新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

5月20日 その2 日本大学フェニックスの問題について思うこと

2018-05-20 16:28:29 | コラム
私にはこの辺りまでは言えるが:

戦後間もなくからの長い間のフットボールの愛好者であり、40年以上も日大フェニックスの支持者であるものとして、ここに申し上げることが限度だろうかと思っています。彼らが何とかこの危機を切り抜けて貰いたいと思うのですが、現状では不備な事柄が多過ぎて、如何ともしがたいと言わざるを得ないのです。

体育会という厳格な年功序列がありながら、実力主義もまかり通っている世界にいれば、そこの文化(言語・風俗・習慣)に従順に従っていなければならないのです。その運動部の歴史と仕来りによって違いはありますが、監督とコーチは絶対的な権威ある存在であるのは普通でしょう。部員(学生)にとっては彼らの指示と命令には(従順にと言うか盲従的近く)に従わないと、その部は成り立たないでしょう。その世界は中に入ってみないことには、その仕来りの権威は解らないかも知れません。

相撲界ほど世間の常識からかけ離れてはいないでしょうが、そこの文化と仕来りを外部から云々されても如何ともしがたい面があると思います。とまでは言いますが、あの#91を付けた選手が犯した反則と日本大学としての手の打ち方の遅さは擁護しようもないと思うのです。何故、あのような反則をしたかについてはある程度の情報は聞き及びましたが、私はここに伝聞を書き記す立場にはありません。フェニックスの歴史とその在り方をある程度は承知しているので、唯々「何と言うことか」と遺憾に思うだけです。

大体からして大学の運動部を「教育の一環だ」と言う人が大学の内外に多いのは良く理解できません。その運動部が強ければ強いほど独特の歴史と文化がありますから、部員ともなればそれらにどれほど順応していけるかというだけでしょう。ある強豪校ではコーチたちが「我々の仕事とは部員たちに『授業にはキチンと出ろ。出もせずに学業成績が下がるようではレギュラーから外す』と四六時中督励するのが仕事だ」と言っているほどです。この点はアメリカの強豪乃至は有名校でも全く同じだそうです。

アメリカの話ですが、西海岸のハーバードとも言われているカリフォルニア州のスタンフォード大学では一切所謂「運動部推薦」はなく、運動選手たちは普通の一般受験で入学してくるのだそうです。この大学のフットボール部は中々の強豪で、NFL(プロフットボール・リーグ)に数多くの選手を送り込んでいます。因みに、ゴルフのタイガー・ウッズもスタンフォード大学出身です。即ち、学業優先は当然のことです

以上は、直接に今回の日本大学フェニックスの一件とどれほど関連するかは解りませんが、ご参考までに述べてみました。後難を少し恐れて言えば「強豪校における運動部の実態を深く極めておられない部外の方には、今回の事件が何故起きたかと、その真相は簡単には解り難いだろうかと危惧する」と思うのです。とは言いますが、あらためて申し上げれば「私には内田監督が辞意を表明されただけの時点では、日本大学を擁護しようがない」と言うしかありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本大学フェニックス

2018-05-20 10:47:26 | コラム
気懸かりな話題である:

事は遂にというか、漸くというか知らないが、この全テレビ局と新聞を挙げての日本大学フェニックス批判と非難の問題は、内田正人監督の辞意表明にまで立ち至った。これに対しては既に何名かの評論家は「遅きに失した」と評しておられた。日本大学の部外者でありながら長年のフェニックスの支持者としては実に心が痛む話題である。先日は「危機管理学部があるではないか」と指摘したが、如何にも打つ手打つ手が遅く、また関西学院大学側を納得させていないのも問題を必要以上に悪化させた気がする。

だが、部外者の私にも気になることがある。それは事がここまで大きくなってしまうと、インターネットと言うべきかSNSの時代と言うべきか知らないが、出来事の真実が何であったかとか、体育会とは如何なる存在であるかとか、(アメリカン)フットボールとは如何なるルール、があって試合が展開されているのか、監督(英語では head coach と言われるが)や攻と守のコーチたちが果たす役割がどうなっているか等々の細部をご存じでない方たちが論評されるようになってしまったので、誰が何を論評しているのかに混乱さえ見えるような気がしている点だ。

そうは言いたいのだが、何れにせよあの関学のQBに対するタックルは許されるべきことではなく、如何に私でも擁護などとてもできる性質ではない。内田監督は「何故あのようなことになったか」と「壊してこいとの指示を本当にしたのか」等々の回答については書面で為されると記者会見でも語られた。だが、事が起きた6日から本日で2週間では如何にも遅すぎるという批判は免れないだろう。だが、密かに語られていると聞く「あそこまでに至った事情」は、誰も黙して語らないようだ。

内田監督のあの空港での記者会見について何処の局だったか、危機管理の専門家の意見として「あの日大カラーのネクタイの色は良くない」と「監督が3度も『カンサイ学院』(正しくはローマ字でもKWANSEI と表記される「カンセイ学院」である)と言われた」と報道していた。私もこの関学の正式名称の誤りは気になったが、事ここに至っていれば不注意の誹りも免れまいと思った。

なお、内田監督の為に一寸擁護しておくと「ビジネスマンの服装学では『赤は先方を刺激する色であり、難しい交渉事の席につく場合は避けるべきである』とされているし、これは常識である」のだ。私はあのネクタイの色は「赤」ではないが、多少刺激的になりはしないかとは一目見て感じた。だが、日本大学の色であり、それ故に見逃しても良いかと判断した。私は在職中にクレームの補償問題の交渉の場合などにはスーツまで茶系統にして何とか穏便に済まそうとしていたものだった。

私は一刻も早く日本大学がこの問題を関西学院大学ファイターズのみならず、マスコミが創り出した世論をも満足させるような解決策を打ち出して欲しいと希望している。そうでもないと、一部のマスコミ論調では「廃部」などという極端な説もあるのだから。私は既に、処置としては最低でも「今年の秋からのリーグ戦の出場禁止で2部リーグに落とす」を予測している。

私は戦後間もなくからの70年以上のフットボールのファンとしては、矢張りフェニックスは監督とコーチの顔触れを一新してでも、喩え2部落ちであろうと何だろうと存続して、捲土重来を期して貰いたいものだと望んでいる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外に出て視野と見識を広めよう

2018-05-19 08:04:06 | コラム
海外を知ることには目に見えない効果がある:

私は世界で20ヵ国しか行っていませんし、南米とアフリカと中近東は行ける機会もありませんでした。この掲題の件について今週にMI氏と意見交換の機会がありましたが、同氏は下記のように言われました。

<でも、海外体験は人生、人生観、国家観を養うには非常に良い経験だと思います>

これには私は全く同感です。私はアメリカの会社に移ってから数ヶ月後にお世話になっていた日本の会社の大阪支店長にお目にかかる機会があり、暫く語り合ったところ「物の見方のスケールと視野の広さが違ったな」と感心されました。だが、当人には何処が変わったのかサッパリ解りませんでした。こういう事は後にW社に移ってきた何名かが言っていました。

これなどはアメリカの会社に移ったからこそ学習できたというか習得し得た数少ない(?)有り難い点だと思うのです。尤も、同じアメリカの会社でも中小の部類の会社ではそうは行かないかも知れませんが、アメリカ人の物の見方を知る機会を得たのは大いなる収穫だと認識しております。

私は日本の会社時代の1970年夏に、生まれて初めての海外旅行であり出張だった東南アジアを回る前に、数人の海外経験者に「東南アジア諸国を回って見れば、何となく偉くなったような気がするぞ」と聞かされました。実際に現地を見て「なるほど」と感じたことはありました。良い経験で、確かに世界が少し広くなりました。

また、長年親しくしてきた商社マンは言いました「海外から帰ってくると『我が国ほど良い国はない』と実感が湧いてくる」と。私も将にその通りだと思っております。私は日本駐在マネージャーでしたから、年に6~7回はアメリカを往復して合計で3~4ヶ月は滞在している計算になりました。

私はアメリカに到着して空港から外に出ると「また違う国に来てしまった」と痛感し、帰国して「矢張り全ての点に於いて我が国が最も優れている」と実感していました。要するに「諸外国を見て初めて自国の良さが解る」のですが、これは自惚れではなく、外国を見なければ視野も広がらず、知識もついてこないということだと思っております。それを会社を変わったことで学べたのは僥倖だったでしょう。

私はそういうことを目的にして転進した訳ではなく、飽くまでも多少条件が良くなる生活の手段として選んでしまっただけのこと。だが、当人がその気にならなければ「外国との文化の違い」というか「我が国は如何なる国で、自分は何者だったか」は見えてこないでしょう。その為には言葉が解ったことが大きな助けになりました。

因みに、MI氏は「偏向したマスコミの連中を1ヶ月でも欧米等の海外に放り出して勉強させれば多少は変わってくるだろう」と言われていました。興味深い発想というか着想だと思っております。海外を見ずして我が国が如何に優れているかは解らないと言っておられると思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月18日 その2 UKのヘンリー王子の結婚

2018-05-18 16:38:00 | コラム
テレビ局は何故この件で大騒ぎをするのだろう:

