to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

ゴールデンスランバー

2010-02-05 22:48:42 | the cinema (カ行)
無実の男、首相暗殺犯に断定
製作年度 2009年
上映時間 139分
原作 伊坂幸太郎
脚本 中村義洋/林民夫/鈴木謙一
監督 中村義洋
音楽 斉藤和義
主題歌 斉藤和義『Golden Slumbers』 エンディングテーマ 斉藤和義『幸福な朝食 退屈な夕食』
出演 堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり/柄本明/濱田岳/渋川清彦/ベンガル/大森南朋 永島敏行/伊東四朗/香川照之

巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバーの決死の逃避行をスリリングに描く、伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説の映画化。
凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命の中、青柳は大学時代の仲間たちに助けられながら逃亡を続けるが……。

仙台でごく平凡な人生を送る男が、
これまたごく平凡な学生時代の同級生と10年ぶりに会う。
森田との再会に嬉しさを隠せない、お人よしの地元のヒーロー・青柳。
この作品ではまず序盤にひとつのクライマックスがやってきた感じです。
森田との車中でのひと時―。

人間の最大の武器は信頼と習慣
イメージだ。
どんなに無様な姿晒してもいい。逃げて、お前は生きろ。


森田の人生を賭けたメッセージに、吉岡秀隆さんの泣き笑いの懇願に、
もう半分泣きそうでした。
そしてあの声にならないGolden Slumbers・・・
「お前、オズワルドにされるぞ」

アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』でも、市井の人の心の中にある
「正義」や「勇気」がテーマになっていましたが、
本作では、それよりも愛する人たちの「生命を護る」戦いに終始していました。
生きて、戦って、生き延びること―。

今回のは、テキは大きすぎて、リアリティは余り感じないものの、
キャストがみんないい味を出していたし、散りばめられた伏線とアイテムがピタピタと嵌っていく面白さがあり、
やっぱり、伊坂+中村監督作品ってこういうゆるさの中にちゃんと前向きになれるメッセージも入ってていいです!

ハリウッドを意識し過ぎで、警官が威嚇射撃もなくいきなり命を「狙う」発砲とか
ニヤニヤ笑いながらゴルゴ13のように狙撃してくる永島さんはツボでした~。
アンタぜ~ったい刑事じゃないだろおぉぉぉーーーっ!!

そして伊坂+中村作品に欠かせない濱田岳くん、今回もよかったです!
 キモ可愛いふたり(笑)

そして常連、もうひとりの斉藤和義さん、さすがにビートルズファン!味のある、ゴールデンスランバーでした。。

伊坂さんも中村監督もともに70年代初めの生まれ、ビートルズやボブ・ディラン世代ではないはずなのに、
この時代の音楽をモチーフにした作品が多いのはちょっと不思議だと思うけど、いつもピタッと作品にあっている。
このGolden Slumbersとともにあの頃好きだったポールのジャンク(Junk)も聴いてみたくなった、ギリギリ世代の私です。

   Once there was a way to get back homeward
   Once there was a way to get back home....
     Sleep pretty darling do not cry
     And I will sing a lullabye......
そして、その人と心を同じくする思い出のメッセージは届く...... 

残された武器は 人を信頼すること ―…
大変よく出来ました 

公式HPのコンテンツ、シークレットーギャラリー13ステージ、やっとクリア出来ました~
おヒマな時みなさんも挑戦してみては?結構難しかったです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まっすぐな男 | トップ | 今夜の堂本兄弟♪ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-02-06 00:52:16
突っ込みどころは多々ありますが、
関係のないと思われたセリフや設定が実は伏線で、
後半に見事につながっていくところは、
よくできていたと思います。

ああいう警官いるかもしれませんね。
そもそも警察庁の所属ですから裏の活動があるかも。
こんにちは! (たいむ)
2010-02-06 13:30:13
ほぼ無表情で狙撃してくる長嶋さん、不気味でしたねー^^;
私も中村組のゆる面白さが好きです♪
久しぶりに後味を引きずらないで済む伊坂作品でしたw
KGRさん* (kira)
2010-02-06 16:29:52
そうですよね
突っ込みどころは大きく、しかも気にしないようにするのも大変な
ですが、
これはやっぱり相当にキャスティングに助けられた作品とも思いました。
可笑しかったですから~

