けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日から別々の道。

2009-04-29 05:29:58 | エベレスト09
けんけん@ディンボチェ間もなく出発です。

たっくさんのコメントありがとうございました。
そして、ブログを見て応援してくださった皆さん、
本当にありがとうございます。

メインフォトは、昨夜のお別れパーティー。歌って踊りましたぁ!
手前の4人の男の顔見てください!なんだか登れそうな気がする~♪


たった1日でしたが、ディンボチェでの滞在は、
それぞれの隊員たちにとって、衣類の洗濯に加えて心の洗濯という
貴重な癒しの一日となりました。

そして、何よりも隊員たちの絆が深まった一日でもありました。

それぞれの山での出来事の話をしたり、川で洗濯をしたり、
洗髪をしたり、メキシコの豚インフルエンザの話をしたり、
美味しいマイラのご飯を食べたり、ドリップのコーヒーを入れたり、
そして、明日からの荷物のパッキングをしたりと…、
のんびりとした一日を過ごしました。

でもお別れなんですよね。

キヨちゃんと、ガチョン姉ちゃんは、エベレスト隊の6人と一緒に
BCに遊びに行きますが、それ以外の6000m峰の隊員たちとは
ここでお別れとなります。

なんか、ちょっと寂しいね。

長いようで短かった旅ですが、
各チームまだまだ歩かなきゃなりません。

日本での、ネパールでの、また違う国での再会を祈って、
とりあえずは、目の前に続く道を歩いていこうと思います。

大きな夢を抱いたままで。


一昨日の登頂&無事下山パーティー。サクセスケーキを切ってます!

>ちょごりさん、イイオカくん、澄子&愛ちゃん、IZUMIちゃん、アルちゃん、
>TZさん、ミキさん、とーちゃん&妻さん、犬組ワタナベさん、KINちゃん、
>とっきー、ビスコママさん、チャコのお姉ちゃん、…そしてアンテツさん!

おめでとうのメッセージありがとうございました!
これから世界最高峰へ向かう4名の隊員への応援を宜しくお願いいたします!
AGエベレスト登山隊2009ポスター →皆さん広めてくださ~い!
コメント (5)

ディンボチェ全員集合!(長いよ~!)

2009-04-28 06:35:55 | エベレスト09
イェ~~~~イ!
けんけん@ディンボチェPARTⅡです!
やっと衛星と接続できましたぁ。

みなさん、たくさんの応援ありがとうございました。
アイランドピーク隊、ロブチェ・イースト隊、全員無事に下山し、
ディンボチェで本日合流しました~!

全員が無事、そして笑顔であることが何よりも嬉しいです。
そしてそして、皆様にはサプライズな事も後で発表しなければなりませんが、
とにかく全員がここにいるという事をまずは報告しておきます。


さてさて、飯田橋留守番隊からの報告どおり、
アイランド隊は、ほぼ全員で行動し、山頂を目指しました。
メインフォトは、アイランドピーク山頂のタカちゃん。かっこいい!
下の写真は、岩壁の中のC1。夜中の出発と朝日に輝く山頂。


TOPで山頂に立ったのは調子の悪かったタカちゃん!僕も驚きでした!
フィックスロープでのイギリス隊とのすれ違いで時間がかかりましたが、
エベレスト隊の面々は、純ちゃん先生、哲王先生と、次々と登頂しヒロが続きました。
クレバスを飛び越える純ちゃん先生!氷壁とその下部クレバスを越えるタカちゃん。

栄ちゃん、キヨちゃん、ガチョン姉ちゃん、が頑張って続いていましたが、
今年の山頂稜線への雪壁は、氷が露出してユマーリングにかなり苦労。
風も出てきて、不安な雲も広がってきました。

最後尾からみんなの様子を伺いながら、
下山に向けての準備を伝えました。
なんとタカちゃんは、僕が行くまで皆を待ち続け、
実に山頂に1時間もいた事になります。

一番尖がった所までは、天候的に到達できず残念だったアイランドピーク隊3人ですが、
ナイフのような山頂リッジに“裕次郎”立ちして「ここで120%満足!」と
栄ちゃんはヒロに言ってくれたようで、その言葉に感激。
全員登頂!僕らはそう思っています。
クレバスを飛ぶのは無理と判断し、キヨ&ガチョンは僕とクレバスの中へ。
山頂リッジに辿り着いた3人を山頂方面より見下ろす。そして全員が合流!


