けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無料机上講座のお知らせ

2006-02-15 18:26:25 | お知らせ
【ヨーロッパアルプス名峰チャレンジプログラム】
ICI石井スポーツとのコラボレーションで
アルプス・クライミングの無料机上講座を企画しています。

モンブラン、マッターホルン、アイガーなど…
アルプスの名峰に登頂するための技術&体力、
装備&トレーニングなど、スライドをお見せしながら解説します。
是非、遊びに来てください。

日時:2006年2月27日(月)
   午後6時30分~8時00分
場所:ICI石井スポーツ本店7階会議室
   新宿区百人町2-1-2
   ℡03-3208-6601
予約不要・入場無料

http://www.ici-sports.com/mount/event/index.html#060227

PHOTO:ブライトホルン(4165m)ハーフトラバースの岩稜にて。

コメント (1)   トラックバック (2)

チンボラソ雪景

2006-02-15 15:54:25 | エクアドル
天気は回復方向にありましたが、
大量の積雪が落ち着くのは、やはり数日後でしょう。
ウィンパー小屋までラッセルして往復しましたが、
その間にも正面壁から雪崩が発生し続けていました。
おまけに下山時には、髪も逆立つ雷に襲われ、
必死で車が待っている林道まで走り降りました!

残念ながら、2006年チンボラソ登山は
見合わせることにしました。
しかし、この乾燥した大地に降った恵みの雨は、
地元の人たちに幸せを運んでいたらしく、雪や雨を眺めて、
「悪いけど俺たちにとっては嬉しいことなんだ。」と、
ニコニコと話す農民の笑顔に少し救われた気がしました。

PHOTO:カレル小屋から見上げるチンボラソの全容。
    現在のルートは左のスカイライン。
コメント (1)

チンボラソもやはり大雪!

2006-02-15 15:09:51 | エクアドル
山小屋までの林道で既に大量の積雪があり、
私たちの車は、スタックしてしまいました。

エクアドルの人々は、雪に慣れていない上、
チェーンも持っていない。
ましてスタッドレスなんて存在すら知らないのです。

現地のガイド仲間たちがランクルで助けてくれたのですが、
結局、1時間手前から歩くことに。

PHOTO:ランクルでベンツのコミューターを引っ張りあげる。
コメント

カナ…いや、豚の丸焼き…

2006-02-15 14:27:35 | エクアドル
移動の途中の街アンバト。
ここは現地ガイドのマルシエルの実家があります。
郊外にあるドライブインに見事な豚丸がありました。
なんとなくAGの青木を思い出しました。
バーナーで表面を焼いてから、
水かけながらデッキブラシで身体をゴシゴシ。
いろんな料理方法があったけど、
皮に塩をふって炙って食べるのが一番人気みたい。

PHOTO:バーナーで表面を焼く看板娘。
コメント (1)

パッチワーク

2006-02-15 14:04:27 | エクアドル
コトパクシからチンボラッソへ移動です。
南米には、こんな畑があるんだよね。
段々畑にしないで、そのままの山の傾斜を使っている。
収穫は、転がらないようにしないとね。
うん、俺の頭もそろそろパッチワークに…っておい!

PHOTO:パッチワークを耕すおっちゃん。
コメント (1)

やっと更新

2006-02-13 11:13:44 | エクアドル
たくさんの方から「近藤さん大丈夫ですか?」って、
ご連絡をもらっちゃいました。
帰国後のスケジュールに追われ、ブログが更新できていなかったので、
ご心配かけました。海外だと時間がたっぷりあるのですが…。
はい、いい訳です!
どーでもいい人もいるでしょうが、エクアドル追加です!

PHOTO:朝焼けのコトパクシ
コメント (1)