デジスコ撮影実習日誌

デジスコとデジカメで野鳥や草花を撮影するのが楽しくて実習に励んでいます。 最近ではスチームエンジン工作にはまっています。

久しぶりのデジスコ・でか撮り

2017年02月24日 15時27分01秒 | 野鳥撮影実習


2017/02/16(木曜日) 晴れ


もう一度、ミヤマホオジロやソウシチョウを撮影したいと出かけてみた。
今度はきれいに撮るぞ・・・とちょっと重たいデジスコを用意して。
駐車場についてみると車が全然止まっていない。
あれっ? どうしたんだろう? まだ時間が早すぎたのかな?
機材を車から降ろして支度をしてポイントに向かった。
そこにも誰もいない。
やがて散歩がてらに来たカメラマンが「一昨日からいなくなっちゃったよ」と
教えてくれた。
ありゃー、そうかぁ、そりゃー残念だなぁ。 折角重いデジスコを持ってきたのに。

でもここにはルリビタキがいる。
もう何年前のことだろうか・・・・ルリビタキを初めて見たときは

「こんなきれいな野鳥がいるなんて・・・」

と夢中で追いかけて撮影したものだが、最近はあまり追いかけなくなってしまった。
仕方がない、ルリビでも撮って帰るか・・・

(「仕方がない・・・でも撮って帰るか」とは何たる言いぐさか、この大バカ者め)

 あっ、すみません。 ごめんなさい。


    (画像をクリックすると拡大画像になります。)

 
これはポイントへ向かう途中で撮ったルリビタキ(♀)です。
まだ日が高く明るかったです。



その後時間がたって帰えるときに出会ったルリビタキです。
日も陰って暗い道路際の立ち木に止まっていました。


ほんとうの目の前でした。 ハッとして立ち止まり、急いでデジスコを向けました。



暗いところだったのですがルリビタキはじっとしていてくれたのでしょう。
かなり鮮明に撮ることができました。
(距離が近かった・・・5m以内?)

トリミングしても羽毛の様子がわかる程です。
またでか撮り病が再発してしまいました。(笑い)





      デジスコ:KOWA TSN 824M(32xアイピース)
           デジカメ SONY DSC-W300


      レタッチソフトによる画像補正及びトリミング






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は飛んできたモズ嬢

2017年02月21日 20時47分49秒 | 野鳥撮影実習


1月の6日に庭に飛んできたモズ。
その日は造園師さんが庭の手入れに来ていて積もった落ち葉や枯草を
掃き集めているとき、中から飛び出す虫を狙って剪定したばかりの枝に
止まっていた。
造園師さんには慣れているみたいで後を付いて飛び回っている。
試しにミルワームを投げてあげた。
モズはそれを見つけて食べてくれた。
もしかしたら餌付けができたかもしれない。
それ以来、毎朝飛んできて、ほとんど一日中庭で過ごしていた。
このモズはメスだったのでモズ嬢と名前をつけて可愛がり、一緒に遊んで
もらっていたが、春が近づいた2月中旬から庭に来るのが不規則になってきた。
今までは朝早くから姿を見せていたのに午後2時頃に飛んで来たり、
そして日が経つにつれて段々遅くなって夕方になってしまった。
そして2月の16日頃からは姿を見せなくなってしまった。
もう営巣を始めたのだろうか・・・・ 

毎日、庭を見回しては「今日もこないなぁ・・・何だか寂しいな・・・」となってしまった。
ところが今日、4時過ぎ頃モズ嬢が飛んできてくれた。
ちょうど咲きだした紅梅の枝に止まっている。
カメラを用意して撮影した。
もう日が陰って暗いが何とか撮影できた。










2013年2月にやってきたオスのモズは5月頃まで庭に来ていた。
そして投げてあげたミルワームを咥えて近くの公園で待っている幼鳥に餌を運んでいた。

今度はメスのモズで抱卵・子育ての重責を負っているからそういうわけにはいかないのだろう。
その代わり庭に幼鳥を連れてきてくれるかも知れない。
これからも庭に姿を見せたときは思いっきり可愛がってあげようと思っている。


   カメラ:Canon EOS 7D
   レンズ:Canon EF 300mmL F4
   レタッチソフトによる画像補正及びトリミング


モズは以前にも庭にやってきたことがありました。
このときはオスのモズでとても懐いてくれました。

2013年2月4日に初めて飛んできましたが、今日のメスが止まっていた梅ノ木に止まりました。

下の表示をクリックするとそのブログページにジャンプしますので是非ご覧ください。


2013・02・04 モズ君が飛んできた!


