明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫たちと頑張る!~~

最近は仕事一辺倒。

2018-05-20 11:44:03 | 12年目の雑感
な、Keikoでございます。
バイトさんが入れない日々が続き、その上、入ってきてもすぐ辞めちゃう人も多く(まぁ、年が年な人だっただけに、無理ではあったとは思うのですが、紹介で入った割に、たった二回でやめちゃうなんて、正直迷惑な話なのです)、こちらも身体の限界や、過多のストレスにさらされているのではないかなと思い悩む日々です。
働きたくないわけではないんですけどねー、身体がついていけなくなりつつはありますよねー。

で、胸の方と言えば、まだ三か月を見ずして、健側がさがりつつあります。どんだけ重たいんだ。いやんなっちゃう。
時々、バストアップの体操を付け刃でやってみたりはしてますが、とどまることはありません。やれやれです。

そんなこんなで、バタバタしつつ、頑張ってます。
ストレスが大きくなると、途端に眼瞼けいれんに影響しちゃうので、ぼちぼち自分を楽しませてやりながら頑張っていくしかないかなとは思ってます。

胸が出来上がったら、温泉にでも行きたいわー。でもきっと、そんな時間はとれないわねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨がすごいですよねー。

2018-05-13 12:16:20 | 12年目の雑感
こういう日は、何となく、胸が痛いです。
傷口辺りではないので、これはどこかの神経に触ってる?もしくは、気圧のせい?

何にせよ、切って縫ってるわけですから、不自由なことがひとつふたつあっても不思議ではありません。
ま、仕事してると忘れちゃうしね。
寝る時だって、変な感じがするーと思いながら寝返りを打ったりしていますが、寝ちゃったら忘れてるしね。

そんな毎日を送りながら、季節の変わり目に風邪をひきそうですわ。のどが痛いです。
バイトさんたちが次々体調を崩すので(みんな、とっても体が弱い。病気の私の方が気持ちの上できっと強いww)ここは踏ん張らなくてはと思ってます。

実は、母が、先月何とか特養に入れました。ちょっと気持ち一安心なんですが、週一で通うにしても、降りた駅から30分かけて歩いてます。これも運動だと思って頑張ってます。
日増しに認知が少しずつ進んでるかな、と思わないでもないですが、取りあえずは何とか私のことは認識してくれるので、もうしばらくはこのままで頑張れそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークは観光客でいっぱい。

2018-05-06 14:36:55 | 12年目の雑感
な、京都です。
すごいな、みんな、ちゃんとゴールデンらしくしっかり遊んでおられるのです。
どこに行っても、人、人、人。
特に中東系やヨーロッパ系の方が多くなってきました。
今は安いのかな?
中国や韓国の方は、割引シールが貼られたスーパーでよく見かけるようになりました。
富裕層よりきっと、一般の方の観光者が多くなってきているんですね。

ま、時々、インプラント入れ替え時の話を振り返ってみましょうかねぇ。
書くことがあんまりないので。(笑)

これはドレーン。11年前と前回の、あのでかくて重いドレーンでなくなっただけでも救われます。
術後なので、主治医とは微妙な関係のままの時かな。お互い、つんつんけんけんしていた頃。(笑)


術直後。いっぱいテープが貼られてます。これでかなり固定されてたっぽい。でも、その固定も翌日には取られちゃうんだけどね。
どんな状態になっているかもわからず、ただただ、まぐろのように寝ていました。起き上がる時は(特にトイレ)「あいたたた」と毎回言ってました。

使われなかった、バストバンド。とても悲しかった。5000円もしたのにー。売るわけにもいかないしねー。腰痛バンドにでもしちゃおうか?(ま、出来るような仕様ではないけどね)

点滴と抗生物質が入ったやつ。(多分)もう、記憶も定かではない。

ごはんもいちいち写真を撮ったんだけど、今さらねぇ。
入院日には主治医がいなかったけど、麻酔科のカンファレンスが入っていたのでずーっと待ってたら、最終、「麻酔科の先生はお休みです」なんじゃそりゃゃゃゃゃーと思ったけど、ありがちで期待もしてなかったので「そーですかー。じゃしょうがないですね~」と棒読みしました。

