演奏しているコードの違いにびっくり。
譜面通りのコードでやるのもありですが、イマイチ納得がいかなかった次第であります。
他には、故・坂庭省吾さん作曲の「花嫁」の練習をしました。
本日、オカリナの里に来たのは、自分と村上さんとオーナーの3人だけでした。

コメント

'17.02.19 日がな一日、のんびり・・・・

2017-02-20 22:21:10 | 高谷通信

佐野ラーメン「宝来軒」経由で、高谷オカリナの里に着くと、
洋介さんが、ダルマストーブに火を入れているところでした。
オーナーは所用で町に出かけて行ったと言う事で、
安藤要さん、東二さん、洋介さん、自分の4名でのんびり過ごしました。
その間に、洋介さんと、「ふるさと(谷力バージョン)」と、「早春賦」を、
オカリナとギターでやってみました。
他には、話の合間に気が向いたらギターの練習をしたくらいで、
何をするでもなく、ダルマストーブを囲んで、日がな一日過ごしました。
今回も自分の怠惰で、先週に引き続き写真無しです。

コメント

'17.02.12 定期演奏会・開店休業

2017-02-14 09:28:00 | 定期演奏会

本日は、第2日曜日で定期演奏会の予定でしたが、開店休業でした。
本日参加したのは、ギターの練習に来た村上さん。
「花は咲く」と「自転車に乗って」をメインで練習しました。
西田さんは、「桜吹雪」その他の練習と、「早春賦」が宿題になりました。
西田さんの「早春賦」来月の定期演奏会でお披露目ですか???

コメント

'17.02.12 ペール缶の中身は?

2017-02-14 09:16:01 | 高谷通信

ダルマストーブの上には、普段ならばヤカンが乗っていて、
お湯が沸いたら珈琲や紅茶を入れるのに、今日は、ペール缶が乗っています。
何をやっているのかと言うと、ペール缶でお湯を沸かしているのです。
ダルマストーブの上の ペール缶
実は、横塚誠さんが、茶杓(ちゃしゃく)作りにチャレンジする事になったのです。
茶杓とは、耳かきみたいな形をした、抹茶をすくって茶碗に入れる道具です。
茶杓の材料となる黒竹の油抜きをしているところなんです。
本来なら、長い時間竹を寝かせて油抜きをするらしいのですが・・・・
今回は時短と言う事で、黒竹をお湯につけての油抜きをしています。
黒竹を茹でる 1時間半経過
15:00 黒竹をお湯が沸いたペール缶に入れて油抜きスタート。
16:30 良い感じに茹っています。
横塚さんの話だと、約3時間熱湯に入れる予定だそうですが・・・
自分は予定があり、最後までお付き合いする事は出来ませんでした。
横塚誠さんの茶杓作りプロジェクト、乞うご期待です。

コメント

'17.02.05 嶋田さんと2ヶ月ぶりに練習する

2017-02-05 18:57:00 | 日記

小雨の降るお昼過ぎの高谷オカリナの里に集まったのは、
オーナー・横塚さん・東二さん・安藤要さんのお馴染みのメンバーに、
篠笛の嶋田さんと自分の6名でした。
いつものメンバーと嶋田さん レパートリーの練習
嶋田さんとこれまでのレパートリーの練習をする事になったのですが・・・
嶋田さんと会うのは、11月末のここねっとでの篠笛コンサート以来です。
と言う訳で、2カ月間全然練習していなかったと言う事と、さらにカンペ無しだったので、
新しいレパートリー7曲に関しては、散々な結果になってしまいました。
でも何回か合わせて行くと、少しずつですが記憶が蘇ってきました。
たまには、反復練習が必要だなと痛感した次第であります。

コメント

'17.02.04 ギターのレクチャーをする

2017-02-05 08:48:02 | 日記

昨年末の、嶋田さんの篠笛コンサートの時に知り合った、村上さんがやって来ました。
自分のギター伴奏に興味があるらしく、レクチャーした次第です。
ギターのレクチャー オーナー・東二さん・村上さん
本日、里に来た人は、安藤要さん・東二さん・西田さん・オーナーでした。
ダルマストーブを囲んで、今後企画する、新プロジェクトの事や、
風工房の今後について、いろいろ相談しました。

コメント

'17.02.04 竹炭の窯出しをする

2017-02-05 08:34:00 | 竹炭作りプロジェクト

オーナーが先週火入れをした炭窯から、窯出ししました。
炭窯の木枠を外し、窯にかかっている土をよけて中をみると・・・・
窯出し 窯の中
出来栄えはイマイチ、焼き過ぎて竹炭はほとんど灰になっていました。
出来た竹炭も灰になる寸前で、上質な竹炭とは言えませんでした。
ほとんどが灰 炭質を確認
夕方に火入れをして、夜遅くに窯の温度が上がったので焚き口に鉄筋1本挟んで締めて帰宅したらしいのですが、
「鉄筋1本分の隙間がまずかったのかなぁ?」ってオーナーが言ってました。
竹炭焼きのマニュアルが無いので、試行錯誤の状況ですが、今回の失敗は次回に活かせればと思いました。

コメント