伊坂+中村作品を観ていると、その辺の回収能力にはもう驚きませんが、
役者陣がいい味出してました
Unknown (JUN)
2010-02-06 21:09:20
私も、落ち着いたら
見たい作品の一つです( ̄。 ̄ )ボソ...
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2010-02-07 01:21:34
確かにテキがあまりにも大き過ぎてリアリティは感じかなっかたかもσ(^◇^;)
でも、kiraさんが言われているように、キャストがいいし、伏線が綺麗に回収されるしで
面白かったです!
キモかわいい二人?σ(^◇^;)
永島さんもかわいいの?(笑)
斉藤さんのゴールデンスランバーは味が
あるよね。今でも、ゴールデンスランバー♪
って頭の中でメロディがグルグル回ってます
(笑)
キャストが良かった。 (Hiro)
2010-02-07 21:53:01
TB有難うございました。
出番は少ないが吉岡秀隆の演技が素晴らしかったと思います。
学生時代と現在の対比もしっかり演じ分けていました。
たいむさん* (kira)
2010-02-08 12:25:33
中村監督は正直、伊坂原作ものしか
こんなゆる楽しさは味わえないんですよ~。
あの医療シリーズは私的にはだめだったので、
やっぱりこのコンビは合っているんだな~と思いました!
JUNさん* (kira)
2010-02-08 18:26:17
お忙しい上に、この大雪でちょっとお疲れでしょうか?
これはサスペンスとしてよりもコメディとして捉えたほうが
楽しめる気がします。
ちょっとほろりとなるラストは、その決着のつけ方で意見は分かれる気がしますが
ひろちゃん* (kira)
2010-02-08 18:36:13
あれ~~っ(^^;
「おどろき」もしない長嶋さん、可愛くなかったですか~(笑)
いや、私のツボにはまりました~。
随所に面白いセリフがあって、ニヤニヤしてしまいました~。
案外、キモイのはそんな自分の姿だったりして(笑)
なんかどこかでカメラが回っていたら、危険人物に仕立て上げやすい度だったかも

なんでビートルズのじゃないのかしら~と思いましたが、
やっぱりお高いんでしょうね
けど、この作品には斉藤さんのあの歌い方で合っていたと思いました
Hiroさん* (kira)
2010-02-08 23:23:17
吉岡さん、こういう役やらせたらピカイチですよね~
年齢を経て、尚青臭さの残るヘタレな男、
あの目が泣かせます~
堺さんも、こういう普通の冴えない男、似合いますし、
この作品の雰囲気に合っていましたね♪
他のキャストも、みんなピッタリと合ってい田と思います~。
こんばんは (ぺろんぱ)
2010-02-09 19:55:35
早々にコメントをいただいていたのに
こちらにコメを残させていただくのが
遅くなっちゃってゴメンナサイです。
でも直ぐに、しっかりと読ませては頂いて
おりましたよ~!(*^_^*)

いまだにね…「olden Slumbers♪」が私の
脳内ヘヴィロテです。

濱田岳くんへの興味と共に、過去の「伊坂
+中村監督作品」へのそれも高まっています。
(どちらの作品も気になりつつスルーして
しまってた作品でした。)
重い事象・テーマなのに、鑑賞後の、どうか
するとこの爽やかさに通じるものは何なので
しょうね。(*^_^*)

さて、、、
>刑事じゃないだろおぉぉぉーーーっ!!

