明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫たちと頑張る!~~

旅立ったチーですが。

2016-05-08 10:06:29 | うちにゃん
お家で点滴をしてやったり、まぁ、あまり悔いの残らない看護ではあったかなと思います。
15年ずっと一緒に暮らしてきて、相方が呼べば夜は枕もとでちょこん(実は10キロあったのでドカンと)と寝ていました。
もういないのが夢のようです。

相方が、寂しさを忘れるためか、すぐにも荼毘にふすというので、翌日には火葬して今は骨壺になっちゃいました。

点滴をずっと打ってやっていたせいか、毛並みがすごく良くて、亡くなったことも信じられないほど重くて
(大抵のねこちゃんは食べられなくて軽くなっちゃいますよね?)4.6キロあったので、本当は揺り起こしたらまだ目を開けるんじゃないかと思ったほどです。

でもねー、もっといい方法があったかも、とも思ったりするんです。
もっと、何かしてやれることがあったかも、って。
やっぱ、悔いは残っちゃってるのかな。

このブログを始めた時、多くいたにゃんこもとうとう3匹になりました。
看取っていくことが仕事、と思って乳がん生活を出発しましたが、にゃんこたちに癒してもらうことのほうが多かったかも。

コメント (2)

今週はいろんなことがあって・・・。

2012-02-26 16:45:17 | うちにゃん
実は一番ちび猫ちゃんが旅立ってしまいました。
かなり病院にも通い、検査も受けて、これから体に合った点滴を考えていきましょうという時だっただけに、ショックも大きく・・・。
でも、きっと先に天国に召されているうずら(うーちゃん)が、きっと迎え入れてくれていることでしょう。
私はそう願って、残されたにゃんこたちと過ごしていきたいと思っています。

他は、昨日、転んで顔面を打ちました。(笑)
擦り傷だけで済んだけれど、なんか今週は踏んだり蹴ったりな感じです。
ま、そんなこんなのKeikoでした。
コメント

凶暴乙女・コロちゃん

2007-09-07 20:23:34 | うちにゃん
ひよころちゃんのところの、ワンちゃんのコロちゃん。
ワンちゃんでコロって言われると、すっかり男の子だと思ってた。
そしたら、乙女だったの!

で、よくよく考えたら、うちにもコロちゃんがいた。
しかも、やっぱり乙女でした。
ひよころちゃんに、にゃんこでコロって・・・って言われたけれど、
小さい時にころころしてたから、コロちゃんという名前にしたの。
猫でコロって変か?やっぱし。(笑)


しかし、このコロちゃん、
普通にしていても困った顔になっていて、(目つきがちょっと悪いみたいで)
しかも、抱っこされると「シャー」と、唸ります。
甘噛みですが、噛みます。
人間はあまり好きではないみたい。
今のところのコロちゃんの愛の先には、でっかいチー猫がいる。

そんなコロちゃんの凶暴さをご紹介。

 目つき悪し。あるものを狙ってます。
これです、お掃除している動きに魅了され・・・ 

 噛み付きました!   引きちぎりました!あーあ・・・。


と、隣ののんたんも参戦!
   コロちゃんに負けじと頑張りました。



あ~あ・・・。べーちゃんは、呆れ顔で目をつむってます。
『コロちゃん、凶暴にもほどがあるよ・・・』byべーすけ。


ふんっ!乙女心をくすぐる方が悪いのよ!
と、コロちゃんが言ったかどうかは謎です。


というわけで、本日はひよころちゃん風ブログにしてみました。
写真撮るだけで疲れ、アップするだけで疲れ、もう二度とやんないと思う。(笑)
ひよころちゃんとこのブログはすごいなぁ~。
コメント (18)

ほっこ君のためのトイレ講座

2007-07-20 23:11:00 | うちにゃん
毎日、ねこのお世話はかかせません。
猫トイレをね、毎晩3個掃除してます。

猫の数って何匹?、って聞かれたら、それは企業秘密なの、と言うことにしてるの。
私だって、よもやこんなに猫ちゃんと深いお付き合いになるとは思わなかったわ。
でも、確かに癒されているのかも。
仕事が終わって、ふ~~~って一息つくときに、そばにいてくれる子がいるのはうれしい。ベロベロなめてくれるのもうれしい。
夜寝るときに、いつも誰かがそばにいて、ふかふかのしっぽを触るのはうれしい。
(写真は、最近体重計のせいで、やっぱり10キロあったことが発覚したチーちゃんと、寝るときには必ずお父さんのそばでしか寝ないべーちゃん。)


