人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

藤の花

2014年04月30日 | 日記

  今、藤の花が見ごろ。
「日本海を食べに来てごしなれ」の料理屋"活魚ふじ"の屋敷にからみついた藤の花。

コメント

琴浦町赤碕の塩谷定好写真記念館。

2014年04月29日 | 日記

  今日は、先日オープンした塩谷定好写真記念館へ。
写真もさることながら、古い建築様式、庭、骨董品等を興味深く見学。
喫茶コーナーもあり、抹茶を注文。

コメント

神が与え給うのは、私たちが"必要としているもの"である。

2014年04月28日 | お気に入りの言葉

   「求めよ、さらば与えられん」というみことば決して、
求めたものが与えられるとは約束していない。
私たちは往々にして"欲しいもの"を願っている。
しかし神が与え給うのは、私たちが"必要としているもの"であり、
そこに神の愛がある。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

謙遜は真理。

2014年04月27日 | お気に入りの言葉

   謙遜は真理です。
だから、持っているものを持っていないかのように見せることは嘘です。
  その反対に、持っていないものを持っているかのように見せることも嘘です。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

「してもらうのが当たり前」という気持ち。

2014年04月26日 | お気に入りの言葉

  「してもらうのが当たり前」という気持ちは人を醜くする。
なぜならそこには「感動」がないからであり、不平しか残らないからである。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

人生の重さは、人生の長に比例しない。

2014年04月25日 | お気に入りの言葉

   人生の重さは、必ずしも人生の長さと比例せず、
その人の過ごす時間の質にかかっている。
時間の使い方は、生命の使い方なのだ。
とすれば、永遠につながるような時間にすること、
換言すれば、時間に愛をこめて生きることがたいせつになる。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

愛がなければ無に等しい。

2014年04月24日 | お気に入りの言葉

   どんないいことをしても、どんなに上手な説教をしても、お金を全部寄付しても、
誰かのために死んだとしても、愛がなければ無に等しい。
反対に、もし愛があればどんな小さなこともすばらしいことになる。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

シャクナゲの花

2014年04月23日 | 日記

今年は、よくつぼみがついた庭のシャクナゲの花。

コメント

顔はその人の心の生き方のあらわれ。

2014年04月22日 | お気に入りの言葉

   男女の別なく顔はその人の心の生き方のあらわれでしかない。
年をとってもいよいよ増す美しさ、
また素顔の美しさというものを、
もっとたいせつにしてゆきたいものである。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

人間にとって一番美しいものは。

2014年04月21日 | お気に入りの言葉

  私たちは美しい、と呼ぶものをたくさん見ています。
持っているかもしれません。
しかしながら、人間にとって一番美しいのは、感謝して、"Thank you"「ありがとう」といって死んでいく人の姿、
人の顔なのかもしれません。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

赤碕駅自由通路。

2014年04月20日 | 日記

今日は、4月に完成した赤碕駅自由通路を利用。完成前、駅南の人は、踏切を渡り、狭い道路を抜けて駅を利用されていたが、これで便利になった。

コメント

鳴り石カフェ

2014年04月19日 | 日記

  今日の昼食は、「鳴り石カフェ」(金・土限定20食)でいただく。
ここは、"鳴り石の浜"にあるカフェ。
 "鳴り石の浜"は、琴浦町赤碕の観光スポットで、
丸石が波にもまれて「カラコロ」と音をたてる珍しい浜。
カフェからの景色、食事の味とも格別。

コメント

他人の弱さを裁こうとする弱さ。

2014年04月18日 | お気に入りの言葉

  人間の弱さの中には、自分が罪を犯す弱さがあると同時に、
他人の弱さを裁こうとする弱さもあります。
そして私たちは、そういう弱さを持っている自分に、
折々でいいから気づくことがたいせつなのです
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

種畜牧場の桜。

2014年04月17日 | 日記

ソメイヨシノが終わり、今、八重桜が見ごろ。

コメント

花飾り。

2014年04月16日 | 日記

 家内は、部屋のあちらこちらに花を飾っている。

コメント