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ミヤマホオジロとソウシチョウ

2017年02月18日 20時44分40秒 | 野鳥撮影実習


2017/02/14(火曜日) 晴れ


友人のブログにアップされていたソウシチョウを見てそのきれいさに見とれてしまった。
ソウシチョウは以前、何度か写真に撮ったりしたことがあるがあまり良くは撮れていない。
何しろ動きが早くてデジスコではうまくは撮れないのだ。
今日は何とかきれいに撮ってみたいと友人に案内を頼んで出かけてきた。
現地には何人かのカメラマンがレンズを向けている。
ソウシチョウの他にミヤマホオジロも出ているとのことだった。
よーし、頑張るぞ・・・・・


     (画像をクリックすると拡大画像になります。)


ソウシチョウは集団で出てきて餌を啄んでいく。 ちょこちょこ忙しなく動き回る。



そして何かの拍子にパッと飛び立ち一斉にいなくなってしまう。



藪の中ではほとんど姿を見せないが、たまに枝に止まってくれる。 
ただそれも一瞬でデジスコではピントを合わせる間もないくらいだ。
運よくアトリと一緒のところが撮れた。


なかなかおもしろい顔をしている。 胸の黄色い羽毛がきれいだ。





やっぱり日当りが鮮明に撮れる。 デジスコの小型デジカメでは色飛びが酷くて絵にならないことが
多いがこの時はきれいに撮れた(と思います。)



やっとミヤマホオジロが撮れた。 



ミヤマホオジロも動きは早い。 ピント合わせがなかなかできない。 それに被写体ブレも
あるのでピンボケ写真ばかりだ。 辛うじて黄色い頭が見える写真が撮れた。



久しぶりに出会えたソウシチョウとミヤマホオジロ。
たまにはフィールドに出てきれいな空気を吸って体を動かさなくては・・・
現地をご案内くださったBさん、お世話になりました。
ありがとうございました。 またよろしくお願いします。


      デジスコ:KOWA TSN-664ED(30xアイピース)
           デジカメ SONY DSC-W300

      レタッチソフトによる画像補正及びトリミング
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日に続き今日もモズ嬢の演技

2017年02月17日 19時11分08秒 | 野鳥撮影実習


2017/02/12(日曜日) 晴れ


今まで朝から夕方までほとんど庭で遊んでいたモズ嬢がこの頃は夕方にならないと姿を見せなくなった。
夕方に飛んできて辺りが暗くなって雨戸を閉めるまで庭木の枝に止まって部屋の中を見ている。
オイらは「もうお家に帰りなよ・・・ これが最後のおやつだよ。 また明日遊びにおいで」と
いいながらおやつを多めに撒いて雨戸を閉める。
その後しばらくしてモズ嬢は飛び去っていく。
ところが今日はまだ昼間の2時頃に飛んできた。
早速マンサクの舞台を準備して演技撮影始めた。


モズ嬢は最近ではすっかり演技慣れして監督(オイらのことですよっ!)の指示通りに演技してくれる。

  (画像をクリックすると拡大されます。)



舞台裏や装置(おやつやカメラ)にも興味を示すようになった。



「これで私を撮影しているの?」 「いや、それは動画撮影用だよ。」
>


「じゃぁ、ポーズを取るからきれいに撮ってよね」 
>


春が近付いてモズ嬢とのお別れ時期が近づいたのかもしれない。
こんなバカな写真を撮るのも今日が最後だろう。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マンサクの花を舞台にモズ嬢の演技

2017年02月15日 20時45分13秒 | 野鳥撮影実習

2017/02/11(土曜日) 晴れ


今まで庭に毎朝やってきて夕方まで遊んでいくモズ嬢が最近は午後3時過ぎにやってくるようになった。
春が近づいて営巣の準備に入ったのだろうか?
舞台撮影も夕方近くから始めるのであまりきれいには撮れなくなってしまった。
今日の舞台は先日、友人の花屋さんからいただいたマンサクの花枝だ。

マンサクの黄色い花がモズ嬢には良く似合う。

     (画像をクリックすると拡大されます。)




3年前の今頃、庭鳥になったモズ君は近くの公園で待っている幼鳥に餌を持って行ってあげていた。
今度のモズ嬢はもし母親になったら幼鳥を庭に連れて来てくれるかもしれない。
そうなったら嬉しいなぁ・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加