ほぼ是好日。

日々是好日、とまではいかないけれど、
今日もぼちぼちいきまひょか。
何かいいことあるかなあ。

面倒なこと 

2021-03-31 | 日々のこと。
ようやく3月が終わろうとしています。
この1~2か月、ホントに忙しかった・・・

年度末から年度初めにかけてって、けっこう“面倒なこと”を頼まれる時期ですよね。
子どもが学校に通っているときはPTAの役とか、趣味の集まりの新年度の代表とか、
自治会の役員とか。

我が家では去年の3月に町内会長を頼まれ、新型コロナウイルスに振り回されながらも
この1年無事乗り切ることができました。
なんとか次の会長さんも決まって、引継ぎもし、後回しになってた確定申告もやっと提出
(締め切りが1か月延長されて助かりました)。
ようやくほっとひと息ついたところです。

それにしても・・・

誰しもできれば避けて通りたい“面倒なこと”。
でも、誰かがやらないといけなくて。

私の住む地域では、だいたい十年前後に一度は町内の組長が回ってきます。
10組から6組に減ったので、現在は6人の組長が集まって会長や庶務、会計などの
役職を決めています。

町内というのはつくづく社会の縮図だなあと痛感するのですが、
私がここに嫁いできたときから、この町内ではすでに高齢化、少子化が見受けられ、
それが最近では、高齢者のひとり暮らしや高齢の親と独身の子ども世帯が増えてきています。
それに、数十年前と違ってご主人も奥様もフルタイムで働いておられる家が多くて
皆さん忙しい。
組長を辞退される家も増える中、順番だからしかたないと引き受けても面倒な役職にはつきたくない、
というのが人情です。

私の住む町内は昔からの家が多いせいか、バス旅行に子ども神輿、地蔵盆と
子どもが少ないわりに行事が多く、それらを毎年組長さんたちで計画して実施されるので、
夏までは本当に大忙しなのです。
まあ、今年度はほとんど中止になってしまいましたが。

そういう町内の行事だけではなく、市からの依頼で回覧板を回したり、毎月不燃ごみ収集日に
朝早くから立ち合いをしたり、けっこう大変。
確かに、仕事を持ってたり、小さい子どもがいたり、介護をしていると負担は大きい。

で、今回つくづく思ったのです。
こういうシステムって、この先いつまで続けられるんだろうって。
高齢者世帯がもっと増えて、組長のなり手がもっと減ったら、立ち行かなくなるんじゃないかと。
長年続いてきた子どもたちの行事はなくなり、溝掃除も高齢化でできなくなって業者に頼み、
不燃ごみの分別もできなくなり・・・
そして、それはこの町内だけのことではなく、いつか日本全体がそうなってしまうのではないかと・・・

確かにこの1年、慣れない役職で面倒なことばかりでした。
でも、そのおかげで普段主人とふたりの生活ではめったに使わない頭と気を使い、
若い組長さんたちに囲まれてけっこういい刺激になったのかも・・・
でも・・・、もう会長職はこりごりです



そうそう、最近、特に面倒だったことはこれ↓







国産の檸檬がたくさん手に入ったのでつくってみたけれど、やたら時間がかかって
当分つくりたくないかも・・・
でも、美味しかったんだなあ、これが。


コメント

麒麟の年

2021-02-02 | 読むこと。



実は昨年の初めに、このタイトルでブログを書くつもりでいました。
というのも、昨年始まった大河ドラマが「麒麟がくる」。
明智光秀が主人公ということで、地元に多少ゆかりのある人物ということもあり
(実家のすぐ近くにある公園には、光秀の盟友細川幽斎〈藤孝〉の古今伝授の松があります
楽しみにしていたのです。

それに加えて、もうひとつの理由が・・・
はい、上の画像でおわかりのとおり『十二国記』です。
もう一昨年の秋になりますが、このシリーズの最終話となる『白銀の墟 玄の月』が出版され、
このシリーズが本屋さんに山積みにされておりました。
実は私、この作品に興味はあったものの、これまで全然手をつけていませんでした。
というのも、アニメで見たときに違和感を感じて、ちょっと拒否してしまったのですね。