残る力を絞って、氷壁を懸垂下降し、クレバスを飛び越えて下山し、
へとへとになってC1(アタックキャンプ)まで辿りつくと、
誰もいないはずのテントの中から、 ひぇ~!

「おかえり~!」って!   だ、 誰ぇ~!?

って、一人しかいないけど… サイボーグのランナーです。

この人、BCからアタックキャンプまで2往復した!!(唖然)
おかしい!やっぱ人間じゃないかも!(恐)

…とは言え、この人の応援によって、フラフラの隊員たちもなんとか無事に
全員BCにたどり着くことができたようなもんです。感謝感謝。
さすがセブンサミッター!メシをただ喰ってるだけじゃないんだなぁ。

アイランドピーク隊、全員下山です!



一方…

ロブチェ・イースト隊ですが…

皆様に黙っていたことがあります…

すみません… 




それは…




…荻パパが復活してました~!!!

そして、73歳!ロブチェ・イースト登頂です!!!!!

ロブチェ・イースト山頂。真ん中が禅ちゃんと荻パパ!
本当にすみません。ご心配をおかけいたしました。
でも、夢をあきらめるのは、まだ早かったんです。

実は、荻パパと無線でやり取りした翌朝に、
お渡しした無線のバッテリーが無くなるまで話し合ったんです。
一晩考えてみて、荻パパも考えが変わった。

考えられる方法論を全てだして、サポート体制をしてみて。
でも、今の状況から完璧な体制なんてとれない。

それでも、ネパールスタッフと荻パパと山と天気を信じて、
ロブチェ・イーストに再度進路をとるようにさせた最終的なものは
“どこまでできるかわからないけど再挑戦してみたい”という
荻パパの強い意志だったと思います。

ただ、翌日にも体調がすぐれなければ下山という事にもなりますし、
荻パパの一喜一憂の報告を皆さんに伝えることによって、
応援している皆さんに戸惑いと落胆を繰り返し与えてしまうと考えて、
ブログでは、あえて触れずにしてました。本当にすみません。
(もちろん、そんなブログの事は荻パパは知りませんが。)

だったら初めから、全部伝えるなと言われちゃいそうですが、
そこは、通信事情が悪いネパールの事なので、
早いうちにお知らせしなければ…という考えからだったのでご容赦下さい。


ロブチェ・イースト隊。結果は、禅ちゃんと荻パパの2名が登頂!
マックは、胃腸の様子がおかしく、後々のビックサミットのことを考えて
賢明な判断をして途中で下山をしてきたとのことですが、
相変わらずのジョークで隊員たちから笑いをとっていて安心しました。

顔をしかめるロブチェ・イースト中腹のマック。

…と、いう訳で二つのライトエクスペディション隊のドラマの
“起承転”が過ぎ、“結”が残されることとなりました。

明日は、全員でディンボチェでの休日をゆっくりと過ごしたいと思います。
そしてエベレスト隊は、“起”が始まったばかりです。

引き続き応援宜しくお願いいたします。
コメント (20)

アイランドピークより!

2009-04-26 17:18:22 | エベレスト09
飯田橋の留守番隊から発信します!

皆さん下山中との連絡が入りました。アイランド
ピーク隊の3人、ガチョン姉さん、キヨちゃん、
栄ちゃんは、頂上直下のナイフリッジまでで下山。
山頂一歩手前ですが、風が吹き、雲が出てきた
ので、そこをみんなのピークとしたそうです。

エベレストチームはタカちゃんを先頭に、純ちゃん
先生、哲王先生、ヒロが登頂。

BCマネランナーはアイランドピークのベース
キャンプまで一緒でしたが、もともとエベレスト隊の
ベースキャンプマネージャーとして来ているので、
一足先にディンボチェに下山してみんなを待っています。

またけんけんから連絡がきたらUPしますね!

コメント (1)

只今アイゼンポイント!

2009-04-26 09:12:01 | エベレスト09
飯田橋の留守番隊です(`ω´)ゞ

けんけんから元気に連絡がありました。

只今標高5900mのアイゼンポイントと呼ばれる
ところまでやってきました!全員一緒です(`ω´)ゞ
風は今のところあまり吹いていないとのこと!イェイ!

また連絡来たらお知らせしますね!

コメント (1)

アイランドピーク隊C1に到着!

2009-04-25 19:06:04 | エベレスト09
飯田橋の留守番隊です!
皆さん週末いかがお過ごしですか?

アイランドピーク隊の様子がわかりましたので、お伝え
しますね。

ネパール時間の15:00ごろ、全員C1に到着
C1の標高はおよそ5,700mです。みなさんゼーゼー
ハーハーなりながら頑張りました!

明日は午前1~2時に起床後、軽く食事を取り、2~3時に
頂上へ向けてGO

今のところ快晴で青空が覗いていて、風もそんなに吹いて
いないとのこと。
山の神様、明日もあんまり風吹かせないで~

コメント (3)

明日はC1へGO!

2009-04-25 00:17:35 | エベレスト09
けんけん@アイランドBCです。

5200mまでの高度順応のお散歩。
そして、フィックスロープの通過テクニックのレクチャー。
やるべき事は、ひと通りすんだと思います。

いよいよ明日はアタックキャンプに移動します。
メインフォトは、高度順応地から見あげたアイランドピーク山頂!

隊員の体調は、絶好調と言えませんが、
笑顔とやる気はありますよ。

登頂は、25日の予定でしたが、
アイランドピークチームは、本日に滞在日を設けたので
一日遅れました。

ロブチェ隊は、本日にアタックキャンプに入ったと思われます。
明日は彼らの登頂日です。

よ~し、やるっきやないですよね。
アイランドチームも頑張りますよ!

アタックキャンプからは、直接ブログアップができないと思いますが、
みなさん、是非是非応援してくださいね。
BCでの食事風景です!
さ~て、以下、何人かの隊員たちからコメントバックあります!

>愛へ
メールありがとう。みんな応援してくれて…ありがとう。
なんとか頑張れそうな気がする。     “栄ちゃん”ことパパより

>動物関係の人たち、身内の皆様、友人・知人の方々へ
隊の中で人一倍かっ喰っているランナーです。
そろそろ5000mの地点に来ました。一人一人にコメントバックできないけど、
元気でやってるので、ガンガンコメントくださいネ。  ランナーより

>ちょごりさん、、ミキちゃん、TZ、とーちゃん、たまちゃん、ビスコママ、
>だけちゃん、しのしの、とっきー、SHIGEKOさん、、、それ以前の皆さん!
コメントありがとうございます。隊員一同に代わりまして御礼申し上げます。
ayaちゃん、sonちゃんは、そろそろ、モンブラン登頂&滑走に出発だね。
楽しんできてね~!         けんけん&ひろ&隊員一同より
コメント (8)

アイランドピークBCに到着!

2009-04-24 13:51:29 | エベレスト09
アイランドピークBCです。

けんけん@アイランドBCです。
みなさん、コメントありがとうございます。
昨夜は、寒すぎて手がかじかみPCを操作できませんでした。
ごめんなさい。
メインフォトは、BCまでのモレーンを行くAGアイランド隊。

ここのところ快晴が続いていて日中は暖かいですが、
決まってお昼前に風が強くなってきて、太陽が沈んだ頃まで続きます。
太陽が陰ると、突然に気温が下がり、羽毛服を上下着込むようです。
寒さ・高度に加え、埃と砂との戦いを強いられています。

さて、AGアイランドピーク隊は、
昨日にローツェ南壁が迫るトレックルートを辿り、
のろのろの歩みでやっとBCに辿りつきました。

お腹の不調に、息の苦しさ、身体のだるさを乗り越えて笑顔!
とにかく笑顔を忘れないように過ごしております。
裏のモレーンでお散歩するヒロ、ガチョン姉さん、キヨちゃん。

本日も快晴。ダイニングテントの外にシートを広げて、
音楽を聴きながら、ゆっくりと朝食を食べてる間に、
ネパールスタッフたちは設置されているトイレを清掃!
昨日は、中に入りたくもない程でしたが奇麗になりました。
GOOD JOB!ほんと素晴らしい。

チームの面々は、これから順応のお散歩に出かけてきます。
そして午後はゆっくりと過ごしながらも、
フィックスロープの練習などをしていきたいと思いますので、
またレポートしますね。

ではでは。
高度順応に出発する面々。タカちゃんと哲王先生は準備中。
コメント (3)

チュクンにちゅくんです。

2009-04-23 02:06:04 | エベレスト09
けんけん@チュクン(4700m)です。

みなさん、コメントありがとうございます。
ひとつひとつにお返事返せなくてごめんなさい。でも皆で見てますよ!
コメント聞いてる隊員の顔を見せてあげたいです。
キラキラして、メラメラして、確実にパワーもらってます!
メインフォトは、ローツェをバックにチュクンに向かうアイランドチーム!
そして、下はディンボチェの朝に髪を洗うヒロちゃん。



さて、ディンボチェを後にして、
ロブチェチームとアイランドチームに分かれて、
AG隊は、それぞれの道を進みました。

村はずれの分かれ道で、ガチョン姉さんが荻パパの手を握り
頑張ってくださいねとウルウルしてる姿にヒロちゃんもウルウル。

それぞれの登山後にもう一度ディンボチェで会えるはずなのに、
みんな胸にグッと来るものがあったらしく、握手を繰り返して、
名残惜しくてたたずんで、後ろ髪を引かれて振り返って。
ロブチェイースト隊!左からマック、禅ちゃん、ランバブ、荻パパ。

空は青空。風はさわやか。
周りの山々が迫る勢いで山頂をのぞかせ、
360度のパノラマを堪能しながら歩くことができましたが、
さすがに4500mを越えるので、息はぜーぜー、足は重く、
のろのろの歩みでした。

お昼ごろにアブレーションバレーの最奥地のカルカ(放牧小屋)跡
につくられた数軒のロッジが集まる部落チュクンに到着。
チュクンにちゅいたアイランドピーク隊。バックはアマダブラム。

午後は時間にたっぷり余裕があり、隊員たちはリラックス。
僕もチャンスとばかり、ソーラーのカートンを開けて、
“黒いシーツ”をテントの屋根に広げました。
(ちゃんと広げてるんですがたまに風がイタズラします。>た)


午後のひと時をのんびり過ごしていると、
ロッジのダイニングにある電話が鳴ってプラチリが呼び出された。
各地のスタッフの動きがサーダーに報告されてくるのかと感心していたら、
後から聞いたところによると、この地区の村を結ぶための特別な電話らしい。

「バラサーブ!」今度は僕がプラチリに呼び出された。
ピンと来るものがあったりして、数秒の間にいろんなことを想像して
電話のところまで近づくと
「ロブチェチーム ヒトリ ディンボチェ ニ オリマシタ。」 ええ!!

電話は、ロブチェに向かったはずのネパールスタッフからで、
下山したのは、誰かまだわからない。

電話口に本人を出すように言って、少しの時間待たされた後に耳にしたのは、
「ご迷惑をおかけします!」という、いつも通りの元気な荻パパの声だった。

今朝まで絶好調の荻パパだったけど、1時間ほどトレックを開始したら、
かなり疲れて脈拍が上がったようで、サンタマンと相談して下山してきたとの事。

現在の声は元気で、聞きなれたいつもの声だけど、胸に秘めた思いは…。
状況の確認と事務的なしっかりとした会話のやりとりの後に、
「俺の高所登山は、これで終わりにしますよ。」
という言葉に、少し詰まって、ろくな返事が返せなかった。

まだチャンスはいくらでもあるって伝えたかったのに。

とても残念ですが、陽は傾いていくので、下山のための手配を大至急に考え、
うちのチームにいるポーターに無線と手紙を渡してディンボチェに下山させました。

2時間後くらいにポーターが到着し、荻パパとの交信ができ、
いつもの荻パパ節を聞くことができアイランドチームの面々も一安心。

オリンピック史上に記録を残す、双子の息子たちを持つ荻パパ。
その心臓の強さとおおらかな性格は、隊員誰もが認めていました。

荻パパのエクスペディションのフィナーレに乾杯。
そしてまた戻ってくるのを待っています。
夢をあきらめるのは、まだ早いです!
コメント (6)

2チームに別れて出発~~!

2009-04-22 12:38:22 | エベレスト09
飯田橋留守番隊よりお届けいたします。
先ほどけんけんから元気に連絡がありました


ご存知の通り、本日から2チームに別れ、それぞれの行動を開始
しました!

ロブチェ隊は本日中にロブチェのベースキャンプ(5,000m)まで
行き、休養日を設けた後、頂上(6,119m)へ向けGO

アイランドピーク隊は、今日がチュクン(4,730m)泊、明日がBC
(4,930m)。そして、頂上(6,189m)へGO

どちらの隊も登頂日を25日とし、頂上で無線交信をしてみよう!
ってことになってるそうです。届いたらすごいな!

そして、もともとの予定では今日から別行動だったのですが、
それぞれの登頂後、ディンボチェで再会しよう!ということになって
いるようです。

楽しそうだな~~。いいなぁ~、まざりたいなぁ~~!いやいや、
常に心は隊のみんなと共にあるのだ!(ちょっとクサイ?笑)


コメント (1)

ディンボチェ・スタイル

2009-04-21 21:48:53 | エベレスト09
けんけん@ディンボチェ4343mで~す!
インマルサット衛星との接続が完了しましたぁ!

昨日まで、毎日移動で容量の大きなバッテリーに充電するための
大型のパワーフィルムを広げる余裕が無かったので、
端末やPCのための電力を確保することも難しく、
本日やっとソーラー全快で時間の余裕もあって作業ができました。

しかし、ガチョン姉さん(純ちゃん改め)がけんけんテントを撮影しながら、
陽に干してあるシュラフと隣どうしのパワーフィルムを見て、
「あら、シーツそっちに換えたんだぁ?」って、エ~!
マジで言ってるよ…そりゃあ、そのくらい薄いですが…。
でもこっれて、下手なコピーライターより面白いかも。


さてさて、明日からエベレスト隊も
6000m登頂隊もミックスで二つのチームに分かれて、
それぞれの山を目指します。

アイランドピーク隊は、オリジナルメンバーにエベレスト隊のタカちゃん、
純ちゃん先生、哲王先生の3名が加わり、BCマネランナーと
けんけんもサポートに行きますので、総勢9名のチームとなります。


ロブチェ・イースト隊は、アンテツさんが下山して寂しいところでしたが、
エベレスト隊から賑やかなマックさんが参加することになって総勢3名。
日本語堪能なタマン族のサンタマンがサポートします。


