何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

ギヤー式の減速機は難しい・・・

2018-11-20 17:17:36 | 電子工作


2018/11/18(日曜日) 晴れ


新しく購入したタブレット型パソコン(Windows10)の具合が悪くて修理に出した。
いろいろ実験してみたかったけど何もしないうちに(購入当初から)具合が悪くなってしまうなんて
どういうことだ、まったく!
旅行記もちょっと中だるみだし、暇つぶしにジャンク箱をのぞいたらこんなのが目についた。


プラスチックのプーリーとか歯車があった。


スチームエンジンで(発電機として)小形モータを回してその発電電力からエンジンのパワーを
チェックしたことがある。
そのとき、エンジンに結合した小形モータの回転数を増速したり減速したりするために減速機や
増速機にはプーリーとベルトを使っていた。
プーリーとベルトで回転力を伝達するとどうしてもスリップを起こしてしまう。
そこで歯車を使おうとこんなプラスチックの歯車セットを買ったけど結局は使わず仕舞いだった。




この歯車を使って減速機を作ってみることにした。



そして、減速機を使ってサーボモータを作ってその動きを4CHオシロで観測してみよう。

減速機なんて歯車をぴったりかみ合わせて取り付ければいいんだろう・・・・

と、タカをくくって工作を始めた・・・・・・

ところがこれが難しい。
歯車同士を組み合わせて軸と軸の間を測って正確に軸穴を開けた。(慎重に正確に工作したつもり)
歯車を取り付けて回してみた。
ダメだ・・・隙間が大きくて相手を回せない。
間隔を狭目にすると今度はきつくてスムーズには回らない。

確かに歯車の歯の高さは1mmに満たない。
老眼にルーペをかけた視力では正確な間隔の軸穴は開けられないのだ。

側板に直接軸穴を開けて歯車を取り付ける方法は失敗だった。
そこで小さな軸受板を作って側板に調整して取り付けるようにした。

0.8mm厚の真鍮板を小さく切って2mmφの軸が通る穴を開けた。
側板へは2mmネジで固定する。 軸間は調整できるようにする。



歯車を組み合わせては軸間を調整してスムーズに回るようにして軸受を固定する。



こんなことを何度も繰り返して3軸を取り付けた。
ところが今度は歯車の上下位置が動いてしまう。
軸に小さな座金をかませて移動しないようにしたが小さな座金はスプリングワッシャーしかない。
スプリングワッシャーはテンションがかかるように口が開いているので全く平らな状態にはならない。
歯車と一緒に回転して厚みが変化してしまうのだ。
そして厚くなった時点で摩擦が大きくなってスムーズに回転しなくなってしまう。
あれこれ試行錯誤を繰り返しているうちに辺りは暗くなってしまった。

ダメだ! こんな調子ではサーボモーターには使えない。
また明日、初めからやり直そう。


コメント

安物買いの銭失いになるところだった・・・

2018-11-06 16:21:29 | 電子工作


2018/11/03(日曜日) 晴れ


長距離ドライブを終えた翌日だったので体がまだ揺れているように感じてしまう。
しかし、新しく購入した「タブレットPC」がうまく動かないのでそんなことは言ってられない。
早速作業開始だ。



購入した機器構成で使用すると最初のうちは動作するのだがちょっと時間が経過すると
「最後に接続したUSB機器が認識できない」なんていう警告MSGが出て動作が停止してしまう。
キーボードもマウスも反応しなくなってしまう。






この現象は購入して初めて電源を投入しWindows10をセットアップするときにも発生した。
ちょうどパスワードを設定しているときだったので本当に困ってしまった。
本体からキーボードを取り外してタブレットモードでは動作してくれたので入力を継続したが画面からの
タッチパネル方式で入力をしたので何を入力したかがよくわからなくなってしまったのだ。 
セットアップを終えて再立ち上げした。
システムが立ち上がってパスワードを要求してきた。
入力した通りのパスワードを入れても受け付けない。 困った! どうしよう!
このタブレットPCのサポートデスクに電話しても「混みあってます。お待ちください」の
アナウンスが流れてくるだけでやがてプッツン、と切れてしまう。
安物のメーカーはこうゆうサポート体制もいい加減なんだろう。

仕方がない、なんとか自分で解決しなくっちゃ。
あれこれ調べてやっとパスワードを特定できた。
システムが動き出した時は本当にホッとしたものだった。(こんなに嬉しかったのは初めてかもしれない)
すぐ、システムを購入時の状態に戻して今度は慎重にセットアップをしなおした。
今度はパスワードはセットしなかった。
オイらのパソコンはオイらしか使わないからパスワードなんか設定したことがないのだ。
なまじ操作説明書に従ってパスワードなんか設定したからエライ目に遭ってしまったんだよ!!!!
早速メーカにメールを出して置いた。 何日か経って返事がきた。 接点を磨けだってさ。

