けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハイデポ到着!

2006-09-30 16:14:36 | シシャパンマ
飯田橋の留守番隊より発信しています。

日本時間16:00、けんけんより連絡が入りました。

ハイデポに到着し、これからC1に向け出発するとの
こと。すでにカズ王とひそかは出発した模様です。

電波が悪く、たくさんの情報は得られませんでしたが、
元気に出発していきました!

みなさん、応援本当にありがとうございます!
コメント (15)

カズ王、ひそかの出発です。

2006-09-30 11:59:45 | シシャパンマ
けんけんです。皆さん、応援ありがとう。
本日、表題の2名と僕はダイレクトにC1に入ります。
すでに2人は出発していますが、たぶん8時間の行程となるでしょう。
僕もこれから追いかけます。

雪崩の状況がどのようなものなのかは、まだわかりません。
雪崩に対するレクチャーを普段やっている立場ですが、
ここでは、地形を見ることくらいしか出来ません。
アイスフォールやアバランチパスの下をのろのろと通って、
妥協する地にテントを張るのです。

ただ、あとは神に祈るのみ。

PCから僕が直接ブログアップするのはこれで、しばらくお休みです。
ABCに無事に生還し、ブログをアップすることを楽しみにしています。
その間、飯田橋ヒューストンから生に近い情報が送れるように努力はします。

では皆さん行ってきます!

photo:ABCを出発するひそかとツェリン。カズ王は、15分ほど前に既に出発。
    バンバンのテルテル坊主が効くといいなぁ!

コメント (7)

クムジュンコ&タカちゃん出発!

2006-09-30 03:03:38 | シシャパンマ
けんけんです。いよいよ上部への出発となりました。

クムジュンコ&タカちゃんが、キッチンのミンマと共にデポに出発。
午前10時に出発して、午後2時には到着しましたから、なかなか良いペースです。

ミンマは、そのままABCに戻り、C1から下りてきたパサンたちが、
二人のケアをして、明日C1へのサポートをします。

お隣で仲良しのコロンビア隊の情報だと、C2のテントが雪崩で
4つほど吹き飛びました。その内の2つが彼らのものだったそうです。
「引き返してきて本当に良かった」と、しみじみと僕に言いました。

そのC2に本日AG隊は、テントを2張り建設。
中国登山協会隊とアメリカ隊、スロベニア隊が、本日登頂断念。下山してきました。
C2に向かっているのは、スペイン人1名と、ノルウェイ隊3名、
そして、AG隊だけです。
(少し遅れて、JAC東海とオーストリー&イタリー合同隊が予定してますが)

先日、C1順応のアップダウンの続く氷塔群の中を歩きあえいでいる時に、
「しょうがねぇよな、来ちゃったもんは~!」って、タカちゃんが言ったんです。
なんか、かっこいいいセリフだなって思いました。

photo:ABCを出発する、ミンマ、クムジュンコ、タカちゃんの3名。
    その凛々しい後姿に感動です。頑張れ!

コメント (5)

雪と風は、生やさしいものではありません。

2006-09-28 20:46:51 | シシャパンマ
けんけんです。皆さん、応援メッセージありがとうございます。
今朝は、マイナス9度。1度下がりましたね。風も出てきました。
隊員たちの体調は良好です。タカちゃんも今日から薬を飲んでいません。
調子が出てきましたよ。

ただ、雪と風には悩まされています。
AG隊は、本日C2まで延ばしましたが、実は日程的には余裕はありません。
残された日程の中でのスケジュールは、もうほぼ決定していて後はありません。

明日、29日にクムジュンコ&タカちゃんがハイデポに移動します。
そして30日にC1へ。同日にひそか&カズ王が僕とABCからダイレクトにC1へ。
10月1日にC2、2日にC3、そして、10月3日が山頂へのアタックとなります。
10月4日からは、天気が下り坂なので、この日程でなんとか行きたいと思います。

残念なニュースですが、本日お隣のコロンビア隊とイタリア隊が断念して下山して来
ました。
よく頑張りましたが、やはり雪と風で先に進めなかったようです。涙を浮かべて抱き
合いました。
驚いたことに、屈強なチームであるHIMAX隊も撤退をはじめました!

今秋、まだC2より上のルート工作をしている隊は、1隊もありませんから
どうやらC2から上は、AG隊が先行するしかないようです。

さて、これからが本番です。
皆さん、応援の手を止めないで下さいね。

ああ、シシャパンマの神様、僕たちに力とチャンスを下さい。

photo:雪煙に舞う、シシャパンマ。

コメント (22)

我慢の日々。

2006-09-28 01:49:28 | シシャパンマ
けんけんです。
雪の日々が続き、なかなか電源が確保できずアップが出来ませんでしたが、
皆さんからのメッセージは、隊員たちに毎晩見せていましたよ。

さて、今朝のテント内の室温はマイナス8度でした。
テントの外は、もっと寒くて、テントのファスナーは凍っていてなかなかスライドし
ません。
タカちゃんが、少し風邪気味なんですが、隊員たちの健康データは良好。
みんな頑張ってますよ。(飯食うのを)

本日、ハイデポで壊れた予備のポールをJAC東海のシェルパが持って行ってくれまし
たが、
その間にAGシェルパは、またまたC1へのラッセルを先頭切ってスタート。
途中の連絡では、150m位下に他隊がいるが一向に近づいてこないとの事。
追いつけばラッセルする事になるからね。

ラッセルに加え、風が強くて、通常の3倍以上の時間を費やしC1に到着!
C1の各隊のテントは悲惨で、つぶれていたり、飛ばされていたり。
昨日に簡単な操作方法を教えて、AGシェルパは全員ビーコンを装着していますが、
C1までの斜面に大きな雪崩跡があるのを、散歩に出かけたひそかが見つけ、
連絡があるまでかなり心配したけど、全員ハイデポに帰還!ほっ。

photo:雪で真っ白になったABC。タルチョの5色が綺麗です。
     シシャパンマ、強風で雪煙が舞っているのがわかるかなぁ?

コメント (10)

放射冷却。

2006-09-28 01:48:48 | シシャパンマ
昨日から晴れて、ABCの朝晩の冷え込みは半端じゃないです。
天気は良くなりましたが、各国の隊は雪の多さにためらって動かない中、
AGのシェルパたちは、荷上げにハイデポへ出発!

ところが、連日の雪でハイデポのテントがつぶれて、ポールが折れていました。
さらにAGのシェルパ達はC1へ進みましたが、膝上の雪で、
6000m付近で断念して荷物を残し、ハイデポへ戻ったそうです。

photo:雪の中を出発する、AGシェルパオールスターズ!

コメント (1)

翌朝は、雪国。

2006-09-28 01:48:07 | シシャパンマ
テント周りの雪は、まるで日本の雪国のよう。
妙高からきたタカちゃんもビックリです!

日本の領空内でコロンビア対ノルウェイの戦争が始まりました。
たまに雪の流れ弾が、日本のテントを直撃します。
戦争反対!でも雪合戦は楽しい。

photo:朝、メンバーテントの周りを除雪する、パサン、ダワ、タワ。
    (左から)

コメント (1)

出発できず!

2006-09-28 01:47:17 | シシャパンマ
プジャが終わり、いよいよ行動開始と思っていたんですが、
その日から昨日まで雪が降りっぱなしで、積雪はABCで20~30センチ。
あたり一面、真っ白になってしまい、どの隊のシェルパも動けません。
夜中に何度かおきて、テントに降り積もった雪を落とし、
周りにたまった雪もシャベルで移動させます。

photo:夕方、テント周りの雪のチェックをするペンバ。

コメント (1)

プジャも無事に終了~!

2006-09-25 22:05:02 | シシャパンマ
プジャは、チベット仏教のお祈りの儀式で、このお祈りが終わらないと、
シェルパたちも本格的に登山行動をしないという崇高な儀式です。

しかし、朝から、雪がちらついていて、祭壇前での儀式はちょっと無理そう。
そこで、シェルパたちが、ダイニングテントの外側に屋根付きの
オープンスペースを作ってくれました。さすがパサン!

タワのお経が始まり、お隣のコロンビアチームとノルウェイチームも
参加してくれましたが、道行くチベッタンたちも、飲み物食い物目当てに、
勝手に参加してくれました。

途中で、風も雪も強くなってきたので、屋根があって良かったなって
思って、パサンに目力で合図すると、パサンが目線を隣のJAC東海テントの
方へ向けるので…
…見ると、なんと全員吹雪の中でフードをかぶって正座状態だ!
「訓練かなぁ?やっぱすげ~JR東海!」ってタカちゃん…
だから“ジェーエーシー”東海だって!

photo:なかなかの屋根付き祭壇。前列手前から、けんけん、タワ、ひそか、
     後列手前から、ツェリン、カズ王、クムジュンコ、タカちゃんが
     座っています。

コメント (13)

居酒屋「とうかい」!?

2006-09-25 22:03:56 | シシャパンマ
シシャパンマABCには、居酒屋があります。
座敷席ですが。
腰の低い店長の田辺さんを始め、楽しいスタッフが揃っています。

な~んてね、JAC東海の皆さんとは、よく交流しているんです。
彼らはシシャパンマの後にローツェ南壁に挑む猛者達なんですが、
AGの連中にかかっちゃ、みんなただのお友達です!(^_^;)

タカちゃんなんて、「JR東海の皆さんは…」なんて面と向かって
言ってるし…
…だから「JAC(ジェーエーシー)東海」なんだって!
…いや、ジャック東海でもねぇよ!バクテンしねえよ!

ガイド仲間で、スーパークライマーの藤川さんなんて、裸で
水浴びしてるのをひそかに見かけられてから、
「すっぱ藤川」とか言われちゃってるし。
…藤川fanの皆さんすみません。(冷汗)

プジャの前夜には、お誘いがあって、AG隊員たちがお邪魔しました。
僕は、用事を終わらせて後からお隣のJAC東海チームのテントへ。
すると、AG隊員たちは、既によからぬ液体を呑んで、はしゃぎ中。え~!!

けんけん 「うちの隊員たちに何をするんですかぁ~!」

田辺店長 「あ、あの~、順応が出来てる人ってことでお勧めしたん
      ですが…」

JAC店員さんたちも挙動不審になりながら…

「え、ちょっと待って……でも何で近藤さん“ながし”の格好してんの?」

あれ?本当だ、僕は“ながし”の格好をしている。おかしぃ~なぁ~。

もう、僕も仕方なく、仕方なく、注がれた茶色い液体を呑み歌いました。
幸せ~。しかしAG全員呑んでんじゃん!いい度胸じゃん!

photo:居酒屋「とうかい」の奥座敷。左からクムジュンコ、“すっぱ”藤川、
     “通信兵”山本、さすらいの“ながし”マツザキシゲル。

コメント (4)

本日はこれからプジャが始まります!

2006-09-24 12:19:03 | シシャパンマ
けんけんです。雪が降り続いていて、
本日のプジャはダイニングテントで行われそうです。
う~ん盛り上がりがいまいちで、残念。
みんな朝からお清めで、雪の中で髪を洗ったり
しています。

さてさて、昨日書いてもらったクムジュンコの
ハイデポ往復のレポートで~す。

クムジュンコです!

今日は休日、元気ですよー!

昨日、ハイデポCの上まで行って?年ぶりのスキー滑りを
体験して20一気にABCまで戻ってきました。
デポCからガレ場を下りて氷柱の中を1時間以上をかけて
やっと雪面到着。雪面上では滑りのメンバーがはるか上に
いるが、クムジュンコとしては、この辺りで十分。

けんけん隊長、ひそか、高ちゃんが華麗に数秒で滑り降り
てきた。それをカメラにおさめて、そこから慎重にボーゲンで
3~4ターンごとに息を整えながら滑って、長い斜滑降で
私の滑りは終了した。

ABCまでの長い道のりを真っ暗くなった中ヘッドランプを
付けてメンバーの待つABCへ、ヘロヘロで到着。
でもこれからの数日で回復するでしょう!

今日は、昨夜から降った雪が消えてうす陽が出ています。
ゆっくりした一日隣のテントからケンケン隊長のギターが
聞こえていますよ~。

photo:氷塔は、大きいもので30mくらい。迷路のような
     氷塔群の中を上手に越えて行きます。
     急峻なアップダウンが続き、ときにはお尻で滑り
     落ちてしまうときも…。(^_^;)

コメント (9)

皆様、こんにちは!

2006-09-24 02:01:04 | シシャパンマ
シェルパにディディ、と呼ばれている
”ひそか”です!
皆様からのオモシロメッセージで毎日に元気付けられています。
食欲旺盛すぎです。そのため高度のせいで顔がむくんで
いるのか、ただ太っているのか微妙な感じです・・・

昨日のボードのためし滑りは、楽しかったです。
6058mの地点(C1まで約200mの地点)まで板を担いで上がりました。
セラックにはいじめられましたが、斜面を見た瞬間やる気まんまんで
がつがつ登っている自分を発見・・・
もっとシェルパに甘えれば、楽ができたのかしら?(笑)

斜度は上部で30度くらいで快適、雪は硬い氷の上に10cmくらいの
新雪でした。
登りはとてつもなく時間がかかるのに滑りは数秒・・・・切ない。
コンディションは悪くないのですがあまり上手く滑れず・・・
と思ったら“バックパック&6000mだからあたりまえだぁ~!”
とケンケン隊長・・・たしかに・・・そういうことにしておこう!

ユンチ~へ、
まだ他の隊員には崖やセラックから突き落とされるような事態に
なっていないよ!でも変える頃には、またまた国籍不明な妹に
なっているかも!これからも応援よろしく!

