新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

10月31日 その2 Halloweenは日本の文化だ!

2015-10-31 18:44:32 | コラム
仮装のお祭り騒ぎは何だろう:

以下は昨年の10月29日のブログである。この時まではこのようにあのバカ騒ぎに対して私は否定的だった。一説によれば、今やこの日の空騒ぎで数十億円の経済効果があるという評論家が現れてきた。即ち、その分の消費が進むということらしい。だが、私は「一寸待って欲しい」と言いたいのだ。それは某国の爆買い集団が百貨店の売上高を何%だか押し上げたような外資導入?ではなく、昇給もままならない自国民からの収奪に過ぎないからだ。

そこで私は百歩譲って、我が国の何でも海外から導入した異国の文化を我が国流に消化(昇華?)して本国のそれとは似ても似つかぬ「文化」に仕立ててしまう「バレンタインデー」(=St. Valentine’s day)のような現象だと思えば、仮装集団が渋谷のスクランブル交差点を通行不可能にしてしまうのも「日本文化」だと、大らかに受け止めてやろうかとすら考えるようになった。「好きなようにやってくれ。但し、公共の秩序は守れ」辺りで妥協しておく。

>引用開始

Halloweenって何だ:

仮装のお祭りじゃないと思うのだが:


去る25日(土)に2003年以来11年振りに六本木に出掛けた時の地下鉄の中で、女子高生が制服を着たままで奇妙な化粧をしているのを見かけて「何事か」と奇異に感じたものだった。迂闊にもそれが”Halloween”の仮装の為のものと気付いたのは大分後のことだった。そこで解ってきたことは、我が国でも何の目的があるのか解らないこの仮装が、近年益々流行り始め、ドンキホーテ辺りでもそのためのカボチャや衣装を売っている状態である。

正直なところ、私は1993年末まで20年以上もアメリカに仕事で出張し続けていながら、彼の地でのこの大騒ぎが何であるかを知ろうとも思ったことがなかった。しかし、たった一度10月31日にこの行事に出くわしたことがあった。その日は本社内の至る所であの仮装をした人たちがごく普通に仕事をしているのが、私の目には不思議としか見えない光景に思えて「矢張りアメリカ人はこういう騒ぎが好きなのかな」と感じていた。

その日は事業部本部長の副社長とともに外出の予定があり、駐車場への近道でパーティションで仕切られた迷路のような他の事業部のオフィスを通り抜けていった。そこでは打ち合わせ用の椅子とテーブルで数名のスーツ姿の部員が座っていた。その横を「一寸御免よ」とすり抜けた副社長は、何と”You guys look great in businessman’s costume.”と声をかけ、”Thanks. We tried!.”という具合で受けていたのだった。

副社長のジョークと反応を和訳しても面白くないかも知れない「(今日は仮装の日だ。)君らのビジネスマンの仮装は格好良いぜ」に対して「有難う。何とか受けようとしてみたのだ」という辺りになるだろうか。私はこの辺りがアメリカ人のジョーク好きを表していると思う。

私は我が国でクリスマスを大騒ぎする商業化が全く好みではない。こういうことはこの空騒ぎだけに終わるかと思えば、今度はハロウィーンと来た。言うなれば軽佻浮薄である。そこで私なりにその背景に何があるかを考えてみれば、矢張り商業目的であのお祭りを殊更に採り上げて、あのような衣装やカボチャの”objet”(フランス語らしい)を売ろうという魂胆かなと想像している。

因みに、”Halloween”とはキリスト教に由来するようで”All Saints Day”=「諸聖人の祝日」のことのようだ。これは、この度初めて広辞苑やウイキペデイアで調べてみて知ったことだ。あの仮装をしている人たちはここまで調べているとは思えないが、どうだろう。
>引用終わる

そう言えば、先程成城学園駅から電車に乗ろうとしたら、学齢に達していない女児に精一杯の仮装をさせた若き母親が降りてきた。六本木では数千人の仮装のデモ行進があったと報じられていた。矢張りハロウィーンの仮装は「我が国固有の文化」として成り立っているようだ。

コメント

頂門の一針第3821号の「究極の平和呆け」に思う

2015-10-31 16:00:05 | コラム
究極の平和呆け:

天下の無法松様は頂門の一針第3821号に以下のように指摘されていました。

>引用開始
10月24日のテレビ朝日の番組で、あの池上彰さんが北京政府の南沙諸島での軍事施設人工島のことを話しておりましたが、池上様は何と「中国とアメリカが衝突して、アメリカが我が国に助けを求めてきたら、自衛隊はどうするのでしょうか。」と言いました。

お見事です、能天気とはこの様なことを言うのですね。

北京政府のことを言うのであれば、その逆で、「我が国と北京政府が衝突して我が国が米国に助けを求めたら、米国政府は我が国の防衛に動いてくれるでしょうか。」と問い掛けるのが普通の常識ある人間でしょう。

