人はパンだけで生きるにあらず、神の言葉により生きる

イエス・キリストの福音をぜひ知って頂きたい

私たちには祈りが必要。

2014年09月29日 | お気に入りの言葉

  もし私たちの家庭生活に困難があるとしたら、
もし、私たちの家庭で、
それほど多くの苦しみがあるのなら、
それは、家庭の生活が
壊れてしまっているからです。
そして、それは私たち自身の手で
壊されてしまっているのです。
破壊は内部からやって来ます。
もし、それが外からのものであるならば、
それを追いやることは簡単でしょう。
けれど、破壊が内側からやってくる時、
これはたいへん難しい問題です。
だからこそ私たちには祈りが必要なのです。

マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

自分の欠点が人々に知られること。

2014年09月28日 | お気に入りの言葉

 私は罪深い人間です、
と自分では言うけれど、
だれか他の人にそう言われると、
私は憤慨するでしょう。
もし、いわれのないことで非難されたら、
苦しむかもしれませんが、
どんな小さなことでも、事実に基づいて罰されると
それが当然である場合、私はもっと傷つくでしょう。
自分の欠点が人々に知られることを、
私たちは喜んで受け入れなくてはなりません。

マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

愛は、神との一致による自然な実。

2014年09月27日 | お気に入りの言葉

   愛を伝えることは、
神との一致からのみ、やってきます。
その一致から、
家族への愛、
周りの人たちへの愛、
貧しい人たちへの愛が生まれます。
愛は、
神との一致による、
自然な実りなのです。

マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

愛は、手の届くところにある果実。

2014年09月26日 | お気に入りの言葉

  愛は、1年中
私たちの手の届くところにある
果実のようです。
だれでもそれを集めることができ、
制限はありません。
すべての人が、
瞑想と祈りと犠牲の精神を通して
この愛に到達できるのです。

マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

セキュリティがダウンロードできない。

2014年09月25日 | 日記

  インターネットサービスをNTTの光通信に変更したことにより、応答が速くなった。
待ち時間がなくなり、イライラしなくて良くなった。
動画も途中で停止せずに見ることができるようになり、
またその画面も綺麗である。
ただNTTのセキュリティをいまだダウンロードできない。

コメント

インターネツトの反応が早くなる。

2014年09月24日 | 日記

  この度、インターネットサービスをTCC(鳥取中央有線放送)からNTTの光通信に変更した。
今日は、その配線工事に来られた。
しかしその工事が難航、なんとかつながった。
これで、インターネツトの反応が早くなるらしい、楽しみである。

コメント

この地上の人生は終わりではありません。

2014年09月23日 | お気に入りの言葉

   すべての宗教は永遠なるもの、
つまりもうひとつの命を信じています。
この地上の人生は終わりではありません。
終わりだと信じている人たちは、
死を恐れます。
もしも、死は神の家に帰ることだと
正しく説明されれば、
死を恐れることなどなくなるりです。

マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

まず自分の家庭から。

2014年09月22日 | お気に入りの言葉

  まず自分の家庭を、
やすらぎと幸福と愛に包まれた場所に
することから始めましょう。
あなたの家族ひとりひとり、
そしてあなたの周りにいる人たちへの
あなたの愛を通して。

マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

私たちの油の滴は、毎日の生活の中の小さなこと。

2014年09月21日 | お気に入りの言葉

   私たちのランプの油の滴は、
何でしょうか?
それは毎日の生活の中の小さなこと。
誠実さ、ちょっとした優しい一言、
少しは人を思いやる心、
このような、ささやかな
沈黙や表情や思いや言葉やしぐさです。
 
マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

愛し続けること。

2014年09月19日 | お気に入りの言葉

 ほんとうの愛は、並みはずれた素晴らしいことに決まっている、
と思ってはなりません。
そんなものではないのです。
わたしたちの愛に必要なのは、
わたしたちが愛しているあのお方を
愛し続けることなのです。
ランプがどうやって燃えているかご覧なさい。
油の小さな滴を絶えず費やしながら
燃え続けるのです。
もしランプに油の滴がないのなら、
灯はともらず光は消えるのです。
 
マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

人が死ぬのは絶望して死ぬ。

2014年09月19日 | お気に入りの言葉

 戦いに免除はない。 伝道の書八8
数年前、ロバートソン・ニコルが驚くべき記事を見せてくれました。退職して十八ヶ月以内に死んだ男たちの記事でした。
それは、彼らが趣味をもたず、仕事一筋に生きてきて、退職と同時に生きる目標を失ってしまったためということでした。
ある有名な生命保険会社の医者は、このように説明していました。"退職する人は、自由な時間に対して備えができていない。
これは人に大きなショックを与え、寿命を縮めている"と。怠惰は年老いた人々に対する最大の敵であり、死への切符の配布人です。
私たちの仕事は、宝石のようにキラキラ光り輝くかも知れない
しかし、一度やる気を失い致命的な引き潮が始まり出すと私たちはそれを動脈硬化だとか、肺炎だとかインフルエンザだとか言っていますが・・・・・
けれども、人が死ぬのは絶望して死ぬのです
そして、それは何もすることがなくなった時です
生涯のそれぞれの年代には、その年代にしかない可能性と到達すべき場所があります。
それぞれの年代において勝利の生涯を送るために、私たちは自らの変化の事実を認め、私たちが今たどっている特定の年代における美しさ、すばらしさを見出していかなければなりません。
 有名なある精神科医は、こう言っています。「私は神を信じ、死の恐れから自由にされて、生き生きと生きている老人でありながら、精神的に病をもっている症例を見たことがありません」。
日の出に向かって  カウマン夫人著より

コメント

すべてのことに神を認めなさい。

2014年09月18日 | お気に入りの言葉

  『それは主である。どうぞ主が、良いと思うことを行われるように。』一サム三ノ十八
 すべてのことに神を認めなさい。そうすれば、神はあなたの見るすべての物を色づけ、また静めたもう。
わたしたちが悲しんでいる環境は除かれず、その状態は変わらないかも知れない。
しかしもしも、キリストが、わたしたちの主として、悲哀と暗黒の中に入りたもうならば「彼は救いの歌をもってわたしをかこみたもうのである」。
彼を見るならば彼の知恵は誤ることがない。彼の力は衰えることがなくまた彼の愛は変わらないことを確かめ、わたしたちに対する苦しい取り扱いも、わたしたちにとって深い霊的利益であることを知ることは、
死別と悲哀と苦痛と損失の中にあっても、「主が与え、主がとられたのだ。主のみ名はほむべきかな」と言い得る力なのである。
 すべてのことに神を認めることばかりが、わたしたちを悩ます人々に対して、愛と忍耐とを持たせる。
このことがわたしたちに対する神のやさしい、また賢い目的を完成させるための唯一の方法であって、彼らがもたらす祝福に対して、わたしたち自ら衷心感謝するようになる。
これ以外のものはすべてつぶやきと、神に反抗する思想を完全に打ち切ることはできない。
ーH・W・スミス

荒野の泉 カウマン夫人著より

コメント

すっかり秋の気配。

2014年09月17日 | 日記

  このところ急に涼しくなった。
暑さ寒さも彼岸までというが、今年は涼しくなるのが早いようだ。、
 スロージョギングのコースも、すっかり秋の気配。
稲刈り、彼岸花、すすき、栗の実等など。


 

コメント

神は、不可能なことをお命じになりません。

2014年09月16日 | お気に入りの言葉

 「あなた方の心、魂、精神のすべてをあげて
主である神を愛しなさい」
これが、私たちの偉大な神の
お命じになったことです。
神は、決して不可能なことを
お命じになりません。
 
マザー・テレサ 日々のことばより

コメント

愛は家庭から

2014年09月15日 | お気に入りの言葉

   愛は家庭から始まります。
愛は家庭の中に生きるのです。
だからこそ、今日の世界には
あまりにも多くの苦しみ、
あまりにも多くの不幸があるのです。
もし私たちがイエス様に耳を傾ければ、
以前におっしゃたと同じように
こう言われるでしょう。
「互いに愛し合いなさい。
私があなた方を愛したように」
イエス様は私たちのために
十字架上で苦しみ死んでくださるほどに
私たちを愛して下さっているのです。
もし私たちが互いに愛し合い、
愛を私たちの生活に取り戻したいのなら
まず家庭から始めなくてはなりまぜん。

マザー・テレサ 日々のことばより

コメント