同感です。
あのヒト、イッチャッてました! ^_^;
こんばんは。 (オリーブリー)
2010-02-11 23:38:02
キャストは皆さん個性的で魅力的で楽しませてもらえましたが、やっぱり、それで良かったのか~と疑問は残りました。
邦画あまり観ない私は、堺さんだけは外せないの(笑)
今回もピッタリと嵌っていて可愛かったわん♪(爆)
ぺろんぱさん* (kira)
2010-02-12 12:27:38
コチラは原作ファンの方が高評価という、
ちょっと珍しいぐらいの作品ですよね?
まぁ、「重力ピエロ」もややそんな感じを受けたのですが、
ツッコミどころとか、ラストに関しても、
監督は違えど、伊坂作品としては同じような印象を受けました。。。

ただ、コチラはコメディ要素がいい味で、
たくさんの実力派俳優が配されていて、
それが最後まで楽しく観れた最大の要因だと思いました

長嶋さん、最初はターミネーターのようだと書いたのですが(笑)
スーツ姿だったしやっぱゴルゴだな!って
他の方もマジメで可笑しい方がたくさんで、面白かったです
たいへんよくできました♪ (マリー)
2010-02-12 22:13:20
こんばんは~~♪
面白かったです。2月に観たい映画に入れてなかったんですけど~みなさんの評価がとっても高いので~行って来ました~。
観れてよかった!

吉岡くん、あの弱々しさ・・けれど潔い~
必死な叫び。よかったです~。

そしてkiraさんもおっしゃってる永島さん(たしかこっちの「永」かな?)キモかったね~。
見とれちゃった!(キモかわ?)
赤いヘッドフォンがあんなに不気味に見えるなんて・・・!

泣き所、笑い所・・・たくさんあって
泣き笑いで忙しかったです~。
ついつい親の立場で観ちゃうので・・。

子役の子もいい雰囲気だったな~♪
オリブリーたん* (kira)
2010-02-13 12:54:17
ジョニーファンはなぜか皆さん堺さんご贔屓
やっぱりツボが同じなんでしょうか~
この頃いつもご一緒してる映画友(笑)も
ジョニーファンなものですから

へらへらとワンコのように再会を無邪気に喜ぶ青柳と、
崖っぷちながらそんな友にメッセージをおくる森田の場面が一番好きでした
マリーさ~ん* (kira)
2010-02-14 21:48:43
永島さん、ご指摘ありがとう~
訂正しておきました

あの、二人が信号のところで再会し、森田のちょっとかわしたセリフがあって、、、
あの車中での二人の別れである意味もう半泣き。
それから警官のいきなりの発砲で、
これはもしかしたらアレなんじゃん?
コメディなんじゃん?
で、気楽に観れました。