それが、たまたま本屋さんで手に取ったそのときから、私の長~い旅が始まったわけです。
そう、私にとって去年は、コロナだけではなくまさに麒麟の年になってしまったというわけ。
どうして『十二国記』に麒麟が関係するのかというと・・・

『十二国記』というのは、私たちが住む世界と中国風の異世界を舞台に描かれた壮大なファンタジーです。
(私はこれまでレビューの中で何度か“壮大な”を使ってきましたが、その中でもこれは上位・笑)
この世界では十二の国が存在し、天意を受けた霊獣麒麟がそれぞれの国の王を見出します。
その王が善政をしけばその王の御代が何百年と続き(王は不老不死となる)、その国は繁栄し
人々は豊かになります。
しかし、その王が道を誤れば麒麟は病の床につき、命を失えばその王も死んでしまう・・・
それほど王と麒麟は深い関係で結ばれているのです。

麒麟が死ぬと新たに麒麟が生まれて、その麒麟がまた新たな王を選ぶ、ということになるのですが、
王が不在の間は国が乱れ、妖魔が飛び交い、人々は苦しい生活を強いられることになります。
この物語は、私たちの住む世界〈蓬莱〉から王として選ばれた女子高生陽子や、
〈蝕〉という現象によって〈蓬莱〉で生まれ育った麒麟泰麒の、壮絶な戦いとある意味
成長の物語が中心ではありますが、それだけの単純なお話ではないのですね。

このシリーズを読み進むにつれて、主人公たちの目を通してこの異世界というものが
読者である私たちにもわかってきます。
王というものについて、麒麟であることについて、国づくりについて・・・

そしてこの、私たちが住む世界と全く異なるシステム(仙籍に入ると何百年と生きることができたり、
子どもは里木から生まれたり、天があり妖魔が存在する等々)でありながら、人々は
同じように苦しみ、悩み、絶望する。
しかし、わずかな希望を支えに、何を信じ、いかに生きるのかを模索しているのです。
それは、王も、麒麟も、将軍も、市井の人々も等しく。
それが壮絶なドラマを生み、読者を引き込んでいくわけです。

このシリーズはエピソードゼロとなる『魔性の子』が1991年に発表されてから、
1~2年に一作のペースで出版されていたようですが、長編は『黄昏の岸 暁の天』で
長い間止まっていたようです。
私は一昨年から去年にかけて一気読みできたから、どっぷりこの世界に浸ることができましたが、
長年のファンにとっては何とも待ち遠しかったことでしょうね~

でも一昨年発表された『白銀の墟 玄の月』は、けっこう厳しいコメントが多く
私もしばらく読むのをためらっていました。
それでも、一度読みだしたらもう止まりません。
やたらと多い登場人物(しかも、似たような役回りが多い)に、行方不明になった王を探すため
あっちへ行ったりこっちへ行ったり、そのわりに話はなかなか進まず・・・
途中で、この人誰だっけ?と思うこともしばしば。
それでも。
登場人物の多さも、なかなか進まない展開も、ある意味必要なことであったのだろうな、
と思います。
何度ももうだめだと絶望を感じながら、それでも様々な人々の思いがあり、それに支えられ、
多くの犠牲を伴いながらも最後の最後で事を成し遂げた李斎や泰麒。
長年続きを待ち続けたファン、特に泰麒のファンにこの最終章はつらいかもしれないけれど、
『魔性の子』から泰麒が背負い込んだ運命を考えると・・・、こういう展開であることに
納得したのでした。
というか、『十二国記』が出る前に、すでに『魔性の子』でこの世界観を思い描いていたのは
凄い!のひと言です。

「麒麟がくる」も、残すところあと一話。
いつも落ち着いた雰囲気の光秀が、最近エキセントリックな表情になってきましたね。
さて、どんな本能寺を迎えるのか日曜日が楽しみです

