独りで歩いてく人のブログ 

HN: yukky(ゆっきぃ)

PCゲームと軍事についてブログに書いてます。
好きなゲームジャンルはMMORPG、FPS、ストラテジー。

よく一緒に遊ぶメンバーを募集してるので、
同じゲームをプレイしたり、
軍事趣味を語り合えたり、
単にyukkyと喋ってみたいだけの人は、
どんどん下記連絡ツールに勝手に登録してください。

ブログについてのご意見ご感想もお待ちしております。

Discord
yukky.jp#4684

Steam
yukky









先週ぐらいに『Total War: Warhammer』がなんか12ドルで売ってたので即決で買ってみました。
ついでにDLCも全部買っちゃったので結局70ドル超えたのだけど。

Total Warシリーズはターン制の戦略フェイズとRTSの戦術フェイズに分かれている壮大なストラテジーで、
戦略フェイズで国政や外交で国家や軍隊を育成し、戦術フェイズで実際に部隊を指揮して戦う。

今まではローマ時代や中世欧州や日本の戦国時代などの歴史物を題材としていたが、
最新作となる今回はWarhammerという古来からあるファンタジーシリーズを世界背景としたことで、
大多数が歴史ファンである従来シリーズのプレイヤーからは非難も巻き起こったが実際のプレイはどうか。




結論から言うと、面白い
俺はWarhammerについての知識がほとんどないが、
この世界には人間、エルフ、ドワーフ、ゴブリンやオーク、ヴァンパイア、
そして悪魔を体現するケイオスという様々な勢力が存在する。
それぞれの種族はまたたくさんの国家や派閥に分かれるが・・・。

人間たちの帝国は様々な火器や兵器、そして多少の魔法も使い、化け物たちに対抗する。
ドワーフは魔法は使えない反面、高い技術力で機械兵器を投入する。
エルフは弓や自然力が強く、ヴァンパイアはアンデッド軍団により死者が増えるほど戦力が増し、
ゴブリンとかオークは脳筋で殺し合いの為に生き、ケイオスは世界を混沌に陥れる存在。


それぞれの勢力で得意分野が違う上にプレイフィールやユニットも大幅に違う。
従来のTotal Warは歴史が題材であったので、国ごとに軍隊の特色はある程度あれど、
基本的には人間対人間なので、槍が長いとか弓が得意とか騎兵が強いとかいった程度の違いであった。

それが今作ではそもそも人間以外は異形の者達なので、
巨大なオークや悪魔や吸血鬼やドラゴンなどが戦線に投入されてくるので、
従来作からすると戦場の様相はバラエティーに富んでいるというレベルの話ではない。
何が出てくるのか、どういう能力を持っているのか、
新しいユニットが登場するたびにワクワクするのだ。


さらに従来作と違うのは、巨大ユニットに加えて、ヒーローユニット魔法飛行ユニットが実装されたこと。
ヒーローユニットは超強い、無双シリーズから出てきたようなやつ。
種族によって人間の英雄だったり、超強い悪魔だったり、凶暴なオークだったりする。
基本的には雑兵を蹴散らすが、数の力で殺されたりするので、
一般ユニットと混ぜて上手く支援してやると本当に無双シリーズのような力を発揮する。
ヒーロー同士のタイマンに強い戦士タイプや、魔法で支援する魔法使いタイプなど様々で、
戦いを通して成長するので、育成したヒーローを死なさないようにするのも戦略的に大事。
育ちきった英雄は、一戦局をも変えてしまうかもしれない。
ガンダムでいうニュータイプ、キングダムでいう将軍だ。

それらの実装により、

一般兵たちが槍衾でラインを組み、騎兵やゴブリン軍団を迎撃する上空では、
ハーピーやコウモリなどの飛行ユニットが飛び回り、
それらを撃ち落とそうとする弓兵や銃兵たち。
城壁の上にはドラゴンが襲いかかり、巨人が城門をふっ飛ばし、
魔法や砲撃でそれらを押しとどめつつも、
戦場の真ん中ではヒーロー同士が一騎打ちをしている。

従来のTotal Warとは全く違う戦場が姿を現すのだ。




人間同士の戦いは従来作とあまり変わらない。
ハルバードや槍兵で戦列を成し、弓兵や銃兵で射撃をする。
たまにヒーローユニットが無双する。

まずは人間諸国を制圧し、巨大な統一帝国を作り上げようとしているところ。




騎兵突撃ドーン!
人間の強みでもあるらしいが、ゴブリンや悪魔たちにも
よくわからないグロい生物に乗った騎兵もどきは存在していた。




なんかでっかいモンスターに追われるヒューマンども。
こいつらの突撃で10人ぐらい一気に吹っ飛んでた。




ゴブリン軍団を迎撃する。
一体一体は弱いが数がすさまじい。




スキルレベルを上げたヒーローはペガサスに乗れたりする。
すると飛行特性を得るので、城壁の上にも自由に飛んで行ける。
攻城部隊を援護。

もし多数の飛行ユニットを擁する勢力なら、
後方の弓兵などを急襲することも可能だろう。




城壁上の射撃兵に魔法攻撃どーん
魔法の種類はバフやデバフ、範囲攻撃魔法にも様々な種類と属性があり、
新しい魔法を覚えると使ってみたくなる。




地上部隊に急降下攻撃を仕掛けてくるハーピーども。
暗い上にわちゃわちゃしすぎて見難いが、
黒い羽を羽ばたかせた鳥人族が群がるさまは、
想像以上にキモくてグロかった。


Total War: Warhammerは面白い。
歴史物にこだわらなくて正解だったのかもしれない。
ヒーローユニットを育成し装備を整えていくRPG的要素、
そしてそれらを実際に戦場で暴れさせる無双的要素、
敵の編制や各々のスタイルに合わせた軍団を編成するマネジメント、
地政学や外交を視野に入れてどこを攻めどこを守るかの戦略、
初めて見るモンスターに魔法に兵器、
中盤から世界全体を破滅させようと侵略してくるケイオス軍団。
面白い要素いっぱい詰まってる。

どの勢力でプレイしても全く違う面白さがあると思う。
確実に戦闘シーンは従来よりもやり応えがあるものとなった。
まだドラゴンと戦ってないので早く戦いたいものだ。


もし自分が漫画ドリフターズの世界に行ったなら、
こういう軍団を編成してこういう作戦をする。
どの勢力と手を結び悪魔勢力に対抗する。
そういったことを試せる面白さがある。


ついでにクラン員のImoutupも同時に買ったので、
2人でキャンペーンマルチも試してみたので次回はそれについて。