けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バックカントリーモード始動します!

2005-10-25 03:21:59 | バックカントリー
本日、立山をはじめ全国の山岳地から初冠雪の便りが、
ニュースで流れていましたね。
屋外のスキー場でもオープンをしたところがあるっていう噂だし!
いよいよ、やってきました。一年過ぎました。年もとりました。(笑)
でも、年をとっても更に熱く今シーズンも燃えます!
BACK COUNTRY魂!!!イエーイ!

先週末に日比谷の旭化成で講演会があったんですね。
その会場に僕の登山グッズを展示するために久しぶりに、
スプリットボードやスキー、ブーツやシュノーシュー、
シャベル、プローブ、ビーコンなんかを引っ張り出してきた。
どう?単語見るだけでもドキドキしない?

チューニングショップ「ルートJ」の“ジャケン”こと
中井君から送られてきたダンボール箱からボードを取り出すと、
懐かしいワックスの匂いとともに愛用の板が出てきました。
鳥肌がたったね。
道具たちを見ているだけで、興奮してきた!

しかも、その日の夜に“BCかっとびフィルム”で有名な
「TETON GRAVITY RESEACH」の上映会が六本木であり、
ノースフェースの山本さんからご招待をいただき会場に行ってきました!
ビックマウンテンスキーヤーのジェレミー・ノービスがゲストで来日し、
ブチキレ映像を紹介した上に、
プロスキーヤーの秋葉将之佐々木大輔
その他、AGクラブ員の懐かしい顔ぶれにも多数合うことができて、
かなり雪のシーズンを強く感じてきました!
先週のイベント「憧れの高所登山」には、
チョー・オユー応援隊の何人かも駆けつけてくれました。
来てくれて、本当にありがとうございました。
短い時間だったけど、お話もできて嬉しかったです!

今週は「憧れのパウダースノーへ」と題した、
バックカントリーの無料講座があります!
AGの今シーズンの予定もここで発表です!!!
BC初めての人や、雪山に興味のある人は必見!
雪が降るのを待ちに待ってたBC大好き人間も、
今シーズンの到来を感じに、是非来てくださいね~!
昨シーズンまでのスライドもやりますよ~!

「憧れのパウダースノーへ」 入場無料・予約不要
<東京>10月26日(水)文京シビックセンタースカイホール(文京区役所26階)
     18時30分開場 19時開演
<大阪>10月28日(金)アピオ大阪(森之宮駅徒歩2分)
     18時開場 18時30分開演

「憧れの高所登山」
<大阪>10月27日(木)アピオ大阪(森之宮駅徒歩2分)
     18時開場 18時30分開演
※こちらもお待ちしていま~す!


PHOTO:立山の夕陽の中を歩くAGガイド杉本水生
コメント (10)

「憧れの高所登山」

2005-10-18 02:59:36 | チョーオユー
★過去のブログ全てに写真とキャプションを添付しました!見てください!
★登頂後、約355,000のgooblogの中で“けんけんブログ”が903位になったそうです!これって、すごい事?とにかく皆さんのおかげです。ありがとう!

「軽井沢」行ってきました。
紅葉と緑の山々を眺めながらのドライブ&キャンプは最高でした。
チベットの殺風景な景色とは違って、空気もさわやかで、
「ああ、日本っていいなぁ。」ってまた思ってしまいました。

さて、本日は無料机上講座のイベントがある日です!
アコンカグアとかキリマンジャロとかから、南極やチョーオユーまで。
世界の高所登山を目指すまでの簡単な講座とスライドショーのイベントです。
興味があれば誰でも参加できますので、遊びに来てください。

夏山や低山歩きをしている人、アイゼン未経験の人が、
初歩の登山からスタートしてステップを踏みながら、
憧れの高峰にたどり着くまでの心構え、トレーニング、
装備などについて話します。

今回のチョーオユーの映像もお見せしますので、
是非、お気軽にご参加ください!

「憧れの高所登山」 入場無料・予約不要
<東京>文京シビックセンタースカイホール(文京区役所26階)
     18時30分開場 19時開演
※大阪でもやります!
<大阪>10月27日(木)アピオ大阪(森之宮駅徒歩2分)
     18時開場 18時30分開演


PHOTO:05年9月28日。チョー・オユーのイエローバンドを登るカナダ隊。
  (この後すぐに彼らがスタック。AG隊が右のフェースからぶち抜きました!)
コメント (9)

皆さんあらためまして、日本はいいですね。

2005-10-15 04:51:02 | チョーオユー
やっとこさ、12日に日本に帰ってきましたが、いやいや忙しい忙しい。
翌朝からは、専門学校の授業があるので、早起きして西葛西に出かけたり、
本田君にAGに来てもらって、PCを直してもらったり。
(PC壊れてるからスケジュールもわからないんだよね)