言われた通りキーボド接続の接点を磨いたけど状況は変わり無しだった。

(以上このマシンに対する愚痴でした! メーカーが読んでくれると好いけどね)


このタブレットPCをノートPCとして使うのは不可能だ。
キーボードを取り外してタブレット端末として使ってみよう。
たまたま以前購入したUSBキーボードがあるからそれを取り付けてみよう。




キーボードを取り外したので本体(ディスプレイ)は寝てしまう。
後で何か考えよう。



この構成ならHDSDRは正常に動作してくれた。



ペーパークラフト(大好きな工作です)でスタンドを作った。






SDR#も正常に動作した。



PCオシロもOK。



NWT-4000もOKだ。



PCR1000も動作した。



RTLSDR Scannerはちょっと悪戦苦闘したけど動作させられた。



これで今まで使っていた無線工作関係ソフトは全部組み込めた。




ノートパソコンの様には使えないけどタブレット端末として使えば何とか使えるようになった。
一時は「安物買いの銭失い」となるか・・・・・(お代官からはいつもそういわれている)と思ったけど、
何とかそれにはならずに済みそうだ。
だけどこれから先に何か問題が出るかもしれない。
やっぱり安物には気をつけなくっちゃね。





コメント (2)

タブレット型PCを購入しました

2018-10-19 14:22:58 | 電子工作



2018/10/18(木曜日) 晴れたり曇ったり


会員登録をしてあるサイトから「タブレット型PCの大安売り」の案内画面が送られてきた。
標準価格49,800円のタブレットPCが19,800円で買える・・・というものだった。
OSはWindows10で画面サイズは10.1インチだそうだ。
自分はもうタブレットは持ってるし、2つもいらないからと画面を消したが、寝床についてから

「まてよ、あのタブレットはWindows10だからパソコン用のソフトをインストールできるし、
正式のWindows10マシンもあれば好いかもしれない。
(デスクトップPCは無料アップデートのインチキWindows10)
・・・19,800円ならお小遣いで買えるし、失敗してもそんなに惜しくはない。
タブレットにPCオシロスコープを組み込めば(キーボードが無いので)単体オシロみたいに
使えるかもしれない・・・」

なんて考えて、翌日、注文してしまった。

あくる日には、宅配便で送られてきた。 速いなぁ!!!




早速開梱。







本体とキーボードが分離できる。 本体はタブレット端末になる。 結構重たい。


セットアップには苦労した。 
今まで、パスワードとかセキュリティーとかあまり気にしたことがなかったのでよくわからなかった。


やっとWindows10のスタート画面が出た。


やっとインターネットに接続できた。



タブレットPCを購入した目的の一つ、PCオシロのソフトをインストールしてみた。
このソフトはデスクトップPC(Windows10)では問題なく動作している。


ダメです!
ソフトは立ち上がるけど「Offline」の表示が出てラスターは出ない。



デバイスマネージャーで確認するとオシロスコープのアイコンに?マークが付いている。
そこでドライバーの更新をしてみたが、「ドライバーが見付からない」とのメッセージが返ってくる。
同じWindows10でもデスクトップのそれとは違うのかな?
ありゃー、こりゃ「安物買いの銭失い」かな?

そこでPCオシロのメーカーのサイトからサポート担当に問い合わせをした。

流石、OWONだ。 すぐ返事が返ってきた。

「このアドレスにアクセスして最新のドライバーをダウンロードしてください。」

指示のとおりドライバソフトをダウンロードをした。

ところがまた問題が・・・・
このタブレットPCにはスマート何とかというセキュリティー機能が付いていておかしなソフトは
ガードがかかってダウンロードできないようになっている。
ダウンロードは自分の責任でやってるんだから余計なお世話だよ、まったく!


この解除の仕方をネットサイトで調べて何とか機能を停止させてダウンロードを実行した。
そしてドライバーをインストール。 無事PCオシロが動作してくれた。




余計なキーボード外せば単体オシロ見たいでしょ? 
えっ、「ダイヤルをカチカチカチって回せないとダメ」ですか?  そりゃそうだ・・・・



でも、こんな縦型にできますよ・・・ えっ、「見にくい」ですかぁ・・・・・残念!



今度はタブレットPCにHDSDRをインストールしてみよう。



コメント (3)

RTLSDR Scannerを動かしてみました

2018-10-15 11:40:59 | 電子工作


2018/10/14(日曜日) 曇り


何とかインストールできた RTLSDR Scanner を動作させてみました。
先ず気になっていたスキャン可能な周波数範囲(レンジ)を確認してみました。
インストールした直後の動作テストでは1GHzまでは確認したのですが、
更に高い周波数はどのくらいかを調べました。

その結果、ドングルの個体を変えるとその値も変わってしまうということがわかりました。

私はドングルを3台(個?)持っています。
というのはいろいろ実験をしているうちに動作不良になり、ドングルが壊れたと思って
新しいものを購入しました。 
ところが異常になったのはソフトウェアの方でドングルは全く正常でした。
こんなことを2度も繰り返して結局ドングルを3台も持っているのです。(ドジだなー)

でも今日の実験ではこんなことがわかったのでよかったです。


先ず青ドングルで調べてみました。



FM放送がある周波数帯(70MHz~100MHz)をスキャンしてみました。



本題の高い周波数までをスキャンしてみました。(75MHz~1700MHz)
正常にスキャンできました。


スキャンが完了するまでに6分もかかります。
(“Dwell”を最小の8msに設定。 得られた波形が粗くなる。 それでもこんなに時間がかかる。)

このソフトをスペアナと言わずに「Scanner」というのはこの辺の状況からでしょうか・・・

得られた波形データはいろいろなファイル形式で保存できます。
OfficeのExcelで利用できるCSV形式もあります。

これは体裁よくグラフ表になったpng形式のファイルです。



次に黒いドングルで実験してみました。




2、3分経過したところでエラーメッセージが出てスキャンが停止しました。




別の黒ドングルでも同じ結果でした。
停止する周波数は“9487500000Hz”です。


その範囲のグラフは保存されています。



青ドングルのグラフに比べると何だか荒れているようです。
表示されている周波数範囲が異なるので単純には比較できませんが、なんとなくそんな感じです。
今度はスキャン範囲を同じにして青、黒を比較してみます。


青いドングルを使えば1.7GHzまでスキャンできました。
(それ以上は調べていません。)

スキャンに要する時間は約6分です。




コメント (4)

RTLSDR Scannerをインストールしてみました

2018-10-14 10:34:12 | 電子工作


2018/10/13(土曜日) 曇りときどき雨


ウェブサイトを閲覧していると「RTLSDR Scanner」という記事が目に入った。
SDRドングルを入力装置にして周囲の電波の様子を見ることができる・・・という。
オイらもSDRドングルは3個も持っている!(何も威張ることはない(笑い))
早速、記事を参考にしてそのソフトをインストールしてみた。

最初は何回やってもダメだった。
これはソフトをダウンロードするアドレスを誤っていたからだった。
でも画面を頼りにダウンロード先を探していくと、どうしてもそこに行ってしまう。
試しに下の方の小さなタグをクリックしてみたら別のダウンロード先に行きついて今度はうまくいった。

そんなインストール作業をまとめてみました。
(へぼ実習生のやることです。 これが正しいかどうかはわかりません。 念のため・・・)


https://eartoearoak.com/software/rtlsdr-scanner

というURLでアクセスするとこのサイトにたどり着く。

“ Download ”と書いてあるボックスをクリックしてしまいそうだがこれはダメ。
下の方の“GitHub"(赤アンダーライン)をクリックする。



この画面のexe(赤アンダーライン)をクリックしてダウンロードする。



ダウンロードした“ rtsdr_scanner-setup-win32.exe ”を実行する。
画面には「NEXT」や「はい」が出てくるがそれに従って進行させていく。




“ FULL ”にチェックを入れて“ NEXT ”をクリック。






インストールを開始する。


  (インストールは結構時間がかかります。)


完了のメッセージに応答します。





“ Next ”をクリックするとアップデートが開始される。





これでインストールは完了です。 結構時間がかかります。




インストールされた「 RTLSDR Scanner 」を起動すれば次の画面が表示されますが
SDRドングルが未接続なのでスキャンはできません。




ソフトを終了してSDRドングルを接続します。
その後、Scannerを起動すると動作させることができます。




注意点

今回、RTLSDR ScannerをインストールしたこのパソコンにはSDRドングル用の
ドライバーが既に組み込まれています。 (SDR#やHDSDRを使用していますので)

もし、SDRドングルを初めて接続する場合には、ドングル用のドライバーを組み込む必要があります。
これはこれなりに結構面倒な作業となります。

(このブログの古い記事にSDR#、HDSDRのインストールのことがアップされています。
 または他の資料を参考にされてドライバーをインストールなさってください。)


RTLSDR Scannerを使ってみての感想。

なるほど・・・このソフトを「・・・・Scanner」という意味がわかりました。
スキャナーなんですよね。
ある周波数範囲をスキャンして表示する・・・ 結構時間がかかります。
スキャンする周波数幅が100MHzぐらいでも数十秒かかります。
バンド幅が1GMHzぐらいになると5分ぐらいかかります。

リアルタイムでスペクトラムを観測するようなことは期待できませんが結構面白い観察ができそうです。
これから大いに使ってみようと思っています。








コメント (2)