メンバーのイメージと現在の様子を簡単に表現すると、、、

禅ちゃん:まじめ、囲碁強い、トイレと友達、ピ~ピ~ピ~♪真っ只中!×
荻パパ:豪快、昔話と女の子ネタ、パンは苦手、胃腸復活で◎!
ガチョン姉さん→旧制純ちゃん。天然のナイスボケ!囲碁好きお腹下り開始!△
キヨちゃん:ちっちゃい。水彩画伯、辛いもの好き、。胃腸復活で○!
栄ちゃん:シックなエグゼクティブ、でもトイレ通いの日々、復活傾向!△
タカちゃん:コーヒーマスター、胃腸不調選手権1位キープ中 元気なし×
純ちゃん先生:この2ヶ月でカルステンツ→メラ→エルブルース登頂で絶好調!◎ 
哲王先生:穏やかなヒマラヤの玉三郎 ディンボチェからまだ仕事の電話してる!○
マック:雑学話、洋楽&邦楽の懐メロPOPS、ポップコーン好き、胃腸通常!○
BCマネランナー:食いすぎ、出しすぎ、自宅の留守電に衛星電話(悲)◎
ヒロ:声が大きい、なんでも拾う、荻パパ担当大臣、お腹は暴れん坊って感じ△
けんけん:満点のジョークと完璧なダジャレ、胃腸は完全復活、でも柔らかめ!○

こんなチームメイトですが、それぞれの山への想いを描き、
また、ここディンボチェで再会できるように日程を調整したいと思います。


明日は、アースデイ。(アスって?俺いけてる!)

昨年は代々木のEARTHDAY会場で
ネパールの山村等のお話をさせていただきましたが、
今年は、そのネパールの現場で
100万人のキャンドルナイトに参加したつもりになって、
ヤク糞を燃す焚き火のうす暗いダイニングで夕食を食べようかなぁ~。

みなさんも部屋の明かり、テレビを消して、
遠い国の、遠い未来の子供たちの将来を考えてみましょう。


コメント (6)

ディンボチェ滞在

2009-04-21 13:54:26 | エベレスト09
またまた留守番隊からのアップです。

衛星電話はつながるのですが、なかなかPCとの接続がうまくいかないようで
今日は「電気機器と格闘の日」と決めて頑張っているようです。

隊員たちは、予定通り、ディンボチェの裏山に
高度順応のハイキングに出かけました。
皆さん元気とのことです。天気が良いようで、
ディンボチェ裏山からの絶景を楽しんでいることでしょう。

この場所は、少し登ると新たな山が顔を出すので、
「もう少し登れば、他の山が見えるかも」との期待感から
ついつい順応ハイキングを域を超えて、高く、高く登ってしまいがちです。
元気な方は既に5000m超えちゃってるかも???

今回の登山前に高度順応を済ませてきている純ちゃん先生は
快調そのもので、すっかり高所民族になっている模様です。

明日からは、アイランド隊、ロブチェイースト隊に分かれての行動です。
アイランド隊はチュクン(4730m)へ、
ロブチェイースト隊はロブチェ(4900m)へ
移動します。いよいよ、これから登る6000m峰の麓まで入ることになります。

ここまでは順調です。気を抜かずに(でも気を入れすぎないで)頑張れー!!

写真はディンボチェ上部より望むアイランドピーク
こんな景色が見れたかな?
コメント

ディンボチェ到着ーーー!!

2009-04-20 21:41:25 | エベレスト09
飯田橋留守番隊です。

ヒロちゃんより連絡がありました(旦那様へのラブコール)。
衛星の電波が悪く、途切れ途切れだったとのことですが、
みんな元気にディンボチェに到着したとのことです。

標高4400メートルに達しました。

ここで隊員にはとてもうれしい休養日です。
明日は簡単な高所順応ハイキング以外は自由行動です。

素晴らしい景色の中、思い思いの時間を過ごして下さいね。
リラックス、リラックス。

残念ながら途中で下山となってしまったアンテツさんですが、ご本人と電話でお話しすることができました。本日無事にカトマンズにお戻りになったとのことです。
高度を下げたので、体調も良くなった嬉しいご報告でした。
よかった、よかった。

それでは、また連絡があればアップしますね。

写真はディンボチェの上部(順応ハイクの目的地)から眺めたアマダブラム(6,856m)の北西壁
コメント (2)

ディボチェよりナマステ!

