人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

今年一年を振り返って。

2014年12月31日 | 日記

  今年は、自然災害が多かった年と言われているが、「今年も」という感じ。
無時、新年を迎えることができ、感謝。
  嬉しかったこと、息子が結婚したこと。
残念だったこと、親しかった従兄が逝ってしまったこと。

 

コメント (2)

ネット碁を控えめに。

2014年12月30日 | 日記

  ネット碁を始めてから一年経った。
これまでの成績は、836戦して、436勝400敗。
平均すると一日に、2~3局、勝負したことになる。時間にして3時間程度、囲碁に熱中したことになる。
少しやり過ぎたと反省し、最近は、減らしている。
初段で登録し、現在は3段程度のランク。来年は4段を目標に頑張るつもり。

コメント

ラジオ深夜便「五木寛之の歌の旅びと」。

2014年12月28日 | 日記

 ラジオ深夜便に「五木寛之の歌の旅びと」という番組がある。楽しみな番組の一つ。                                                            ふるさとの歌、なつかしい歌を紹介しながら全国各地(47都道府県)訪ねる。
昨日は、鳥取県であった。
鳥取県に縁のある歌や有名人などの紹介があった。
鳥取県は、47都道府県の中で一番人口が少なく約57万人であること。
出身歌手は、少なく、したがって、紹介された歌は、音楽家・ 岡野貞一(鳥取市)の童謡「ふるさと」「春が来た」など、作曲家・高木東六(米子市)の「水色のワルツ」、
漫画家・水木しげる(境港市)の「ゲゲゲの鬼太郎」、ご当地ソング「鳥取砂丘」。この程度で歌に関してはさびしいかぎり。
観光地は、鳥取砂丘、伯耆富士といわれる大山、三徳山投入堂、三朝温泉、皆生温泉等々。
名物は、松葉ガニ、砂丘らっきょう、長イモ、因幡和牛、栃餅等々。
有名人は、女優の司葉子(境港市)、音羽信子(米子市)、 映画監督・ 岡本喜八 (米子市)、写真家・ 植田正治(境港市)、タレント・小野ヤスシ、漫才・宮川大助(境港市) 等々。
スポーツ選手は、案外多く、バルセロナオリンピック男子マラソン銀メダリスト森下広一(八頭町)、プロ野球選手も阪急・米田哲也、 巨人・角盈男(米子市)、阪神・小林繁 (琴浦町)等々。紹介された中に、鳥取県人として知らないことも多くあった。

コメント

今年最後の聖日礼拝。

2014年12月28日 | 日記

  今日は、今年最後の聖日礼拝に出席。
今年は、一日も休まずに出席できたように思う、
また二年間の教団委員の務めも無時終わり、感謝。

コメント

孫のお迎え。

2014年12月27日 | 日記

  孫娘は、赤碕保育園の放課後児童クラブ(しおかぜクラブ)に通っている。
その迎えが、私のノルマになっている。
昨日は、今年最後のお迎え。
赤碕の旧道は、道が狭く、運転には気をつかう。

コメント

一年間ソフトバレー楽しむ。

2014年12月26日 | 日記

  今日は、今年最後のソフトバレーを楽しむ。
体力ずくり教室(琴浦町総合体育館)とニュースポーツ教室(農業者トレーニングセンター)に一年間熱心に通った。
週に三日楽しんだ。途中、右肩痛に悩まされたが、回復。
来年も楽しみ。

コメント

大きな喜び!

2014年12月25日 | お気に入りの言葉

  大きな喜び!

  大きな喜び!天は輝き、御使いは主の御名を高らかに賛美する。
御座からの光は、その小さな村に注がれる。大きな喜び。
混じりけのない純粋な喜び。
悲しみと痛みの終焉。永遠なる喜びの支配。
救いの良きおとずれ。
イエス・救い主・キリスト。
罪の呪縛からの解放を宣言する恵みの使者。
  主イエスよ。わたしの心にお宿り下さい。
すべての民に与えられる大きな喜び。
王にも羊飼いにも、偉大な者にも卑しい者にも、豊かな者にも貧しい者にも、賢い者にも愚かな者にも、
すべての者に与えられる天からの恵み。
目のある者は見るがよい。耳のある者は聞くがよい。
救い主の誕生の光を、賛美の歌を。
世界中のすべての男女に、すべての少年少女に与えられた。
  大きな喜びを!
アモス・ウェルズ

