明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫たちと頑張る!~~

さらに50ccプラス。

2017-06-25 14:19:43 | 再建への道2017
金曜日に診察に行ってきました。
新館に、受付機が置かれ、受付のお姉さんのところにレジが置かれ、おかげで受け付けも支払いもめちゃスムーズになりました。

さて、入ったとたんに、まぁ、お胸を見せたわけですが、「じゃ入れよっか」と50cc即決。
いや、入れるとは思ってましたよ。
一回り程小さいんだもん。
しかも500ccまで入るやつだもん。

キューっと入れられてもそんなに不快感はありません。またパンパンにはなりましたけどね。
先生が、いろいろ計ってみると、トップまでは6センチ高。
その大きさに合うシリコンは、これとこれ、と型番を見せられました。
シリコン自体が400ccあるものと445ccあるものとの、どちらかになる模様。
型番をノートに書かされたので(「ほらほら、ちゃんと控えて」って言われたよww)少し調べようと思います。


でもって、念のために二週間後にあと45cc足すようです。
「でないと、445ccがどんな状態かわからんでしょ」
「入れりゃあいいってもんでもないっていってたじゃん」
「445cc入れておいて400ccのものにしても皮膚はちゃんと縮むから」
んー。
「いやぁ、400かぁ。未体験だわー」と先生もちょっと面白そうです。
やれやれ、私だって好きで でかいわけではないんだよ。
でも相方のこだわりが強くてさ。

ま、ぽっこりしてるよね、エキスパンダー側。(写真では向かって右)

それから、
「ごめんねー。昨日の会議で上が脂肪を一緒にこっそり入れるのはダメって言ってきてさー」
なぬっ?!
なんてこったいっ!!
「うーらぎりもーのーーーーー!!!」って先生に言っちゃったよ。

この凹みに入れたかったのよ、脂肪を!!


「上は頭が固くてさー、患者さんの身になってあげたいけど、ボクもサラリーマンだしさー」
それはそうだ。
「で、ちょっと保留ってことで」(ニュアンス的には、出来るだけ何とかしてあげたいと思ってるオーラ)

まぁ、機が熟すのを待ちましょう、という雰囲気になりました。別の日にまた35万、なんて言われた日にゃ、わたしゃ泣くよ?
せっかくお誕生日プレゼントも持って行ったのに。(まぁ、ポイントで買ったもんだからタダなんだけど)
ま、それはどうでもいいや。(笑)
取りあえず、上手くやってくれることを期待しておこう。

自費でバストアップした傷口が気になるらしくて
「これは、入れ替え時に縫いなおすことも出来るからね」とまた言われました。

ま、たしかにポコポコ膨らんでる部分があるんだけどね。

それより、ブラジャーをした時に、乳頭がブラジャーのトップより2-3センチ上にあるのよね。
それが変な感じ。
それを言ったら、「まぁ、縫い縮めたからどうしても上に上がっちゃうんだよねぇ」と言われました。
バストアップされる方、そういうことがあると知っておいてね。
日帰りでの術後、小さなドレーンが二か所あるので吸わせるためのものを主治医は夜用ナプキンと言いましたが、母乳パットがいいようです。あれならお胸にもフィットだよね。



それから、テレビでいろいろ話題になっていた小林麻央さんが亡くなられましたね。
ご家族に見守られてだったようですが、ご冥福をお祈りしたいと思います。
「子供たちのことだけが心配」と小さなお子さんを残していくことを辛がっていた乳がん友のことを思い出しました。
出来るだけ長く頑張って、良い相性の先生とお薬に出会えることが、私たちの願い。
それが「私らしく生きていく」いうことのひとつではないかと、思ったりしました。
ストレスがあっても病気になっても、上手く付き合えることが「生きていく」ことですよね。
私はそう思ってこの10年を過ごしてきました。



コメント

今週は診察日。

2017-06-18 20:30:03 | 再建への道2017
バストアップしてから、そろそろ一か月。
すっかり肌の色は戻りましたよ。
切ったあたりはまだちょっと赤いけどね。
ボコボコも、ポコポコ程度になってる感じです。
でもちょっと痒いかなぁ。
あんまり刺激するのもと思って、我慢は少々しております。

今週の金曜にまた診察日がやってくるわけですが、はたして大きさを見比べて、先生の評価はどうなのか。
ここでまた、水を足すとなると、シリコン入れ替えはまた遠のきます。
だからと言って、大きさを妥協するのもイヤ。
だって何のために頑張ってバイトアップしたのー。半分、意地も入っちゃうよー。

というわけで、自分自身では、もう少し水を足すべきかな・・・という気持ちになってはいますが、皮膚との兼ね合いをまずはよく診てもらってらにしようと思ってます。透けるのは一番いやだからねー。

京都は、梅雨に入ったとはいえ、ここんところずっといいお天気です。
体調はぼちぼちかな。
みなさまも、体調には気を付けてねー。
コメント

まぁ、特に何もなく。

2017-06-11 20:59:02 | 退院11年目の雑感
過ごしてますが、最近はバイトさんたちが慣れてきてくれるので、少しばかり休憩時間も取れるようになりました。
で、何をしているかというと・・・てへっ、ほとんど寝てるかな?

