けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルプス・ラスト・ステージ!

2009-08-26 10:12:45 | ヨーロッパアルプス
世界的な不景気とか新型インフルエンザとか…
いろんな影響があった今年のヨーロッパアルプスのトリップでしたが、
いよいよ今夏最後のミッションとなりました。
メインフォトは、マッターホルン。残念ですが雪が降ってしまい真っ白!

ナイスミドル、シルバーグレーのTさんが昨年に引き続き、
アルプスの名峰たちに挑戦しにきました。

昨年はアイガーやモンテローザなどに登頂して岩登りも楽しんで、
今年もたくさんの山に登る予定でしたが…
出だしのチューリッヒで、なんとスリに遭遇!!
パスポートは無事でしたが、お財布をやられてしまったらしく、
「ガックリ&怒マーク」が後姿からにじみ出ていました。

それでも難関のチナールロートホルンに登頂!おめでとうございます!

ドロミテから移動してきたユミゾウは、グリンデルでメンヒに登頂してから合流!
Tさんとは日本での講習からの顔馴染みで、この日はユミゾウの誕生日でした。
リッフェルホルンのカンテルートに飛び入り参加させてもらい夜はパーティー!


ユミゾウの出現でご機嫌を取り戻しニコニコのTさん。
翌日は、BHハーフトラバースへ。快晴無風の中、焦って登ったわけでもないのに、
先行パーティーを抜かして、快適にスピードクライミングしちゃいました!さすが!



そんなこんなで、最後のミッションが終了しまして…
僕の2009年夏のアルプスは終わり…

実は、実は、先週から日本で仕事しています。

そして、そして、来週末には…
ヒマラヤのチョーオユーに向けて出発します!

バタバタ準備の日本滞在ですが、
よっしゃ~~!! また気合入れるぞ~~!!!
コメント (2)

新・ドロミテ・ヴィアフェラータウィーク!<後編>

2009-08-19 23:38:04 | ヨーロッパアルプス
今回のメインイベントでもあるモンテ・クリスタロ登頂。

最高の天気に恵まれ、昨年からこの山の虜になってしまったカワキタママも
またまた年齢更新の登頂となりました!おめでとうございます!

メインフォトは、映画「クリフハンガー」の撮影現場にもなったヴィアフェラータつり橋。
クリスタロのロレンジ小屋から15分のところにありますが要デバイスですよ!


昨年に比べて、シーズンも真夏だったので、残雪の影響も少なく、
早い行動ができ1時間も短縮だったとのこと。もちろんメンバーの結束力あってのこと。

参加メンバー、全員女性ということでしたが、羨ましい? つーか…
けっこうな「男前」の方々が集まりまして… えっと… その…
頼もしくて、カッコよかったです!

どのようにカッコイイかというと…例えば…乾杯の時などに…チンタラしてると…
「っんだよ~!泡無くなっちゃうじゃんかよ~!!!」
って言う、姉さんがいたりして。(笑)

泡が無くなっちゃうっていう怒りのアクションを聞いたのは初めてでした。
また、登ってる間も、野球部なみの気合の入れ方でセイって声を出し合ってる。
なんだったんだろう、あの気持ちのつながりみたいなのは…。

そんな力強いメンバーに囲まれましたので、僕ものんびり予定だった予備日に
サプライズな山を提案してしまいましたが。

天気、メンバー、山、人、ホテル、食事…、イタリア・ドロミテ最高でした!

クリスタロ名物の“立って乗る”ゴンドラにて3000Mのロレンジ小屋へ。天気が良く
たくさんのクライマーが訪れていました。カワキタママは、2度目の登頂!
山頂には十字架があり、皆の名前を記帳するノートが!



翌日の予備日には、なんとなんとクリスタロより難度の高いトッファーナ・ディ・メッツォへ!
この山の北東壁を25年前に登頂して、下りのケーブルに間に合わず、地図だけを見て、
ヴィアフェラータのルートをノーザイルで下降していました。その頃は何も知らず、
「なんちゅー一般ルートだ!」って思っていたんです。凄いルートでしょ?
登り5~6時間というロングルート。男前の姉さん達もさすがに手がパンプして腕で!



トッファーナにちゃんと登ることができて、僕自身とっても嬉しかったです。
25年前から変わらない山頂のカフェで一杯できたのも、ケーブルに乗れたのも…
遠い記憶がよみがえってきて、ぼんやりした思い出がやっと完成した気がしました。

あの時に一緒に登ってくれたMさんK君がこのブログを見ていたらお礼を言いたい。
「あんな経験不足な若僧ガイドをよく信頼してくれました。ありがとう。」って。

そして今回、トッファーナの思い出を完成させてくれた男前メンバーの有志の皆さん、
僕を選んでくれて、ついて来てくれて、本当にありがとうございました。

皆さんに出会えて、本当にハッピーでした! グラッチェ!

ツカ姉さんの「男前語録」だれか作って~。
コメント (5)

新・ドロミテ・ヴィアフェラータウィーク!<前編>

2009-08-15 07:57:31 | ヨーロッパアルプス
8月の第一週は、私のミッションも第4ステージに入り、
イタリアのドロミテ地方コルチナ・ダンペッツォに行って来ましたが、
PCを接続するのが難しく滞在中にアップできませんでした。
メインフォトは、トーレ・トブリーノ山頂のAGヴィアフェラータチーム!
バックに見えるのは、右奥がドライ・チンネ、左奥がモンテ・パテルノです!


アルプス山脈の南側、イタリアの明るく暖かい雰囲気の中で毎日岩を登りました。

僕は今から25年も前に今井通子先生のお供として、ヴィアフェラータのメッカ、
ここドロミテに来て、登山のスタイルに大きな衝撃を受けました。
「岩山なんて、限られた人だけのものじゃないんだよね。」って!

ハーネス&ヘルメット、そして専用のデバイスと多少の知識があれば、
誰でも名峰へ登頂することができるようになっていて、受け入れ体制も整ってる。

通常の岩登りだと、ガイド一人に対して、2名程度しか案内できませんが、
このヴィアフェラータのシステムがあれば1対8も可能といわれています。
ワイワイと共通した時間を皆で過ごすことができるのも魅力のひとつだと思います。
とってもOPENで、明るく、気軽に、山を楽しめる姿勢。大好きです!

第1日目は、ファルツァレーゴ峠に聳えるラガツォーイの岩壁!スタートはラガツォーイ小屋。
ほとんどトンネルなのでライトが必要です。帰りに寄り道してチンクェ・ト-レでランチ!


第2~3日目は、ドライチンネエリアへ。初日は、オヴェスト、グランデ、ピッコロの岩峰群の
下を歩き、モンテ・パテルノへ。出だしはここもトンネル!残雪もあるのでロープも用意!


圧倒的な高度感を体験して山頂へ。雲行きが怪しく、下山中に雷雨に追いつかれましたが、
タイミング良くトンネルを通過して小屋まで縦走。皆の鼻歌はインディジョーンズ!(笑)


ドライチンネ小屋の夕食は3種のメニューから選べるコース!泡の出るモノや赤い液体も。
翌日は、テクニカルなトーレ・トブリーノに絶叫を響かせて登頂~!コルチナへ凱旋です。



凱旋後の宴の写真は、楽しさビームが強すぎるので残念ですがお見せできません。
コメント (5)