私には良く理解できない。ヘンリー王子は次男であるし、何故各局があれほど嬉しそうに報道するするのかと不思議に思えてならない。極端な表現を使えば「世界の重大ニュースではないし、どうでも良いことではないのか」とすら考えている。他にもっと重要な案件が世界中に転がっているのではないのか。例えば、金正恩委員長が矢張りと思わせてくれるように、トランプ大統領との首脳会談の開催を取り止めるようなことを言い出したとか。尤も、加計問題の追及こそはどうでも良いことだと信じているが。

それと、もう一つ。このヘンリー王子とメーガン・マークルさんのご結婚報道には私の興味を惹く点があるのだ。それは「我が国のマスコミは欧米人の『ファーストネーム、ファースト』の原則が未だに解らず、常にファーストネームを名字の如くに扱って報じる姿勢のおかしさ」がこの件の報道では全く現れていないのだ。全ての局がと言って良いほど「マークルさん」とラストネーム(=名字)で呼んでいる点だ。やっと解ってきたかと思わせるが、私は単なる偶然だと思っている。

1945年に戦争が終わって名字と名前の順序が我が国とは反対である欧米の人たちとの交流が始まって73年も経ってしまった今になっても、ほとんどのテレビ局は欧米人を「マイケルさん」だの「ポールさん」という具合に名字ではない呼び方をしている。それでも不思議なことに「マイケルさん」は「マイケル・ジャクソン」のことだと解ってしまうようだし、「ポールさん」は「マカートニー」を指していると通じるようだ。では、何でUKの王子の婚約者は「マークルさん」になってしまうのだろう。

あれほどおかしなカタカナ語を濫用する連中が、何故ここだけは「メーガンさん」としないのだろう。チャンと解っているのだったならば、もう好い加減に「メジャー」(正しくはと言うか私の望みは「メイジャー」だが)や「セキュリティー」(正しきは「セキュアリテイー」か「セキュアラテイー」だが)のような誤ったカタカナ表記を使うのを止めたらどうだろうと言いたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本大学フェニックス

2018-05-18 08:00:44 | コラム
何故マスコミはあそこまで採り上げるのだろうか:

兎に角、ここ数日はテレビを点ければ「日本大学フェニックスの悪質なタックル」の話題ばかりである。昨日辺りからはそこに西城秀樹の訃報が加わって少しは緩和されたが、兎に角フェニックスなのである。それでは長年のフェニックスの支持者としては些か憂鬱である。昨日の午後には関西学院大学のアメリカンフットボールの監督とデイレクターの記者会見などは恐らく全局が中継していただろうと思う賑わいだった。

私には最早日本大学フェニックスは「水に落ちた犬」(では言い過ぎかな?)の如きにされてしまったとしか思えない。それでもマスコミは叩き続けるのは何故だろうかと思うと気すらある。(アメリカン)フットボールに関心がある読者や視聴者がどれほどおられるのだろうか。

私はあのプレーには弁解も弁明の余地もないことで、日大側からは理屈も何も言えない性質だと思っている。前回も述べたが「謝罪の文化」がある我が国のことであるから、先ずは認めるべき事は認めて謝罪することから入っていく必要があると考えていた。ところが、関学に日大から昨日採り上げられた釈明文が届いたのは15日だったと言われていたから、それでは如何にも遅すぎるとしか言いようがない。マスコミ風に言えば「関学が怒りの会見」となったのも仕方がないだろうと思う。

日大には新設された学部に「危機管理学部」がある。それにしては今回の危機については打つ手打つ手が遅すぎるのではなかったかと言いたくもなる。日大の側にも色々とあのようなことになってしまった原因というか経緯については理屈めいたことがあったかのようだ。だが、それを事ここに至って取り出して関学側に知らせるというのは余り得策とも思えない。関学には「信頼関係が崩壊した」とまで言わせてしまった。

私も何があったかについては少しくらいは知り得た事柄もあったが、そんなことを今更採り上げても何の意味もあるまい。日大側が可及的速やかに講ずべき手段を講じて、事態を解決の方向に持って行って貰いたいと思うだけだ。それが内田監督の謝罪なのか、#91が負傷した関学のQBとそのご家族にお詫びに行くことなのかは知らない。ただ黙って成り行きというか日大の善処を見守っていくだけだ。

それにつけても違和感があるのはマスコミのこの問題の採り上げ方だ。産経新聞などは日頃関東大学リーグ戦の試合の結果などは1行たりとも報じたことがない割りには、今回はあの詳細な報道の仕方と日大の批判である。他の新聞もテレビ局も似たようなものである。私には彼らマスメディアが何か日本大学に対して含むところでもあるのかとすら考えさせられてしまった。

だが、視点を変えれば、何となくマスメディアと野党連合の安倍内閣と加計問題に関する不当な追及とその報道を、自分たちの手で片隅に追いやったかの感さえある。その点だけが今回の「悪質なプレー報道」におけるマスコミの連中の取り柄かも知れない


コメント
この記事をはてなブックマークに追加