2009-04-20 12:09:42 | エベレスト09
ナマステ~~!
飯田橋留守番隊です。
けんけんより連絡が来ました


本日の行動予定は、、、

タンボチェにあるゴンパ(寺院)にて、プジャ(安全祈願のお祈りのこと)を
執り行います。このエリアで最も格式の高いチベット仏教のお寺です。
山の神様のご加護がありますように

そして、ランチ後、ディンボチェ(4,350m)まで行きます

明日はディンボチェで休養日とのこと。PCの設定などなど、ゆっくり出来る
ことでしょう!


けんけんよりナムチェのインターネットカフェから写真が届いていましたので、
追加でUP( `ω´)ゞ

Photo:ドリップのコーヒーをとっても上手に入れるタカちゃん


Photo:一足先にエベレストBCの場所取りに向かう“ボビー”


コメント

タンボチェに向かってGO!

2009-04-19 12:04:22 | エベレスト09
けんけん@ナムチェバザールのインターネットカフェです。
今日も快晴です。
Photo:サクラロッジを出発するAG隊ご一行様!

昨日、ナムチェのラクパテンジンのサクラロッジに到着しました。懐かしい!
館内には、1995年に写真家のコンタツさんと来たときの写真が飾ってあり、
さすがに俺も若いな~と思ってしまいました。ラクパの娘さんがお留守番。

さ~て、タムセルク、クンビラ、アマダブラム、そしてヌプツェにエベレスト。
本日は最高の景色の中を歩いてキングオブトレッキングと言われるルートを辿ります。

ナムチェバザールから、サナサを抜けて、プンキテンガでランチ、
そして、大きなチベット教寺院があるタンボチェまでが予定でした。が、!

タンボチェは、水場が遠いのでキッチンスタッフが一苦労しますから、
15分くらい下った水場に近いデボチェまで行く予定です。

左:アイランドピーク隊。左から純ちゃん、栄ちゃん、キヨちゃんとAガイドのヒロちゃん。
中:ロブチェ・イースト隊のアンテツさん、荻パパ、禅ちゃんの3名。
右:エベレスト隊。後列左からマック、純ちゃん先生、BCマネランナー、
  前列左から、けんけん、タカちゃん、哲王先生の6名です!


この先には、インターネットカフェのような近代的な施設はありませんから、
衛星を使ってのブログアップになると思います。

さて、誠に残念なお知らせですが、ロブチェ・イースト隊に参加の
ムツゴロウ先生似のアンテツさんが下山することになりました。
循環器系の問題なのですが、ご本人も体調の異変を感じるとの事です。

たった2日間のキャラバンでしたが、楽しい時間を下さいました。
自ら下山を決断された勇気に敬意を表します。お疲れ様でした。

ナムチェを後にするアンテツさん。ここがネットカフェ!これから本隊を追いかけます!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
コメント (3)

ナムチェバザールへGO!

2009-04-18 12:14:05 | エベレスト09
どもども~~!今日も飯田橋留守番隊から発信します。

先ほどけんけんより連絡が入りました。
どうもPCのご機嫌が悪く、設定にてこずっているそうです。
自力アップまで少しお待ち下さいね!
けんけん@ナムチェのネットカフェです。
とりあえず、写真を貼り付けます。メインフォトがナムチェの村です。

只今みなさんナムチェバザールに向けて元気にハイク中
ビスターリ(ネパール語でのんびりとか、ゆっくりという意味)で
楽しんでいることと思います。
今日の予定はパグディン⇒モンジョでお昼ごはん⇒ナムチェバザール
です。

けんけんの電話の声がちょっと暗かったので何かと思ったら、
おなかの調子が悪いんだって。ハイキング中のバックパックに
ソーラーと洗ったパンツをひらひらさせて歩いてるそうです
う~ん、さすがけんけん(笑)

留守番隊ありがとう。


コメント (4)