中国と一般的に呼ばれているシナ大陸にある北京政府国家が、太平洋ではなく、大西洋に位置しているのであれば、そのお言葉は間違ってはいないでしょうが、「中国」とはシナ大陸にある中華人民共和国のことで、このお国は我が国の西のすぐお隣に位置して居ます。(以下略)
>引用終わる

此のご意見に賛成です。私は池上彰という人物を一切信用しておりませんでしたので「良くぞ言って下さった」と思って拝読しました。何故信用しないかには二つの理由があります。先ずは如何に天下のNHKのOBではあっても、こどもニュースの担当だった方があれほど自由自在にと言うか伸び伸びと世界と天下国家を論じられるのには大いなる違和感を覚えておりました。引退後に大学院にでも通われて余程勉強されたのでしょうか。えらいものです!

次はその疑問を長年のつきあいがある共同通信OBの方にぶつけてみましたところ「彼は与えられたシナリオを巧みに読んでいるだけの人だ」と教えられて納得しておりました。しかし、今回は天下の無法松様のご指摘のように舞台がかの古館を抱えるテレ朝であれば、シナリオを離れて彼の本性を現す発言となってしまったのであろうと推察します。それに、彼は最も発行部数が多い週刊文春に「池上彰のそこからですか”?!」と題する連載を持っています。影響力は侮れないでしょう。

そこで恐ろしいことは、これまでに多くのテレビ番組に登場して尤もらしい意見の述べて有識者の一人であるが如き地位を得てしまった上でのあの放言では、罪なき視聴者が有り難き池上様のご託宣であれ「そういうものか」と影響されてしまうだろう点です。しかも、彼は”NHK”という七光りを背景に持っております。フジテレビには「中国には謝って謝って謝り倒して末は属国にして貰えば良い」等と言う漫画家が出ています。

私はこのようなマスコミが第三者の口を借りて吐く本音が非常に危険であると常日頃思っております。彼らには決して自社の意見としては報じない姿勢を貫く巧妙さがあります。聞いている罪なき視聴者は信ずるテレビ局が起用数有識者様が仰せになることとばかりにアッサリ信用することを怖れております。

コメント

10月30日 その3 杭打ちデータ改ざん

2015-10-30 16:29:18 | コラム
旭化成建材一社だけのことなのか:

マスコミ報道では、かの横浜の「パークシテイLaLa横浜」の杭打ち担当代理人以外が担当した現場でも改ざんがあった模様である。私はこのマスコミ報道そのものもおかしいのではないかとすら考えている。この問題が発生して何日経ったか。

我が国のマスコミに建築関係やゼネコン担当の記者が何人いるのか知らぬが、彼らがこの業界で何がどのように行われ、如何なる文化(言語・風俗・習慣と慣行)があると知らないはずはないと思っている。彼らはそれでも新発見のように報じるのか、いや報じる気かと問いたいのだ。

矢張りマスコミ報道によれば、高層アパート(私は「マンション」(=mansion)というカタカナ語は採らない、念のため)が安全か否かはそれが建っている土地次第だという。即ち、地盤が固いかどうかだそうだ。だが、住民は余程何か切迫した状況にでもならない限り、自分が居住する建物が傾き始めたかであるとか疑って、何処の誰が杭打ちをしたかなどを調査することはあるまいと思う。大手の売り主やゼネコンが信じられていると言うことかな。

しかし、マスコミは追求を開始して連日のように関連の案件を採り上げている。当方は旭化成建材の問題が発生した時に「ゼネコン業界では何が行われているかくらいは常識程度に心得ている」と言った。それに基づいて考えれば、今マスコミが追いかけている程度のことは「これまでにあっても不思議はない」という辺りが結論になってしまう。

私は恐ろしい事態はそこから先にあると思っている。目下のところでは旭化成建材は「天下の大悪人で工事の手を抜くはデータを改ざんするは」の如くに報じられているが、マスコミはその実態とても旭化成建材そのものが手を下したわけではなく、彼らの下請け企業というのか現場代理人とかの仕事であったと教えてくれている。

此処までの事実とゼネコン業界の文化を演繹して考えていけば、恐ろしいことは元請けから遙か先にある現場が「納期を遵守せよ」と厳命されても諸般の事情で他に手段がない場面に追い込まれれば何をするかに行く着くのではないのか。そうであれば、この世の中には一体どれほどの建造物があるのかと考える時に、それらを全部納期通りに仕上げた代理人が何人いたのだろうかというところに到着してしまう。

回りくどい言い方を避ければ、マスコミは飛んだ大問題を抱え込んでしまったのではないかということだ。既に旭化成建材が北海道で担当した物件で改ざんが明るみに出された。これからも何処かで誰かが暴き続けるだろう。その際に各個撃破で(本当は「一件ごとに」という意味である”case by case”が使えるのだが)一つずつ安全性を検査して回ることになるのか。もしも、改ざんか手抜きが、旭化成建材以外でも行われていたと暴かれたらどうする気か。