まあ、、終わり方はハリウッド的ではなかったのが、
「重力ピエロ」みたいで、ちょっとアレですが

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゴールデンスランバー (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演した堺雅人と竹内結...
映画「ゴールデンスランバー」@東宝第二試写室 (masalaの辛口映画館)
 客席は満席の為に座れない人用の補助椅子も出された。映画終了後には中村義洋監督、製作の宇多川肇氏と観客のティーチインが行われた。     映画の話 凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の...
ゴールデンスランバー (花ごよみ)
原作は伊坂幸太郎の、 同名ベストセラー小説。 試写会で見てきました。 監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、 『ジェネラル・ルージュの凱旋』の中村義洋。 堺雅人が主演、共演は竹内結子、 吉岡秀隆、濱田岳 劇団ひとり、香川照之等… 。 『ジェネラル・ルージ...
ゴールデンスランバー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『無実の男、首相暗殺犯に断定』  コチラの「ゴールデンスランバー」は、The Beatles最後のアルバム「Abbey Road」に収められている「Golden Slumber」をモティーフに仙台で凱旋パレードをしていた首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃走劇を描いた伊坂幸太郎の...
『ゴールデンスランバー』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督・脚本 中村義洋□脚本 林 民夫、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大...
『ゴールデンスランバー』 片目を開けて眠れるか? (映画のブログ)
 " きっと、つながる " というコピーのもと『フィッシュストーリー』が公開され、『サマーウォーズ』では " 「つながり」こそが、ボクらの武器...
試写会「ゴールデンスランバー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/1/20、新宿厚生年金会館。 開場は17:45。 18時過ぎについた時には大半は入場済み。 中央の列はほぼ満席で、右手の2列目に陣取る。 やや斜めに見る感じだが、後方で小さい画面で見るよりはまし。 **   伊坂幸太郎の同名小説の映画化。 境雅人、竹...
『ゴールデンスランバー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
新宿厚生年金会館であった『ゴールデンスランバー』の試写会に行ってきました。 ここで行われる試写会には過去にも何度か訪れているけれど、一番の混みだったんじゃないかと思うくらいに座席の数が次々と人で埋まっていったような印象が強いかも。 ******************...
ゴールデンスランバー (だらだら無気力ブログ)
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリ...
映画 「ゴールデンスランバー」 (ようこそMr.G)
映画 「ゴールデンスランバー」
[映画『ゴールデンスランバー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  この原作者は、主に仙台を舞台にして数々の作品をものしているとのことで、  総理大臣の暗殺犯とされた主人公・青柳は、自分を陥れた奴らと戦うために、仙台市街を『ダイハード』風に縦横無尽に走る。  もちろん、アクションもあるのだが、『ダイハ...
劇場鑑賞「ゴールデンスランバー」 (日々“是”精進!)
ゴールデンスランバー~オリジナルサウンドトラック~「ゴールデンスランバー」を鑑賞してきました原作は未読。圧倒的なリーダビリティと鮮やかすぎる伏線回収で、2008年の“本屋大賞”や“山本周五郎賞”を受賞するなど各方面から絶賛された伊坂幸太郎の傑作ミステリ...
『ゴールデンスランバー』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋、柄本明、香川照之試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこちら。<Story>首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳(堺雅人)...
中村義洋監督 「ゴールデンスランバー」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今年初の劇場で観た映画レビューはこれ… ゴールデンスランバー - goo 映画 公式サイト⇒http://www.golden-slumber.jp/ 映画化決定の話があった時から、観たくて観たくてしょうがなかった映画! 前売りのチケットも去年のうちに購入(^m^:) 出来? もう言うこ...
真実は闇の中で終わらせていいのか?!『ゴールデンスランバー』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。首相暗殺事件の犯人にでっち上げられた男性の逃走劇を描いた物語です。
ゴールデンスランバー (Akira's VOICE)
「よく出来ました」止まりだけど面白い。  
ゴールデンスランバー(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
