to Heart

〜その時がくるまでのひとりごと

フィッシュストーリー

2009-03-26 01:37:25 | the cinema (ハ行)
きっと、つながる
製作年度 2009年
上映時間 112分
原作 伊坂幸太郎 『フィッシュストーリー』(新潮社刊)
脚本 林民夫
監督 中村義洋
出演 伊藤淳史/高良健吾/多部未華子/濱田岳/森山未來/大森南朋/渋川清彦/石丸謙二郎/草村礼子

『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、伊坂幸太郎の原作を中村義洋が監督したユーモラスでそう快な人間ドラマ。
1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦、大川内利充)は、解散前最後のレコーディングに挑んでいた。そしてときは超え、地球の滅亡まで数時間に迫った2012年、営業を続ける一軒のレコード店から“逆鱗”のあの一曲、「FISH STORY」が流れ始め……。(シネマトゥデイ)

私の中では中村監督は「アヒルと鴨〜」の監督ということになっているが、
また「チーム・バチスタ〜」の監督でもあるわけで・・そんなに期待しないで行きました。
結論から言うと、やはり伊坂幸太郎テイストが感じられて、結構良かったです♪
     。。。
出版されるも、直ぐに回収の憂き目に遭った誰にも読まれなかった本「フィッシュストーリー」
その本に最期のレコーディングの前日に出会う1975年の、早すぎたパンクバンド"逆鱗"(げきりん)のメンバー。
そしてレコーディングされた曲「FISH STORY」、誰にも聴かれなかったその曲と
1982年の気の弱い大学生が出会う―
その日「運命の女性と出会い」「いつか世界を救う」と予言された彼は・・・

逆鱗の曲とは、一見何の繋がりもない2009年のフェリーの高校生もコックも、
世界の終わりを迎えた2012年に出会った3人も、時代を超えてつながる―

世界を救う。正義の味方いいですよね。
男の子は誰でもみんな一度は憧れたはず。
心に正義はあっても、心と身体を鍛えていても、ソレを発揮するチャンスはあるのか?!
まず自分の人生に、その時はくるのか?

何も実りのないような、平凡な日常にも、ある日ピンチが訪れ、
――その時、何かを受け取る。

小さな正義の連鎖。。。

どんなにちっぽけな自分の人生も、いつかは誰かに伝わり、繋がっていく・・・
それがいつかは解らない、ンだけど・・そういう遥かな未来があるかも、っていう
あり得ないような、
でも心の中に誰もが持っている御伽噺のような、
優しいのにどこか切ない―そんなフィッシュストーリー

意味不明な
 僕の孤独が魚だとしたら
  そのあまりの巨大さと獰猛さに、鯨でさえ逃げ出すに違いない―も、
「長崎は〜」も、逆鱗の歌はカッコよかった♪
EDのSnmmer Daysも、なんか凄く良かったので調べてみたら、
この音楽プロデューサー斉藤和義さんの曲って意外と知ってた。
ポンキッキーズの"歩いて帰ろう"もこの人だったのにはちょっと感激〜

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日のいいとも! | トップ | 氷結アペリティフCM〜♪ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんですよね。 (rose_chocolat)
2009-03-26 06:19:52
私も「歩いて帰ろう」大好きです。ポンキッキを思い出す。。。 笑
斉藤さんの音楽も、この映画の良さを存分に引き出していると思います^^
こんばんわ! (こべに)
2009-03-26 21:48:32
逆鱗かっこよかったですー!
長崎は〜、のアレンジもめちゃスキでっす☆
悪くないんだけど感想の書きにくい映画で
困っちゃったけど、ラストはすっきりでしたね〜!?

rose_chocolatさん* (kira)
2009-03-27 00:52:13
やっぱりポンキッキ、子供と一緒にみてまた?
あの番組で知った大好きな歌でした!
逆鱗登場で、一気に面白くなりましたよね
キャストは地味ながらみんな良い味出してたし、脚本も、音楽も良かったです
こべにさん* (kira)
2009-03-27 00:57:56
意外に(失礼)伊藤君のベースも決まってて、
ヴォーカルの高良健吾くんの声もこのバンドに合っていましたね
本当に、「アヒ鴨」の時も難しいと感じましたが、
下手に書くと勘の言い方は解っちゃいますしね
爽やかな感動と、なぜか甘酸っぱい気持ちになる作品でした
こんにちは (GAKU)
2009-03-28 08:35:18
こんにちは。