コメント

2021年 睦月

2021-01-10 | 日々のこと。



年が明けて早10日。
年末年始には30センチほど雪が積もりましたが、ここ数日大雪の予報にも関わらず
幸いなことにこのあたりは積もるほど降っていません。
今朝のウッドデッキは、ご覧のように日差しのさしたところだけきれいに雪がとけていました。

昨年は新型コロナに翻弄された1年でした。
そしてそれが今なお続いています。
昨年の2月以降は楽しみにしていた旅行をやめ、外食も控えてたのに
巷ではGo Toで人々が移動し、気が緩んだせいか感染者が増え続けることになりました。
市から感染者のメールが届くたび戦々恐々とし、後手後手の政府の対策に腹を立て・・・
もう、うんざりです。

今年はどんな1年になるのでしょうか。
少しでも穏やかな日々が過ごせますように。
誰もが安心して暮らせますように。



昨年の後半から、ほとんど更新できなかったブログですが、
今年はもう少し時間が(たぶん)とれそうなので、
書くことをあきらめずアップしようと思っています。
どうか今年もよろしくお願いします。



おせちで初挑戦した伊達巻。
なんとか形になりました(笑)
甘さ控えめで、これから定番になるかも。







コメント (2)

季節のうつろい

2020-10-16 | 日々のこと。
暑い暑いと言いながら、8月と9月が過ぎて行きました。
毎日追い立てられるように時間が過ぎて、気がつくと10月半ば。
朝夕は冷え込むようになり、カレンダーも残りあと数枚。
早いですねえ・・・

今年の長梅雨、猛暑の影響でしょうか。
ずっと元気に咲き続けてくれたサザンクロスが突然枯れてしまいました。
主人の畑も夏野菜の生育がわるかったし、庭のイチジクも甘みが薄くてがっかり。







不作だったブルーベリーやレモンに比べれば、実が生っただけでもよしとしよう。
サラダとして塩胡椒とオリーブオイルで食べたり、生ハムと一緒にワインのおつまみにしたり。

主人が畑のお隣からいただいたイチジクは、毎年ジャムにしています。
今年もコトコト♪





今、庭にわさわさとジャングルのように生い茂っているのはパッションフルーツ。
一昨年主人が安くなってた苗を買い、何もわからず植えたところトケイソウのような花が咲き、
やっと実が色づいて収穫したのは12月だったかな?
こんな寒い時期に・・・と不安ながら切ってみると案の定中はスカスカ。
場所ばかりとって残念な結果となりました。
でも、今年はたくさん花が咲き、実もしっかりぶらさがっています。





さてさて、今年はどうなることやら・・・

今日はヴィオラを植えました。
今年の秋はまだお出かけの予定をたてる気にもなれず、こんなふうに庭仕事をしたり、
片付けをしたり、本を読んだりしています。
そろそろ冬ごもりの準備でもしますか・・・


コメント

ようやく目隠しのフェンスが完成

2020-07-29 | リフォーム
5月にウッドデッキが完成した後、一体いつになったら目隠しのフェンスをつくるのか、と
日々主人をせっついたり、脅したり、なだめたり(笑)
ようやく今月に入って主人が動き出し、業者さんに頼んできのう出来上がりました!
(実は近所で刃物を持った男と警官がもみあい発砲するという事件がありまして、
 この写真の向こうでは、多くの警察の方が銃弾を探しておられました





カタログ見て、あれこれ迷ったわりにはごくごく普通のフェンスとなりましたが・・・
まあ、なんとか給付金の範囲内でできたのでよしとしよう
(反対側の隣家との境界にもフェンスを設置。おかげでシュートが飛び出て
 節操がなくなってたモッコウバラがなんとか落ち着きました)


少し引いてみるとこんな感じ↓
 




道路から見るとこうなります。





完全な目隠しにはなりませんが、風通しと開放感を優先しました。
あ~、これで夕方ウッドデッキでビールが飲める!と喜んだのも束の間。
雨上がりの庭に5分もいたら、蚊の猛攻撃
ウッドデッキに出るには、防虫スプレーが必須になりそう






コメント (2)