10日も前の鑑賞だけど、忘年会やら何やらいろいろあって、すっかり感想を書くのが遅くなってしまいました。2008年の本屋大賞、山本周五郎賞、「このミステリーがすごい!国内編」1位など高評価の伊坂幸太郎作品の映画化。実は原作読んでないんですよね。でもたぶん、結構....
ゴールデンスランバー (堺雅人さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「ゴールデンスランバー」みた。 (たいむのひとりごと)
伊坂作品を原作にした映画は原作を読んでいない方がより楽しめるといつも思うけれど、今回も片時たりとも目が離せない展開に釘付け。さすが吉田義洋監督!『アヒルと鴨のコインロッカー』以来、伊坂作品原作の映画は
『ゴールデンスランバー』 (ラムの大通り)
----これは超話題の映画だニャ。 「うん。人気の伊坂幸太郎原作。 小説は読んでいないけど、 発表されたとき、そのタイトルを聞いて うわあ。やるな…と思った」 ----タイトルで? 「そう。これは有名なビートルズの『アビーロード』のB面。 メドレーが始まっていく最初に...
「ゴールデンスランバー」 ~懐かしいビートルズの曲が流れる青春コメディ (取手物語~取手より愛をこめて)
「アビイー・ロード」、何度聴いたことでしょう。
ゴールデンスランバー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!無実の男、首相暗殺犯に断定誰が、彼を救えるのか。
ゴールデンスランバー/堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆 (カノンな日々)
とても楽しみにしていた伊坂幸太郎原作小説の映画化作品です。といっても相変わらず験を担いで?伊坂幸太郎さんの原作小説には手をださずにいます。一冊だけ買ったんですけどね、いまだに読んでません(苦笑)。監督したのは同じ伊坂幸太郎作品である『アヒルと鴨のコインロ...
「ゴールデンスランバー」(日本 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
リー・ハーヴェイ・オズワルド。 ジョン・F・ケネディ暗殺の単独実行犯として名指しされている男。 そしてオズワルドにされた男の逃走劇が始まる。
「ゴールデンスランバー」 (俺の明日はどっちだ)
・ う~ん、困ったな。 実は身近なブロガー仲間を含め多くの人たちが絶賛し『本屋大賞』まで獲ってしまった伊坂幸太郎による原作は、そのあまりに胡散臭くてあまりに幼く思わざるを得ない設定にウンザリさせられ、キツイ言い方をするならば、上手さが目立つだけの作品で...
『ゴールデンスランバー』 (みゆみゆの徒然日記)
 伊坂幸太郎の原作はかなり話題になりましたし、面白そうだなと思っていましたが・・未読のまま鑑賞。書店に並べられた本の題名を見て、ぱっと思い浮かんだのが、ビートルズの曲。ビートルズは大好きで、中でも『Abbey Road』のメドレーはかなり好き、というか名曲を超え...
ゴールデンスランバー (Diarydiary! )
《ゴールデンスランバー》 2009年 日本映画 宅配ドライバーの青柳は、突然首相
ゴールデンスランバー■堺雅人VS.香川照之 (映画と出会う・世界が変わる)
「ジェネラル・ルージュの凱旋」ではもたついた演出であった中村義洋監督なので大いに心配したが、今回は手堅い演出で飽きることなく見せる。ひとつひとつの伏線やエピソードが結実していく様はなかなか快感である。この映画の成功は堺雅人と香川照之という絶好調の二人に...
『ゴールデンスランバー』・・・「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」 (SOARのパストラーレ♪)
逃げること、生きること。 冒頭で旧友の森田(吉岡秀隆)からこの二つを言い聞かされ、青柳(堺雅人)の逃走が始まる。前置きにさして時間は割かれず、明かしてしまえばラストも実にシンプルだ。しかし最初から最後までこれでもかと張り巡らされる伏線が、前後しながら絶...
『ゴールデンスランバー』 (『映画な日々』 cinema-days)
首相暗殺容疑を掛けられた 30男の逃走劇とそれを助ける仲間たち 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:伊坂幸太郎の同名小...
【97.2Kg】 「ゴールデンスランバー」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
また深夜ですねー(^0^)/ こんばんわさんです♪
【ゴールデンスランバー】★堺雅人 (猫とHidamariで)
無実の男、首相暗殺犯に断定誰が、彼を救えるのか。ゴールデンスランバーHPゴールデンスランバー シネマトゥデイ監督中村義洋製作総指揮-原作伊坂幸太郎音楽斉藤和義脚本中村義洋、林民夫、鈴木謙一キャスト堺雅人(青柳雅春)竹内結子(樋口晴子)吉岡秀隆(森田森...
No.202 ゴールデンスランバー (気ままな映画生活)
仙台での首相パレード中に起きた爆破事件。 そこに出くわした一般市民が暗殺犯人に仕立て上げられる。 10年ぶりに再会した友人から、”オズワルド”にされるぞ… (ジョン・F・ケネディ暗殺事件で犯人にされた人物) と告げられ、爆破が起こり訳も分からず警官から逃...
ゴールデンスランバー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2010/01/30製作国:日本上映時間:139分監督:中村義洋出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、竜雷太、伊東四朗、香川照之、貫地谷しほり、永島敏行無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲Story:凱...
*ゴールデンスランバー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2010年  日本 首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳は、大学時代の友人・森田と久しぶりに再会していた。様子がおかしい森田。そして爆発音。首相を狙った爆弾テロが行われたのだ。「逃げ...