私も「アヒルと鴨〜」のチームということで見に行きました。
中村監督は「バチスタ」や「ジェネラル・ルージュ」とはまた違った感じで
個人的には「アヒル〜」や今回の「フィッシュ〜」のようなミニシアター系
のほうが伸び伸びやりたいことをしているような気がします。

「フィッシュ〜」は本当に未来に希望を持たせてくれる内容でした。
平凡な自分の存在意義って、時々「意味があるのだろうか」と疑ってしまう
ことがありますが、どんなことでも先の何かに繋がってると思うと
勇気をもらえるような気がします。

>「長崎は〜」も、逆鱗の歌はカッコよかった♪
そうそう、パンクバージョンがカッコ良かったですよね。
あの時代のお客さんは怒り心頭でしたが、私は「カッコイー!CD欲しいー」
とか思って見ていました(笑)

※lividoorからgooのTBはなぜか通らなくなっているようです。
他のgooのブログにも、ある時期からTBが通らなくなりました。
恐らくスパム対策でしょう。何度か試してみたんですが。。。すいません。
GAKUさん* (kira)
2009-03-28 14:35:29
こんにちは!コメント、有難うございます♪

中村監督作品、私も同じです。
某局の製作のシリーズものにはない、作品に流れる
温かい人間に対する愛情とか、期待感とかが、
井坂さんとのコンビで生まれるのでしょうか。
ラストにきて、いつも温かさとか優しさとか希望が手渡される気がします。

大人として日常をこなしているうちに押しやられてしまった
懐かしい自分に会えたような、
そんなことを思っていたのは、自分だけじゃなかったんだという、
しかしまた続いていく現実に、
立ち向かう勇気がもらえるような作品でしたね。
中村監督にはこういう作品を撮り続けて欲しいです。

TB,そういえばlividoorからはこのところ入ってないのかも!?
却ってご迷惑とご面倒をおかけしました、スミマセン。
GAKUさんのこの記事は欲しかったのですが、、
次回から、記事URLを、「コメント」欄に貼り付けて下さいませ
うんうん (miyu)
2009-03-29 15:04:39
逆鱗のキャバレーでのパフォーマンスも良かったよね〜。
最初はフツーに歌ってたのが、どんどんパンクになってく
ところとか、そのあと大暴れしちゃうところとか、
なんか嬉しくなっちゃいました♪
全体的に楽しく観れたし、最後のつながりは
すっきり出来ましたね〜。なんか爽快な青春ものって
感じでした!
miyuさん〜* (kira)
2009-03-30 12:28:41
若い人にはちょっと不思議な光景だったかも?ですが、
当時のクラブやキャバレーなどには、楽器が弾けるとか、
歌が歌えるというだけで、
畑違いのバンドや歌手がバイトしてたんですよね〜、ふふふ
あんな光景も時にはあったかも(笑)
最後のレコーディングの"つぶやき"、なんかグッときましたね〜
斉藤和義 (にゃむばなな)
2009-04-01 19:29:22
私も「歩いて帰ろう」は大好きな曲です。
彼の曲を聴くと、どんな時でも明るく楽しい気分になりますよね。
にゃむばななさん* (kira)
2009-04-03 00:04:55
ポンキッキの、あの大人にも人気だった曲を
こうしてこの作品でまた語れるなんて
これも10数年の時を経ているわけで、
そんな事もこの作品のテーマとシンクロしているような気がしますね〜
Unknown (はらやん)
2009-04-05 06:45:03
kiraさん、こんばんは!

なんだかせつなくて、それでいて希望もあって、いい作品でした。
小さな勇気、でもそれはその人にとってはとても大きな勇気で、それがまた誰かに伝わっていく。
こういうの、とてもいいなあ。
中村監督は伊坂作品の雰囲気を表現するのが上手ですよね。
はらやんサマ* (kira)
2009-04-06 01:57:28
こんばんは!