谷間の泉 カウマン夫人著より

コメント

クリスチャンの精神は、一年中通して脈打っているクリスマスの精神。

2014年12月24日 | お気に入りの言葉

きょう、ダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生まれになった。このかたこそ主なるキリストである。ルカ二11
人々は奇跡をあざ笑う。
「そんなこと、できるはずがない」と
「キリストはマリヤから生れっこない処女からの誕生なんか、不可能だからだ
これは、全くのほほえましい伝説なんだ
神がこの地上に来られたという・・・・・」
それでも、なお
私はベツレヘムの鐘を聞く
その鐘の音は
クリスマスの時を鳴り響かせている
そして、その早打ちの音は一マイルもはなれた所まで鳴り響いているのだ。
クリスマスの意味とは、インマニエル--神がわれらと共にいる。すなわち「言は肉体となった」ということです。
ちょうど人が、一本の太陽光線を分析し、それがあの巨大な太陽を形成している要素を、
すべて含んでいることを化学的に発見できるように、私はイエス・キリストの生涯を見ることによって、神がどんなお方であるのかを知ることができるのです。
ある幼い男の子が、受肉の奇跡を次のように表現しました。
「イエスは、神が造られたすべてのものの中で、最も美しい姿です」
クリスチャンの精神は、一年中通して脈打っているクリスマスの精神です。
それは、あらゆる人々に対する一つの態度であり、あらゆる行動のもとになる原理です。
今宵あらゆる心がクリスマスを守るにふさわしく、整えたまえ
キリストの悲しみへのいつくしみ
キリストの罪への憎しみ
キリストの最も小さき者への顧み
キリストの正義への勇気
キリストの闇えの恐れ
キリストの光への愛
今夜はクリスマスだ!
あらゆる地、いかなる地においても!

日の出に向かって  カウマン夫人著より

コメント

キリストがお生まれになった聖なる夜。

2014年12月23日 | お気に入りの言葉

さあ、ベツレヘムへ行って、・・・・・・見てこようではないか。(ルカ二・一五)
 
彼らは皆、王を待っていた、
彼らの敵を殺し
彼らを高く引き上げる王を。
ところが、あなたは
母親に涙を流させるような
小さなあかごとして来られた。

もし彼が来ておられなかったら

クリスマスはなく、喜んで受け入れる人々の心に与えられる神の啓示もなく、
私たちを日々力ずける信仰もなく、
「地の上では、み心にかなう人々に平和があるように!」という永遠の原則もなかったであろう。

おお、きたれ、
すべて、忠実に喜びに満ち
勝利を誇っている者たちよ、
おお、きたれ、きたれ、ベツレヘムヘ、
来て、天使を支配する王として
お生まれになったかたを見よ。
おお、きたれ、
そして、キリストであり
主であられるかたをあがめよう!

歌え、御使いたちの群れよ、
高らかに歌え、おお、歌え、
すべての輝かしい天の軍勢よ、
神に栄光があるように、
いと高き所では、
すべての栄光が神にあるように。
おお、きたれ、
そして、キリストであり
主であられるかたをあがめよう!

そうです、主よ、
私たちは、この幸いな朝
お生まれなったあなたを歓迎する。
イエスよ、すべての栄光が
あなたに与えられますように。
父なる神よりつかわされた言葉が
今こそ、肉体になられたのだ。
おお、きたれ、
そして、キリストであり
主であられるかたをあがめよう!

「おお、聖なる夜、キリストがお生まれになった聖なる夜!」

山頂をめざして カウマン夫人著より

コメント

きょうあなたがたのために、救い主がお生まれになった。

2014年12月22日 | お気に入りの言葉

きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生まれになった。このかたこそ主なるキリストです。ルカ二・11

「きょうあなたがたのために、救い主がお生まれになった」。このかたこそ、イエス・キリスト。
すばらしい救い主。「教師」ではなく、「よい模範」でもなく、神の子、生きたみ言葉です。

唯一の世界の希望・命・真理・道。力強い神。輝かしいあがない主。
この主イエス・キリストがきょうお生まれになった。
アニー・ジョンソン・フリント
 
日の出に向かって  カウマン夫人著より

コメント

初めの時よりも、まさる恵みをあなたがたに施す。

2014年12月21日 | お気に入りの言葉

わたしはあなたがたの上に、昔のように人を住ませ、初めの時よりも、まさる恵みをあなたがたに施す。その時あなたがたは、わたしが主であることを悟る。エゼキエル三六11

人生の何の変てつもない、どんな時期にもまさって、老年期には円熟し、洗練された力があります。
そのような老人の白髪の上に、神は御自身の御手を置き、彼らを聖別するために、按手して下さるのです。
それは決して、彼らの仲間から切り離すのではありません。
青年期が過ぎ去った時、神は私の心の笑みに調子をあわせて下さる。
すべての日が灰色であっても
来るべきものは、暖かい陽の光だ
私が人生の冷たさに非嘆する時に
神は苦悩や悲惨から守って下さる
私の晩年の時にも
神は、私がいつも愛することができ
信じることができるようにして下さる

