けんけんブログ -guide diary-

国際山岳ガイド近藤謙司の冒険案内記!
“ハイキングからチョモランマまで”

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5月28日(日)のつぶやき

2017-05-29 02:59:18 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント (1)

5月27日(土)のつぶやき

2017-05-28 02:55:17 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント

5月26日(金)のつぶやき

2017-05-27 02:56:10 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント

5月25日(木)のつぶやき

2017-05-26 02:53:53 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント (2)

速報!全員登頂!全C4帰還です!

2017-05-25 17:19:54 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
【速報】
AG&ICIエベレスト&ローツェ登山隊2017

全員登頂!全C4帰還です!
取り急ぎご報告まで。


以下、けんけんfacebookより…


全員登頂!無事に全員C4帰還です!
みなさんお待たせしました!!!!

本日のネパール時間の0500頃にICIチームの荒川さんと奥田ガイドがまずは登頂。

その約30分後のネパール時間05時30分頃にAG隊のメンバー達が次々と登頂しました!

奥田たちは下山中にICIに衛生電話にて登頂の報告をしたようですが、

先ほど日本時間の16時28分に嗄れた声のカジ隊長より
C4より衛星電話が入り、
全員が無事C4に下山完了したとの報告を受けました。

風も弱く雪もなく天候に恵まれたらしく、
「いい天気でした…いい天気でした…」
と嗄れた声で繰り返してました。

同テントに居た稲さんと直ちゃんの声も電話にて確認することができ、
2人は元気で力強い声で嬉しさを伝えてくれクリアに聞きとることができました!

この後にローツェに向かうかどうかは、改めて酸素や燃料の残量や隊員たちの体調、
そして下山日程と天候を考慮しなければなりません。

その方向性についてはまた後で!
とにかく今は休んで欲しいです。

明日以降もまだまだ超高所での行動となります。
全員の無事下山を祈ります!

西の空にパワーを!!!!
コメント (2)

5月24日(水)のつぶやき

2017-05-25 02:54:19 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント

5月23日(火)のつぶやき

2017-05-24 02:56:32 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント (1)

5月22日(月)のつぶやき

2017-05-23 02:54:04 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント

5月21日(日)のつぶやき

2017-05-22 02:58:12 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント

5月20日(土)のつぶやき

2017-05-21 02:55:59 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント

C2に向けて…そして山頂へ!

2017-05-20 06:56:02 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
けんけん@飯田橋留守番隊です。

2017 AGエベレスト&ローツェ隊、
サミットプッシュに入りました!


ベースキャンプを出発するメンバーとオールスタッフ!


天気予報、隊員の体調など周りの状況を総合的に判断して…
このクールにかけます。


酸素マスクの調整も完璧!


ベースではnissin製品が腹も心も満たします!サーダーのプラチリも大好き!


とにかくリラックスして過ごすベースキャンプ!ラ王パーティー!


ボルダーにも挑む〜なおちゃん〜!


怪我のないように細心の注意を払って〜



日本時間19日22時10分、
隊長のカジより衛星電話でAGに連絡入りました。

全員無事、ネパール時間14時〜16時の間にC2に無事に到着!

カジは数日前より喉がかれていて、ほとんど声が出せないようなので、隊員のなおちゃんが代わりに対応してくれました。

C1へのアイスフォール帯をぬける!


天気予報を伝え、その内容をメモに書き留める作業も楽ではありません。
それでも衛星電話の聞こえがとても良好だったので助かったと留守番隊の由佳は言う。


いつもお世話になっている猪熊氏の天気予報とネパールの予報も参考にして行動を決めています。

風の様子は怪しいので、場合によっては
C2での待機を強いられるかもしれません。

風が問題です。

寒さでもなく、降雪でもなく、
いつも悩まされるのは風です。

風さえ弱まれば…。

山頂到達予定は23日か24日!
祈ります。

AG&ICI隊にパワーを!!!!


#スポルディバ#NISSIN#アミノバイタル#SWANS#ICI石井スポーツ#コロンビア
#日清シスコ#アドベンチャーガイズ#マウンテンハードウェア
コメント (2)

5月19日(金)のつぶやき

2017-05-20 02:46:59 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント

アマダブラム 山頂アタック!…天空からセラックの城へ!

2017-05-19 21:10:18 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
ナマステ〜!
おはよう〜クンブ〜〜〜!!

けんけん@まだパンボチェです。

今日はナムチェバザールまでの下山行程です。
天気も良く、風も弱く
快適なトレッキングとなるでしょう。

さて、天空の城C2から上のルート!
続きのアマダブラム レポートをしますね。



C2はテントを張る場所の確保が難しく、
イエロータワーの上には8張ほど。
大手のエクスペディション会社が張りっぱなしにしているのでスペースは無し。



やっと張れたところは四方が1メートルの段差がある入りづらい最高所の所と、
岩と雪を組み合わせてなんとか作った最下層の所。
屋上と地下みたいな…´д` ;



大手チームと交渉をして山頂クールの隙間をついてほかのテントは貸してもらうことに。
それでも狭くてテントの4分の1は空中に浮いてたりしてドキドキのテント生活!

C2はトイレの場所を探すのも大変。
つか、探すこともできないのでピーボトル。

おっきい方のは…
テントのすぐ脇でして崖下にフォール!(笑)



ここから上のルートはアイゼンを装着。
そしてコロンビアのブルーダウンを上下着込んでの行動で、
山頂に立てるレイヤーリングで行きます。

黙々と歩ける山とは違って
所々で登攀の順番待ちが発生するので、

日中は少し暑くなるけどダウンを着込んでいた方が良いです。

案の定、一番長いガリーでは最後尾のサオリは2時間近く待たされました。



登山人数が多いというより…
だれか1人でも遅い人が先行してたら、
懸垂下降してくる下山者がいたら、
もう登る事が出来ないのでそこが原因となります。



もはやロープはなんだかわからん状態(笑)
クリスマスのデコレーションのような…(^^;)



C2の6100mからC3の6400mまでの
標高差300mの岩と雪と氷のミックスの壁を登るのに
おおよそ8時間を費やしました。


調子悪と言いながらも…先行するミキティ!


サオリはスピードが上がらず…全く追いつけず!



最後のセラックリッジを超えるとC3です。


やっとの思いでC3へ…大丈夫だろうか…

いよいよ山頂アタックとなります。
コメント

5月16日(火)のつぶやき

2017-05-17 03:02:42 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント

5月15日(月)のつぶやき

2017-05-16 03:00:31 | AGエベレスト&ローツェ&ロブチェ登山隊2017
コメント