現実を知ってるオトナだから、切なさを感じるのでしょうか?
夢を見れない若者も、この温かさの底にやはり切なさを感じ取るのでしょうか?
ふと知り合った人との出会いで、ちいさな正義が伝わって、、いつかは!
こういう映画があるから、邦画って凄いと思えます。
ちゃんと何かを手渡された気がしますよね
青年ゲキリンパンク (SGA屋伍一)
2009-04-08 21:29:57
「ヤッターマン」の記事でコメントいただいたものです。予告どおり再び参上いたしました(笑)

正義の味方、いいですよね。最初のシーンがいきなりゴレンジャーだったので、特撮好きとしてはその時点でかなり好印象でした
「ガンダムが彗星を受け止める」というのもちょっとオタクでないとわからないネタだと思います

「アヒルと鴨」は原作は読んだのですが、映画のほうはまだ見てません。両方鑑賞した人は、みんな口をそろえて「映画の方がよかった」というんですよね。そういう例も珍しいかと

中村監督は「ジャージの二人」もそうだったかな? よく働きますね
SGA屋伍一さん* (kira)
2009-04-11 14:08:54
こどもって、不思議ですよね〜。

「正義」のヒーローにはヘタレはウチの子も憧れて、
何度も何度も、一番レンタルさせられたのがゴレンジャーだったんですよね。
どこが他のヒーローと違うのか私にはサッパリでしたが(笑)

「アヒルと鴨」は2008の私の邦画ベストでした。
中村監督を初めて認識した作品となりました!
こちらがお好きなら、きっと心を掴まれる作品だと自信を持って
こんにちは〜♪ (ミチ)
2009-05-15 20:12:13
自分の頭の中で時系列を整理整頓しながら見ていたのですが、その「解答」が最後に流れて大満足でした。
繋がった時の気持ちよさといったら!
小ネタも分かれば分かるほど面白いですよね。
「僕の孤独が〜〜」の歌、好きです♪
こんにちは (たいむ)
2009-05-16 15:46:18
音楽の斉藤さん、「ポンキッキーズの"歩いて帰ろう"」もですか〜〜

ポンキッキの歌はどれも好きで、以前CDをレンタルしてエンドレスで聞いていた時期があったのだけど、そうでしたか〜。

逆鱗の歌も頭ン中でエンドレスです(^^)
ミチさん〜* (kira)
2009-05-16 22:13:31
ミチさんがコレご覧になると思わなかった

爆発的な感動とか、爽快感というより、
じわっと心をくすぐる「解答」でしたよね
子供の頃の大事なもの、
それを見せてくれる作品でした
たいむさん* (kira)
2009-05-18 23:29:07
こんばんは〜♪

いつもコレ系(笑)の作品は、
同じような感じを受けるようで嬉しいです

一生懸命だけど、なんか巧くいかなくて、
吐き出すように、ぶつけるように歌う逆鱗の、ホントは空白じゃなかった部分。
そこが繋がっていく温かさ。やだぁ〜また恥ずかしいこと言いそうです
こんにちは (悠雅)
2009-09-27 13:23:55
近くで上映がなかったので、昨日午後、レンタルでやっと観たんですが、
夕方のTV『ミュージックフェア』も、今朝の『ボクらの時代』も斉藤和義さんがご出演で、
なんでこんな短期間にいろんな形でこの人の曲を聞くんだ?と
妙な偶然に笑ってしまいました。

中村監督の作品は、思えばわたしは『バチスタ』以外は大好きなのですよ。
『ルート225』も原作を読まれた方にも好評だったし、
『ジャージの二人』なんて、小説そのまんま、って感じだし。
この作品も、テーマといい、逆鱗の歌声といい、正義の味方といい、伊坂作品の世界を巧く再構築してますよね。
なので、やっぱり『ゴールデンスランバー』に期待です。
悠雅さん* (kira)
2009-09-28 12:44:49
そうそう、斉藤和義さん、今年特にTVでお目にかかりますよね♪
私もこの作品を観てから、気づく事が多くなった気がしますよ。