うちのねこトイレ歴は、とても長いです。
したがって、うんちくがたんまり。(笑)
猫の砂ひとつをとっても種々雑多。おからのヤツやら、固まるヤツやら、水に流せるやつやら、果ては自分で新聞紙を切り裂いて砂にする、とか。
2年ほど前に「にゃんとも清潔トイレ」が出たときは、画期的だ!と絶賛してしまいました。トイレ難民も、ここにようやくたどり着けたのか・・・と思ったほど。

でもね、花王製品なんですが、とっても高いの!消耗品が!!
うちは、それでなくてもトイレ需要が半端ではないので
花王が謳っている「二週間トイレ掃除いらず」なんて、夢のまた夢。
毎日「砂」と下に引く「マット」を交換していたら、お部屋はとっても清潔になったけれど、家計を圧迫。(マジです)

しばらくは我慢してましたが、とうとう・・・もうこれ以上は無理、と・・・。
そんな時に見つけた、ミュウ。

安くて、ヒノキの香りがして、しかもきれいに崩れてくれます。
「にゃんとも」製品とは似て非なるものですが、安くて理想的。

そうして、マットのかわりにペットシーツを引くことにしました。
これがね、需要と供給がおっつかなくて、毎日尿検査してる気分。

そんなこんなで、毎日を送っていたときに巻き起こった乳がん事件。
ネコのトイレはどうなるよ?と、とても心配したけれど
相方が、とてもいい方法を開発しました。とはいえ、所詮オトコのする仕事、ペットシーツ大盤振る舞いだったのを、私が少々改良して、今の形に落ち着いてます。
以前は、ネコトイレに月7000円ほどかかってましたが、今では2000円弱!

用意するもの・・・新聞紙二部、ペットシーツ二枚、ゴミ袋、補充するならネコ砂ミュウ。
ミュウはたたくと細かい木屑状になって下に落ちますので、すのこの下に落としてしまってから敷いていたものを取り替えます。


取替え方法は、まず、新聞紙を二部ほど半紙の状態で束ねておきます。

次に二つ折りしたペットシーツを二枚、新聞紙の上に。

ネコトイレのすのこを乗せ、猫砂の補充が必要なら補充します。


これで、出来上がり。
このおかげで、今では楽々トイレ掃除の日々。
(でも、毎日してるんだけどね)

ほっこく~~~ん、めいちゃんひとりなら、こんなことしなくても、楽々トイレ掃除でしょ~~~?
コメント (15)

あーにゃんの話

2007-06-01 20:04:19 | うちにゃん
週に1回、最低でも金曜には更新しようと決意(?)した私。
ネタがない日は「うちにゃん」話!これには、本当にことかかない。(笑)


今日は、「あーにゃん」の話を。

この子はある初夏の日に、突然ふらっとうちの3階に入ってきて、
「にゃ~~~ん♪」と人懐っこく相方に擦り寄った。
まだちっこかったのに(多分生後一年ほど?)階段を自分で上がって
しかも、1階でも2階でも4階でもなく(それぞれ営業してます、)
どんぴゃ!の3階を選んだ。なんという野生の勘!(笑)

(1階はうちの喫茶店ですが、1階ということで、追い出されたことでしょう。2階・4階にいたっては、絶対にいじめられて保健所通報されていたかも・・・)

「猫がな、入ってきてるねん」
相方からの内線で「どうする?」

どうするって、アンタ、これ以上の猫は無理!
と、いう言葉が即出たのですが、取り合えず見に行ってみると
子猫で人懐っこくてしかも、とってもいい匂いがする(シャンプーの匂い)がするかわいこちゃん。

「こんなにちっこいのに、追い出せないよね・・・」
外は車が通りっぱなしの車道。
引き取りました。
一匹増えても一緒か、と。

でも、一緒ではありませんでした。
その子は、他の皆さん(在住猫たち)を物ともせず、我が物顔にベットで眠りカリカリ(猫の主食)を食べました。
他の皆さんは、大パニック。
ざざざざざっと引いてしまってその日は誰も出てきませんでした。

あーにゃんと名づけられたその子は、誰よりも人懐っこかった。
でも、他の皆さんの迷惑顔を見るにつけ、里子に出すしかないかな・・・と引き取ってくれる人を探しました。

あーにゃんは引き取られていき、そのお家で小学生の娘さんたちと仲良くやっていると聞いてました。

が、ある日、小さな箱に入って戻ってきました。
娘さんたちがあまりに追いかけるので、とうとう衰弱してしまっていたのです。
戻ってきたその日、小さな箱を開けてやって「あっ」という顔をしたあーにゃんを忘れられません。
「ああっ、ここが私のおうち」とあーにゃんが選んだ家だったのねぇ。