しかし、残念ながらPCの中身のデータは一部消えてなくなりました。
チョー・オユーの写真は、デジカメのSDカードに残っているので、
助かりましたが、一番の打撃は…アウトルックです。

皆さんのアドレスデータが全て無くなりましたし、
過去のメールのやりとりも全部全部消滅しましたーえーん。

そこで、ケンケンからのお願い!
私のアドレスを知っている人は、メール送信してください!!!
ちょっと前にさかのぼって、過去の文章を転送してくれても嬉しいです。
でも、「どこの誰か」わかるようにメールしてね。
よろしくお願いしますぅ

さて、過去のブログに写真つけましたーイエーイ!
ちょっと時間が無いので、全てではないんですが、
「C1到着」から「C3到着」までの写真をアップしましたよー!
迫力の画像をとくとご覧ください!!!!!!(!6つです>あっこ)
コメントを付け加えたものもあります。

明日から、スポーツショップのオッシュマンズさんのイベントで北軽井沢に行きます。
オージビーフ食べながら、私のトークショーをやってくれるんですが、
参加者の皆さん、のどにつかえたら御免なさーい。

というわけで、そろそろ寝なくてはならないし、
続きは来週ということで勘弁してください。

で、さらに来週の火曜日の18日には、文京区シビックセンター
AGの無料机上講座「憧れの高所登山」19時から開演されます!
ここで当然、今回のチョーオユー映像もスライドショーに加えます!はや!
皆さん、見に来てくださいね。(詳しくはAGへ)

その次の週には、大阪でもやりますし、バックカントリーの講座も続きます!
また、告知しますからねー!

それでは。

PHOTO:アイスフォール手前にて
   「マコロじ~いは、ユルユルハ~ネス!
    はいても、はいても、すぐ落ちる頑張らなっくちゃ~
    う~ん、懐かしい歌。
コメント (4)

チトワン行ってきましたー!

2005-10-10 21:25:13 | チョーオユー
なんとか、かんとかチトワン国立公園に行ってきました。
もちろん無事に往復しましたが、
道中、“チキチキマシン猛レース”のようなデッドヒートを繰り返し、
谷底のトリスリ川に突っ込みそうなスピードの車たちに、
“うわー!”とか“ぎゃー!”とか隊員達は、叫び続けていました。
とても居眠り出来る状況ではないのに、クムジュンコは、
ジャガイモのように車内を転がり続け、眠るのであった。

国立公園内では、
蚊の襲撃を受けたサシロー改め“モスキート男爵”、
3匹のヒルに立て続けに襲われたクムジュンコ改め“ヒルジュンコ”、
象と愛のハグを続けたマコロじい改め“まごころ爺”などなど、
抱腹絶倒の事件もありました。

その他、クモの巣カツラ、ヤモリ倶楽部、おしりビショビショカヌー、
床上浸水四駆ドライブ、タガメとスイム、ゴキブリ対アリ、真夜中の怪しい太鼓、
屋根の上の侵入者、トラの足跡、モリゾー&キッコロの行進、ランプのせい、
びくびくバードウォッチング、象を洗おう、などなどなど、
笑えるタイトルがいっぱいですが、
メインテーマでもある鎧を着たインドサイのカップルにも超至近距離で
出会う事ができ、ブログを見ている皆さんには申し訳ないほど、
隊員一同楽しませていただきました。満足です。

昨日から、マコロ爺は、ナガルコットに一泊。
いい作品がまた増えたようで、今朝、満足げにホテルに帰ってきました。
サシローとクムジュンコもダサインで賑わうカトマンズを散策してました。

僕も、今年のマッキンリーで一緒だった、
AAIの女性ガイド“ウィンズロー”をはじめとするスタッフ達と会ったり、
“タワシ髭”大蔵さんの突然のネパール入りに大喜びしたりと、
少し余裕の時間も過せました。
(大蔵さんには、明日荷物を分散して持ってかえってもらいます!)

長いようで短い、カトマンズ滞在も終わり、
明日は、いよいよ日本に帰ります。

サシローは、このままネパールに残って、嫁さん探しをし、
マコロじいは、帰国後、写真展の準備に入り、
クムジュンコも南極への準備に入る事でしょう。

僕は、たぶん3週間後には、ここネパールに戻ってきます。
タンボチェのトレッキングに行く予定です。

日本に帰国しましたら、写真をアップしますので!
では、みなさん長い間、応援して下さって、本当にありがとうございます!
日本でお会いしましょう!
ナマステ!


PHOTO:チトワン国立公園。最強の乗り物にのるAG登山隊!
コメント (11)

マコロジーからみなさんへ!

2005-10-05 21:54:41 | チョーオユー
天気に恵まれて、8201Mの山頂に登る事ができました。

C2よりC3へ進み、朝から夕方まで風もほとんどなく、良い天気でした。
夕日に赤く染まる、目下の峰峰を撮りました。

遠くにはシシャパンマが見え、35mm、36枚を3本は撮りまくりました。
夕日のころは、少し風も吹いていた。

登頂日は、1時起床で2時始発ということなので、18時夕食、
尾西の五目御飯、マーボー豆腐、味噌汁を全部食べて19時に寝た。

実際には、12時50分起き、ラーメンを食べ、登攀準備、ハーネスをつける。
上半身の衣類は、毛の下着2枚。ラクダ下着、厚手のシャツ、インナーの羽毛、
厚手のオーバージャケット、下半身は毛のパンツ、ラクダの下着、高所用登山ズボン、
インナーの羽毛、厚手のオーバーパンツ。
登山靴は、スポルティバの高所用ブーツ、手袋は薄手の手袋とオーバー手袋のインナー!
帽子は、高所帽、風が弱かったので、ゴーグルはつけないで、サングラスのみ。

朝、1時15分。C3を始発し、まもなくロックバンドに(約15Mほど)つきあたる。
そこでユマールをかけかえて、左に少しトラバースし、
チムニー状の岩場をアイゼンのつま先と両手で、
ライトの光でホールド&スタンスを確認しながら、4~5m進むと、
息切れて、自分の呼吸と酸素マスクのタイミングの関係で非常に苦しい。

ハァ、ハァしながら1分ほど止まって休み、岩場をぬける。
岩場をぬけて、一息いれて、岩と雪のミックスした急雪面を
フィックスロープにユマールで前進。始発し、2時間で登りが少し緩くなり、
そこでチューブの飲み込む。

そこから先は、フィックスロープは無い。
5時30分ころ、東の空が明るくなり、6時40分山頂に着いた。

チューブの食料とコンパクトカメラは、3枚目の衣類のポケットに。
35mmのカメラは、毛のシャツで保温しザックで、カメラは山頂でもよく動いた。


今回、リアルタイムに適確なアドバイス、励ましと激励をいただき、
ありがとうございます。


PHOTO:C3で勇ましくピッケルを振り上げるマコロじい!










コメント (3)

クムジュンコより皆さんへ。

2005-10-05 21:18:48 | チョーオユー
テントから顔を出すと、チョーオユーが目の前に常にそびえていたABCから
2日間かけて降りてきた、ここカトマンズは、緑の豊かさにホッとしています。

今回の遠征の中で私自身は登頂出来ませんでしたが、近藤隊長をはじめ、
隊員のマコロジーさん、サシローさんからもらった登頂の感動は、
ABCで待っていた私にも伝わりました。

山頂から一気にABCまで、誇らしく下山してきた彼らを迎えて、
私は、胸が熱くなりました!

今、安堵感の中で思うことは、隊長、隊員、シェルパが一体となった、
この雰囲気の中に、またサミッターを目指して戻ってきたい! と、思う事です。

これから、各隊員が自分の言葉で今回の遠征の思いを語る事によって、
更に内容豊かだった出来事が形づくられていくと思います。

あたたかく、熱い応援をつづけていただいた、多くの皆さん、
本当にありがとうございました。全員、元気に帰国します!


PHOTO:チトワン国立公園で、象を運転中のクムジュンコ!



コメント (5)

サシローより皆さんへ

2005-10-05 21:01:54 | チョーオユー
ブログで応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
おかげさまで、我が阪神タイガースも無事、覇権を奪回することができました。
あとは20年ぶりの日本一を目指してパリーグの覇者を討つのみです。

ここ、カトマンズは、昨日からダサインという年間で最大の秋祭りが始まってます。
本来は、初日と7日目から14日目までの8日間が休日なのですが、
ギャネンドラ国王が特別にチョーオユー登頂とタイガース奪回ということで
2日目から6日目も休日にすると宣言したみたいです。
タメルにも“六甲颪”が流れ、そこらじゅうでSEALをやっていました。
バグマティ川に飛び込む人もいたりと大阪に負けない盛り上がりを見せています。

我々ケンケンチームもこれからチトワンに行って、
対パリーグ覇者の対策を練ろうと思っています。
それでは皆さん、日本シリーズのほうも応援宜しくお願いいたします!
(ほとんどがフィクションですが、たまに真実も隠されています。あしからず!)


PHOTO:アイスフォールを余裕で突破するサシロー!
コメント (6)

皆さんケンケンでーす!!!