「ルート225」「ジャージの二人」はまだ観ていないんですよ〜。
「ゴールデンスランバー」は楽しみです!
ただ、井坂さんの映画化、あまり大物がぞろぞろ出てこない作品の方が
なんかいいような気がするんですが、いかがでしょう
「バチスタ」のようにはなって欲しくないですよね〜
こんばんは♪ (ひめ)
2010-04-27 19:38:56
伊坂テイストでしたね♪
どこか優しくて、見終わった後読んだ後に
「なんかいいな・・・」と思えるところが大好きです。
逆鱗の歌もかっこよかったし!
斉藤和義さんが歌うフィッシュストーリーも聞いてみたいな♪
ひめちゃん* (kira)
2010-04-30 23:15:02
序盤のゆるゆる感、でも、そこから既に
あのラストのシーンへの「やった!」感まで、
およその方が逆鱗登場で引っ張られたんじゃないでしょうか〜
やや緊迫感のない「地球滅亡」(笑)
いつも緊張感のない日々を過ごす現代の私たちですが、
なんだか子供の頃の正義感とか、、思い出させてくれる素敵なストーリーでした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 「フィッシュストーリー」 (ようこそMr.G)
映画 「フィッシュストーリー」
『フィッシュストーリー』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュース:斉藤和義出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで....
【レビュー】「フィッシュストーリー」 (映画の部屋☆とらとら分室(^^;)
大森南朋氏を札幌まで追いかけた事のある私にとって 彼の出番も多かった この作品は 満足行くものだった   さらに 好きな俳優さんが たくさん出ていたこともあって この作品は 今年の邦画暫定1位とさせていただきたいと思う   パンフレットが700円 レコードジ...
『フィッシュストーリー』 (ラムの大通り)
「いやあ、これは涙が出るほどオモシロかったね。 中村義洋監督、 『ルート225』の頃からただ者じゃないと思っていたけど、 やってくれるね」 ----えっ。泣ける映画ニャの? 原作の伊坂幸太郎ってあまりそんな感じしないけど。 「いや、そうじゃないよ。 ここが説明しづら...
正義の味方。~「フィッシュストーリー」~ (ペパーミントの魔術師)
伊藤淳史ってイジラレ役が多いんですけど 今回はなんかかっこよかったですね~。 意外でした。(わわわわわ) フィッシュストーリー逆鱗×斉藤和義 by G-Tools 映画のキモとなる歌さえうまくいけば大丈夫って思ってたんで、 のっけからたたみかけてくるこの歌は か...
フィッシュストーリー (Memoirs_of_dai)
ただでは終わらん大ボラ話(FISH STORY) 【Story】 1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦...
フィッシュストーリー @試写会 (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
フィッシュストーリー 2/6(金)ショウゲート試写室 原作は未読だし、アヒ鴨も未見(コレを機に観たいと思ってます)なのだけど、のっけからマイ・ウェイはシナトラを・・・なんてな話から入るんで食いついちゃってそのまま楽しんでしまいましたー。 とくに“逆
「フィッシュストーリー」 (小さな街から)
1975年。セックス・ピストルズがデビューする1年前。早すぎた日本のパンクバンド”逆鱗”は、全く売れないためにレコード会社をクビになることが決まり、最後のアルバムをレコーディングしました。 そして2012年。あと5時間で彗星が地球に激突し、世界の終わりが来
フィッシュストーリー (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
私は伊坂幸太郎原作の映画とはどうにも相性が悪い。それを差し引いても、この映画はいただけない。70年代に活動した売れないパンクバンド“逆鱗”の楽曲「FISH STORY」を軸に、4つの時代の事件がバラバラに描かれ最終的には一つにつながって、2012年の地球滅亡...
フィッシュストーリー (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎の短編小説を映画化した作品。監督は中村義洋。主演は伊藤淳史だが、バンド“逆鱗”の仲間として高良健吾、渋川清彦、大川内利充が共演。他にも森山未來、濱田岳、多部未華子、大森南朋、石丸健二郎、中村有志など若手とベテランが多数出演している。というか、...
試写会「フィッシュストーリー」 (流れ流れて八丈島)
今晩は、当直明け恒例の試写会でした。なかのZEROホールで「フィッシュストーリー」です。会場が中野ということなんで、吉祥寺周辺に住んでるH・N嬢を誘ってみたら、たまたま休日だったので、一緒に観てきました。お互いお休みなんで、まずは夕方5時くらいに待ち合...
フィッシュストーリー (ダイターンクラッシュ!!)
3月24日(火) 21:05〜 チネ4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『フィッシュストーリー』公式サイト 『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作、監督コンビの作品。伊坂幸太郎原作映画は、いくつか見ているが、小説は一冊も読...
『フィッシュストーリー』@一ツ橋ホール(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
この映画、監督と原作、一部出演者が「アヒルと鴨のコインロッカー」が同じで楽しみにしていたらBluebloodさんから試写会のお誘いが♪SpecialThanks!「フィッシュストーリー」鑑賞★(C)2009「フィッシュストーリー」製作委員会監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュ...
フィッシュストーリー(映画館) (ひるめし。)
きっと、つながる
フィッシュストーリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『きっと、つながる』  コチラの「フィッシュストーリー」は、”発売当時だれにも聞かれなかった曲が、時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!「アヒルと鴨のコインロッカー」のチームが贈る、伊坂幸太郎ワールド第2弾!!”となる3/20公開のヒューマン・ファンタ...
フィッシュストーリー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:中村義洋 “フィッ
『ワルキューレ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ワルキューレ」 □監督 ブライアン・シンガー □脚本 クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー □キャスト トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・ク...
『フィッシュストーリー』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで「FISH STORY」を放った、早すぎたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された気弱な大学生。2009年、シージャックに巻き込まれた女子高生と、正義の味方になりたかったフェリ...
フィッシュストーリー (5125年映画の旅)
2012年、巨大彗星の衝突で世界は滅亡の危機に直面していた。2009年、北海道行きのフェリーがジャックされた。1999年、ノストラダムスの預言の時が近づいていた。1982年、一人の大学生が自分の自分の不甲斐無さを嘆いていた。そして1975年、それらの...
【フィッシュストーリー】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:伊藤淳史、森山未來、浜田岳、高良健吾、多部未華子、大森南朋、石丸謙二郎 「1975年セックス・ピストルズがデビューする1年前、「FISH STORY」を最後に出して消えたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された、同級生の運転
フィッシュストーリー (めでぃあみっくす)
つながった〜!気持ちいいくらいに1953年〜2012年までひとつにがつながっちゃった〜! 最後に「FISH STORY」がフルで流れるまではどないなるかと思ってましたが、まさか本当に誰にも聴かれなかったパンクレコードが世界を救うなんて、笑っちゃうほど面白かったです。 ...
フィッシュストーリー (だらだら無気力ブログ)
『アヒルと鴨のコインロッカー』に続いて、伊坂幸太郎の原作を中村義洋 監督が映画化。 1970年代、全く売れなかったパンクバンドの1つの曲がいろんな人物が 交錯し、めぐりに巡った結果、地球滅亡の危機を救うという奇想天外な 時空を超えたストーリーを鮮やかに描く。...
*フィッシュストーリー* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 2012年、彗星の地球への衝突が5時間後に迫り世界が終わろうとする中、ターンテーブルから日本のパンクバンド“逆鱗”が1975年にセックス・ピストルズのデビューに先駆けて放った最後のレコード「FISH STORY」が流れる。1982年、その曲を...
フィッシュストーリー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
静かなメロディラインに、一瞬どこがパンク?・・・直後のシャウトにやられました。(笑)僕の孤独がさかなだったら〜♪でも歌詞は^^;;;よくわからな〜い。でもね、ひとつの曲がいつか世界を救う・・・そんな壮大なストーリーが・・・できちゃったんだな(笑)ホラ話...
届け天国の弟へ! 『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗@SHIBUYA O-EAST (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
昨日の速報の通り、映画『フィッシュストーリー』トークショー付きプレミア上映&ライブfeaturing逆鱗へ行ってきた。映画の上映後に、監督・キャストによる舞台挨拶と、映画から飛び出しデビューしたバンド“逆鱗”の一夜限りの生演奏が行われた。会場はSHIBUYA...
