けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヴェッターホルン登ってきました。

2007-07-29 04:32:12 | ヨーロッパアルプス
Kママさん、Iさん、Oさんと入れ違いに
静岡のミっチャン、とI親父が到着。
昨年のマッター成功に引き続きアイガーを希望していましたが、
雪の状態も難しくヴェッターホルンへ行くことになりました。
さらにアイガーの個人手配で来ていたTさんも加わり、
全部で6人のパーティーとなりました。

グリンデルワルトから7月25日にグレックシュタイン小屋に入り、
翌朝3時に朝食をとり出発。モレーンのガレ場、氷河、岩稜、雪稜を越え、
26日の晴天の中、非常に良いペースで山頂へと辿りつきました。

Photo:アイガーと並びグリンデルワルドの象徴的な山であるヴェッターホルン。


Photo:②グレックシュタイン小屋までの道は迫力の岩壁が迫ります。
     ③昔は、ホテルだったグレックシュタイン小屋。立派な小屋です。
     ④食器を片付けたり洗ったりするお手伝いもガイドの仕事。
     ⑤岩稜に差し掛かる頃、空が明るくなりヘッドランプの明かりを消す。

Photo:⑥最後の雪稜を登るI親父けんけんチーム。落石もあります。
      ⑦山頂での記念スナップ。撮影は、ミっチャンタカピーチーム
      ⑧下山も緊張の連続。遠く下にグレックシュタイン小屋が見えます。

Photo:⑨~⑫前日の7月24日は、アイガー北壁の西端にあるロートシュトックで
     ビアフェラータ。目のくらむ高度感に慣らてから、クライネシャイデック
     で楽しいランチ。名物アルペンマカロニとミっチャン!
コメント (3)

リンフィッシュホルン

2007-07-24 16:40:11 | ヨーロッパアルプス
マッターホルンはだめでしたが、
ミシャベルと間に聳え立つリンフィッシュホルンに登頂。
取り付きまでの長いアプローチを超えて、氷河に入り、
雪のクーロアール、岩壁、岩稜を抜けて山頂です。

その後、Kママ&Ⅰさんをヴェッターホルンにお連れしようと
グリンデルワルトまで移動してきましたが、残念ながら
雪のため登れず…。お二人ともに次回に夢をたくして
ご帰国となりました。

Photo:リンフィッシュホルン山頂。左よりⅠさん、Kママ、けんけん。
      バックは、マッターホルンです。


Photo:②岩と雪のミックスのリッジを登ります。ビレイポイントがわからない
      後続パーティーは、苦労してだんご状態になっています。
    ③この山では逆に雪がしっかりついていたので落石も無く、アイゼンも
      よく効きました。クーロワールを直上するⅠさんタカピーパーティ。
    ④前衛峰からリンフィッシュホルン山頂を振り返る。
      つり尾根のスノーリッジを下山するKママけんけんパーティ。

コメント

昨年のリベンジでしたが…

2007-07-19 05:41:42 | ヨーロッパアルプス
昨年の夏もその前も、マッターホルンの登頂のために
きていたKママさんと岐阜のIさん。
残念ながら雪で一日予定をずらしましたが、
16日にブライトホルンハーフトラバースに行って来ました。

雪は、ルート上にべったりと残っていて、オールアイゼンのクライミングでした。
岩稜出だしのクーロアールが、メチャメチャ悪くてアイゼンを食い込ませた雪がそのままスライドしたり。
が、そこを越えてしまったため引き返すのも必死で、そのまま登り続けました。
Kママさん達もかなりビビり、タカピーこと岩猿水野も「引き返しましょうか」という程。
それでも2人ともよく頑張りなんとか登頂。
時間がかかったので雲に巻かれましたが、雷も来ずホッとしました。
マッターホルンは、まだまだ雪が残っています。

Photo:①ホテルの部屋から見えるテッシュホルンとドム。


Photo:②ハーフトラバースの岩稜の出だしにできた雪壁のクーロワール
       をトラバースでフォローするタカピー。表情に余裕が無いです。
     ③ミックスのリッジを登るKママ。今年も頑張っています。
     ④トラバースの最終のリッジを歩いてくるタカピーとIさん。
コメント (2)

雪のマッターホルン

2007-07-17 00:08:21 | ヨーロッパアルプス
はじめのMさんペアのハイキングが終わりました。
ちょっと天気がいまいちのときもありましたが、
リッフェルホルンの岩山にも登頂されましたし、
ブライトホルンにも登りました。
スイスを楽しまれてお帰りになりました。

前のブログアップの写真を撮った翌日にスイスアーミーが
ユングフラウに登り、6名が雪崩で亡くなりました。

Photo:マッターホルンには、雪がいっぱいです。


Photo:②雨が降っている最中のトロンメルバッハ。凄い迫力です。
     ③ヘルンリ小屋までの道のりも雪だらけでした。
     ④シュワルツゼーを見下ろしています。
     
コメント (1)

雪です。

2007-07-11 16:52:32 | ヨーロッパアルプス
グリンデルワルドに到着して、
ハイキングを予定していましたが、
どこも雨雪雨雪の連続でした。
予定も変更せざるおえない状況です。

で、昨日ツェルマットに入ってきました。
AGのもうひとつのチームは、本日ブライトホルン。
昨日は強風でロープウェイも動きませんでしたが、
本日は大丈夫でしょう!

ヨーロッパ全土が、大きな雨雲に覆われていて冷夏です。
本日からは、回復傾向にあるようです。
雪よ、どんどん融けてくれ。

Photo:ユングフラウヨッホ。アレッチ氷河への出口です。
     雪がしんしんと降っていました。
コメント (2)

バンコクの新しい空港です。

2007-07-07 01:24:22 | ヨーロッパアルプス
約5時間半ほどでタイのバンコクに到着しました。
やっぱTG(タイ国際航空)は良い!癒される!
今日の乗り継ぎ時間は、外に行くには短く、
空港内で待つには長いって感じで、新しくできた大きな免税店を
運動がてら隅から隅まで歩き回りました。

今は、「Whittard」というカフェでコーヒー飲んでます。
ターミナル内でPCをONにしたら、この店の名前の無線LANが漂っていたので、
電波が強くなるほうへ移動してお店を発見しました。おお、使える!
30分50バーツです。(約150円)

Photo:カフェの看板です!

…せっかくだから、四国の写真も。

Photo:②石鎚山の山頂です!残念ながら雨だったみたいだけど、
     今の四国には貴重な雨だったですね。
     ③つるぎ山にも登ったんですね。コヤの声が聞こえてきそうです。
     ④どこの橋でしょうか?すご~く神秘的です。
     ⑤高松城?だよね。懐かしい顔の方々も。お元気で何よりです!
コメント (8)   トラックバック (1)

07ヨーロッパアルプス

2007-07-06 16:26:28 | ヨーロッパアルプス
ただいま成田空港です。
これからTGに乗ってバンコク経由、スイスのチューリッヒに向かいます。
この2週間くらい、バタバタと毎日が過ぎ、ブログアップも
怠ってしまいました。すみません。
岩登りや、コヤ&アツシコンビの四国ツアーなんかも紹介したかったのですが、、、
また、スイスからレポートします。
コメント (1)