2005-10-05 15:31:27 | チョーオユー
ずいぶん遅くなりましたが、
ABC最終日に私のレッツノートW2が悲鳴をあげて
再起不能となりました。
普通、低地に戻ると直るんですが、今回はだめでした。
ですから、写真とか送りたかったんですが、ちょっと無理そう。
ごめんなさい。テキストだけしか今は、送れません。
(今、シーガルのPCを使わせてもらってます)


さて、AG隊は、ものすごいタイミングで登頂し、
ものすごいタイミングで下山し、ものすごいタイミングで
ネパールへ戻ってきました。

道中は、スペイン隊やノルウェイ隊、その他の外国隊と
一緒でしたが、ちょっと暗い感じで…登頂できなかったみたい。
でも、無事に全員下山が出来て良かったねって、生意気にも言いました。
僕は、ここに全員が揃っている事が、何よりも大切で、
大きな意味のある事だって、わかっていますから。

3日の夜9時ころにカトマンズに到着。
街は、ダサインのお祭りで活気付いています!
その日は、ホテルの最上階の日本料理店で
冷やっことか食べて、ビール呑んで、
遅くまで、今回のトリップを振り返り、思い出し、語り合い、
笑って、涙しました。

昨日は、隊員達は何もしない、一日中ボーという時間を過したみたい。
僕は、午前中にホーリーさんの取材後、パサンの家に持ち込まれた、
隊の荷物を一日中かけて、仕分けし、整理してました。

パルママンは、3日に病院を退院、現在パサンの家で療養中です。
とても元気になったみたいです。昨日は会えなかったけど、
今日は、隊員達は、パサンのところでランチに呼ばれているので、
会えると思います。

本日午前中に、登山中のブログをみんなで見ました。1時間も見ちゃいました!
もう、超ウルルン状態でしたよー!本当にありがとう。
隊員のファミリーの方も、クラブの皆も、立ち寄ってくれた人も、
AGのスタッフ達も、その他みんなみんな、本当にありがとう。
ほんとにたくさんの勇気をもらいました!

そして、今夜は、隊員がチベッタン料理“ロイヤルサイノー”に
お世話になった人達を招待します!

明日以降といいますと…えへへ、
隊員達は、2泊3日の予定でチトワン国立公園に行きまーす!
3日間、自分を自分で誉めて、休養をしまーす!
その間、更新出来ませんが、お許し下さい。


ケンケン
ps;あとで隊員達からのコメント載せます!
パサンの家に行かなければならないのでまたですー!

PHOTO:中国側国境“ザンムー”の行きつけの中華屋のおやじとAGステッカー!



コメント (3)

カトマンズまであとちょっと!!!

2005-10-03 19:19:35 | チョーオユー
飯田橋の留守番隊より発信しています。

けんけんより連絡がありました。

チベットの峠を越え、AG隊はネパールに戻ってきました!
あと、数時間でカトマンズです!!!
みんな元気です!!!

ブログの更新をしようとけんけんが頑張っているのですが、
PCが壊れたりとうまくいかないようです。
ですが、「次は自分でブログUPできるよう頑張るよ!」
と言っていましたので、もう少し待ってて下さいね!!!


PHOTO:ネパールの国境“コダリ”でポーター達に背負われて
    ゲートを通過するAG隊の荷物たち。


コメント (4)

ABCからの便り PART3

2005-10-01 16:08:15 | チョーオユー
飯田橋の留守番隊より発信しています。

けんけんから連絡がありました。

間違えて上がってきた何頭かのヤクと共に、今日ニマ・ノルブが先に下りました。
彼が中国側に交渉して車の手配を早めてくれれば、途中でキャンプをすることなく、
一気にザンムーまで行けるかもしれません。
そうすると、カトマンズにも1日早く帰れます。

昨日の夜は4人で「運命を分けたザイル」を鑑賞。息をのむような雰囲気になって、
「登山前に観なくてよかったね~。」と言い合ったのでした(笑)

今日のお昼はマコロジーが白玉ぜんざいを作ります。


PHOTO:10月2日、ABCとチョーオユーにお別れをして、ティンリを目指す
    クムジュンコ、サシロー、マコロじい!
コメント (3)

ABCからの便り PART2

2005-10-01 14:37:06 | チョーオユー
飯田橋の留守番隊より発信しています。

お待たせ致しました。けんけんより連絡がありました。

昨日は、上部キャンプからおろしてきた荷物のチェックをしたり、テントや個人装備を
干したりまとめたりしました。
けんけんは、ヤクを呼ぶために、荷物や食糧の重量がどれくらいあるかをチェック。
あたりにいるチベッタンたちに手伝ってもらったそうです。

昨夜はキッチンボーイのアンガ・バードルが「AG CHO OYU おめでとう!」
って書いたケーキを焼いてくれて、みんなでお祝いをしたそうです。


PHOTO:登頂お祝いデコレーションケーキ!星型です!!
コメント (1)