翌日の、主治医との対峙も、こっちの意見とあっちの意見が平行線で、仕方ないですよねー、もうやってくださいよーって感じ。
主治医は、多分それなりに、言いたいことや言い訳や話し合いをしてくれようとしたろうとは思うけど、
数十分後には手術なわけですよ。時間なんてかけてられなくて、ちらちら時計を見る主治医に「マーキング、早くしないと、9時過ぎには着替えて降りてくださいって言ってましたよ」とせかす。
マーキングして、シバシバする眼を何とか開けながら、着替えて手術室前に。そこで、麻酔科の先生と軽い挨拶をして手術をする。
音楽が、11年前みたいにロックでなくてよかったわ。ていうか、やっぱあっという間に寝ちゃったしね。

起きたら、あっという間に病室戻りです。戻る前に「せんせいー、ありがとうー・・」と言ってみたけど、まだお互いに尾を引いていたので「・・・いや、これは麻酔科の先生がちゃんとしてくれたからね」とかなんとか言われた気がするなぁ。
まーいーやー。取りあえず終わったー。
でも、主治医のすごいとこは、やっぱりマメに見に来てくれる。そこんとこはとっても安心。

で、その翌日ですよ。
病室でテープをはがして、ふたりで見てみたら、なんということでしょう。
めっちゃいい感じ。多分、私の笑顔がめちゃくちゃこぼれたと思われる。
お互いの態度の軟化が手を取るように感じられた瞬間でした。人間って、ゲンキン。結果オーライってこういう時のための言葉だね。

で、二か月経った今、やっぱちょっと健側が下がり気味。そうして、ちょっとぱかし形がいびつにはなっている。
術側のへこみもやはりありますが、いずれも保険適用になったら考える方向で充分。
そうして、乳頭作りもしてもらわなくちゃならないしね。
服の上からの見た目は何の違和感もなく、寝るのもそんなに気にならないから、主治医と相談しながら、臨機応変でいけたらなと思ってます。何があるかわかんないしね。特に、あのすい臓ののう胞がね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ、再開いたします。

2018-04-29 13:44:48 | 退院11年目の雑感
まだまだ気持ちの整理がつきかねるほど、いろいろ優しくして頂いた方を亡くしてしまったので、いまいち気分は乗りません。(苦笑)

本当は、入院時の一部始終も書きつらねようと思っていた矢先だったので、ちょっと残念。
もう今さら感があって、これから書くのもどうかなーな気分です。

術後、二か月ぐらいたったのですが、やはりちょっといろいろと思うところも出てきました。
やっぱ、保険適用になったら脂肪は入れたいなー。凹みがやはり目立ってきました。

そうして、インプラントの下側はわりと自然なんですが、上側は触ると段差があったりします。ここにも脂肪が必要かも。


主治医には「いまいち効果は出ないと思ってるんだけどねー」と言われながら、取りあえず三か月は傷口にポアテープを貼っているのですが、これがそこそこいい感じ。特に、前回放っておいて真っ赤になった健側のバストアップの線は、わりときれいになってます。

やっぱり、他の先生方がネットで言っているように、三か月は貼るべきだと確信しました。

術後は貼るべきです。三か月間、かゆみに耐えて貼り続けようと思ってます。


バストアップのアフターとビフォー、違いがわかりますかしら。

インプラント側は、何度も(三回目だよね)切ったり貼ったりしているので、少しばかり切り口に段差が出来てます。
そのうち、さり気なくわかりにくくなればいいなぁ。

来月は、また診察日があるのですが、その時に乳頭再建の日を決めようと言われてます。
はてさて、どうなりますやら。きれいに出来ることを願うばかりです。

それと、すい臓辺りに出来たのう胞は、やはり普通ののう胞よりヤバいらしく、(ガン化されやすいらしい)最初の二年間は、年一でMRの検査をします。
もう予約も入ってます。このまま、そっといてくれるといいなー。
でも、消化器科の先生も、かかりつけ医も、わかって良かったと言ってくれてます。
せめてCTだけでもしたいとごねて良かったと今は思ってます。まったく、何があるか分かったもんじゃないです。
主治医に、CTも消化器科でしてもらって、と言われたのでそれを消化器の先生に言ったら「んー。それがねー、同時にするっていうわけにいかないんだよねぇ・・・だから、胸の方は乳腺の先生の方でしてもらった方がいいと思う」
そりゃそうだよねぇ。
乳腺で消化器が診てもらえないように、消化器で乳腺を診ろはないよねぇ、ねぇ、主治医。(と、主治医に向けて声を大にしてゆうちゃる!)

というわけで、年一か年二ぐらいで、乳腺でもCTは取ってもらいたいなぁとおもってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バタバタしておりまして、ブログはまたゆっくり書きます。

2018-03-11 21:03:30 | 退院11年目の雑感
明日は、取りあえず、MR検査をしに午後一時に消化器科の先生の指示のもと行ってきます。

ゆっくりいろいろ書きたいと思っていたのですが、
とてもお世話になった方が先日亡くなられ(ヤフーニュースに載るほどの方です)、そのご葬儀に参加するため
友人たちと都合を合わせるために右往左往しています。
来週はそのために、東京一泊ですが、そのためだけに行くので、見物気分は一切ありません。

気持ちが落ち着いたら、またゆっくりブログを書きたいと思ってます。
しばらくは、追悼フェアなどにかかわるため、それだけで忙殺されそうです。

母の施設はただ今インフルエンザ患者発生で、施設の訪問不可になっていて、それだけでも少し助かったと思ってます。
あれもこれもできる状態じゃないので。

取りあえずは、元気で、お胸は健在です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退院しました!!そうして、和解もあり、です。

2018-03-04 17:20:53 | 再建への道2018
20日からの入院から、26日の退院まで、無事終えてきました。
相方のセーターも編みましたよー。(笑)ただでは転びません。(笑)
看護師さんやら掃除のおばさまたちにすごいねーと言われつつ完成。

一週間の休暇はこのためにあったのかも。

いえいえ、嘘です。
ちゃんと21日にインプラントの入れ替えをしてきましたよ。
結果としては、かなり満足しています。
私も、主治医も。
「いいやん、いいやん、イケてるやん」
ここにきて、結果オーライ、主治医との気持ちの雪解けも見ました。(笑)いや、まじで。
手術するまでは、結構はだはだな感じで、きっとお互いに「感じ悪ーっ」って思っていたと思うわー。
結果が出て、やぁ思ってたよりいい感じじゃん、上等なんじゃない、と思えたのだけど、ここまで歩み寄るとは。
人間って、まぁ何というか、すごいね。

では、まず、結果をお見せいたしましょう。
これは入れ替え前、530ccがぱんぱんです。

そうしてこれが入れ替え後。かなり柔らかくなりました。


バストラインがそろいました。


何より、脂肪がなくてえぐれていた右側のリンパの凹み。改善されていると言ってもいい域です。


はいっ、忘れずに234日に粉瘤の摘出も局部麻酔でしてもらいました。



まぁ、21日の朝、わずかな時間で言いたいことをお互いに言って、このまま決裂かっ!と思いましたが、翌22日にテープを取ってみたら、あらまぁ、いい感じに出来上がってるじゃんとお互いを褒めたたえるまでになってしまって、わずかな気持ちでここまでジェットコースターのように浮き沈みするのは少々怖くはありますが、やっぱ、結果オーライ。
蓮舫女史のように二番じゃダメなんでしょうか、と言われたら限りなく一番に近くないとやった意味がないじゃないですか、と言いたくなります。
で、かなり、予想以上に一番に近いのです。わー。すごーい。
まだまだこれからいろいろとあるでしょうけれど、現状は大満足なのです。
で、主治医も、おおよそ80%満足しているらしいです。それだけでも、合格点ってことだよねぇ。素直にうれしい。

退院後、先週の水曜日に抜糸をし、今週末にまた診察です。
「先生、何しに来るの?」
「んー、顔を見るためかなー」
あらら、まるきりの和解です。(笑)
お薬も、加味逍遥だけは出してくれたしね。(あらら、でしょ)
実は退院時に看護師さんから「お昼からお薬は飲んでもらってかまわないと先生から聞いています」と言われました。
あらら、じゃ、眼瞼けいれんの薬をようやく飲める。飲めなくて苦しんだからねー。まあ、その話も21日には見解の相違で喧嘩ごしになりかけたんだけどね。
そのお話は、またおいおい、日にちを追って書いていく予定です。

あとは、乳頭・乳輪づくりを残すばかりになりました。

さあて、まだ傷口がぶわっと盛り上がったりしていますが、それは購入したポアテープで抑えてます。お風呂も入ってますよ。
仕事もいつも通りしています。
元気です。
お腹はねー、まだ調子は良くないけどね。
今度、MR検査もようやくできます。
では、ぼちぼち入院編も書いていきますねー。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

では、行ってきまーす。

2018-02-18 14:20:24 | 再建への道2018
さて、いろいろとバタバタしましたが、
いよいよ明後日から入院です。
もう、チャッチャッと終わらせて帰ってきたいわ。
でも、多分、一週間は籠の鳥かしら・・・。

来週のブログはお休みですが、再来週はビフォーアフターをお見せしまーす。
きれいになっているといいねぇ。(謎)

気持ちはすっかり落ち着きましたが、体重はすぐには戻りません。あらら。ただ今45キロほどが少しずつ増えてる状態かな。
相方は、やはりホッとしたようです。そりゃそうか。(笑)

お茶漬けのもとはバッチリ入れました。
これで何とか乗り切りたいものです。
セーターはまだできてないので、持って行ってせっせと編む予定。なーんにもすることがないからねぇ。

あ、針入れを失敗された腕は、内出血をしてすんごい色になってます。
ちょっと痛々しいわー。
こんなにいろいろあったんだから、今後はきっと良いことばかりが起きるに違いない。
そう信じて頑張ってきます。
(ま、主治医に頑張ってもらわなきゃ、なんだけど、ww)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結果です。ふー、一安心。

2018-02-16 18:22:01 | 12年目の雑感
予約を入れてくれてた主治医。
それはとっても感謝してます。

でもね、去年のPET検査で出てなかったモヤモヤ、というビビらせ方はやめてほしい。(笑)
私、本当に、ビビってさらに悪化して、みんなから「顔色が悪すぎる」と言われるほど意気消沈したんだから。
まぁ、小心者です。
でも立ち向かうことにするのは、元主治医の言葉を信じて。
「また出てきたら、たたけばいいんだから♡」
そうだ、諦めるのが一番ダメだ。

さて、消化器科の先生にお会いしてきました。
めちゃ、身体がフラフラになってて、ほんの10分ほど歩くだけでもしんどかった。
何を言われても、しっかり受け止めようと覚悟して行きましたよ。
「こんにちはー」柔和な先生そう。
何でも聞けそうでちょっと安心する。
「先生、立ってるだけでもフラフラになってるんです」今や、フラフラを通り越してクラクラ状態。
消化器科の先生は声は大きいけれど、とっても優しそう。 

「ん?そうなの?」
そうなんです。力が入らなくなって、仕事してるけど虫の息。
「乳がんの先生から、9日の日からお薬を全部やめなさいって言われて・・・眼瞼痙攣も発症してて、それがさらに悪化してて、何も食べたくなくなって一週間の間に2キロ体重が減ったので・・・もうフラフラで」

「お薬を?やめたの?」
「一気に止めたので・・・」

「んー、そっかぁ」
「で、どうでしょう」
勇気は振り絞る。
大きな画面に映し出された画像を見せながら、説明してくれる先生。
「これね、ここはすい臓なのね、で、ここにね、すい管と胆管があるんだけど・・・、ここのこの部分は管ではないのにちょっと黒いでしょ」
ああ、やっぱり、そこにはガンが?
「でもね、これはガンじゃないです」
えっ?
「先生、私、11年前にガンになって、もうすっかり」
「ガンじゃないです。これはね、嚢胞(のうほう)って言ってね、こんなに小さいから、まぁ、良性の粘液だな」
タッチパネルですい臓部分を解説しながら、のうほうの話もゆっくり聞かせてくれた。
初めて知る私に理解できるように。

「でもね、ちょっとこれが面倒なんだな。もしかしたら、大きくなったり悪性に変わったりするかもしれない。だから、2-3年に一回は確認しないとダメなんだなぁ。まぁ、CTかMRになるんだけど。僕なんか、体中にのうほうがあるけどね」
「先生、去年のPET検査ではなかったものがあるって言われたんですが・・・」
「そりゃ、そうだよ。だって、ガンじゃないもの。光ったりしないよ」
あっ、そうかー。

「もう絶対ガンだと思って、覚悟して・・・」
「ガンじゃないよ、こうやって(タッチパネルで悪性度の段階を見せて)、ほら、ここのどこにも当てはまらないでしょ」
あー、よかったぁ。
「すい臓にピンポイントでCTしてないから、画像が粗いので、今後のためにMRかCTはやっておいた方がいいね」
「20日に入院して、インプラントに入れ替えるんです。今入っているものは、金属がついててMRIは出来ないんです」
「あ、これね、確かに金属だね」
「乳がんだったので、もう絶対、またガンだと思ったので」

「大いに安心してください」と、にっこり笑う先生。

これよ、これなのよ。
こういうのが欲しかったの。優しさに飢えてたわ。

「でも、食べたくないし、食べたらお腹が痛くなるし。体重もどんどん減るから力も出なくて」
「お腹はどのへん?」
「ここの、この下の方から・・・。で、軟便なんです」

「あー。それは、あれだな。精神的に、気持ちがね、急に薬を飲まなくなって、神経性の腹痛だな」
「でも、お薬を飲むなって」
「んー、そっか。じゃ、こうしよう。乳がんの先生に『私は断ったのに、消化器の先生が無理やり出した』って言っていいから、下痢止め、出そう」
これよ。これなのよ。
こういうのが欲しかったの。先生・・・♡

「これは頓服だからね、お薬じゃないから。出しておこうね。で、退院してから、こっちでMRしよう」
来月にまずはもう一度先生と話してMRI検査の日程を調節することになりました。

戻ってきて、相方や心配してくれていた義姉やバイトさんたちに大丈夫だったという話をしました。
以上が事の顛末。

もう本当にずっと食べられなくて力が出なかったけど、先生の優しさに触れて、自分でも調子よすぎるなと思うくらいみるみる回復。
ご飯も食べられるようになりました。
ご飯の後、お薬を飲める幸せ。(笑)

で、きちんと力も出てきたので、再建続行です。
20日から入院します。
お騒がせしましたー。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

よもや、こんなことになるとは・・・。

2018-02-15 10:51:30 | 12年目の雑感
昨日、突然主治医から電話を頂きました。
「すみません、こちらTD病院のMTと申しますが」
えっ?
「あら、先生っ。どうしたの?」
この時点ではまだ能天気な私です。

「この間のCT検査で、モヤモヤがあってねぇ。去年のPETではなかったから、腹部エコーして消化器科を受診した方がいいと思って」
えええっ。
モヤモヤって。影が出来てるってことだよね。状況を把握しつつある中で、ちょっとビビる。

「私っ、すぐ受ける。何とかしてっ」
藁をもすがる気持ち。
だって、完治したと思ってるじゃん。っていうか、原発なのか?それとも、何かの間違いか?

「じゃ、予約を入れてみようか・・・(電話口で何かしてる感じ)うーん、いっぱいかな。取りあえず、係の者にまた連絡させるから、腹部エコーだけでもしておく方がいいか」
うんうん、すぐにしないとね。

次の電話では、また主治医からかかってきて、
「取りあえず、腹部エコーを技師さんに撮ってもらうから、今日の一時半に来て」
行きましたよ。
ご飯抜いて、腹部の超音波検査。
検査→診察が当然らしく、でも、急だったので診察は取れず、明日の予約が入ってました。

現場も混乱するよね。
何回も主治医に電話して、(受付時とエコー後)消化器科の先生に診察してもらって結果を聞いてほしいと主治医から言われていたようです。
うん、胸じゃないのに主治医に診察ってないよね。きちんと金曜日の診察(消化器科)が入ってるしね。
それだけでも、有り難い。

何だかいろいろ文句を言ってたけど、こうなると心もとないというか、
電話をもらった時に主治医に
「先生っ、何か震えてきたわっ。助けてねっ」
と叫んでしまいました。(笑)

で、明日、結果を聞きに行きます。
だから、明日か明後日にまた更新します。
まぁ、ずっと腸炎に苦しんでて、薬辞めたらここ数日で2キロほど減ってしまった。
ヤバいじゃん。
明日は点滴でも打ってもらうかな。

というわけで、主治医によくよく聞くとモヤモヤは すい臓の辺り、十二指腸部分にあるらしいです。
どうか、無事になんでもなく、きちんと入れ替えが出来ますように。

事実、お腹はずっと壊してるわけだしね。
きっちりすっきり消化器の先生にお世話になろうと思ってます。
では、次回は結果のお話です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デトックスと思って、頑張ってます。

2018-02-13 08:17:45 | 12年目の雑感
さて、あれから一切の薬をやめて、
頑張ってます。
状況は、お腹が超ヤバいことになってます。また水状態かよ、と自分ツッコミ。
相方は、大腸がんを心配するようになりました。(笑)

薬を断ってから、空腹感がなくなり、食べても食べなくてもいい気持ちになってます。
お薬をやめたせいか、気持ちのせいなのか、わかりません。
でも意地でも飲まない。
主治医と約束したからねー。

追記としては、

先週の金曜日に診察を受けた時、
「先生っ、マンモバンド、あれはいるよねっ」
そう、前回の入院時に突然購入してくるように言われたアレです。
一回だけの使用では悲しすぎる。
「あー、アレは使わないかなー。最近では使ってないからいらないよ」
えっ!?まじですか、次回も使うからねと一年前は聞いていた。
「・・・でもっ、持ってくるから使う時は使ってね」
「使えたらね(使わないけどね、のニュアンス」)
とても悲しい。

それから、入院日に午後三時から麻酔科の予約が入ってました。
前回は、手術室で軽く挨拶しただけなのに。
これが主治医の言う「いろいろあったから、襟を正す」状態ですることになったのか?

11年前には、当然のように麻酔科の先生のカンファレンスは前日にあったし、全身麻酔のための準備器具が持ってこられて肺活量を増やすべく玉をあげるようなこともして、白い圧迫ソックスを履かされて血栓予防もしました。当日浣腸もしたしねー。
一年前はすべてがなかったので、ちょっと驚いたのだけど。

入院日に主治医がいないので入れたのかなと思ったけれど、きっと「エビデンスによる標準治療」の一環として「襟を正す」ためにするようになったのかな。
まぁ、いいや。
爪はしっかり前日に切っておこう。(前回の時に、看護士さんから麻酔科の先生は爪にうるさいと聞いてるので)
麻酔科の先生に腸炎の話もしてみよう。お薬出してくれるかも。
主治医は「手術する時にそうだったら、それ用の薬を出すから」と言ってたけど、飲むべき日にいないしねぇ。

それから、脂肪注入に関しては「もうちょっとしたら保険適用になるかも」との話に「先生、適用されてからにするわ」と言うと
「それがいいと思う」としっかり目を見て主治医が言ったのでそうすることにしました。


相方に事の次第を話したら「最初から調子よすぎるなと思ってた」と今さらの言葉。
まぁ、これも流れというものでしょう。(将来、なるべくしてなる癌があるのと一緒だ、嫌味満載な気持ちで申し訳ないけど、笑)

でも、主治医から「完治した」と言われたくだりは かなり嬉しかったらしく(風邪じゃないんだからと思ったけど)「薬は飲んだらあかんぞ」と診察した金曜の夜に言われましたわ。
その後、食べられなくて疲れてる私に毎朝「大丈夫か」と声掛けしてくるようになりました。
こんなところで優しさ発動。(笑)


では、来週は入院中なので更新なしです。
行ってきまーす。

*****************
と、実は前倒しで書いていたブログを先にアップしないといけない状況になりました。
上のブログは13日時点での話です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加