今でも、時々窓から遠くを見つめるあーにゃんですが、
いまだにどこから来たのかは謎なのです。


そうして、いまだに一番うちで人懐っこいのですが、お外に連れ出すと里子に出された時の辛い記憶がよみがえるらしく、大声で泣き喚きます・・・。
そんなこんなで、うちにはお散歩猫は一匹もいないのです。
コメント (11)

移り変わるマイブーム・コンちゃん

2007-03-29 17:14:57 | うちにゃん
うちには、昔むかし、可愛い三匹の子猫がいました。
名前は、べーすけ・ロロちゃん、そして今回ご紹介するコンちゃんです。

三匹は、あーにゃんという名のお母さんの愛情に育まれ
すくすくと育ちました。
もう、すでに子猫ではございません・・・。

コンちゃんは三匹の中でも用心深く、抱っこが大嫌い。
あまり なついてくれない子ですが、しゅっとしたお顔は、子狐のように可愛いの。
で、名前も安易に、子狐コンを連想してつけちゃいました。

彼女の最初のマイブームは、つり銭数え。
閉店後に持ってあがったレジを見つけると、ちゃりちゃり数えてくれます。
あまりの可愛さに写真も撮ってみました。
   ね?お手手がかわいいでしょ?

  こうやって、ああやって、つり銭を出しちゃう。(笑)

それも遠い昔。今ではレジなんて気にもしません。


ついこの間までのコンちゃんのマイブームは、私との鬼ごっこ。
私が鬼にさせられて、コンちゃんを追っかけるっちゅうものでした。
それも最近では、気持ちが失せているらしい。


最近のコンちゃんのマイブーム、それはしっぽを膨らませて、相方か私に誘うようにして、顔をこすり付けること。
それもいつまでさせてくれるやら。
でもね、ボンっ!と膨らんだおしっぽは、とってもキュートで、写真を撮りたいけれど、なかなかシャッターチャンスが難しい・・・。でへへっ。

コメント (6)

幼名はちびりん・ブタ猫チー

2007-03-09 22:19:48 | うちにゃん
ある日うちのビルに住み着いた、野良猫ちゃん。
いつの間にかお母さんになってました。

産んだ可愛い子猫三匹。
うちの店の裏ドアに片手を挙げて、ご飯のおねだりに来る、そんな可愛い「ちびりん」。
しばらくは外猫としてお世話していましたが、同じビルのテナントさんが大激怒して嫌がらせを言ってくるの。
しまいには「毒でも混ぜて・・・うんぬん」とか「保健所で引き取らせろ」とか。

もう、うちは大勢いるから一匹も二匹も三匹も(子猫は一匹いつの間にかいなくなってた・・・)、増えても同じ!と大捕獲作戦決行。
ちびりんとちびちびりんと呼ばれた二匹は確保。
親猫のみけちゃんだけがいまだに捕まえられません。
知らん振りして、毎晩ご飯はあげてます。

で、その可愛いちびりん。
捕まえたその夜から、丸一日布団の中で寝続けました。
小さいのに野良として生きるのはつらかったのだ、安心してようやくほかほかの気持ちで寝られるのね、いいのよ、いいのよ、どんどん食べなさい。

見事、おでぶになりました・・・。
もはや小さくないので、ちびりんとは呼べずチーに改名。
重いです。
入院中に、病院からもらったパンフに
「患腕は大切に、重いものは持たないように(10キロまで)」とあって、
相方が「チーは抱っこしたらあかんで」
うっ。

そんなチーちゃんは、うちの中で誰よりもビビリ。
「チーちゃーーーん、ぶろろろろんするよー。」と掃除機を持つ私の姿を見るとそそくさとベットの下に避難します。
コメント (4)

足フェチ・べーすけ

2007-03-05 20:51:15 | うちにゃん
大勢の猫、と友人たちには公表しているうちの「にゃん」たち。
実際の数を聞かれると「企業秘密」ということになってます。(笑)






私が仕事から戻ってくると靴下にまつわりつくべーちゃんからご紹介。


所属:相方 こよなく相方を好きなようです。まとわりついて一緒に寝ます。     でも、それは、彼の足のにおいのせいではないか、と私は密かに・・。
性別:男の子
性格:チェリーボーイの時に先生に「ちょっと早いかも、でもいいか」と去勢されちゃったので、いつまでもやんちゃです。天敵、多数。いつもじゃれかかって、みなに嫌がられてます。


ここんところの私:わきが、ぷっくりのまま。ちょっと右肩が上がり気味。自分でも上がってるなと自覚がすごくあり。灰皿磨きで右腕を使うと、ぷっくり感倍増。はふはふ・・・。
コメント (6)