何でも実習生の実習日誌

電子工作、模型スチームエンジン工作など、何でも工作が大好きです。
手持ちの工作機械は卓上ボール盤だけ、全て手作りです。

SDRドングル(ワンセグチューナ)で短波放送を受信

2017-07-26 08:29:42 | 電子工作


2017/07/25(火曜日) 曇り一時雨


バラック組み立てをしたアップコンバータで短波帯をVHFに変換して
100MHz~150MHz専用超再生受信機で受信してみた。
この時は短波放送が受信できて工作はうまくいったと喜んでいたのだが
次のSDRドングル(ワンセグチューナ)での受信はうまくいかなかった。
どうしてだろう・・・・・
再度VHF超再生受信機でテストしてみたが今度は全然聞こえない。

どうしたんだろう? 局発が停止したかな? 

発振周波数を確認してみると正しく100MHzを発振している。
出力が弱くなったのかな?

前もトランジスタがイカレて交換したことがある。
取り外してhFE(電流増幅率)をチェックしたが正常だった。

気になることがある。 コイルの巻き数が多いのかもしれない。
4回も巻いてあるので発振周波数が低すぎるのかもしれない。
そこで2回巻に変えてみた。
発振周波数は200MHzになってしまったが、受信テストをしてみた。

すると、なんと短波放送が聞こえてきた。


実験回路はこんなもの。
青ドングルでアップバータ出力を受信し、黒ドングルは局発(LOC)から漏れる電波を受信して
発振周波数を確認する。



モニタにはHDSDRの画面とSDR#の画面を表示している。(PCを2台使用しています)



LOCの発振周波数は200MHz。 出力はかなり大きい。(はずです・・・)



HDSDRにはアップバータの出力(スペクトラム?)が表示されている。



同調点は207.XXXMHzだ。 これは短波の7MHzかもしれない。



そんなテストの様子を動画でご覧(お聞き)ください。





何とかSDRドングルで短波放送を聞くことができた。
アップコンバータは短波放送をVHF帯に変換してくれたんだ。

(手持ちのSDRドングル(ワンセグチューナ)は受信帯域が60MHz以上なので
 7MHzとかの短波放送はこのままでは受信できない。)

ただ変換された信号は200MHzだからこれは問題である。
これでは100MHz~150MHzを受信する超再生受信機で受信できない。
何で100MHzに変換された信号が受信できなかったんだろう?
今度はそれを調べなくっちゃならないよぉ。

でも、これが面白いんだから、好いかぁ・・・ ガンバローっと!




コメント (10)

平成29年暑中お見舞い

2017-07-25 18:49:34 | その他



コメント

VHF超再生受信機で短波放送を聞く

2017-07-24 19:18:41 | 電子工作


2017/07/23(日曜日) 曇り一時雨


VHF(100MHz~150MHz)専用受信機で短波放送を聞いてみようと、
短波帯(~20MHzほど)を110MHzにアップするコンバーターを工作した。
実は先日、この逆の320MHz付近のエアバンドを110MHzにダウンする
コンバーターを工作して案外うまくいったので、今度はそれを真似して工作してみた。


コンバータの構成はこんなもの。



配線は簡単だった。



SDRを使って局発(LOC)の周波数を100MHz(付近)に設定した。



GDM(グリッドディップメータ)が発する7MHz~20MHzを受信してみる。



そのテストの様子を動画でご覧ください。




あれこれ実験?を繰り返しているうちに夕方になり、やがて夜に・・・・
短波放送は夜間に聞くものと相場が決まっている。
コンバータにアンテナを接続してVHFにアップした短波の電波を超再生受信機に送り込んでみた。
おぉー、何とか短波放送が聞こえてきた。
ただ、明瞭度が低くて何を言ってるのかはよくわからない。


そんなテストの様子を動画でご覧ください。




アナウンサーが何を言ってるのかはさっぱりわからない。
(もっともきれいに聞こえても(外国語は)ちんぷんかんぷんだけどね(笑い))

こんなもの作ったってなんの役にも立たない・・・・・・

いや、いや、それが好いのです。
役立たずの実習生が役に立つものを作ったら話がややこしくなります。
これからも「役に立たないもの」を一生懸命に作ろうと思います。


コメント (2)

