人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

沈黙の時間をたいせつに。

2014年06月30日 | お気に入りの言葉

   沈黙の時間をたいせつにしたいものである。
それは自己を見つめる貴重な時間であり、
言葉が、真に「自分の言葉」になるために欠かせない条件だからである。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

我が家の夏椿 

2014年06月29日 | 日記

 沙羅双樹の花と言われる夏椿
「祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす」
この花は、朝咲いて夕方に散る。
その散るさまは、花びらを散らさず、地面に落ちる。
そこで平家物語では世の無常をあらわす花としたようだ。
花びらを散らさず、散るさまがなんとも趣がある。

コメント

一期一会

2014年06月28日 | お気に入りの言葉

   最初の出逢い以上にたいせつなのは、
同じその人と、絶えず新たに出逢うということではないだろうか。
馴れてしまわないということ。
それは一期一会の心構え、緊張感と言ってもよい。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

苦しみの意味。

2014年06月27日 | お気に入りの言葉

  苦しみそのものを決して良いとは思いません。
思えないから「苦しみ」というのです。
しかし、苦しみにも意味があると知る時、
苦しみは担いやすくなります。
私たち一生の間の絶え間ない課題の一つは、
この苦しみに意味を見出すことといってもいいでしょう。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

リホーム。

2014年06月26日 | 日記

  先日、窓を付けるリホームをした。
以前から、窓が欲しい(採光と風通しのため)と思っていた。
後で窓を付けるのは、大変な作業だと思っていたら、案外簡単にできた。
さすがプロの大工さん。

before

after

コメント

言葉の奴隷。

2014年06月25日 | お気に入りの言葉

  人は、話す前は自分の言葉の主人だが、
口から出てしまった後は言葉の奴隷でしかない。
そのためにもよく考えて話すことがたいせつだ。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

今日という日は二度とない。

2014年06月24日 | お気に入りの言葉

  一日一日はていねいに扱われて然るべき価値あるものである。
何となれば、これから先何十年生きようと、今日という日は二度とない「有り難い」
希少価値をもった日だからなのだ。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

物事に意味を与えることのできる力

2014年06月23日 | お気に入りの言葉

   人間にはいろいろの力が与えられているけれども、
その中で最もすばらしい力は、物事に意味を与えることのできる力ではないだろうか。
   苦しみにさえ価値を見出し、ありがたいと思うことができ、
逆境においてさえほほえむことができるのが人間である。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

第一志望が最良と言えない。

2014年06月22日 | お気に入りの言葉

  人生は、いつも第一志望ばかり歩けるものでない。
そして必ずしも、第一志望の道を歩くことだけが、
自分にとって最良と言えないないことだってあるのだ。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

生活の随所に愛をこめる。

2014年06月21日 | お気に入りの言葉

   私たちは、「ただ老いる」だけの日々を送りたくないものです。
「ただ働く」だけの日々でもなく、生活の随所に愛をこめ、
意味を見出し、自分しか作ることのできない、"財産"としての毎日を過ごしたいと願っています。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より 

コメント

本当にたいせつなもの。

2014年06月20日 | お気に入りの言葉

  目に見えるものにのみ心奪われ、数で表される物の多さ、点数等にこだわり過ぎると、
本当にたいせつなものを忘れてしまう。
心が求めているものはそこにはない。
 愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

「好き」ということ、「愛する」ということ。

2014年06月19日 | お気に入りの言葉

  「好きである」ということは、必ずしも「愛している」ということではありません。
「好き」というのは、自分にとって好ましいかどうかという関係にかかっていますが、
「愛する」ということは、自分の好き嫌いとかかわりなく、対象を「価値あるもの」と見なすことなのです。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

相手が悪い、相手が変われば。

2014年06月18日 | お気に入りの言葉

   互いに「相手が悪い。相手が変わりさえすれば」
と言っている限り、物事は変わらない。
自分が先ず、踏み出し難い一歩を踏み出すこと、それをしも、
人間の真の勇気という。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

適度な人間距離

2014年06月17日 | お気に入りの言葉

   ぶつかりやすい相手との間には、ある程度、距離を置くのも一策である。
車でも車間距離を取るように、適度な人間距離が、ぶつかりあいを防いでくれる時がある。
それを"賢さ"というのかも知れない。
愛と励ましの言葉366日  渡辺和子著より

コメント

日記を付けて、思ったこと、その二。

2014年06月16日 | 日記

 ソフトバレーにも、時間をついやしている。
4回/週、楽しんでいる。
やるからには、うまくなりたいので、その為に、スロージョギング等して鍛えている。
ソフトバレーは、体の老化防止、ストレス解消に良い。

コメント