そうそう、この私たちの隊のキャンプでは羊丸ごと干しているん
だよ。頭と内臓は無いけどホント丸ごと!すごいよ!
でも一部今日のランチで食べたかも・・・これってユンチ~の
お土産になるかな?ふふ

ナリヲさま、
毎度楽しい書き込みありがとう!まだイエティーには会って
いないよ。でもヤクはかわいかったよ!そこらじゅうに落し物は
困るけどね・・・(苦笑)
TBCにいたヤク二頭に名前を付けたのに、一頭はイタリア隊に
取られたよ・・・チェッ!

東銀座のふさま、
メッセージありがとうございます!私は元気にやってますよ!
どんどん寒くなってきて毎日雪です。夜にはコタツが欲しい
今日この頃。Fedexでコタツ送って!

ayaさま、
今の時点の予想ですが・・・8000mからの滑走はかなり
キレキレな人か、高所で正しい判断が出来ない状態の人のみ
可能だと思います・・・・・うそです(笑)

ランナーさま、
6000mで口笛はやはり出来ませんでしたが、鼻歌は歌いました。
高ちゃんに”こっちが苦しくなるからやめて!”と止められましたが(笑)

ピンクパンサーさま、
うふ、用意してくれた食べ物はどれもうまうまです!
私が太っていくのは君のせいだぁ! なんてね隊員一同感謝、感謝です!

いしわた君、
どうやら、C1以上に行くとパウダーがどんどん深くなる様子。
C2以上では腰パウダーらしい。
でもそのせいで、今シーズンの登山隊はどこもいまだC2以上に
進めていませんよ。やっぱラッセル隊長にはなりたくないよね(笑)

photo:6000m付近から後ろを振り向くひそか。
     他の隊員ぶっちぎって、けんけんをあおって登ってきました。
     おらおら~!

コメント (6)

6000mで滑っちゃいました!

2006-09-23 20:47:28 | シシャパンマ
けんけんです。本日はお休みです。
でも外は雪が降っています。
あんまり降りすぎるのも問題です。
電源の確保もギリギリだったので、
太陽が出てくるのを持ってました。

昨日の最高到達点は、6058mでした。
C2から他の隊員がヘロヘロになっておりてきて、
膝上を手で示して、「TOO MUCH SNOW!」と、
僕らの目の前で座り込みました。

でも、滑ろうとしているAG隊員には伝わらないかも…(^_^;)
さて、タカちゃんからのレポートです。

タカちゃんで~す!

昨日は、6000mからの初すべりで気分は最高です!
帰り道は長かったけど滑るためなら何てことありませ~ん!!
みなさん、いつも応援ありがとうございます。
とても元気つけられます。

パパスへ、
メッセージありがとね。
でもまだフルコースや追まわしほど
苦しい場面には出会っていませんよ!

ランナーへ、
「フルコース」はランナーにちょっと関係ありかな?
でも教えてあげないよ! ふふ

photo:板をはけば、水を得た魚のようになるタカちゃん!
     8000mからの滑降、2座目になるか?
コメント (3)

雪のスライド音で目が覚めました!

2006-09-23 12:20:19 | シシャパンマ
「ハッ!」としました。
脈がどきどきしています。
テントの屋根にたまった雪が落ちた音でした。

そうです無事にABCに帰ってきたのでした。
でも、昨日はテントでPCに電源をコーヒーを一杯飲んだら、
撃沈してしまいました。夜中から雪が本降りになったらしく、
その雪がずれる音で目が覚めました。

皆さん、応援ありがとう。
そして、飯田橋ヒューストンありがとう。
写真がupされていたのには、ビックリだよ。
でも、あんな素敵な景色は僕たちは見られなかった。

滑れたかって?
ああ、雪の中、お茶が運ばれてきたから…
また後で報告しますね~。

photo:雪の中、ハイデポに到着しました。息はハアハア。奥に見えてる、
     あのセラック(氷塔群)を越えなければ、C1には行けません。
      左から、パサンキダー、ひそか、タカちゃん、カズ王。

コメント (4)

ハイデポに到着

2006-09-21 18:42:24 | シシャパンマ
みなさま、ご無沙汰しております。
飯田橋(ヒューストンのつもり)の留守番隊より
発信いたします。

日本時間18:00、けんけんより連絡が入りました。

全員元気にハイデポに到着!
早速明日は滑りに行くとのこと。

ハイデポからC1へは、氷塔(セラック)の氷河を
渡らなければなりません。氷河を越えるとC1への
道はフラットな雪面になりますので、そこを滑ると
いうわけです。

photo:ハイデポのテントサイト
     2004年AGシシャパンマ公募登山隊より
     Photo by Yoshitomi OKURA

コメント (11)   トラックバック (1)