LPFを基板に組み込みました

2017-07-22 19:19:27 | 電子工作


2017/07/22(土曜日) 晴れ


ブレッドボードや生基板切り張りで実験していたLPFをプリント基板に組み込みました。


基板は例によって穴無表面実装?方式です。



SMAコネクタは基板に仮付けしました。(本番ではケースに取り付けるつもりです。)



コイルはコア入りボビンに巻いたので次のような状態でスイープ波形を観測しました。


コアを一番深くまで挿入した状態。



コアをボビンの上面に合わせた状態。



コアを取り外して空芯にした状態。



先ず50KHz~300MHをスイープした結果です。
コアを最奥部まで入れた状態(赤色グラフ)が一番帯域幅が狭くなりました。




同じ実験を50KHz~150MHz、50KHz~100MHzで行いました。






コアを出し入れすれば短波帯(~30MHz)はカバーできそうです。
ゲイン差は40dBぐらいありそうです。


短波帯をVHF帯にアップするコンバータの部品が出来上がりました。



これを生基板にバラック組み立てをして実験してみます。
果たしてうまく機能するかどうか・・・・・楽しみです。
コメント (2)

LPF(ローパスフィルタ)らしくなったかな?

2017-07-21 13:55:38 | 電子工作


2017/07/20 (木曜日) 晴れ


先日実験したLPFは確かに低い周波数帯を通過させているけど何だかBPF見たいな
感じがする。
LPFというからには低い周波数は通過させなくては駄目なんじゃないだろうか?

コイルは低い周波数は通しやすく、高い周波数は通し難い・・・・
コンデンサは低い周波数は通し難く、高い周波数は通しやすい・・・・
この相反する性質を組み合わせて目的の周波数範囲だけを通過させたり遮断したりする・・・
これがフィルタだろうけどなかなかうまくいかない。
ウェブサイトに掲載されている記事や参考資料を見ても難しい理論や計算式がいっぱいで
理解力不足のオイらは頭が痛くなって眠くなってしまう。
まぁ、これから理論を勉強しようとしたってオイらには無理だ。
見よう見まねの実験をして動作を確かめてみよう。


基本的にはこんな回路になるんだろう。
高い周波数では抵抗?が大きくなるコイルと、逆に抵抗?が低くなるコンデンサを接続した
分圧回路でコンデンサに発生する電圧を取り出す・・・




このとおりをブレッドボードに組み立てて実験してみたが変な波形になってしまう。
そりゃそうだ、加えるのは高い周波数の信号だ。
コイルとコンデンサの組み合わせ回路は「共振回路」にもなるはずだ。
反射とか誘導とかも発生するんだろう。

ところでブレッドボードに回路を組んだ場合と、プリント基板に回路を組んだ時ではどんな
差があるんだろうか?
変な出力波形になってしまう原因にもなるのかな?

ブレッドボードと生基板に線を張って入力して出力を見てみた。






NWT150で50KHz~300MHzをスイープして両者を比較してみた。
ブレッドボードでは160MHzぐらいに小山が現れその上には波形が乱れている感じだ。
ブレッドボードは部品をクリップに差し込んで接続するので接触上の問題や、浮遊容量が大きい、などが
影響しているのだろう。
生基板ではなだらかに減衰しているように見える。




そこで今回は生基板にコイルを取り付けて実験してみた。

10回巻のコイルと7~40pFのトリマコンデンサを接続じたLPF回路。



50KHz~300MHzをスイープした波形。
周波数が高くなっていくと出力が減少していくのが見える。
赤いグラフは正常な接続時のもの。(IN)を入力とし、(OUT)を出力として測定)
青いグラフは逆に((OUT)に入力を加え、(IN)から出力を取り出して測定)したもの。




スイープ範囲を50KHz~150MHzに狭めて測定した波形。
逆入力でも正常入力と同じように減衰していく・・・・なんでだろう?



同じ回路を2段接続してみた。






高い周波数に向かって急峻に減衰するようになった。
逆方向接続でも同様に減衰している。 150MHzぐらいにピークが出ている。
その他高い周波数での山は生基板の固有共振?かも知れない。


スイープ範囲を150MHzに狭めてみる。 大体25MHzまでが通過する。
75MHz以上は40dBぐらいの減衰になっている。



これなら3MHzから25MHzの短波帯を受信するLPFとして使えるかもしれない。
コイル・コンデンサを3段にしたらどうなるかな?
今度、実験してみよう。



コメント (2)