「フィッシュストーリー」 想いはいつか誰かに届く (はらやんの映画徒然草)
「アヒルと鴨のコインロッカー」と同じく、伊坂幸太郎さん原作、中村義洋さん監督の本
フィッシュ・ストーリー (on a day like today)
TB失礼します
いきなりゴレンジャー 仲村義洋 『フィッシュ・ストーリー』 (SGA屋物語紹介所)
2012年。人類は巨大白色彗星の接近により、滅亡の危機に瀕していた。 1982年
「フィッシュストーリー」:青山斎場バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あと5時間後に地球が滅びるとしたら、俺はここにいたいね。 {/hiyo_en2/}どうして葬儀場なんかに? {/kaeru_en4/}成仏しそうな感じがするじゃないか。 {/hiyo_en2/}辛気臭っ。それより、自分の好きなことをやったほうがいいんじゃないの?好きなアーティス...
[映画『フィッシュストーリー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
★MOVIX昭島での、最終上映に駆け込んできましたよ^^  明日から、ロードショーがいっぱいだから、上映終了の映画も多いですな。    ◇  簡単に言うと、これは「小エピソード連鎖」の物語である。  とあるパンク(と言うジャンル名さえない頃の)バンドの...
フィッシュストーリー (future world)
娯楽性抜群、中村監督〜ウマすぎます! 「FISH STORY」は只の‘ほら話’じゃありませんね。 〜2012年、彗星が地球に衝突して人類が滅びる・・・ なのに悲壮感・絶望感なんて無し、ホロリとくるような爽快感で 鑑賞後も最近観たものにはなかったスッキリ感が。 舞...
映画 【フィッシュストーリー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎の原作を『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が映画化。 おはなし:1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人は、解散前最後のレコーディングに挑んでいた。そして、地球の滅亡まで数時間に迫...
「フィッシュストーリー」みた。 (たいむのひとりごと)
「僕の孤独がぁ〜(ダダダ ダン) 魚だったらぁ〜(ダダダ ダン)♪」何度も繰り返して聞かされると必ず頭の中でエンドレスにグルグルと回ってしまうような曲の一つと思う。何たってヘンテコリンな歌詞だし、「ダ
【映画】フィッシュストーリー (新!やさぐれ日記)
▼動機 多部未華子&濱田岳&中村義洋 in 伊坂ワールド ▼感想 なるほど「おとぎ話」とはよく言ったもの ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1975年、ピストルズがデビューする1年前。鳴かず飛ばずのバンド「逆鱗」のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾...
フィッシュ・ストーリー■もうひとつの「アルマゲドン」 (映画と出会う・世界が変わる)
怪獣が出現したとか、巨大隕石が地球に衝突するという題材を、もし、エリック・ロメール、アキ・カウリスマキ、あるいはジム・ジャームッシュなどそのような題材とは全く無縁の監督たちに与えたらどんな映画になるだろうかということを時々想像するのであるが、(そういう...
フィッシュストーリー (悠雅的生活)
「いつか世界を救う」。「誰かに届け」。「礼なら父に」。
斉藤和義と伊坂幸太郎 (Q-Days)
たまたま開いた雑誌『日経エンタテインメント!』の11月号で こんな本の存在を今更ながら知った。 斉藤和義と伊坂幸太郎の対談本『絆のはなし』 約2年前の本。 伊坂幸太郎さんがシステムエンジニア時代、 電車の中で聴いた斉藤和義さんの『幸福な朝...
【フィッシュストーリー】正義の味方の作り方 (映画@見取り八段)
フィッシュストーリー 監督: 中村義洋    出演: 伊藤淳史、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋、石丸謙二郎 公開: 2009年3月 ...
フィッシュストーリー (paseri部屋)
「フィッシュストーリー」(2009)を観ました。監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュース:斉藤和義出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋<内容>2012年、彗星の地球への衝突が5時間後に迫り世界が終わろうとする中、ターンテーブルか....
フィッシュストーリー (ひめの映画おぼえがき)
フィッシュストーリー [DVD] 監督:中村義洋 出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋、渋川清彦、大川内利充、眞...
映画評「フィッシュストーリー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり