明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫たちと頑張る!~~

地震があった!

2018-06-24 14:20:20 | 12年目の雑感
久しぶりにこちらでの地震だったので、ちょっとびっくりしてしまいました。
仕事をしていたので、わりと冷静に揺り返しがくるかな、とか待ってみたりして。

それよりにゃんこたちが心配だったので、相方に見に行かせました。
可哀想に、階段で部屋まで行ったようで、私ならきっとエレベーター使っちゃってたね。
あ、そうか、地震の時はエレベーターはダメか、と改めて思う。
うっかり乗っちゃうわー。
この自分のうっかりさが怖いわー。

これが本震ではない、とかいろいろ噂も出て、いまだ揺れる時があるので、
まぁ、八月の手術中にならないことを祈る。
全く、神頼みしかないわねー。

お友達が遊びに来てくれて、いろんな情報交換。
一説では、三か月と言わず6か月テープを貼る方がさらに良いという話もあるようで、
少しばかり健側がまた赤い線になってきていたのが気になっていたので、やはりまた貼ることにしました。
テープをそのままにして残しておくと、劣化していくようだしね。(すでに粘着力に劣化が、ww)
あと三か月、頑張ります。
気持ち的にも安心だしね。

今のところはそんなとこかなー。
全くの個人的なことで、かなりな変化があったのですが、それはまぁ、内緒にしておこう。(笑)
年賀状をもらった人だけが知ることになるような、他の人にはたいしたことではないので。
私には、大変化となったのですが、まぁ、人生は岐路がいろいろとあるってことだよね。
コメント

三か月に一回診察で、日程を組む。

2018-06-17 11:34:58 | 再建への道2018
前回はサボってしまいました。
すみません。
元気です。働いてます。母のとこも通ってます。
相方と出かけたら、遅くなって帰ってきたら疲れて寝ちゃいました。

んで、
金曜日に、行ってきました、診察日。
聞いてなかったのに、血液検査。さっきご飯を食べたばっかだよ・・・。当然、血糖値があがってます。間違えて2時に行ってよかったよ。
2時半予約だったのに、気づいたら3時半になっても呼ばれません。
飛ばされちゃったのかと思ったわ。
看護師さんが、物言いたげな私に近づいてきてくれたので、「時間かかりますねー」と問いかけたら
「電子カルテ導入で、いろいろ関係ないものが出てきたりして時間がかかってます」とのこと。
んんん?
確か、元主治医がいる時に、電子カルテ導入って言ってた気がするのに、さらに新たなシステムが導入されているのか。
何となく、恐怖政治のようだ。時間がかかるなんて、こういうものを導入するのは早くなってこその物なのに、管理がとても細部にわたっているってことだよね。
時間がかかるなんて言語道断、なら、もっと軽やかなシステムを導入してもらいたい。

ま、それはいいとして。
そんなこんなで、時間がかかりすぎているので、きっと主治医のご機嫌もよろしくないでしょう。
ちゃっちゃっと済ませて、とっとと帰りたい。
そう思っていたら、ようやく呼ばれた。
番号なので、さらに混乱する。番号呼びってかまわないけど、わずかな人しかいないので、自分の番号が三ケタになると覚えてられないわっ。一瞬、この番号は私だっけ?と思ったら「Kさん」と言われて、あ、やっぱ私だったと気づく。
慣れるのに時間がかかりそうね。

相変わらず二部屋を駆使している主治医に、出来るだけ簡潔・簡単を心がけようと思っていたが、つい余計なことも言っちゃう。
「テープは貼るべきなんだよ。やっぱり!」
首をかしげながら「見せてみてよ」
ほーら、前回とは違うでしょうよ。あの、真っ赤な線がなくなってるでしょう。

テープの賜物だよ。
主治医はそれより胸の出来具合に「いや、いいやん」
そ、ね、多少の垂れさがりやデコルテ辺りの段差や脇のへこみは、ある程度の想定内。

「これもね、いいように考えていったらいいから。すぐには出来ないけど、きっとまた方法を模索してね」
お互いの気持ちの中で『仕上がった胸が思いのほか良くできた』ことの貢献は大きい。(笑)
「ま、お互いにこれでいい感じになったよね」(ふたりの関係がね、ていうことだよね、多分と思う)
そうね、そう思うわ。術側の下なんて、作り物とは思えない自然な流れが出来てるもの。

で、乳輪TATOOは9月にしようと思っていたけれど、父方の法事も入っているので、少し早めて8月4日の土曜にすることにしました。主治医の9/1がイケたら、その日にしたかったんだけどねー。まぁ、お互い譲り合って。
局部麻酔で30分、ご飯も食べていいらしいし、問題はどの位置に作るか、なのだ。
やっぱり、プラを付けた時に中心に来るような、ごくごく普通な位置に作りたい。
それは、主治医の提案はなく、自分で考えて決めろ的な感じ。相方と相談して、決めようと思う。


健側は下がってくるのが当然ではあるので、そこのところを上手く修正しながらやっていけるといいなぁ・・・。


あ、それから、んー、どうしよう、捨てようかなー、でもなぁ、と思っていた例の「マンモバンド」、
売るにしても、ちょっとなぁ・・・と思っていたの。ふと思って
「TATOOのあと、マンモバンドはしたほうがいい?」冗談で言ってみる。
「いやぁ、あれなぁ、もう使わなくてもよくなったんだよねー」
ですよねぇ。知ってるわー。
「いっそ、ここにあげようかなー」
「えっ?寄付ってこと?」
あら、食いついてきた?
「使い道があるの?」
「寄付なら貰うよー。止血のためにとか使えるかもしれないし」
そうならば、これからの患者さんのために使ってもらう方がいいよね。
「私が寄付すること、忘れないでよ?」
「忘れない、忘れない、一生覚えてる」
では、次回にお持ちして、寄付いたしましょう。
是非お役立ち頂きたい。

五千円もしたんだから。(あー、ご飯が数食、食べられるわー) 

そうして、三か月分の加味逍遥をもらって帰ってきました。お薬も出してくれるんだねー。
いいことだ、いいことだ。
私の場合は、通うことが一番のネックなので、この病院なのだけど、出来れば気持ちよく受診したいものね。
あっ、検査のことを言うのを忘れたっ。ま、また次回に言うとしますか。一年か二年でいいから、取りあえずはチェックは怠りたくないよ。何より自分のために。
通っているうちに、保険適用で脂肪も入れられるようになるかもしれないしね。



コメント

最近は昔をなつかしむ。

2018-06-03 12:55:34 | 12年目の雑感
今のところ、この間毎週通っている接骨院で術側の脇を思いっきり施術されたために、その痛みが残像のように残ってます。
まったく先生によって、無茶苦茶してくれるわー。
肩こりが半端ないので、週一で通ってるんですが、とうていおっつかないほど疲れてます。働き過ぎで。(笑)

最近は、相方との話し合いもあって、あまりネットに時間をかけないようにしているんですが、昨日はふと思い立って、乳がんになってから必死になってお友達になった方たちのブログめぐりをしてみました。
あー、あの時はこうだったよなー、あー、この時はまだこんな感じの治療法しかなかったよなーとしみじみしていたんですが、そんなお友達たちとも結構疎遠になり、どこで分岐点があったのか、一緒にオフ会をしたのも今では遠い昔のようです。

私自身に、この11年の間、なにもなかったわけでもなく、いろいろと大変なこともあったといえばあったわけですが、そんなことは今現在、こうして生きていることを思えば、なんてことはないのかもしれません。
お友達の中には、もっと大変な治療をしている方もいるので、早く大きな動きがあって、新薬やら治療薬やら、出てくることを願ってます。

んー、思い出に浸ったから感傷的になっちゃってるかなー。

では、ちょっと面白い話をしましょう。
実は、以前から言ってるように、外反母趾を自分で治療しているのですが、冬のタイツの間は足先に余裕があり締め付けもあまりなかったので気になりませんでした。お高いインソールが入った靴も調子よく履いてました。
ところが、ここ最近、タイツを履くような寒さもなく、ごく普通にストッキング(生足は到底見せられるものではないので)を履きだしたのですが、半端なく親指が締め付けられて曲がってます。痛い。
で、「ストッキング 外反母趾」と検索したら、なんと、五本指のストッキングが存在して売ってるのです。
ちょっとお高いのですが、そこはそれ、そのために必死にポイントを稼いでいるで、そのポイントで購入しました。
五本指ストッキング、破れにくくて、しかも足が自由に動くので、親指は押さえつけられません。
結構いいですよ。


 
コメント