老年期を楽しみながら悠々自適に生きている人々は、祝福された人たちである。 
 
日の出に向かって  カウマン夫人著より

コメント

美しいものを発見するように訓練しょう。

2014年12月20日 | お気に入りの言葉

 隣人をさばくあなたは、いったい、何者であるか ヤコブ四・12

 あるクリスマスに、誰かがホワイティアー氏に、二枚のガラスの間に押し花にされたリンドウの花を贈りました。
それは一見あまり美しく見えませんでしたが、ガラスの反対側から見ると、リンドウの美しい花が現れたのです。
その贈り物が美しいか、それとも美しくないかは、それをどちらから見るかにかかっていたのです。
詩人のホワイティアー氏は、その贈り物を窓ガラスに掛け、汚れた花の側を外に、美しい花の側を部屋に向けて置きました。
よく見もしないで素通りする人々は、「曇ったガラスの灰色の円盤」に注目するだけで、その美しさがわかりません。
しかし部屋の内側に座って、詩人がその記念品を見ると、冬の空を背景として、リンドウのくっきりした輪郭が浮かび上がり、
この上もない美しい花を眺めることができたのです。
  私たちは、他人の汚れた部分を覗きたがります。
そして美しい部分を見ようとしません。
そして、私たちは、結局他人を誤解してしまうのです。
ただ汚れた側だけを見て他人を悪く評価し、断定すると、反面のすばらしさを見落としてしまうことになります。
いつも人々の善い行いや善意を信じ、どこかに必ず何か美しいものを発見するように訓練しましょう。
J・Rミラー
荒野の泉 カウマン夫人著より

コメント

ソフトバレーの忘年会。

2014年12月19日 | 日記

  昨日は、琴浦町体力づくり教室(ソフトバレー)の忘年会。
逢束の風の街(鳥取東伯店)にて。
外は雪だったが、あったかいお好み焼きと生ビールに大満足。

コメント

美しさの源。

2014年12月18日 | お気に入りの言葉

主は・・・・・へりくだる者を勝利をもって飾られる。(詩篇一四九・四)

その美しさの源

 どぶの中に一本のいばらがはえていた。そこへ、すきを持った庭師が来た。
庭師がいばらのはえている周囲を掘っているとき、いばらはひとり言を言った。
「この人は何をしているのだろう。この人は、私が価値のないいばらであることを知らないのだろうか」。
しかし、庭師はいばらを園へ持って行き、花の間に植えた。
いばらは言った。「あの人はなんという失敗をしでかしたのだろう。
私のようないばらをこんなりっぱなばらの木の間に植えるなんて!」
しかし、庭師は、鋭いナイフを持って、もう一度やって来た。
そしていばらを切り、それにばらの芽をついだ。やがて夏がやって来ると、美しいばらの花が、
その年を経たいばらの木に咲いたのである。!
そのとき庭師は言った。「おまえの美しさは、おまえ自身の中から出て来たものではない。
私がおまえに注入したものなのだ」。
これこそ、キリストが私たちの人生において常にしておられる事なのである。

イエスの麗しさが
私のうちに見られますように。
主の驚くべきあわれみと純潔が
私のうちに見られますように。
おお、聖霊なる神よ、
私の生れつきのままの性質を
きよめて下さい。
イエスの麗しさが
私のうちに見られるまでに。

山頂をめざして カウマン夫人著より

コメント

成功の秘訣。

2014年12月17日 | お気に入りの言葉

成功に秘訣があるとすれば
--ヘンリー・フォード
「・・・・それは他人の立場を理解できる能力と言うことになろう。
すなわち、自分の立場からものを見るように、他人の立場に立ってものを考えることのできる能力である」
 フォード一世の事業哲学は、「奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える」というものであった。
「奉仕」とは、エゴイズムの反意語である。
他人の利益を自分の利益より優先させることと考えてもさしつかえないだろう。
 「他人の立場を理解できる能力」がない「奉仕」は善意の押しつけという実に困ったものになる。
「他人の立場に立ってものを考える」、たとえば、顧客の立場に立って商品開発をする企業、
自分を買い手の立場に置いて商品開発をおこなう営業マンなどが成功するのは当然のことであろう。
しっかりした「人間観」をもたないと他人の立場に立って考えることはむずかしいという点では、
成功のきめては「人間学」を修めることにあるといえる。

現代人に贈る先哲の教え 一日一訓 佐々克明+CAD研究会より

コメント