to Heart

~その時がくるまでのひとりごと

平清盛 第22回

2012-06-05 00:05:01 | TV dorama

脚本 藤本有紀
演出 柴田岳志
制作統括 磯智明
音楽 吉松隆
語り 岡田将生
出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也/國村隼
第22回 「勝利の代償」 11.0%
保元の乱がついに終結。負傷した頼長(山本耕史)、山に逃れた崇徳上皇(井浦新)に悲劇が…。さらに敗走中に捕らえられた忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)に、信西(阿部サダヲ)から下された信じられない沙汰に、清盛(松山ケンイチ)は苦しむ。負けた者にも勝った者にも、つらき結末に、戦士である武士たちは苦悩する…。

後白河天皇と崇徳上皇の兄弟の争いに、加担する藤原家も兄弟で別れ、
平氏も源氏も身内を敵に回す骨肉の戦いとなった保元の乱は僅か1日で終わるものの、
敗者側の末路、
勝者となった清盛と義朝の複雑ながらも、希望に近づいた棟梁の貌を映したものでした。。。



僅かな警護の兵と供に山に逃げ込んだ崇徳上皇は、覚悟を決め出家すると藤原教長(矢島健一)に告げますが、
如何せん山中のことゆえ、道具もなく―…
何と思うままにならぬ、吾が一生よ!ハハハハハ・・・生まれてよりこのかた、なにひとつ。
我慢を重ねて、ようやく決断した時には遅く、機にも仁にも、いかにも恵まれないお方。
ここはもう泣かされました。

悪左府頼長さまの最期も、ほぼ史実通りに描かれて、悲惨なものでした。
元より、負けた時のことなど考えぬものなのでしょうが、
深手を負って、冷たくされた父を頼るしかなかったことも想定外だったでしょうが、
あの、決意の瞬間までは、やっぱり父を信じていたのでしょう。
頼長の屋敷において、信西がみつけた日記の、真面目な父親振りが救いになりました。
         

勝った後白河天皇は、武士の働きをねぎらい、満足そう。でも、得子さまにクギをさされます

清盛は義朝と勝ち戦に安堵し、面白く生きれる世はもう直ぐだといい、
それぞれが妻や子の待つ屋敷に帰り、しばしの安らぎを得るものの
其々気にかかる敗軍の将となって行方の知れない忠正と為義のこと。

やがて清盛の命で、残党狩りに先んじて忠正と息子たちは忠清に連れられて戻ってくると、
流石は大らかな平家一族。
罪を軽くして貰うよう頼むので、これからも平氏の要となってくれるよう忠正を説得する清盛。
いそいそと、共に朝餉をとろうと膳を運ばせる時子殿。

一方の源氏の屋敷でも、為義の生存が知らされるが、もはや親子ではないと言って会おうとしない義朝。
捜索は由良が命じたものらしい・・・。
義朝の為を想い、ひいては源氏の為の由良の行為が、いつも素直に受け入れられない義朝。
たとえ夫の心が離れていくことになっても、可愛くないと言われようとも、
凛として引かない、賢き妻、強き母であり続けたのですね。
ここらも、穏やかな平家に対して、荒々しい源氏といった風にみえます。

そして、朝廷では、崇徳上皇側についたものたちの処分が発表され―、
清盛にも武士への処分が、言い渡される・・・

今回は、出来過ぎた兄を持つ弟としての屈折した胸のうちを、その兄嫁だった池禅尼に吐露する忠正の
あの時も。兄上があの赤子を引き取ると言うたあの時も、ああ、、これは一生わしが尻ぬぐいせねばならぬ。そう思うた。
それが、とてつもない事をしでかす男を兄に持つ弟の、定めというものじゃ
」という言葉に、
彼の重き荷を背負ってきた人生を感じ、なんとも言えない気持ちになりました。

そして、その重き荷は、
清盛の背負うところとなっていくのでしょう。
はぁ~・・・・
来週こそは勝者の、清盛と義朝に勝利の代償と支払いが、、、
この大きな苦難の時を、どのように清盛を描いてみせてくれるのでしょうか、期待します。

コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 今夜は「清盛」~♪ | トップ | 「5LDK」大輔くん♪スタバって... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

TV dorama」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

【平清盛】第22回 (ドラマ@見取り八段・実0段)
保元の乱がついに終結。負傷した頼長(山本耕史)、山に逃れた崇徳上皇(井浦新)に悲劇が…。 さらに敗走中に捕らえられた忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)に、信西(阿部サダヲ) から下された信じ...
平清盛 第22話 感想「勝利の代償」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
平清盛ですが、藤原頼長(山本耕史)と平忠正(豊原功補)の二大ネチラー最後の回かと思いきや、忠正はまだまだネチネチと粘ります。逃げ惑う頼長の周章狼狽は、古今和漢に比類なき才を誇り悪左府とまで呼ばれた男の見る影もありませんが、大急ぎで持ち出した万巻の書籍だ...
NHK大河ドラマ『平清盛』第22回「勝利の代償」 (よくばりアンテナ)
戦の後の悲劇をきれい事じゃなく、こんなに悲惨に描くなんて。 ちゃんとしてるなぁと驚いちゃいました。 帝方が勝利を収め、敗者は散り散りに都から脱出しました。 上皇はついてきていた武士達に自分を置...
平清盛 第22話 「勝利の代償」  (shaberiba)
伯父忠正が敵方にくみしたのは一門の滅亡だけは避けようと やもえぬ仕儀でございました。 何卒御考慮頂きたくお願い申し上げます-----!! 「・・世にとって最も良き断を下そうぞ----」 清盛の思いにこ...
闇を切り裂き、俺は燃えよう、俺は滅び去る者(山本耕史) (キッドのブログinココログ)
「台記」の作者である悪左府こと宇治左大臣藤原頼長が実在したことを疑うものはいないだろう。 「台記」が悪左府の日記であることを疑うものも少ないだろう。 たとえ、自筆原本が失われて存在しないとしてもである。 それほどに「台記」は人々に愛されてきたわけである。 ...
大河ドラマ「平清盛」第22回 (日々“是”精進! ver.F)
チチウエ…チチウエ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206030003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げランキ...
大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男22清盛は忠正の刑の軽減を求めるも信西は崇徳上皇流罪!為義、忠正らに死罪を言い渡した (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「平清盛」第22話は保元の乱で崇徳上皇派は敗れてそれぞれ敗走するも、頼長は矢で負傷を負い、父忠実を頼るも面会を断られ絶望し自ら舌をかんで自害した。一方為義、 ...
大河ドラマ「平清盛」 第22話 あらすじ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
戦の後の・・・新しい世の始まり----------。大きな転機となった前回の「保元の乱」それでも視聴率が振るわなかったのは、バレーのオリンピックがかかっていたということでしかたなか...
「平清盛」第22話。 (Flour of Life)
「平清盛」第22話を見ました。「保元の乱」のその後の話です、が…頼長様ー!!
平清盛 22話 感想 小日向文世 (ドラマとアニメの感想日記)
「平清盛」第22話「勝利の代償」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 保元の乱が終わった後、負けた崇徳上皇側は追われる側に。 うわ、頼長の首には矢が~~! 見ていて痛々しい~><; 崇徳上皇も家臣一人を残して見捨てられ、すっかり生きる気力を失って...
平清盛 第22回「勝利の代償」~叔父上は一門に欠かせぬお人にございます! (平成エンタメ研究所)
 物語が盛りだくさんですね。 ★清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)。  義朝に「友」と言われて照れる清盛。それをあわてて否定する義朝。剣の名前は<ひげ切り>? ★崇徳上皇(井浦新)は<ひとつも思い通りにならなかった自分の人生>を嘆き悲しむ。 ★頼長(山本...
大河ドラマ「平清盛」第22話 (またり、すばるくん。)
第二十二回「勝利の代償」 視聴率11.0%  
平清盛 #22「勝利の代償」 (昼寝の時間)
公式サイト 逃亡中に矢に首を射抜かれた頼長。うう、痛そう。洛中を逃れた崇徳院は、
平清盛 第22回 勝利の代償 (レベル999のgoo部屋)
『勝利の代償』 内容 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)の戦い。。。保元の乱。 清盛(松山ケンイチ)義朝(玉木宏)のついた後白河帝が勝利し戦いは終結。 崇徳上皇だけでなく、上皇についた頼長(山本耕史)らは、逃走を始める。 一方、清盛、義朝は、武士の...
『平清盛』 第22回「勝利の代償」 (ふるゆきホビー館)
JUGEMテーマ:大河ドラマ保元の乱は、帝方の勝利でおわりました。しかし、これからの戦後処理こそ問題。清盛は叔父の忠正と、義朝は父の為義はじめ、兄弟たちとも戦ったわけです。その忠正は、伊藤忠清の配下に捕らえられました。いっぽう、源氏の館には、尾張で捕らえら...
NHK大河ドラマ「平清盛」第22回「勝利の代償」 (真田のよもやま話)
 ここんとこもうすっかりダークサイドに落っこっちゃった感の信西入道、先週も怖かったですねえ。いえ前々からこういう路線だろうと薄々感じてはおりましたけど、私的にはもっとこう、ねずみ男っぽく憎めない悪役になるかと思っておりました。こうなりますと悪の枢軸!っ...
平清盛 第22回「勝利の代償」 (みはいる・BのB)
今週も『平清盛』のお時間でございます♪ あらすじ・・・・
『平清盛』 第22話「勝利の代償」 (英の放電日記)
 戦の終末、そして、それぞれの思惑、悲しみ、絆、愛などが盛りだくさんだった。しかも、それらが単なる羅列ではなく深いものだったので、見ごたえがあった。 頼長の最期  今回一番印象に残った。  頼長(山本耕史)が矢で首を射られたシーンでギクッとさせられ、父・...
「平清盛」 第22回、勝利の代償 (センゴク雑記)
大河ドラマ「平清盛」。第22回、勝利の代償。 ふむ・・・戦い、その後ってとこ。 盛り上がりとかはなく、次回への合間の回かな。
平清盛 第22話 「勝利の代償」  (shaberiba)
伯父忠正が敵方にくみしたのは一門の滅亡だけは避けようと やもえぬ仕儀でございました。 何卒御考慮頂きたくお願い申し上げます-----!! 「・・世にとって最も良き断を下そうぞ----」 清盛の思いにこ...
平清盛、義朝は大出世したのです!! (函館 Glass Life)
?宇治か近江国に退いて東国からの援軍を待つ。 ?崇徳上皇を奉じて東国に下り東国武士を招集する。 ?先手を打って皇居に夜討ちをかける。 為義が献じた三つの策がことごとく拒否されます 京都育ちのお坊ちゃま・頼長には京都から離れて戦う気などなかったの でしょう....