多分、気候や気圧のせいもあると思うんですが、今年に入って二回も身体にメスが入ってるでしょ。
私が思うに、ちょっとばかり身体が疲れてきてるような気がするのよねぇ。

エキスパンダーの手術後、どういうわけか、気づけば2キロも体重が増えちゃって、ただ今めちゃくちゃ膝に負担がかかってます。
主治医に言ったら「それは、幸せ太りなんじゃない?」とか言いやが・・・いえいえ、仰るわけで、
いやぁ、幸せ太りはまずないね。

食生活もそんなに変わらないはずなのに、入院一週間分の食っちゃ寝がまずかったんじゃないの。
あれで太ったんじゃないの、と思っているんですが、取りあえずどう頑張ってみても体重が減りません。
あっれー。
何んとかせめて1キロ、減らして膝への負担も軽減したいと思ってます。
コメント

慌てた出血の巻。

2017-06-04 17:18:36 | 再建への道2017
この前の、バストアップ手術の後、ちょっと出血してるけど平気ー、な~んて記事を載せてたでしょ?
金曜日から数えて、すぐに止まるとふんでたの。
あらららら、いつまでも止まりません。お風呂に入っているのがまずかったのか。
何となく、傷みが出てる気がする、化膿し始めているのかも・・・。
嫌な気持ちがオンパレード。

水曜まで待って、変わらないので電話。
もう、本人はかなりビビってます。
なんてったって、日帰りのやっつけ仕事的な、バストアップだったんですもの。
傷は相変わらずぼこぼこだしさ。

何回かの電話交代ののち、「心配なら水曜診察にいらしてください、とのことです」
そう、現在、主治医は水金の午後が診察日。わかってるからそれまで我慢したのよー。

行ってみたら新館でも受け付けが出来て、「じゃ、お待ちください」とわりとすぐに診てもらえました。
「あ、なーんだー、ビビったよー、これは大丈夫、大丈夫」
まじでっ!
「T字で縫ってるでしょ、そこの部分がどうしてもこうなりやすいけど、でも範囲内だから」
そっかー、めっちゃ安心しちゃったよー。あー、主治医の言葉には力がある!
「気になるなら、軟膏出しとこうか。ゲンタシンとか」
「あ、それ縫って絆創膏してる」
「じゃいらないね。ごめんね、心配させちゃって」
先生ー。(ほろり)優しいよねー。

「あ、それでね、ボクのブログにKさんのこと書いて、お店に行ってもいいように書きたいから、文面をメールで送ってね」
あれよあれよという間に、何だか先生の思うつぼ。(笑)
まぁ、いいや。
10年前の、私の、あの周りに同病がいなかった得も言われぬ不安を、少しでも感じておられる方がいるのなら、お役にたちたい気分はいっぱいあるもの。

看護師さんに「これは自費の一環なので、マネーフリーでお願いします」
やったー。タダだー。
ごめんね、こんなことで大騒ぎしちゃって。

今の胸の状態は、ぼこぼことはいえ、絆創膏がまずかったかも、としばらく軟膏だけを夜に縫っていたらようやく止まりました。
何となく、真っ赤ですけどね。ても うっ血はかなり解消されました。
先生が「エキスパンダー入れ替えの時に、きれいに縫い直してもいいからね」と言ってくれたけど、その言葉に甘えることになく自分でもきれいにしていく努力はしていきたいと思います。
それから、やはりバストアップして皮膚を縫い縮めた分、再建側の右胸が何となく左につられている感があります。エキスパンダーが入ってる感が、ようやく余裕が出来たかなと思っていたのに、またパンパン。凹んでいる部分がつられて痛くなる時がたまに。


で、先生のブログに「喫茶サロン」っていう内容が掲載されてから、合計三名の方が訪ねてきてくださいました。
まだまだ、これから治療の方が多いのですが、みなさん、前向きに再建もされつつあります。
昨日なんて、シリコン入れ替え中の外出で来てくださったのー。すごーい。みんな、パワフルだぁ。
私が相談に乗るなんておこがましい、こちらが元気をいっぱい頂いてる感じです。
「先生のブログ、案外見てる人がいるんだねー」という感想。それはみんなで大笑いしながらしたんだけどね。まぁ、広がっていくといいね。
また遊びに来てね、minakoちゃん、入院中のMさんとMさん。

コメント