ゴールデンスランバー (~映画盛り沢山~)
監督:中村義洋  原作:伊坂幸太郎  脚本:中村義洋/林民夫  撮影:小松高志  編集:阿部亙英 出演:堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり 公開年:2010年  製作国:日本  上映時間:139分 ******************** 2010年20本目 新宿ピカ...
ゴールデンスランバー (心のままに映画の風景)
仙台。 宅配ドライバーの青柳は、金田首相が凱旋パレードを行う日に、大学時代の同級生・森田(吉岡秀隆)に呼び出された。 パレード中に爆発...
「ゴールデンスランバー」 イメージに踊らされるな (はらやんの映画徒然草)
伊坂幸太郎さん原作の映画化は三度目となる中村義洋監督作品。 「アヒルと鴨のコイン
ゴールデンスランバー(映画館) (ひるめし。)
誰が、彼を救えるのか。
ゴールデンスランバー (映画の話でコーヒーブレイク)
JRの横浜駅で、auとコラボした堺さんのビックリ顔の本作ポスターを見かけました。 本作は今週末(1月30日)ロードショー公開なんですね。 そんな中、知人に誘われプロデューサー遠藤氏の会見付きの試写会に行ってきました。                     ...
『ゴールデンスランバー』 (purebreath★マリーの映画館)
                誰が、彼を救えるのか『ゴールデンスランバー』監督・・・中村義洋原作・・・伊坂幸太郎出演・・・堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、大森南朋ソニン、濱田岳、柄本明、香川照之、伊東四朗、永島敏之 他...
【映画】ゴールデンスランバー (新!やさぐれ日記)
▼動機 小説買うより安いから ▼感想 中村義洋監督による贖罪? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられ...
「ゴールデンスランバー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 伊坂幸太郎原作の同名小説を映画化。総理大臣暗殺犯に仕立て上げられた男の、果てしない逃亡劇を描く。 本作の面白いのは、主人公がまったく普通の一般市民であり、対する敵勢力が個人はおろか生半可な組織では到底太刀打ちできない、国家規模の権力を有する点にあると...
ゴールデンスランバー / 86点 / GOLDEN SLUMBERS (ゆるーく映画好きなんす!)
現実的でも夢物語でも無い、これは夢と現実の間にある真実のおとぎ話♪ 『 ゴールデンスランバー / 86点 / GOLDEN SLUMBERS 』 2009年 日本 139分 監督 : 中村義洋 原作 : 井坂幸太郎 脚本 : 中村義洋、林民夫、鈴木謙一 音楽 : 斉藤和義 出演 :
ゴールデンスランバー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴールデンスランバー』を吉祥寺で見てきました。  伊坂幸太郎氏原作を映画化したものは、これまで『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フッシュストーリー』、それに『重力ピエロ』を見てきましたし、『クヒオ大佐』で類い稀な演技を披露した堺雅人が主役を演じもす...
ゴールデンスランバー 原作の世界で忠実に作り込むとやはりいいのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=11 -4-】 上映時間が17時20分からとちょっと平日には行きにくい時間のこの映画、今日は仕事だったので、だから海は無し、そのおかげで封切りしてかなり時間が経ってからながらようやく今日観に行けた。 以前に友人が貸してくれたので読んだ原作、むちゃく...
ゴールデンスランバー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ゴールデンスランバー 制作:2009年・日本 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季 あらすじ:凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライ...
「ゴールデンスランバー」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★☆ 製作年 : 2010年 製作国 : 日本 配給 : 東宝 監督 : 中村義洋 原作 : 伊坂幸太郎 出演 : 堺雅人 、 竹内結子 、 吉岡秀隆 、 劇団ひとり 、 貫地谷しほり 、 相武紗季 、 ソニン 、 大森南朋 、 柄本明 、 香川照之 あらすじ 首相の凱旋パレ...
ゴールデンスランバー(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワードゴールデンスランバー(GOLDEN SLUMBER)キャッチコピー:無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲製作国:日本製作....
ゴールデンスランバー (単館系)
首相暗殺犯に仕立て上げられた主人公が仙台の中をひたすら逃げ回る! 彼は何もしていないから逃げているわけですが・・・ 話の展開は...
『ゴールデンスランバー』 DVD鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命の中、青柳...
映画評「ゴールデンスランバー」(地上波放映版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり