けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名古屋・大阪行きますよ~!

2008-10-28 23:48:48 | イベント
明日から週末にかけて名古屋・大阪に行きま~す!
各地でのスライドショー、是非是非お越しください。
10月29日(水) 名古屋会場「BCスキー&スノーボード」スライドと解説(中京大市民会館)
10月30日(木) 大阪会場 「憧れの高所登山」スライドと解説(阿倍野学習センター)
10月31日(金) 大阪会場 「BCスキー&スノーボード」スライドと解説(阿倍野学習センター)

※詳しい案内はタイトロープを!→ぽちっと

それと、それと…
大阪でも10周年パーティーとかイベントとかやれと有志の方々から声がかかり、
それでは!っということで、
急遽土曜日の11月1日には六甲山で“無料岩登り体験会”をします~!!!
大阪のクラブ員有志の面々が中心に段取りをしてくれましたので、
どのくらいの方々が参加できるかわかりませんが、
詳しくは、AGのオフィスにお問い合わせください。
コメント

AG10周年感謝パーティー!

2008-10-26 14:09:53 | イベント
昨日は、たくさんの皆さんにお越しいただいて
ほんとうに感謝感謝感謝の気持ちでいっぱいです。
Photo:AGオールスターズです!
皆さんとともにこの先の10年、20年が過ごせますように、
新しい企画、新しい発想を加えてこれからも頑張っていきます。
宜しくお願いします。ありがとうございました!


コヤの話は熱く長かった。やっと苦笑いして並んでたスタッフを紹介してから乾杯!

AG海外ツアー第一号の北条さんが音頭をとり、各ガイドたちのスライドショーや
シズ先生のワンポイントヨガ教室で盛り上がりました。皆さん本当にありがとう!
コメント (4)

今週のイベントのお知らせ!

2008-10-20 23:59:48 | イベント
明日火曜日からのイベント情報です。
まずは、AGスライドショーの案内です。

10月21日(火)東京会場「憧れの高所登山」スライドと解説(文京シビックホール)
10月25日(土)AG創立10周年感謝パーティー(東京・大手町) 
10月28日(火)東京会場「BCスキー&スノーボード」スライドと解説(文京シビックホール)
10月29日(水)名古屋会場「BCスキー&スノーボード」スライドと解説(中京大市民会館)
10月30日(木)大阪会場「憧れの高所登山」スライドと解説(阿倍野学習センター)
10月31日(金)大阪会場「BCスキー&スノーボード」スライドと解説(阿倍野学習センター)
※詳しくはタイトロープをご覧ください。→ぽちっと

それと、それと、今週末の土曜日は…
「アドベンチャーガイズ10周年感謝パーティー」です!
大手町のミッちゃんの店「アビタ」でやります!皆さん是非是非来て下さいね!
まだ入れるそうです。なんと会費無料です!→詳細
写真は苗場の紅葉から…。
PS:22日水曜放送の「はなまるマーケット」にコヤが出演しま~す!
コメント (6)

苗場イベント2日目!

2008-10-19 23:59:39 | 国内登山
今日は5時半に起床。苗プリのバスに乗ってかぐらを目指しました。

朝の光がモノトーンの木々にだんだんと色彩をあたえていくけど、
まどろむ車窓から見える景色はぼんやりとして、まだ夢の中にいるよう。
Photo:メイン写真は朝日に染まるかぐらゲレンデの紅葉。
和田小屋に到着してバスを降りると、昨日と違ったピーンとした冷たい空気が
一瞬にして目を覚まさせた。秋というよりは、もう初冬という感じ。
   
Photo:和田小屋を出発し、第5リフトを辿り中の芝~上の芝へ。
冬には見慣れている地形を改めて眺めてみて頭の中で山座同定してる!
う~ん、紅葉を楽しむ前に植生をチェックしている自分にちょっと失笑かな。
でも、日本の自然はいいねぇ。紅葉ってやっぱり綺麗だね。

参加者の元気な笑顔に置いていかれないようにテンションを上げていき、
神楽峰経由苗場山登頂のトレッキングを開始~!
  
Photo:神楽峰山頂の一行。苗場山はまだ遠い。山頂には高層湿原がある。
あっという間に“中の芝”“上の芝”を通り越して神楽峰を通過する。
苗場山手前のお花畑のコルへ下る途中に「雷清水」という湧き水があって、
そこまでの山道でスイスでハイキングガイドしているヒロちゃんに会った。

つい最近まで“けんけんブログ”をチェックしていてくれた彼女は、
僕が苗場にいるのにビックリ!「帰ったんですか!?」って。(笑)

そして、雷清水の前では数年前にアルプスをご案内したことがある深谷市の
お客さんとバッタリ!でも彼女は、僕が苗場に来るのを知っていて、
プレゼントまで用意してくれていた。感謝感謝です。

昨日に引き続き、まだ何かを引きつけている~!?
  
Photo:湿原歩き。 田代ゲレンデも色鮮やか。 ドラゴンドラからの景観もgoo!
苗場の澄んだ空気と豊かな自然と暖かい人に囲まれた
癒しの2日間が終わりました。
コメント (5)

苗場イベント1日目!

2008-10-18 23:58:54 | 国内登山
清々しいほどの爽やかな秋晴れです。
お腹の具合は、朝食を抜くほどぐったりしていますが。

最近はバナナダイエットが日本で流行ってるの?
それによると朝食は抜くなとか…、でもまだ食えねぇ…。ゲプ。
写真はオレンジ色のコスモス?
さて、本日は来年のNHK大河ドラマ「天地人」の主人公、上杉景虎と直江兼続の
育った坂戸城跡が残る“坂戸山”に登ってきました~!
太陽はマナスル並に熱くって汗ばみましたが、木陰に入ると涼しくって、
緑や黄色、赤やオレンジの木々の色彩と日本海まで続く枯れ草色の田圃風景が
ヒマラヤ疲れの僕の視覚を癒してくれました。

なのに、なんとなんと、なななんと、山頂についたらタクミがいました!
5人の中高年のオジさんオバさんに囲まれて楽しそうにお昼を食べてました。
「なんでいるんだよ!」って聞いたら、「それはこっちのセリフっす!」って。
そりゃそうだ。タクミの棲家は六日町で、毎日この山に登ってるんだって。

「お客さん?」って聞いたら、今度は「いや、今知り合ったっす。」って。
そのへんは、さすがタクミ。ただでメシ食っていける能力を持ってます。(笑)
お互いの予定も知らずに出会ってしまった事にビックリでしたが、
けんけんグループは慌しくランチをしてタクミも一緒に下山しました。
  
坂戸山登山は史跡豊か。鎖場もあります。 タクミとayaちゃん。
そしてそして、その後に六日町駅前に移動して、南魚沼郡商工会が中心となる
イベントに立ち寄って、酒造各社の試飲ブースをまわっていると、ななななんと、
八海山酒造のブースに東京農大OBの谷川太郎くんが座ってて、またサプライズ!
太郎くんは、八海山酒造のエリート営業マン(?)でもあるのですが、
8000m峰を8座も登っているウルトラクライマーでもあります。
(太郎くん、八海山プレゼントしてくれてありがと~)
  
駅前のイベントには酒以外にウルトラマンも。シュワッチ! 有名な雲洞庵も見学。
ホテルに帰っても裏山滑走隊のメンバーが家族で遊びに来ていて、
偶然に隣のテーブルで夕食を食べていたりと、なんか、
偶然に出会った新潟でのサプライズもマナスルラッキーの続きなのかも。

明日からもラッキーが続くといいなぁ~。それにしても今夜も食いすぎている。
俺の胃は壊れてるんじゃないかと、参加したayaちゃんも言っています。
明日は、早朝に起きて苗場山に登ります!!また食うぞ~!
コメント (5)

にっぽん!ちゃちゃちゃ!

2008-10-17 23:17:20 | マナスル08
なんとなく頭の中で勝手に
「にっぽん!ちゃちゃちゃ!にっぽん!ちゃちゃちゃ!…」って回ってる。

忙しい日本。 ある意味カトマンズより喧騒の日本。

でも日本に帰ってきたんだよねぇ~。いろんなものが迎えてくれる。
日本人として育ったこの身体にエナジーをいろいろ補給してくれるんですね~。

帰国した日に、関西空港からモコパパに先導されて船で神戸港へ直行!
そして、お寿司と焼き鳥をたらふく食べました~!他にも…
神戸地蔵屋の食パン、A-1の神戸牛、南京町のふかひれラーメン、
豚マン、串かつ、コロッケ…etc、もちろんビールもゲプゲプってくらい。
真昼間に渚の湯にも入ったし、震災の碑があるメリケンパークや異人館にも。
…にっぽん、ちゃちゃちゃ!って感じでしょ?(皆さん仕事中にスミマセン…)
写真は有名なポートタワーの夜景、うろこ館、メリケンパーク、神戸牛!
  
昨夜の最終の新幹線で東京にゴロゴロ荷物引いて帰ってきて、
1日半で神戸系グルメを堪能したお腹をかかえてドカーンと眠りました。

そして、そして本日は…
荷物をバッタバッタとつくって、車を運転して新潟県は湯沢・苗場へ~!
「けんけん隊長と行く“苗場山・坂戸山トレッキング2008”」のイベントで、
会場となる苗場プリンスホテルにお邪魔しております。→こんな告知も

車を運転するのは好きなほうで、移り行く回りの景色を楽しみながら、
山道をせめて走っているのも、やっぱり「日本、ちゃちゃちゃ!」って感じです。

プリンスホテルで簡単なブリーフィングの後に、やはり、
グルメ三昧な夜が待っていました。

う~ん完璧なリバウンドコースを辿ってますが、
明日からの天気と美しい紅葉と運動に期待して…
…ビールをもう一杯だけ飲んで眠ることにします。(笑)
コメント (3)

日本に到着!

2008-10-15 10:35:12 | マナスル08
関西空港に朝6時に到着しました!無事に日本に帰ってきました!

出口の外に“しのしの@大阪”君が待っていてビックリ!
一瞬だけご挨拶したら、会社に飛んでいきましたが…。
ありがとう。

それぞれのカレーオヤジは帰途に着きました。
さてさて、それぞれの忙しい日本の生活が始まるのかな~。
確実に僕はそうなるでしょうが…。
みなさん、ありがとうございました。
コメント (7)

カトマンズ出発します~!

2008-10-14 14:09:03 | マナスル08
名残惜しいですが、バッタバタのカトマンズをあとにします。
倉庫の整理は、竜石がガッチリやってくれました。

その間に取材やら、観光局のブリーフィングやらと出回り、
なんとか2日間でやらなければならないことは終了。

ヒロちゃんは、日本の経済が気になって一足先に帰国。
湘南爺は、カトマンズが気になって2~3日の居残りをします。

それ以外の隊員たちは一緒に日本に向います。
はやく寿司くいて~。

例によってインスタントにTシャツをつくり、そこに隊員&スタッフの
寄せ書きをしてもらってタメルに遠征登山隊御用達バーの「Tom&Jerry」の壁に
飾ってもらいました。しみじみとTシャツを見ています。
みなさん、ほんとに応援ありがとうございました~!
コメント (7)

カトマンズ~~~!!!

2008-10-12 17:27:33 | マナスル08
昨日に野戦キャンプを脱出するように到着しましたカトマンズ!
ここまでくれば、もう絶対に安心!

装備のチェックや隊員たちの動向などなど…
また、カトマンズレポを後でおくります。
とり急ぎご報告まで。
コメント (3)

サマ、ホリデイ~!

2008-10-11 07:45:47 | マナスル08
けんけん@サマ村です。

雪のBCを後にして、サマ村までのトレッキングルートを下山してきました。
来るときには緑が茂っていた山々も、赤や黄色とすっかり秋色になっていて、
季節が巡ったということを感じさせてくれました。
写真はサマまでの下り道。秋色の草地でランチしています。
昨夜は、ポーターに運んでもらった荷物をばらして出すことができず、
ソーラー関係を設定できずにPCが開けませんでした。
(おまけになぜか頭痛がして、ヘロヘロになって寝床に着いたので…へへへ)

本日は小型のソーラーだけを起動させて、なんとか電気を得ましたが、
PCと衛星端末を動かすのに充分な量とはいえません。
また、村の有線電話が壊れたらしく、ヘリのチャーターのために必要な交渉を
衛星電話でしなくてはならないので、その電話のチャージも必要です。

違う外国隊のスタッフは、2時間かけて隣の村まで電話をしに行ったらしいですが、
そこの電話も壊れていたので、明日は別の村へ4時間かけて歩いていくそうです。
電話一本かけるのも大変なんですね。

さてさて、カレーオヤジたちはもちろん元気ですよ。
昼間っから、泡の出る飲み物で喉を潤おして、それはそれはご機嫌です。

そんな中で、
モコパパはCWX姿になって下流の村に走りにいって村の子供を脅かしたり、
ワリソーは、飯田橋留守番隊が送ってくれた徳島新聞の記事を見て照れまくったり、
湘南爺は、10月25日(土)の「AG創立10周年記念パーティー」に
パネル出展するといって、マナスルの撮影にかなりの気合が入っています。
その他のオヤジ殿は、株の話しやカメラの話などなど…勝手にしております。

さてさて、問題のへリなのですが…
マナンヘリコプターのロシア製のMI8が壊れてしまいずっと修理をしていて、
最近にリペア完了したとの事で安心していましたが、航空局の許可が出ないそうで、
やはり飛んで来る見込みがつかないそうです。そこで…、

タラララッタラ~♪
「タケコプタ~!」
(大山のぶよバージョンで!)

…それは荷物が多くて無理ですが、
なんと、ネパール軍のヘリをチャーターしました~!エーーー!!!
アーミーが庶民のためにヘリを飛ばしてくれる。…しっかり金取るけどね。
おお、なんか「地獄の黙示録」のワーグナーの曲が流れてきたような。
軍服着て、ライフル持たされるのかなぁ。顔にもペイントして。

そんなに忙しいお方はカレーオヤジの中に
いらっしゃらないと思うのですが。(スミマセン)
んなわけで、明日の早朝にはサマに別れを告げて、
カトマンズに飛びたいと思っています。

僕も来週末には、苗場プリンスホテルが主催する
「けんけん隊長と歩く“紅葉の苗場山”」というイベントがあったような…。
参加者は集っているのだろうか…?心配になるけど。

カトマンズに戻ったら、大急ぎで隊の荷物をメンテナンスして倉庫に整理して、
帰国予定便のTGにしっかり飛び乗らないとね。

カトマンズに到着しましたら、またご報告いたします!
雨が降ってきましたが…ヘリが飛んでくることを祈って。

  
Photo:②サマ村のロッジの庭でくつろぐカレーオヤジたち。
③マイラがモコパパの誕生日と登頂祝いのケーキを作ってくれました。
④はい、犬ですが何か?
コメント (5)

BC最終日です。

2008-10-09 04:01:39 | マナスル08
けんけん@最後のBCです。

今日は、午前中に少し晴れ間が出ましたが、その後はずっと雪。
昨日のうちにAG隊スタッフ&隊員全員がBCに戻ってきて
本当に良かったとしみじみ思います。

ベースキャンプは、各登山隊の撤収ラッシュで、ほとんどの隊が下山しました。
今日も雪の中をサマ村から来たポーターたちが荷物を担いで降りて行きます。
各隊のキャンプサイトのテントが張られていた場所だけ雪が積もっていないので、
そのテント跡がまるで住宅分譲地の空き地みたいになっています。
そこに、プジャの祭壇とタルチョだけが取り残されて…ちょっと寂しい感じです。
写真は、すぐお隣のスペイン隊の荷下げに来たポーターたちです。
そんな景色を眺めては手が止まり、ボ~っとしてしまいます。
ネパールスタッフたちは、精力的にどんどんと隊の荷物を整理して
パッキングしていくのに、自分の荷物は一向に片付きません。

隊員のオヤジ殿たちはどうかなぁ?パッキングの進み具合も
いろんな想いがつまったカレーオヤジたちの顔色や体調やメンタルも気になります。

小学校の国語の教科書でマナスル登山隊の話を読んだ記憶があります。
日本人の私達にとってマナスルという山はエベレストよりも特別なのかもしれません。
特にそのマナスル登頂で盛り上がった時代を知っているカレーオヤジたちにはね!

25隊200人を越えるであろう登山者たちが集った2008年秋のマナスル。
1ヶ月を越える滞在中に、その頂に立つ事を許してくれた日は、たったの4日間。
C1も建設できずに撤退した隊もあったり、実は仲間を亡くした隊もありました。

まだまだ、頑張って活動している人たちもいますが、山頂に立てた人は50人もいない。
25%の登頂確立のこの山でAGカレーオヤジは、よく頑張ったと思います。

組織力や若いパワーをもった登山チーム、登山暦の凄い猛者たちが成しえなかった事を
カレーオヤジたちが達成してしまったという事実って何だろう?
それってマナスルへの特別な思い入れと、60年以上生きてきた人間の“生きる力”が、
オヤジたちを山頂に導き、BCに無事に帰って来させたんじゃないかなぁ~なんて思う。

でもね…、

“登れた人、登れなかった人、…そこに勝者も敗者もいません。”
“マナスルに向かった勇者がいるだけです。”

これね、湘南爺のつぶやきからパクリました。(笑)
なるほどね。どの人にも良い風が吹いて欲しいです。

…つーか、そんな事思ってないで、パッキングしなきゃ!

雪は、今もまだまだ降り続いています。
マナスルは、登山シーズンが終わり、これから厳しい冬がやってくるんでしょうね。

明日は、サマ村に皆で下山します。
みなさん、本当に本当に応援ありがとうございました。
昨夜の乾杯の瞬間×3枚貼り付け!みんな凄い顔!
ワリソーの記事が9日の徳島新聞朝刊に載ります!凄い!
  
コメント (6)

竜石チームただ今帰還!

2008-10-07 19:11:48 | マナスル08
ネパール時間15時15分。
元気な足取りで、そして最高の笑顔で3人がBCに帰ってきましたぁーーー!!!

ご心配おかけいたしましたが
これで「AGマナスル登山隊08」“カレーオヤジチーム”
全員が無事に揃いました。よし!よし!よし!

3人の姿がモレーンの向こうから見えたときには、もう絶叫です!
湘南爺なんて雪の中を30分くらい立って待ってました。
もちろん、ネパールスタッフたちもとてつもない荷物を担いで到着しています。

最高です。こんなに嬉しいことはありません。
みんながいるというだけで、もう他には何もいらない。
生きてるって素晴らしい!もう涙でPCの画面が見えませ~ん!

よ~し、取っておきの泡の出る液体で乾杯だ~!
クソー!一人1本じゃ足りない。もっと荷揚げすりゃよかった!
(あれ?何もいらないって言ったけ?)

とにかく、全員が満面の笑みで再会できたことを報告します。
応援してくださった、たっくさんの皆さんに感謝と御礼を申し上げます。
ありがと~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!
BC長老に迎えられる竜石チームの3人!よく歩いて帰ってきたね!すげぇ!
コメント (21)

奇跡の晴れ間。

2008-10-07 14:04:00 | マナスル08
なんとアタック開始前の予報とは違って青空です。
昨夜の大雪がうそのようです。皆さんの晴れビームがとどいたのでしょう。
ありがとうございます。

ダワ・チリとボビーとゲルブは荷下げのためにC2に向って朝の4時半には
BCを出発していきました。キッチンボーイの2名もC1からの荷下げの
ヘルプスタッフとして一緒に上がっていきました。

C2の竜石チームですが、サーダーのプラチリから9時頃に無線連絡が来て、
これからC1に向って下山するとの事でしたから、ゆっくりしているのでしょう。
焦らず、落ち着いて下山を続けてくれれば、それで良いです。
午後3時頃(日本時間18時頃)には元気な笑顔が見れると思います。
写真は今朝のBCから見たマナスルです。Photo by 湘南爺
コメント (6)

写真追加しました!

2008-10-07 01:51:56 | マナスル08
飯田橋留守番隊のアップしてくれた記事に写真を追加しました!
とりあえず「けんけんチーム」の写真です。
コメント (6)

C2帰還

2008-10-06 23:35:44 | マナスル08
飯田橋留守番隊です。

平岡チームC2に無事到着しました。
先日の降雪で大変なラッセルを強いられたようで、
下山にも大変な体力が必要だった模様です。

でも、強靭なシェルパ、竜石ガイド、そして何よりも
ワリソーさん、ひろちゃんの頑張りでC2まで無事に下山できました。
本当に疲労困憊だと思いますが、今晩はゆっくりと休んで
明日はのんびりとBCまで戻ってください。

BCまでは簡単な道のりと思えますが、
アイスフォールの通過、先日からの降雪による積雪で
ラッセルを強いられると思います。後一歩で本当の安全圏です。

皆さんの最後の、最後の声援をお願いします。

竜石チーーーーームがんばれーーー!!!
もう一日だけ天候持ってくれーーー。

コメント (3)