此処から見える新宿区内だけでも高層建築の範疇に入りそうなてものが13軒見える。我がアパートの3棟を加えれば16軒だ。此処は既に3.11でもびくともしなかった堅固な地盤の上に建っており、我が部屋も恐怖を感じるほど揺れもせず、ひび一つ入らなかったので安全圏内だと思っている。だが、旭化成建材とマスコミ報道で、わが国全体に疑心暗鬼に囚われ始めたアパート居住者がどれほどおられるかと想像するだけで空恐ろしい数字になりそうだ。

今回の旭化成建材のパークシテイLaLa横浜で巻き起こした波紋が建築業界全般に及んでいったとしたらどうなるのだろうか。マスコミが旭化成建材が担当した部軒を隅から隅まで追いかけていって実態を報じれば、如何なることになってしまうかが問題だと思う。これが私の考え過ぎであれば良いのだが。私はマスコミと監督官庁任せだけではなく、業界そのものが何らかの形で立ち上がった方が良くはないかと密かに考えている。

コメント

10月30日 その2 冷静な評論家の予測が当たった

2015-10-30 07:28:05 | コラム
ヤクルトは矢張りソフトバンクの敵ではなかった:

これは今回の日本シリーズ開催前の当方の予想だった。そして昨29日夜にヤクルトには不幸にもこの予想が余りにも無残且つ見事に当たっていたことが立証された。昨日は遠路遙々藤沢の片瀬江ノ島まで高校のサッカーの会に出席して午後4時過ぎに帰宅した後なので、最後まで起きてみていられるか多少不安があったものの、最後の雄平が相変わらず高いボール球を空振りして終わるところまで見ていられた。

冷静な評論家が見たところでは明らかにソフトバンクとヤクルトの総合的な戦力に差があり過ぎて、その差が残酷なまでに「短期決戦」に表れてしまったということで、ヤクルト敗戦の分析などは不要なほど相対的に弱かったと言えるのだ。反対に、既に予測した通りで、主将で四番打者の内川の負傷欠場をMVPをとった李大浩の大当たりが補って余りあったという結果になって表れた。

ソフトバンクの投手陣はヤクルトの山田に一日限りの歴史的?な当たりを許したが、それ以外にほとんど山田が打てる範囲に投げず、思い切ったスゥイングをさせなかったのは、スカウティングが行き届いていた成果もあるかも知れないが、投手たちの実力の高さを見せていたと思う。その投手たちは首位打者の川端と打点王の畠山までも封じ込めた。これでは下位にあるヤクルトが負けたのも仕方があるまい。

あの様子を見るに付けても痛感したことは「リーグ間の対抗戦でも明らかな結果が出ていたように、どうもおかしな球団が盟主とやらで勝手に君臨し好き勝手をやっている球団があるセントラル・リーグと、高校での若手を育て上げることに努力をしている結果が見えているパシフィック・リーグとの間にはどうにもならない格差が生じてしまっているのではないか」という点である。これを改革乃至は是正するために必要なことなどは、言うまでもあるまいから言わない。
コメント

運転免許返上

2015-10-30 07:26:36 | コラム
高齢者の判断:

昨29日は昭和23年の福岡国体でサッカー高校の部で決勝戦に敗れた14人の中の生存者8人の中7人プラス2期下の者が1名集まる恒例の昼食会があった。話題は当然のことで今昔のサッカーが中心となった。その中で岩が異彩を放った話題が「運転免許返上」だった。それは偶々宮崎して起こった73歳の男性が歩道を走行して死者を2名も出した不幸な事件に及んだからだった。因みに、出席者の年齢は80~85歳の範囲内だった。

8名の内免許を返上し運転を辞めていた者が6名だった。残る2名は返上していないのではなく、私を含めて運転をせず免許を取ったことがなかっただけのこと。返上の理由はほぼ全員一致で「視野が狭くなって広く見渡せなくなったと自覚した」と「反射神経が明らかに鈍りこれでは万一の場合に正確に反応出来なくなったと自覚した」だった。良識ある判断だと思って聞いていた。中には動体視力を測定して貰ったという者もいた。

出席者の大半が当時の関東大学グリーグの一部校のレギュラーメンバーを張っていた言わば一流選手たちであり、運動神経には申し分ない者たちばかりだから、視野が狭くなったことや反射神経の低下には人一倍敏感に反応したのだろうと思って聞いていた。偉そうなことを言えば「運転免許返上」はこのような適確な判断に基づいて行われるべき性質かなと思いつつ、流石我が母校の卒業生たちは立派だなと認識していた次第だった。
コメント